« 神戸長田から須磨迄。今日は夕立にも遭いました。 | トップページ | イギリス王室。ダイアナの悲劇を忘れたの?日本のマスコミもひどいね。 »

2013年7月23日 (火)

今日は大暑。毎日歩いているので健康診断。健康優良親父ではありませんでした。

ナ、ナント血圧174−80。血圧の薬飲んでないでしょうと掛り付けの先生に笑われる。「駄目ですよ。しっかり飲んで下さいね。」と言われて3週間分薬を渡される。血圧が高い自覚症状は無いが歩いている時に足がふらつく。(ゲー)

それでも一時的。それが続くと歩く事は当然出来ない。これから暑さはピークを迎える。暑い夏は親父的には何ともないが血圧はこのままではアカン。しっかり薬を飲んで自己管理を徹底します。そんな訳で今日はお出掛けは無し。昨日の続きを読んで下さい。

Img_3663

長田の街を過ぎるとこの先で阪神高速は山側に大きく迂回をする。直進すると須磨の海水浴場。この先で懐かしい風景を眼にする。(はずだった)何だ見ていないのか?風景がすっかり変わっていた。(そうではない。)親父が見た景色は海水浴場の外れだった。若い頃見た海はもっと荒々しく砂浜も殆ど無かった。

Img_3664

Img_3666

まだ須磨の海迄もう少し。「頑張って」ピカチュウに励まされていた。ここはリサイクルショップです。

Img_3668

Img_3669

ここで阪神高速道路は大きく右に迂回する。国道は直進。須磨の海は正面左。そこで簡単に海に出られると思ったがそうではなかった。運動公園の中に入ったのが間違いだった。水族館、ヨットハーバー、駐車場はあるが海水浴場はまだ先だった。

Img_3670

「オイ。大丈夫か?カメラが傾いている」暑い日差しは無いが蒸し暑い。海を探していた。

Img_3671

この先左が海浜公園。しかし小型船舶が係留されているが汚い。曲がるのが早過ぎた。もう少し直進しなければならなかった。広い、広い運動公園と駐車場の中をふて腐れながら歩く。そのうちに海水浴に来ていた若者達に合い始める。但しカメラを向けてはいけない。女性の水着姿は即アウト。ガン黒のネエちゃんを撮るつもりは無い。(コラ)

Img_3676

Img_3677

雲行きが怪しくなる。傘を持っていない。持っていても夕立が来ると雨宿りをしないといけない。そんな事を考えながら歩く。まだこの時びしょ濡れになる感覚は全く持ち合わせていなかった。

Img_3678

(オイオイ花なんか撮っている暇はないだろう?先を急げ。)そんな危機感は全く無かった。

Img_3679

空が少し明るくなる。この時「やれやれ」と思っていたがそうは問屋が降ろしてはくれなかった。

Img_3680

海の家。しかしカメラを提げたおっさんが入れるのはここ迄。別に禁止されていても平然と歩いていた。それでも砂浜を歩くスタイルと若さではない。プロカメラマンでも駄目?(プロはこんな処には入りません?)横目で見ながら先を急いでいた。

Img_3681

Img_3682

Img_3683

Img_3684

海とは反対側の可憐な花を写していた。☂の心配もしていなかった。土砂降りに会うのはもうすぐです。(ザマーみろ?)イエイエお大師さんはそんな扱いをしませんでした。雨宿りの場所をきちんと用意してくれていました。

Img_3687

Img_3688

Img_3689

Img_3690

Img_3692

Img_3693

のんびりカメラを構えていると鳩から注意される。「☂が降ります。夕立です。」

Img_3694

Img_3695

雨足が強くなる。カメラを抱えて走り出す。若い頃と何も変わっていない。足をきちんと上げて眼は雨宿り出来る軒先を探していた。

Img_3696

ここはJRの線路を越える県道の高架橋下。中にはフェンスがあり入れないが雨宿りには格好の場所。一息付く。☂の止むのを待ちながら休んでいた。それでも中々止まなかった。前には会社の駐車場があり出入りの人もいたが、声を掛けられる事も無かった。そんなもんでしょう?親父でも反対の立場なら無視。人はそれほども優しくはありません。

Img_3699

Img_3701

Img_3704

しばらくすると空が明るくなる。土砂降りの時も一時です。どんな長いと感じても諦める事は無い。土砂降りの中をずぶ濡れになりながら歩いて行く事は無い。人は人にあざ笑われながら成長すると言われるがそれもウソです。しんどい時、苦しい時は一時的に待避しても良い。大事な事は再び歩き始める事です。そうすれば必ず素晴らしい時が待っているに違いありません。昨日もその事を学ぶ事が出来ました。

Img_3707

Img_3708

Img_3711

Img_3713

須磨駅に向って歩いていたけれどこの先が須磨海水浴場。素晴らしい景色が親父を迎えて呉れました。サンライズ。サンセット。日は昇り日は沈む。人の世も人の生き方も全く同じです。選挙の結果もこれからその意味が問われます。

出来る事は何としてもやる。出来ない事は出来ない。どんなに口先で立派な事を言ってもサンライズばかりの結果はない。自民党と公明党、共産党の躍進?ねじれ解消?彼等に出来る事は既得権の保護、党勢の拡大でしかなかった事が証明されるのだろうか?

それでも支持者は万歳三唱?その天罰は誰が受けるのだろう?等しく現世代だけではない。次世代とその次の世代です。その事が理解出来なければ誰が日の出に手を合わせる事が出来るのでしょう?(余計な事でした。)渚のセレナーゼ。聞き流して下さい。最後迄余計な解説はありません。

Img_3714

Img_3715

Img_3716

Img_3718

Img_3719

Img_3726

この先が親父達が若い頃見た須磨の海でした。今はこの先に足を踏み入れる事は許されていない。この目と鼻の先でも遊泳は禁止されています。水深どれ位あるのかな?流れが早い。飛び込むとアウトです。

Img_3731

Img_3722

Img_3741

大鳴門橋が見える。この先を歩く事はないかもしれない。帰りの電車は山陽電車を利用する。新開地乗り換え(阪急)阪神を梅田迄乗り入れている。親父は梅田で阪急に乗り換えるので今回は山陽電車から新開地で阪急乗り換え。こちらの方が空いていた。

Img_3746

JR須磨駅出口階段の上から須磨の海を見る。

Img_3748

Img_3749

Img_3751

|

« 神戸長田から須磨迄。今日は夕立にも遭いました。 | トップページ | イギリス王室。ダイアナの悲劇を忘れたの?日本のマスコミもひどいね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は大暑。毎日歩いているので健康診断。健康優良親父ではありませんでした。:

« 神戸長田から須磨迄。今日は夕立にも遭いました。 | トップページ | イギリス王室。ダイアナの悲劇を忘れたの?日本のマスコミもひどいね。 »