« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ユニバーサルスタジオ、ジャパン。デカイ。外周を歩く。

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

デカイ。広い。言葉が無い。東京ディズニーランドに対抗してオープンしたのが2001年。今年が2013年だからオープンⅠ2周年。でもこの外周を歩いた人は多くない。敷地面積は54ヘクタール。どれくらい広いのか地図で見てみると今歩いている道がおよそ900m。親父が若い頃歩いた風景は一変していた。

Img_0005

Img_0006

Img_0007

Img_0008

マイカー、観光バスの入り口。ここから歩いて入場する事は無い?若いガードマンが暇を持て余していた。親父から激励される。一般の入場者はJRゆめ咲線(桜島線)でユニバーサルシティ駅で下車すれば入場門は近い。この門を通過する車からは良く見えないかもしれない。

Img_0010

Img_0011

この先まだまだ道は続く。

Img_0012

Img_0013

おっ。何か見えて来た。阪神高速湾岸線の取り付け口。当然親父が来た半世紀近く前には無かった道です。しかし下の道は広くはなっていたが昔の侭。風景はすっかり変わっていた。浦島太郎の歌を歌っていました。「むかし、昔、浦島は助けた亀に連れられて竜宮城に来てみれば、絵にも書けない美しさ」(笑いながらふて腐れていた)

Img_0015

Img_0014

Img_0016

Img_0017

Img_0018

Img_0019

この場所はヨットハーバーになっていた。この右側は埋め立てられていたが家に帰って地図を見てみると、親父が若い頃にはこれ程の幅は無く木製の橋が架かっていた?

Img_0022

歩いたのはここ迄。この交差点を右折して右に歩けば引き返せると思っていた。処がバス停がある。行き先は野田阪神と西九条の駅。1時間1本のバスだったが待ち時間は長くは無かった。歩く事をヤメる。決断は早かった。(もっと歩かないと)

Img_0023

Img_0024

Img_0025

Img_9968

今日は大阪は3月中旬の暖かさ。この景色は大阪駅環状線のホームから見た風景。久し振りに半世紀前の感動が思い起こされる。正面のデパートの風景は変わっていないが駅前の雑然とした風景は当時は無かった。

今日は出掛けた時は気分爽快だったが帰りの電車はラッシュ時。狭い電車に座っているといい歳をしたおっさんが割り込んで来る。不快な思いをしたくなかったので席を立ち、次の電車を待ったが座れず。仕方が無いので最初座っていた急行の1つ後ろの車両に戻って立って本を読む。

しかし今度は大人のカップルが近くで話を始める。話が途切れない。発情期を迎えた様な声でオバはんが相づちを打つ。耳障り。生憎iPodの電池が切れている。耳を遮れない。横目で眼を飛ばしても無視される。最悪。電車はどんなに込んでいても帰りは一番前。行きは一番後ろ。徹底しなければならない事を学習する。

親父の常識は非常識。アホは本当に多い。最近電車の中で揉める理由が良く分かる。ちょっとした思いやり。ちょっとした気配り。それが出来なくなっている。それが分からないから気が付かないのだろう?いずれその違いが分かる。分からなければいずれ思い知るに違いない。

Img_9969

大阪駅。何処行きの特急だったかな?以前見た電車。

Img_9971

今日の目的地は中央下の桜島。(鹿児島では無い)ゆめ咲線(桜島線)ユニバーサルスタジオジャパンの開業以前は貨物線だったのかな?親父が若い頃は在ったのかな?(在りました)歴史は古い。明治の時代から最初は私鉄。国鉄が買収して時は貨物と朝夕の工場の通勤客が中心だったと言われる。今はすっかり様変わりしている。

この区間の西九条−桜島間は以前はJRの営業区間は最短だった。今は宮崎の空港線?距離は4、1キロだから今度はしっかり歩いて見ると面白い。この道は今も工事中。大阪の余り知られていない地域。昔は工場地帯だったが今はレジャー施設。それだけではあるまい。その実態を伝える情報は少ない。

Img_9972

桜島と親父が若い頃に会社訪問をした島屋町の位置関係が今イチ、はっきりしなかった。JRゆめ咲線。終点の駅がここ桜島。島屋町は下。1番よりズーと下だった。意外だった事はこの川が安治川だった事。対岸が天保山。今は海遊館がある。サンタマリア号が川を遡っていた。明日もう一度行ってここから川を渡りたい。でも天気がどうかな?

Img_9979

Img_9978

Img_9980

コロンブスが新大陸を発見したと言われている帆船とそっくりに造られたと言われている。実際に乗ってみると大きく感じるが、これだけ離れてみると意外に小さい。これだけの大きさで大航海に踏み出した事を考えると凄い事だったのだろう?しかし何時の時代も先駆者は報いられる事は無い。その事が語られる事も無い。

Img_9974

Img_0045

今夜のお食事。何じゃこりゃ。ピンボケじゃねえか?冷凍ハンバーグ。キャベツは昨日の残り。うんこの様に黒いのはつまみとろろ。味着けは濃い口醤油のみ。文句なし(爆笑)美味しさは見た目だけでは無いよ。でも見た目が悪い。(確かに)

Img_0046

それではこれではどうだ。(オイオイ。2杯も食ったのか?)この他にお土産。豚マン2個。餃子10個。(あちゃー)それだけ食えたら文句は無いだろう。(ありません)それで太らないのが不思議?良く歩いているからかな?アホか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の海 ひねもす(終日)のたり のたりかな 蕪村

今日はそんな天気です。お昼に歯医者の予約をしていたので鈴鹿峠を越える事は出来ませんでしたが、東海道の難所と言われて来た雪の積もっていた峠道も、一気に春めいている事でしょう?峠を越えた亀山の観光協会のおばちゃん(失礼)に会えるのもそう遠い事では無いかも?でもこの暖かさも今日迄とか。一気に春爛漫とは行きません。靴の紐を締め直して2月の間大阪の街を歩いて来ましたが、そろそろ芭蕉の旅立ちの心境を実感するのかもしれません?それは違うでしょう。アンタの場合は物見遊山のお気楽なあるき旅。そう言われても歩かない人には分からない発見がある。

今日は大阪湾の春の海を見て来ます。大阪湾もすっかり綺麗になったと言われていますが、それも正確ではありません。大阪湾は多くの現在、過去、未来の人の想いを飲み込みながら変化しています。その一端さえ知らないで多くの関西人は生きています。親父は関西に住んでは居ますが関西人ではありません。関西人が関西の良さを実感するのは別の場所です。大阪湾も淀川も関西の水瓶の琵琶湖さえも関西人には関係がないと思われているのでしょう?そんな罰当たりな生き方が何時迄出来るのでしょう?(それなら関西に住むな)そう近くの喫茶店の親父に言われて久しい。余計なお世話です。今年も春は待ちどうしい?親父は春は愛でる桜以外は良い思い出は無い。

これから床屋でさっぱりとしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

阪神なんば線。九条駅から難波迄歩く。多くの点が線になりました。

Img_9871

大阪は今日は暖かい一日でした。それでも雨上がりだと言うのに後ろの山が霞んで見えない。これから一段と暖かく成れば空気はもっと澱んで来るのだろうか?中国から遠く離れた日本。それも関西でこうだから本場中国では最悪だろう。他国の事、人の事をなんだかんだ言う前に自国の事を改善しないと民は救われない。

この国の政治家経済界、日々の生活、自分達の生活でも他人事ではない。これからそんな季節になるのだろうか?春は心ときめくけれど大切な人が大病になり半年で1人になった悲しい時。あれから18回の春が巡って来ます。今年はどんな春になるのでしょう?どんなに苦しい思いをしても惜別の時を思い起こせば乗り越えて行ける。Img_9872

大阪梅田のたこ焼きやさん。兄ちゃんとお友達になりました。好青年。どうしょうも無いアホも多いが嘆く事は無い。人生色々です。2日続けてたこ焼きを食うのも初めての経験かも?大阪のたこ焼きもうまいお店は意外に少ない?

Img_9876

親父のたこ焼き評価のポイントはタコの大きさと味。このタコは文句ない。どんなに行列が出来ているお店でもタコの味はむつかしい>お薦め。(と言われても)

Img_9875

昨日食った所と同じ所で食っている。ここは特等席。

Img_9880

鳩も通路を占拠している。たこ焼きは別の場所で食って歩いているが、完全に無視されている。さり気なく通り抜ける。流石の鳩も一斉に飛び立つ。ざまー見ろ(コラ)

Img_9881

Img_9886

解体工事は着々と進んでいる。深夜、皆が寝静まっている大都会大阪駅前で深夜の作業が続けられている。この解体工事の事をボロクソに言ったが、この広場の有効活用の歴史が在った事を知る。でもその後にバスターミナル?これは頂けない?大阪市バス(大阪だけでは無いが)バス事業は見直しを迫られている。(利用者は多いけれど)

Img_9887

大阪駅前の空。これから春霞ではなく大気汚染?中国は経済大国と同時に大気汚染大国になった事をどう自覚するのだろう?何時迄も他国を批判していれば問題を先延ばしに出来るとでも思っているのだろうか?私達も乗り越えて来た公害。大気汚染の対策。本腰を入れて取り組むのだろうか?

Img_9888

駅前のチューリップ。美しさが無いのは如何してだろう?

Img_9889

親父が大阪に来た半世紀前の大阪駅。

Img_9891

今日はここから地下鉄四つ橋線難波の駅迄歩きました。こま送りの様に断片的なシーンが重なっていました。これからお見せします。

Img_9892

ユニバーサル、スタジオジャパン、桜島駅行きの電車。平日でも利用客は多い。親父が若い頃は薄汚れた工場地帯。今はアメリカ資本?の遊園地が出来ているが足を踏み入れた事は無い。製鉄、製鋼の会社は今でもあるが物造りは今でも行なわれているのだろうか?親父が行った時の乗り物は市電。今はバスが走っているのだろうか?

Img_9897

下がJR環状線西九条駅(見れば分かる)。上は阪神なんば線。この路線は難波駅で近鉄と繋がり、阪神電車で難波迄行ける?乗り換え無しで奈良迄行ける。京都は奈良の手前大和西大寺で乗り換えれば行ける。ホンマに便利になっている。でも地域の繁栄はどうなのだろう?その声なき声は聞こえては来なかった。

Img_9898

電車の音が防音壁(トンネル)で全く聞こえない。

Img_9900

Img_9901

この川の下を歩道が(トンネル)通っている。両側にエレベーターがある。

Img_9899

エレベーターで乗り合わせた自転車を押していた青年に声を掛ける。他愛も無いベンチャラ。今は歩いているが折りたたみの自転車を買う事はあるのだろうか?(無い)

Img_9902

ここは昔は船で行き来していたのだろうか?ここから九条の商店街が始まる。でも今日は阪神なんば線沿いに歩く。初めて歩く道は目を見開いていた。

Img_9903

人通りが無い。以前の賑わいは知らないがこれも現実です。この街の賑わいを取り戻すにはこの街に住む人を多くしなければならない。その施策が無い。大阪だけの問題では無い大事な課題。景気を良くする為には生活環境から変えなければいけ無い事をどれだけ認識しているのだろう?金融緩和をしてインフレ目標を2%に定める?そんな政策が支持される現実。アーケードのがらんとした風景はやりきれなかった。

Img_9904

自販機で100円の缶コーヒーを買う。120円の缶コーヒーがこの近くでは何故か100円で買える。円安でガソリン、灯油の値段が上がり、政府が買い上げている小麦粉も値上げ?こんなインチキが何で支持されるのだろう?そんなに余裕があるのだろうか?そうではありません。余りに実態を知らされていないからでしょう?

政府が一括で買い上げている小麦の値上げ?その内訳を明示しなはれ。麦の生産者の補助金?そこ迄しながらTPP?お役人の非常識に対抗するには節約しかありません。そんな事をされたらデフレ克服どころかスタッグフレーション(景気後退とインフレの進行)でしょう?経産大臣がひどい事を言っていましたが景気回復には程遠い気がします。

もうすぐ親父の大好きな番組が始まる。「youは何しに日本に?」コメント無しで行きます。(でもそれでは写真の意味が分からない?)困ったなー(笑い)

Img_9905

Img_9906

Img_9907

阪神なんば線。ここから地下に。

Img_9908

Img_9909

Img_9910

阪神電車九条駅。この駅の近く迄来て駅の場所が分からず親切なおばちゃんに教えてもらった事を思い出す。入り口は別の場所だったけれど。

Img_9911

地下鉄中央線。ここは地下から抜けているが地下鉄?九条駅。昨年左の階段を歩いた事を思い出す。

Img_9914

Img_9915

電車が走っている。地下鉄です。高架だけれど。

Img_9917

Img_9918

近くに中学校がある。ガキ達とすれ違う。歩道一杯に歩いて来るが親父は避けない。でも何時か眼を飛ばしていた。(コラコラ)

Img_9920

Img_9921

Img_9923

京セラドームが見えて来る。ここは公園です。野球をやるな。

Img_9924

見慣れた高層マンション。この先にこの前入れなかった公園がある。今日は閉門時間10分前でした。

Img_9925

Img_9926

Img_9928

Img_9929

Img_9930

Img_9932

名前は若い頃から知っていたが初対面。ベートーベン第九「歓喜の歌」の♪は何度も探したが見つける事は出来なかった。でもこの橋が出来た時の喜びは実感出来た。

Img_9933

Img_9934

Img_9936

Img_9937

京セラドームに見送られてゴールに向う。

Img_9939

駅舎はすっかり寂れていた。ここから高野山に行ける。でも乗り換えです。

Img_9940

Img_9943

Img_9946

Img_9950

懐かしい交差点。すっかり様変わりしていた。高速道路ときれいななった交差点。意外に感じたのは閉塞感。こんなに狭い交差点だったのだろうか?

Img_9954

もう少し歩きます。

Img_9956

Img_9957

Img_9959

Img_9960

Img_9963

この近くを歩いた事を思い出していた。今日はここ迄。又明日。はんしん

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年ぶりの大学構内。大きく変わっていました。次の20年。この先に進めればね。

Img_9828

阪急電車石橋の駅を降りてこの交差点に立った時は今から20年前。あの時にはこの看板は無かった。博物館?そんな物が在ったのかと阪急石橋の案内所で聞いても分からなかった。親父もよせば良いのに説明の仕方が悪いとクレームをつける。

処がこの交差点に来てみると立派な案内板が立っていた。20年前駅前が放置自転車で通りも狭くなっていたが、放置自転車の監視員がいて放置自転車は一台もなかった。シルバーの監視員に声を掛けると意外な言葉が返って来る。行政、警察の怠慢。

親父の住んでいる街でもなかなか解決が出来なかった放置自転車。駅前の放置自転車は何処でも同じ難儀をしているが、解決策は放置させない事。その仕事を誰がやるのか?それをモラルではなく取り締まりで徹底する。それだけです。それが出来るのは警察です。何時から警察はこの役目を放棄したのだろう?警察がやらなければ行政に任せるのか?ホンマに車の駐車違反は民間任せ。警察は一体何をしているのだろう?

Img_9830

何だこの看板。地域に生きる?世界に?読めない。大阪大学がどれだけ地域に貢献しているのだろう?オープンキャンパス?ここに来て何を学ぶのだろう?そうではなくて大学の中で自己満足に陥るな。外に出て学べ。教育者としていかに役に立っていないのかが良く分かる。

産学連携。近くに産総研(昔の工業試験場?)が広い国有地の中で遊んでいるのと何か共同研究をしているのだろうか?していません。ここはキャパスです。そう言われるに違いない。3月になると大阪北ヤードに産学協同研究機関がオープンする。どれだけ役に立つのだろう?

Img_9831

今日はここ迄。この先に大学のキャンパスがある。博物館はこの左に在った。20年前には看護短大だった。これだけの広さを確保して大学はどれだけ地域に貢献しているのだろう?これだけの広さを確保して大学教育は何時迄続くのだろう?

大学支援は税金で行なわれているが、その財政が立ち行かなくなる時はこの景色からは考えられない。これからは景気の回復以上に問われる事。それは今迄の様な贅沢は個人も企業も大学も出来なくなる。その時大学経営は今以上に補助金に頼るのだろうか?

Img_9832

Img_9833

Img_9835

受付のマスコット。風変わりな来場者に怪訝な顔をしていた。

Img_9836

Img_9837

壁に取り付けられているワニの骨。模型。50万年前はこんなデカイワニが棲息していました。この先の展示室でその発掘骨を見る事が出来ました。撮影はここ迄。
入り口で色々注意を受けましたが、親父期待の東京−大阪間の電気鉄道の図面は今イチ。その他に足尾銅山の公害調査の資料。憲法の公布草案(複製)を見る事も出来ましたが全くの期待外れ。解説が無かったが見たい資料が無かったからかも?

Img_9841

Img_9842

Img_9843

Img_9844

Img_9849

阪急石橋駅前の魚屋さんが携帯のウィルコムに変っていた。ここの魚屋さん、長い間本当にご苦労さんでした。親父さんは良いけれど若い衆はどうしたのかな?

Img_9852

Img_9854

大阪梅田いつも行列で横目で見ていたたこ焼きやさん。今日は少し空いていたのでうどんを食った後だったが注文。味は流石だった。タコが大きくて美味い。星3つです。

Img_9855

見栄えは良く分からないが味は一番かも?味に嫌みが無い?文句なし?

Img_9857

たこ焼きやさんはこのガード下。でも行列が出来ているので買うのはタイミングが必要。持ち帰りの買い方も分かったのでお任せあれ。でも冷えたら不味いかも?

Img_9862

大阪駅北ヤード前の花壇。華やぎの時を待ちわびていた。

Img_9864

まだ連絡通路と周辺工事を突貫工事で進めていた。日程通り?流石です。でも建物の入居率はどれ位になっているのかな?そしてどんな研究施設が入り、見せて呉れるのかな?それは多くは見せてはくれないに違いない。余り期待はしていないけれど。

Img_9868

その連絡通路の下はJRバスの発着場。一般の人は通行出来ない。行く先表示は分かり易い。東京からバスで大阪に来て親父に布団乾燥器を買ってくれた事は忘れていない。今は深夜バスもシートが良くなっているがそれでも東京は大変だよね。

Img_9866

Img_9867



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

何を間抜けな事を言っているのだろうか?

お昼のニュースを聞いているとむかついて来る。(音声を消して画像だけをチラ見)
むかつきの原因。TPPの交渉参加の問題。(親父的にはどうでも良い問題。)
都会で生活し農業に直接関係ない消費者。地方でも効率的に農業を拡大している人。美味しい米作りブランドを確立し、消費者と直接お米の販売をインターネットでしている生産者。つまり農業、米作りに心血を注いでいる人達には歓迎される事だろう。

しかしこの国の米作りの現場を見て見なはれ。大規模な多角的な米作りを長い間締め付け痛めつけて来たのは誰だったのだろう?国は(と言うより地方の国会議員)は誰の利益を守って来たのだろう?零細農家を守って来たのか?そんな問い掛けは全くされないままに貿易の自由化賛成?米は関税撤廃の対象にはならない?アホか。

TPP(環太平洋経済連携)の目的は何なのか?アメリカが何で日本の参加を求めるのか?日本のお間抜けなマスコミはその背景を何も解説しない。ここで敢えて下品な言葉でその事を強調したい。日本は資源の無い国。本当は関税等無くしてて自由に農産物を輸入し工業製品を輸出しなければ国は(国民は)豊かにはなれない。

それなのに何で高い関税を掛けているのか?米の関税は778%?関税を掛けなければアメリカ産、タイ産の米は今より7分の一の値段で買える?勿論そうはならないがこの交渉に参加すればこの事は間違い無く問われる。その時にお互いの国の事情は配慮されても間違い無くこんな無茶苦茶な関税は引き下げられる。当たり前です。

だから地方の米作りを兼業で行なっている生産者は米作りが成り立たなくなる。今でも米作りだけでは豊かな生活を保つ事が出来ない。、農業を行ないながら近くの工場、店、又は教師、消防士、警察官、その他の仕事を兼業としている。

その人達は今でも安くなっている米がこれからも下がり続けるとしたら、米作りはヤメて他の転作を計る。当たり前の事です。この厳しい現実は製造業の世界では当然だが農業の耕作地は、一旦耕作をヤメれば荒れ地となる。本当にそんな事を求めていいんですか?(都会の生活者にも余裕が無くなればそれで良しとするのでしょう)

都会人の多くは米の消費はそれ程拡大はしていない。親父の食生活。地方の人の食生活を見てもその事は良く分かる。どんだけ地方の人がおいしい米を食い、豊かな食事をしているか?その反対に都会人がどれだけお粗末な食生活をしているか?

米の自由化とはそう言う事なのです。都会人が貧しい生活をしているのではなく、地方の農家が守られ過ぎている?それは事実です。しかし今問題になっている花粉症。アレルギー問題。都会人の現在病?の多くは地方の山が荒れ果てて来たからです。

安い東南アジアからの木材がなだれ込み、この国の林業が成り立っているのは神社、仏閣、その他の立派な木材です。多くの大切な木材が手入れもされないまま朽ち果てている。そんな経済構造を農業にも求める経済界。その片棒を担ぐマスコミと政治家。

そんな生き方は罰当たりと言わないで何と言うのでしょうか?そんな現実を受け止める事は出来ないでしょう?親父はそんな生き方は出来ないに違いない。(嘘をつけ)

先日、日銀総裁の後任候補に更なる金融緩和が期待出来ると株価が上がり、今日はイタリアの選挙結果で株価は下落している。そんな株式市場とは裏腹に一般市民の消費行動に明るさはあるのか?その見通しもテレビ東京の経済ニュスは悲観的ではない。

Img_9745

競馬はギャンブル。政治も経済も日々の生活も同じとは言わせない。これだけの人が見つめている先は勝負の世界でもアベノミクスとやらはそうではない?冗談を言わせない。3本の矢が放たれる?何時?成長戦略?そんな物はプロパンガスではないか?

プロパガンダ(宣伝)今迄の民主党政権がひどかったと批判して来た自民との成長戦略にこれだけの期待が集まる。経済の実態はそれ程に甘いのだろうか?金融緩和で円安が進み輸出企業の採算が大幅に改善する。では輸入品の値上がりは大幅には進まないの?この国は輸出で成り立っているから輸入品の値上がりは問題ではない?

何処で彼等は経済学を学んだのだろう?そんな理論は競馬の予想と全く同じです。当れば自慢し、外れれば知らん顔をする。結局貧乏人がババを引き小金持がジョウカーを手にし金持ちは勝ち逃げをするのだろう?大した金持ちでなくてもそんな自慢をする親父お気に入りのお握り屋の親父もいるけれど。段々話が会わなくなっている。

Img_9799

Img_9813

花はきれいに咲いているがこの花壇もお金を掛けて手入れをしている。

次のニュースもひどい。教育再生委員会の答申。いじめを無くす為に「道徳」の時間を増やす。アホか?何時か親父達が若い頃言われていた事が今でも言われるのか?

この問題は滋賀県のいじめで自殺した少年の事件を教訓に検討されたのだろう?しかし、この痛ましい事件は「道徳」なんかでは解決しない。いじめは今日(こんにち)何処でも日常的に行なわれている。

それに打ち勝つ事が出来る人は生き延びる事が出来るし、それが出来無い人は出来る人が助けるしかない。それには力がいる。その事を知らないからズルが存在感を示しおとなしく抵抗が出来無い弱い子が追いつめられる。

これは高崎山(大分の観光地)の猿集団と全く同じ。弱い者は追いつめられて存在する場所も無くなる。それでも誰も助けはしない。助けると自分が攻撃される事を分かっているから。それくらいの事をこのお偉いさん(偉くも何にも無い)は分からないのだろう?二宮金次郎の世界では無い。悪の世界はガキの世界にも浸透している。

今の教室の状況をテレビカメラで写して見なはれ。ガキ達が教室で何をしているか?親父達が学校に行っていた時とは全く違う驚愕の世界がそこには広がっている。勉強が出来るか?出来ないか?そんな事は問題ではない。

人と助け合い学習が出来るか?運動が出来るか?学び合う事が出来るか?そんな学級は地方の少人数の教室にしかない。勉強が出来ても出来なくても個々人の能力を高める。そんな指導者はどんだけ居るのだろう?

親父が学校に言っていた頃は吃りで先生からもバカにされていました。しかし、限られた先生は助けてくれました。親父も自分の欠点を克服しょうと頑張りました。勉強は負けませんでしたが性格は変えられずに吃りも直りませんでした。

それでも日常会話は普通に話す事が出来たので恥をかかされるのは本を読む時だけでした。授業で生徒に本を読ませる。無能な先生は親父に苦痛を与えても平然としていました。そんな先生も今は多くが亡くなり生きていてもボケ老人です。

人の一生とはそんな物。教室で生徒にいじめだけは許さない。生徒に苦痛を与える様な授業はしない。そんなクラスをどうすれば実現出来るのか?それが本当のいじめ対策だろう?

この対策をまとめたお偉いさん(おばかさん)もいずれボケ老人になります。間違いありません。中学、高校と国語と経済の授業で本を読まされ、言葉に詰まり、ひどい吃りで同級生に笑われていた親父は、皮肉な事に同世代の誰にも負けない博学?で知識人?お喋り?でも負け犬です。

それでも人に対する優しさは誰にも負けません。多くの人はいじめに負けずに生きています。どうか困難に立ち向かわずに適当に生きて下さい。人に迷惑をかけずに元気で生きて行く。言い訳。行動拒否をしない。そんな太々しさを身に付けて今迄バカにして来た人達を適当にあしらって下さい。その程度の事です。その事を教えて呉れたのは母でした。その母も今はいません。年老いての親不孝を恥じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

今夜も分割送信です。今日は御堂筋を心斎橋の手前迄歩いて来ました。

Img_9749

近くの市役所前の交差点。今年は確定申告は税務署は混んでいたので還付を諦める。市役所で所得申告のみでOK。(但し還付は無し)それは無いだろうと勘違いしていたのは、住民税と国民健康保険、介護保険の納付額が多いと思っていたから。

でもそれは国の税金(所得税)では無い。それに気づいてみると年金の源泉徴収額は多くなかった。還付金額を優しい担当に聞いて見ると1000円。その程度なら不快な思いをして税務署でe-taxの順番を待つ事は無い。

Img_9752

Img_9753

風は冷たいけれど春はもうすぐです。市役所での所得申請は今日は待たされる事も無く書類の提出もスムーズに終える事が出来ました。T君にも会えたし優しい人達と話をする事が出来たし巨人の安倍君のセリフを思い出していました。「最高です」それは冗談でしょう?かもね。

Img_9755

いつものお店できつねうどんを食って後、このお店の案内板に惹かれる。ぶりの照りや以下今イチだったけれど飯をお替わり。完食でした。久し振りの田舎の幼い時を思い出していました。あの頃は貧しかったけれど今よりは遥かに可能性を信じていたのかもしれない?違うな?何も分かっていなかっただけかもしれない。それでもその事に気が付いただけでも君は幸せかもしれない。

Img_9756

Img_9757

いつものうどんやさん。最近合えなかったレジの娘と出くわす。次はきつねではなくコロッケうどんにしてみますか?

Img_9758

今日はお休み。このお店ではまだ食っていない。

Img_9759

Img_9762

Img_9763

Img_9764

Img_9765

解体工事は順調に進んでいる。この建物が完全に更地になったらどんな姿を見せて呉れるのだろう?

Img_9766

Img_9768

Img_9770

Img_9771

Img_9772

Img_9773

大阪駅前の風景は大きく変わっている。正面の高い建物は最近完成した富国生命ビル。若い頃良く言った面影は全く無くなっている。今は出かける事は無い。

Img_9778

阪急の改造工事と屋上上のビジネス棟が完成。見上げるだけで怖くなる。

Img_9779

親父が大阪に出て来た時には完成していた。出来上がって半世紀が過ぎて建物が老朽化している。この手前にある阪神デパートと同時に立て替えが現実化している。でもその間デパートの営業はどうするのだろう?阪急と違って営業しながらの立て替えは無理だろう?(どうでも良いけれど)

Img_9781

近くに自転車置き場は整備されている。それでも足りない。足りなければ、置き場が無ければ放置をする。この感覚だけは無くさないとここは大阪の玄関口にはならない。何度も書いたが警察は何をしているのだろうか?大阪府警は関係ないと思っているのだろう。最後にもう一度最低の姿をお見せします。

Img_9782

山茶花ももうすぐ終わりです。でもまだまだつぼみも一杯です。お主負けるなよ。

Img_9784

ジャンボ宝くじ。5億円。これ程ぼろい商売は無い?

Img_9788

Img_9789

「お主もメタボ」と声を掛けたら「お前に言われたくない」と睨まれる。

Img_9790

Img_9791

ピンクの梅。開花は3月の上旬?京都の北野天満宮の満開の梅も久しく見ていない。今年はどうかな?恐らく無理だな?東海道鈴鹿の峠で見れるかな?

Img_9794

Img_9798

Img_9801

Img_9805

梅田新道。今日も輝いていました。どんなに嫌な事が在っても咲き誇れ。君の輝きは誰にも負けてはいません。そう語り掛けていた。

Img_9806

お久しぶりです。でも何も変わっていない。災い転じて福と為せ。いつも見守っているよ。そう言われていた。指先が綺麗になったら見せて下さい。

Img_9807

本日自慢の1枚。少しアングルが悪いが川の盛り上がりを写している。見えるかな?見えません。そう微かな水面が迫っていた。この橋は水晶橋。歩道橋。元々は水質改善の堰として作られた。その堰を親父が静岡で工場建設で頑張っていた頃、歩道橋として作り直されている。近くで川を覗き込むと堰の跡が見て取れる。その訳を最近知る。

Img_9808

Img_9809

Img_9815

淀屋橋。いつものアングルとは反対側。これも自慢の1枚。そのオマケがこれ。

Img_9816

親父より先輩です。この石作りの橋の美しさを実感出来る人は少ない。親父が大阪に来た時はこの橋の上を市電が走っていた。

Img_9820

御堂筋の美女。

Img_9824

この難波神社前の放置自転車も今週末には撤去です。それでもその次の日には元の木阿弥かも?ホンマに大阪人。ええ加減にしなはれ。

Img_9827

暗くなりました。今日はここ迄。読めるかな?立売堀川跡。半世紀前には埋め立てられていた。でもこの近くはすっかり綺麗になりました。思い出の街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成る程。そう言う見方もあるのか?久し振りに日経の「核心」を読む。

Img_9746

昨日の阪神競馬場11レースのパドック。馬券は買わなかったが親父が期待した穴馬は先行馬のレース展開で強烈な差し(追い込み)足を示す事無くお呼びではなかった。勝った馬は圧倒的な1番人気。予想配当オッズ(簡単に言い切れば払い戻し予想金)は2倍以下。そんなに強い馬とは思わなかったがレース結果は危なげない完勝。

嫌いな人気ジョッキーは自信たっぷりの表情をしていた。負けたら言い訳をする癖に。勝った時だけ喜びを爆発させるな。親父の好きなジョッキーは天才騎手と言われレース中の事故で命だけは助かった親父の後を継いだ2世です。

今日は久し振りに日経新聞を買いました。最近は経済社会も競馬の社会同様で?思惑と大金が株価を左右し、安倍政権が誕生する迄低迷していた日本株が一気に高騰して大きく株価が反撥している。行き過ぎた円高が円安になり日銀の金融緩和が進めば更に株価の上昇が期待されると言う思惑。それが今の株高です。

それが何時迄続くのか?それはエコノミスト、経済の専門家、学者にも分かりません。株で利益を上げる事が期待出来なくなっていた民主党政権とは大違いとニンマリしている人も少なくありません。これ迄何度も煮え湯を飲まされて失意の底にたたき落されていた人が再登場をした時、この活況も一気に沈静化するのでしょう?

何時迄もあると思うな親と金。古くから言い古されていた格言も最近は死語になっています。この国がアメリカと戦い多くの優秀な若者がお国の為に、天皇陛下の為に死んで行って半世紀以上が過ぎましたが当時の教訓もすっかり忘れ去られています。

アメリカから黒船が来てこの国の鎖国政策が終わり、この国は急速にアメリカ、ヨーロッパの文明を取込み、教えを受けて世界の大国に仲間入りをしたと勘違いをさせられました。その間違いを再びアメリカの圧倒的な工業力と軍事力で叩き破られ、この国は焼け野が原になりました。東京、大阪、名古屋、福岡は言う迄もなく全国の都市がアメリカの無差別爆撃を受けた事を語る人も少なくなりました。

そのアメリカの援助と朝鮮戦争特需で奇跡と言われたこの国の戦後復興。そしてアメリカに追いつき追い越せとこれ又奇跡の戦後復興。大阪の街も今は本当に綺麗になりました。その街を元気に歩いているのはおばちゃんと兄ちゃん、姉ちゃん。親父達。爺ちゃん婆ちゃんは何処に行ったのでしょう?病院、介護施設、ボヤキの言葉喚くだけになりました。いずれ哀れな生き方しか出来ないのでしょう?本当に情けない。

昨夜遅く迄、色々、クダラナイ話に付き合いを頂き申し訳ありません。その戒めの想いを込めて久し振りに日経を買いました。読んだ記事は「核心」だけ。成る程と思いました。納得?とんでもありません。そんな見方もあるのかと言う事。でもこの見方は間違いです。(オイオイ。まだそこ迄言いはるか?)

地方の屈折した想いは沖縄の人達と同じかもしれません?自民党に期待が出来なくても民主党はお話しにならない。問題外。政権担当能力が無い。自民党にもないかもしれないが他に選択の余地がない?そんな時、この国では戦前の帝国陸軍の青年将校が反乱を起こしました。今の自衛隊にはそんな力は無いので大阪維新の会、石原右翼が支持を集めるのでしょうか?ドイツのナチスもそんな時代背景で登場しました?

今日の「核心」を書いた論説委員長芹川洋一氏の記事でそうだと思った事を引用します。「政治は権力イメージをめぐる闘争」「実態は兎も角、力が無くてもあると期待されれば優位に立つ」今の自民党、安倍総理が正にこの状況でしよう。

その反対に「影響無し。能力無し」と見られれば劣位に置かれる。レッドカード。退場です。正に今の民主党。しかしこの事は他人事ではありません。会社、社会、地域でも他人事ではない。自分がその場に立たされている事を認識出来る人はいない。

他人事の様に思うしか無いのでしょう。この記事を書いたアナタも同じです。日経の論調がおかしくなれば親父の様に毎日、新聞も読まれなくなる。今はそんな時代です。そしてそんなオバカが多くなりました。人間は必然的に豊かさの中で存在理由を見失うのでしょうか。?

「真実は、嘘と真が入り乱れた微妙な境目にあるが、その駆け引きに政治の断面がある」正にその通りだろう。しかし安倍総理が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を表明すれば(まだしていない。昨夜の君の発言は間違い)参議院選挙で農業票は逃げてしまう。(これは親父の意見)この一般通説を否定している。

これはいくら何でもおかしい。農民票で支持された議員先生(地方議員)、日本医師会の支持で当選した議員先生達が支持者にそんな事を言える訳が無い。農民票は説明を尽くせばわかると言っている言葉は沖縄の辺野古沖埋め立ての論議と全く同じ。

親父が今読んでいる福島の原発村の成り立ちと全く同じです。そしてその政策に疑問を持てば他の人にすげ替える。自民党が戦後繰り返して来たパターン。その政策を3年前に多くの人が否定した事を学習していないのだろうか?学習はしました。?

確かに親父の田舎の大分県南の街も国の補助金が無ければ成り立たなくなっています。過疎の街と村にも高速道路が走り人々の生活は豊かになっています。しかし補助金はあくまでも一時金。補助金。何時迄アテに出来ない事は日本各地の過疎の村を見れば良く分かります。分からない?地方の現実は惨憺たる物です。それでも豊かさで居られるのは何故でしょう?それは国策、国の言いなりにはならなかったから?

地方の限界集落は都市にも波及しています。高齢者が孤独死をする現実。そんな政策を何時迄も続けられるとは誰も思っていません。多くの自民党と公明党が進めて来た政策は間違っていました。今、又同じ過ちを繰り返すのでしょうか?その厳しい現実は確実に進行している事をどれだけの人が理解しているのでしょう?

でもそれは厳しい現実。何時迄も零細で非効率な農業を守れとは言いません。不便な過疎の村が消えて行く事は寂しいけれどそれも仕方ない事でしょう?しかし「米は守る」「TPP交渉参加のテーブルには着くが国益は守る」?その国益とは地方の米作りを犠牲にして経済界の利益を守る事ですか?いい加減にしなはれ。

経済界も美味しい事ばかりではありません。韓国の車が日本に大幅な関税障壁で輸入されていないがそれも無くす?大手電機業界は円高で大幅な損失を出している方と言われているが、関税障壁を無くして韓国、台湾、中国資本に負けた経済界にそれだけの勝算はあるのですか?成長戦略はただ今検討中?そんな遅さで何が出来るのだろう?

そう思わないお役人と政治家?自分達は美味しい思い。税金を食い物にしながら高級取り?ホンマにマスコミは何を報道しているのだろう?自分達も同じ穴の狢(むじな)か?本当にこの国は情けない国になってしまいました。この国の為に死んで行った多くの尊い命を今、どれだけの政治家、指導的立場の人が理解しているのでしょう?福島の事故はその警告です。これからこの国で生きて行く子供達の為に。

経済産業省、経済連の経済政策の誤りをどれだけ明確にしたのだろう?経済連の言葉を聞く度にその問い掛けをマスコミもしなければならない。マスコミの社会的責任が問われた時代は過去になったのかもしれない。労働組合が寄生虫の様に自分達の利益しか考えなくなった様に?失礼しました。

                                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPP交渉参加に賛成63&?どんな調査をしているのだろう?

TPP交渉参加に賛成が63%?そんなに多くの人が賛成しているのなら良い?
そんなに単純に考えないで下さい。どんな方法で調査をしたのか?これはもう完全な我田引水です。我田引水?こんな言葉も知らない人が多くなったが、自分の田んぼ、自分自身の事の利益の為なら人が不利益を受けても関係ないのか?

そうではない。交渉に参加しても自分達、この国の利益を損なう様な事はしない?そんな事は総理大臣にも出来ない。そんな事が言い切れる程容易な交渉にはならない。(そんな事は分かっている?)全然分かっていない。

関税障壁を無くして自由な貿易をする。それが国益になる。経済界はその事を尤もらしく言葉にするけれど、国産の車、工業製品の関税を輸入国が大幅に引き下げる?
そんな事を期待しているのならその考えは改めた方が良い。そんな輸出は(相手国に取って輸入)は出来る訳が無い。仮に(仮は無い)認めるならばその見返りに農産物に掛けている関税を下げる。そんな事が出来る訳が無い。

そんな出来もしない事を尤もらしく政治問題にしてアメリカ訪米の成果を高らかに宣言する。そんな政策を世論調査では63%が賛成?どんな調査をしているのだろう?仮にこんな調査で全ての人が賛成しても自民党の大きな支持団体が認める訳が無い。

そんな単純な問題を尤もらしく(さも実現するかの様に)報道するマスコミ。この国は何時から中国の様な国になったのだろう?TPP交渉に参加しても米と医療市場は例外扱いにする?そんな交渉を何処の国が認めるのだろう?アメリカのオバマさんが認める?冗談を言わないで下さい。そんな大統領をアメリカ議会が認める訳が無い。

安倍総理もオバマ大統領が日本の国益を尊重してくれるといくら自民党の国会議員に説明しても地方出身の議員が認める訳が無い。それを認めると言う事は選挙に勝てないと言う事。民主党のぼろ負けと全く同じです。そんな爆弾を受け止めると思っているのだろうか?これで安倍政権は終わりです。間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

いずれの日にか国に帰れるのだろうか?希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる?サミュエルソンの言葉です。

Img_9740

駅のポスターに足を停める。「国立公文書館が大阪大学にやってきた」。
大阪大学はkenが大学受験した時と入学手続きをした時に入った時以来。
あれから横目で見ても行って居ない。そろそろお呼びが掛かったのかもしれない。
国立公文図書館に行く事も無いだろうから出掛けてみますか?3月9日迄です。

Img_9741

後一月もすると大阪は春です。春は選抜からと言われて久しいが高校野球もプロ化し学問との両立を無視し、校名を宣伝するしか考えていない私立の経営者。公立高校でもアマチュア精神を見失っている。そんな現実とは違う理想の姿を取り戻す日は来るのだろうか?その日は期待は出来ない。それでもアマチュアとプロの違いをこの樹は語り掛けている。春はもうすぐです。

Img_9747

夕陽を右前方から浴びながら近くの空港を離陸した飛行機が、これから左旋回をする。親父の故郷九州に向う飛行機はその旋回が終わると、神戸上空を通過して西に向う。1時間もしないで広島の手前で進路を左に取れば海上に出る。その先に国東があり大分空港はその先端にある。若い頃、何度も帰省の時乗った飛行機。今は見上げるだけになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

現在。過去。未来。その責任をどれだけ自覚しているのだろう?

Img_9729

宝塚大劇場裏の武庫川。親父が若い頃はここにボートが営業をしていたが、それも今は無い。阪急今津線の車内から写しているので一眼レフの威力が発揮されていない?

Img_9730

これも電車の中から。でもこれは綺麗です。この川は逆瀬川。この駅迄歩いたのは最近だがこの道を歩いて六甲山の山麓を歩いたのは昔々の話です。もう一度歩きますか?それはありません。一人で歩くのは当然。仲間と歩く事も無いだろう?(仲間は居ないもんね)一緒に歩くならもっと楽しい所を歩きましょう?

Img_9732

パドックの人気馬。結果は人気通り1着。フラッシュは駄目だが写真はオッケー。

Img_9734

今日から阪神開催。阪神競馬場での競馬の開催は今回開催は桜花賞迄。今日は寒かったけれどこれから1月もすれば関西も春です。今年の春は心踊る事は何なのだろうか?政治と経済はマスコミが語る程良くはならない?そう思うのは親父だけかもしれない。

今、福島原発の歴史を垣間見る度にこの国の官僚組織の思い上がりを痛感する。「放射能廃棄物の再処理」「プルサーマール計画」誰がこんな事を考え出来もしない事を先延ばしにしているのだろう?この責任を改革の推進者は誰も問われていない。

彼等がこの国のエネルギー政策の判断を間違ったのは原子力神話だった。安全。安心。夢の原子力発電。全て誤摩化しだった。福島の悲劇は地震と想定外の津波だったと言われているが、原子力発電の問題はそれ以前に福島の知事から問題提起をされていた事を親父は不覚にも知らなかった。その時に原子力発電の安全性を強調した官僚達はどう責任を取ったのだろう?これからサウナに行きます。

サウナに行って最近感じる事は以前の様にいくらサウナ室で粘ってもポタポタと汗をかかなくなった。それだけ体の中に水分が無いのだろうか?肌が汗をかかないと痛くなる。慌てて湯船に飛び込むがそれだけ体の老化が進んでいるのだろうか?

その原因が分かる。最近水分の採り方が足りない。人間の体の70%は水分と言われているがこの時期、汗をかかないので水の採り方が足りないのだろう?親父の大好きな「パナジウム入りの富士の天然水」も少ししっかりとラッパ飲みしなければいけない。便秘と下痢を繰り返す原因も分かりました。これだけ不摂生な食事をしながら生きていても元気な体に感謝しなければならないが、その時は長くは無い。

もう一つ最近銭湯で感じる事は女風呂のじゃかましさ。この国の女性がこれ程にハシタ無くなったのは男がだらしなくなったからだろう?電車の中でも大阪梅田の雑踏でも昔は人目で怖いお兄さんは分かったが、今はオネエちゃんなのだろうか?(コラコラ)親父も廻りでもそんな人は居たがろくな生き方が出来ない事を証明している。(そこ迄言わないで)言ってやらないと分からないのだろう?(アカン)

安倍総理がオバマ大統領との会談でTPPの交渉に参加を表明したとフジテレビが報道している。本当に安倍総理はその政治判断が出来るのだろうか?出来ると思っているのだろう?沖縄辺野古沖埋め立ても工事申請を沖縄県にすると伝えられている。原発の安全も確認されれば運転再開?本当にそんなことが出来ると思っているなら自民党を支持した農協と日本医師会をどう説得するのだろう?(そんな事はどうでも良い)

親父は貿易の自由化。関税の撤廃。農家の米作りの政策は時代と共に変わる事は否定はしない。米が安くなる事も必然かもしれない。しかしこの国は米作りが採算が取れなくなって小麦、大麦、大豆の様に外国から大量に輸入をして耕作放棄地を増やして良いとは思わない。

米は国民の命でありこの国が瑞穂の国と言われて大切にして来た心迄、売り渡してはならない。そんな事はしないと誰もが思う。ところがこの自由貿易とはそう言う事を目標にしている。経済連はそこ迄してこの国の利益を確保しょうとしているのだろうか?

そうではない。自分達の生き残りの為。後何年も生きれない年寄りがこの国を蔑ろにして良いのだろうか?天罰を受けなければ分からないのだろう?これから高齢化社会を迎える。親父は今おいしいおにぎりを毎朝口にしているが、決して安くはない。

それでもこれからの親父達はうまい米、高い米を食わなければ長くは健康には生きて行けない。輸入米が安くなる。その結果を考えた事が無いだろう?昔自民党の総理大臣は「貧乏人は麦飯を食え」と言ったが日本の美味しい米が何故高いのか?分かっているのだろうか?

安くて美味しい米なら良い?おっしゃる通り。でもそれはデフレ社会では無いのですか?自分達に都合の良い様にはインフレターゲットとか良いながら農産物はまだまだ高い?もっと賢くならないと本当にこの国の地方は疲弊する。これで安倍総理の真意が見えて来る。

景気回復間違い無い?冗談でしょう。これから自民党支持も間違いだった事が証明される。しかし、マスコミはそんな事は言わないのだろう?円安メリットで株価が上昇しているが輸入品の価格上昇は誰が負担するのだろう?アメリカのシェールガスを安く輸入する?なるほど。(開いた口が塞がらない)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

帽子を買う。3年前に買った相棒はまだまだ役に立つが(笑い)

Img_9728

今夜の食事。親父得意のただ材料をちぎって放り込んで鍋で茹でるだけ。味付けはポイント。いりこダシが一番良いが親父は手抜きで2倍濃縮のトップバリュー198円を滴量。濃い口醤油適量。てん菜糖大さじ一杯で充分。味見はまずしない。(今日のお味は?)文句なし。少し薄味がキャベツとベーコンの味が出て大好きなタマゴを入れたら出来上がりです。簡単だけど味と栄養は保証付きです。お試しあれ。

Img_9641

今日の最寄りの阪急池田駅。日差しはもう春ですが風は冷たいけれどもうすぐ春です。

Img_9642

Img_9643

Img_9644

Img_9645

Img_9646

阪急梅田駅の電車止めの先にある花壇。花の入れ替え。一気に春の気配。しかし、春はまだ遠い。それがこの花達を見ているとそうでも無いのかもしれない。親父の様に足を止めて花を眺めている人は居ない。今年の春はどんな春になるのかな?指先のひび割れが直ると春は近いのかもしれない。

京都円山公園のしだれ桜も同じ気持ちに違いない。あの桜の樹も親父以上に歳を重ねたが今年も綺麗な花びらを見せて呉れるに違いない。40年前に見たあの景色は見れないが今年はどんな姿を見せて呉れるのだろう?しばらく眼にしていないが今年はしっかりと一眼レフに写し取らなければならない。

Img_9647

大阪駅の解体中の工事跡を見ながら2個喰らう。意外に小さく意外によもぎの味と餅があんこと三味一体?となっていた。お土産に又持って行きますよ。

Img_9648

解体工事は着々と進行している。昼間は当然工事は出来ないがこの姿を見ると、夜に寒風吹き荒ぶ(すさぶ)時に黙々と仕事をしている男達の姿が見える。女性の地位向上が叫ばれるが口先だけだろう?こんな仕事が出来るのかと言うから親父達は嫌がられるに違いない。でも本当はシャイで優しい事を限られた人しか知らない。

Img_9649

親父がこんな事を嘆く事が可笑しい。全く関係ない。大阪駅前が何時迄もこんな姿を晒しても何も困らない。何時迄もこんな姿を見せないで日本の美しさを見せてもらいたいがそれはそう遠く無い事かもしれない。しかし大阪のあるべき姿を語るなら一度この場所に立って見なはれ。これが尤もらしい事を言っている現実です。

Img_9651

この階段。エスカレーターがない。これが人に優しい大阪の街?こんな街造りを何時迄も続けても誰も批判はしない。関西の知識人。ジャーナリストはこの程度の影響力しか無いのだろう?大阪の街は本当に綺麗になりました。でも例外はここです。大都市でこんな姿を玄関口で晒しているのは他には知らない。

Img_9653

ここは文句は無いだろうと言われる正真正銘の大阪駅中央出口前。北口は来月北ヤードが完成して一新するがここは何故か南出口とは言われない。綺麗に見えるのは親父のカメラテクニック。よく見ると三角コーンが立っている。何ここも工事中?イイエ駐輪禁止の表示?よく見るとこの玄関口にも自転車が停められている。信じられない。

Img_9654

駅前の山茶花。これも人の手が掛かっている。放置されればすぐ枯れ果てる。その事を理解出来る人は多くない。ボランティアが手を掛けているのではない。お金が掛かっている。その事がそのうち見捨てられるのだろうか?

Img_9655

Img_9656

今日もこのビル内の書店に出かける。今読んでいる福島原発の県知事の知らなかった汚職疑惑に国家権力の関わりを知る。水谷建設の贈収賄疑惑。許せないと思っていた事が実際はそうではなかったのだとしたら、マスコミは何を伝えていたのだろうか?

この国エネルギー政策を進めて来た資源エネルギー庁。経済産業省。2年前の福島原発事故前から国の原子力政策に異議を唱えていた福島の知事の事は何も知らなかった。今でも原子力発電をしなければこの国のエネルギー政策は成り立たないと多くの政治家とエコノミスト、評論家が口にするけれどこの人達は原子力発電の誤摩化しに加担している。

この賢い?親父もお恥ずかしい事に原子力発電で発生する放射能廃棄物の処理の実態を知らなかった。アナタも知らないでしょう?本当にこの国のエネルギー政策は無理に無理を重ねて出来ない事をやろうとしている。原子力発電は夢の核の平和利用と宣伝されて来た。絶対に安全。放射能漏れは絶対にない。しかしその言葉には条件がついていた。その事を誤摩化し続けて来た電力会社と監督官庁。

その問題点を2年前福島原発が起きる前から問い続けて来た福島の知事が、贈収賄疑惑で逮捕される。当然検察は犯人扱い。マスコミもその警察発表の疑惑を如何にも真実の様に報道する。裁判の結果をどうなっているのか?殆どの人は知らない。

その後に県知事になった人は当然原子力行政に賛成。福島原発事故の後の自分の政治責任を明確にする事は無く政府の批判、行政の責任を口にしている。そんな事は何も知らなかった。親父は今、民主党政権政権の退場と新たに誕生した自民党政権には何も期待はしていない。

本当に出来る事をやらないで出来もしない事を尤もらしく語られ、信じられない事にそんな政治、政策に期待をする人々。でもその矛盾を目の当たりにすれば少しは変るのかもしれない。景気は良くなる?それは間違い無いかもしれません。でもTPPの参加?沖縄の辺野古沖埋め立て?そこ迄バカにされるのだろうか?バカにはされません。誤摩化されるだけなのでしょう?

でもそれは沖縄の基地問題と同様に出来ると思っているのでしょうか?実行力がある?そこ迄言い切っていいのでしょうか?景気は回復しても一息つけるのは企業経営者だけ?それでも中小零細企業の生き残りは容易でない事が年度末(3月末)明確になります。デフレの脱却?バカ言っちゃ困ります。

スーパーに行って見なはれ。少しでも他より易くなければ買いません。それはデパートで買い物をしているリッチな人には理解出来ない事かもしれません?そうではない?大した買い物が出来無い人でもインフレに期待している?それはありません。

政府、与党、お間抜けな行政官僚に誤摩化されているだけです。マスコミは真実を伝える?これもインチキです。韓国。中国。北朝鮮。隣国と仲良くしなければならない。しかし敵対行為をされても「戦略的互恵関係」を何時迄も口に出来ると思っているのでしょうか?韓国も中国も北朝鮮は言う迄もなく日本と敵対関係は希望出来ないでしょう?

Img_9658

ささくれた指を見て春の到来を願っていました。ひび割れの指先を見てその後、堂島川を見ていました。今週の始めに見た表情とは違う一面を見せてくれました。

Img_9659

Img_9660

残念。読めない。興味があればウィキペディアで検索して下さい。

Img_9662

フェスティバルホールもうすぐオープンです。前回来た時には気づかなかったがこのカーペット本物のじゅうたんでした。汚れたら交換してクリーニングするのだろうか?階段の両側はレンガの柱です。フェスティバルホールの前売り券も発売されていた。

Img_9664

ここで今年の夏はビールが飲めるかな?一人では無理だな。

Img_9667

Img_9668

錦橋。この橋も今は通行は歩行者のみ。

Img_9672

肥後橋。江戸時代。この近くに肥後藩の蔵屋敷が在ったと言われている。大阪湾からこの土佐堀川を遡り九州の産物が運ばれていたのだろう?

Img_9675

でかい。下の建物も旧建物を完全に取り壊されて建て替えらている。その上に免震棟のビジネス棟が出来ている。ここで働く総勢は1万人と聞かされる。デカイ。このタワーの反対側に朝日新聞大阪本社が在ったが、そこも取り壊され5年後に同じタワーが完成すると言われている。東南海大地震。本当に大丈夫なのだろうか? アホ。

Img_9689

Img_9688

Img_9693

淀屋橋。このアングルの写真はなかなか上手く撮れない。淀屋の怨念がそうしているのだろうか?(笑い)しかし歴史を知れば豪商淀屋の贅沢を取りつぶす幕府は皮肉にもその淀屋の恨みを明治維新で晴らしたとも言われている。そんな隠れた想いが籠っているのだろう?この先に大阪市役所と日銀大阪支店がある。今日はここ迄。

Img_9698

Img_9702

Img_9700

Img_9715

大江橋。

Img_9719

中之島ガーデンブリッジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生き方を考える。考え方を変える。そうすれば道は開ける。

大阪は今日も寒い1日。親父は今は仕事をしていないので起床時間は遅い。(当然休む時間も遅い)こんな不健康な生活をしていても健康管理には心を配り、一月一回の眼科検診と内科の診察を受ける事は欠かしていない。そんな事は当たり前で自慢をするなと言われるかもしれないが、その当たり前の事が出来ないから大きな差が出て来る。毎日多くのニュースが流され多くの人が尤もらしい事を言うけれど、それはタダ聞き流せば良い。ただそれだけの事。しかし多くの人はそこ迄の事しか出来ていない。だから多くの悩みを抱え一見健康で幸せそうに見えてそうではない。昨日もそんな事を体験した。アナタの思いと重ね合わせて下さい。必ず参考になる事でしょう?でもその前に用事を済ませて来ます。続きはその後で。

月一度の眼科検診。眼圧問題無し。視力良し。眼球内血管異常なし。眼球の乾燥要注意。大阪に戻って14年。この先生のお陰で眼が弱い親父もデカイ眼を輝かせている?記憶力、判断力、思考力は加齢と共に硬直するけれど。子供の様な好奇心は失ってはいけない。それでも物忘れはひどくなっている。この先20年ボケないで生きれる保証は己の心掛けしかない。その事を最近痛感する。

今、確定申告の時期です。給料から所得税が天引きされるサラリーマンと違って事業者、年金プラス雑収入のある人は税務署に確定申告をしなければならない。その事務処理を多くの事業者は自分でやらなくても資料さえ揃えて置けば税理士が代行してくれる。自分が苦労する事は無いも無い。と思うでしょう。ところがそうではない。

先週から始まった確定申告。関係ない人でも何時か関係があるかもしれない。自分の所得をサラリーマンは会社の事務員が自動的に計算し、所得税も給与から供与から天引きされる。年末には年末調整の書類を2枚提出し年末調整の事務処理を受ける。

個人事業主にはこの所得税の確定が全て申告。色んな優遇税制はあるが善良な?多くの人が税金を納めている。処がこの国の税制個人の知識ではカバー出来ない。その為の多くの事業主は税理士に報酬を払いこの処理を毎月きちんと行なっている。

それがこの国の常識。大企業は言う迄もなくどんなに小さい会社でも税理士無しでは自分の会社の税務処理は出来ない?(例外はあるが)どんな例外。税理士と同等かそれ以上の税務知識(経費として何処迄落とせるか?何処迄税金を払わなくて済むか)

今年は親父も流石に腰が引けている。僅かな還付を受ける為にうっとうしい順番待ちをする気は毛頭ない。税務署で待たされる多くの人は税務相談?税金の確定申告をするのに順番待ちをする?そうではない。今は確定申告はパソコンで自宅でも出来る。それが出来無い人が税務署でパソコン入力の補助を受けながら申告(それがe-tax).

その順番待ち。その整理をアルバイトと少ない税務署員に任せている。

今年は年金の所得だけなので確定申告の必要は無く市役所に所得の申請をすれば良い事を知る。市役所の窓口も込んでいるが税務署程では無い。それでも市役所の窓口では還付は受けられない。確定申告の目的は個人事業者の所得税の徴収であったが、今はその必要性が様変わりしている。税務署が個人事業者か会社組織と同様に税金をなんで徴収しないのだろうか?年金生活者の所得は年間6回。偶数月。その時に税は徴収している。還付を受ける為に確定申告をさせる?何かおかしい。その労力と費用。全国の税務署で3月15日迄続く。

昨日は色んな出合いと別れがありました。その話は改めて。ほとぼりが冷めてさり気なく又書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

怒りは敵と思え。まだまだ修行が足りない?死ぬ迄無理だろう?

Img_9585

以前お見せした大阪駅前東口。親父が若かった頃ここは広い広い広場でした。その広場は夏と冬の2回。帰省客の為に大きなテントが風物詩になっていました。時代は変わり今は帰省客の当時の様に多くはないのだろう?そうではなくて長距離の夜行急行が無くなったからだろう?

その帰省客の多くは親父世代となり帰省する事も無くなったのだろうか?帰ろうと思えば何時でも帰る。それでも帰る所はもう無い?(どういう事?)親父もお袋も天上界の人となり家も無くなりました。在るのはお墓だけです。なんと哀れな事でしょう?それでも哀しむ事は何も無い。そんな終の住処を見つけなければならない。

Img_9586

この食堂街が作られたのは何時の事だったのだろうか?その建物も役目を終え?取り壊されている?(違う)計画性の無さ?JRのセコイ駅前の有効活用の失敗に違いない。自分達の敷地だから文句は無いだろうと思っているのだろう?

Img_9588

Img_9589

すっかり明るくなったがこの後はアット驚くバスターミナルになる。全国各地の駅前でこれ程のバスターミナルは珍しくはないが、大阪市内のバス事業は大幅な赤字でその運行の見直しが迫られている。この場所をバスターミナルに貸し出す?JRの利益はどれほどの物だろう?それとも取り敢えずはタダ?それは無いでしょう?何故かこの事はニュースにもならない。これだけの広い場所をバスターミナルに使う?東京では考えられない。大阪はまだまだ田舎だと言うのだろうか?これは許せない。

Img_9595

Img_9590

今日もブログを分割してサーバー?に送信しています。今日、ブログサービスの契約会社にトラブル(送信データが多過ぎると門前払いをされる。エラーになり苦労して書き上げた内容が消えてしまう)のトラブル対応を教えてもらいましたが理解出来ず?何か説明は丁寧だが何でこうなるのか分からなかった。

親父は賢いので?書き上げた内容を一気に送信せず分割して送る様にしている。そうすればOK。良い対応策を日曜日教えて下さい。流石の上ちゃんも専門外で分からなかった。でも今日の説明でノート、パットに保存してそれから送信すればデータは消えないしエラーも出難いと言われた。このやり方も?教えて下さい。でもこの説明正しいのだろうか?親父は馬鹿だから当面は分割送信で凌ぎます。でも非常に面倒。

Img_9598

タクシー乗り場は正面。その場所にタクシーがこれだけ並んでいる。これだけでもひどいと思うがこれ程正直に並ばなくて駅前にはズルするタクシーもいる。(どういう事?)駅前の不法駐車。不法営業。右上に人通りの多い横断歩道があるがその中でタクシーが停まって乗客が乗り降りする信じられない光景。

警察は何をしているのだろう?ここは大阪の玄関口だろう?行政、警察はその責任を問われる。しかし何故かテレビは全く伝えていない現実。テレビのコメンテーターが社会正義とやらを尤もらしく語る事は何も無い。これが現実です。自分の身の安全は自分で守れと言う事だろう。

Img_9599

これが大阪駅前。中央口を出た所。人通りが少ないのは多くの人が地下街を通行している。地上を歩く人は地下の歩き方が分からない人?それも違うかもしれない。

Img_9601

前はここにも自転車が止められていた。大阪人のマナーの悪さ。行政の間抜けさが分かる。自転車を止めたら即撤去。そうしなければこのスペースを確保出来ないのだろうか?警察のパトロール。道の行き先案内。それくらいの暖かさが必要だろう?こんな野暮な看板を置くよりも。そうは思わないのだろう?大阪人の現実が見える。

Img_9603

Img_9605

Img_9607

Img_9611

大阪駅南出口西側から桜橋方面を見ている。このアングルの景色は見る人は少ない。

Img_9612

上の写真の右側。ヒルトンプラザウエスト、ハービス、エント中の大阪四季劇場。

Img_9613

今日もここに来たか?大阪中央郵便局が解体されて更地(広場)になっている。流石に人の立ち入り禁止は出来ないだろう?誰でも歩ける。ここも立て替え工事がすぐ進まないのは入居者が見込めないからだろうか?では何で解体したのだろう?(余計なお世話です)親父が若い頃初任給を田舎に送金した事を思い出す。(いくら入っていますか?と問われてもじもじしていたあの初々しさは今は無い)当然です。

Img_9614

Img_9615

Img_9616

Img_9617

Img_9619

何度も見せた大阪駅。駅は立派になったが大阪人は進歩しているのだろうか?「人の事よりお前はどうだと言われていた。半世紀の人生はこれからです。」

Img_9633

現在地はほぼ地図の中央。今日は地上を歩いているがいつもはこの下の地下街を通る。この看板は分かり易い。先にお見せした大阪中央郵便局の仮営業所も明示している。現在地の斜め前。この右側の交差点が梅田新道。現在地は国道2号線。

Img_9634

ここは大阪中之島。ほぼ中央の通りが御堂筋。大江橋。淀屋橋と中之島の関係が良く分かる。

Img_9635

この交差点を左に進むと野田阪神の駅がある。そこから上に上がった所が親父が長年働いた会社がある。でも実質は営業4年。工場で4年。その後大阪府島本町(天王山近く)に素晴らしい工場が完成する。その工場も仲間は引退している。

この後地下に入り行きつけの本屋さんで目的の本を買う。国家権力のえげつなさを思い知る。全く知らなかった福島前知事の汚職逮捕。有罪判決。その主任検事が先日逮捕された前田検事。検察は人を逮捕する時。法と証拠に基づいて行なうのだろう?

その信頼をぶちこわしたのが証拠品のねつ造。検察が国家権力を傘に人を貶める(おとしめる)そんな事がこの国でこの民主主義の時代に行なわれても良いのだろうか?福島の原発の悲劇は大地震の前から問題にされていた事を、地元住民は勿論、多くの人が知らなかっただけ。皆様の000も伝えていなかっただけ。

今、安倍総理が明日会談するオバマ大統領のTPP問題が語られている。この問題は今とわれている多くの問題と全く同じです?沖縄の辺野古沖埋め立て問題。原発再稼働問題。国と地方の問題と全く同じです。貿易の完全自由化?そんな事が出来る筈が無い。

理由?だって自民党支持の最大勢力農協、農業関係者。日本医師会が反対を何故しているのか?その事を考えて下さい。出来もしない事を尤もらしく語る。どんだけ誤摩化されても景気回復が一番?その事もよく考えて下さい。景気回復しても雇用回復は非正規労働者に及ぶ事は無い。これからその事を明確にします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

今夜のブログは少しずつアップしている?何で?一気に送信するとエラーになる原因が分からないからです。

Img_9516

懐かしい相棒にMacBook Proを入れて出かける。久し振りに背負った感じは重い。
もうすぐ弥生3月。腰を上げて歩き始めなければならない。鈴鹿の峠を目前にして躊躇していた思いも、腰を上げたら一気に歩き抜けるのだろうか?それ程に甘いもんやおまへんえ。覚悟しなはれ。そんな思いを乗り越えられるのだろうか?「案じるより生むが易し」そうかも知れない。

美しい日本に出合う旅。渥美、知多半島。テレビの番組を見ながら懐かしい時を思い出している。島崎藤村の「椰子の実」歌詞の侭の美しい砂浜。あれから一緒に旅する事は無くなったけれど、車の運転は親父より上手くなったかな?勿論でしょう?

Img_5054

Img_5076

Img_5077

この砂浜に元気でもう一度立てるとは思っていない。東海道のあるき旅もここに立ち寄る事は無いに違いない。今日はマイフォトからの絵で慰めている。今から30有余年前に免許取り立てだった時何度も通った海。当時と何も変わっていない。

Img_5082

Img_5090

いずれもデジカメの写真だけれど一眼レフだともっと綺麗に撮れるかな?

Img_9519

これは今日の最寄りの駅の風景。レールの幅に注目。知らない人も少なく無いがレールの幅は広軌と狭軌がある。旧国鉄(現在のJR)の鉄路が全国に敷かれた時にもその論議は合ったが費用負担の安い狭軌に決まる。しかし、このレール幅は広軌。揺れが少なく快適に大勢の旅客を運べると言われている。新幹線もこの幅です。

Img_9520

今日もこのきつねうどんを食って目的のお店に出かける。いつもの娘は居なかった。おデブ(コラコラ)の娘に冗談を言ったが親父のギャグは通じなかった。別に通じなくても良いが愛想が悪い。人間は愛想が一番と教える人は居ないのだろう?(コラコラ)

Img_9521

大阪地下鉄御堂筋線心斎橋駅一番前(南)を出て右の階段を上がる前に、このカウンターを覗く。お客が10人も座れば一杯のカウンター席。今日は空いていた。お気に入りのゆで卵も今日は残っていた。これで360円。高くはない。

Img_9522

Img_9523

元駐車場跡地におしゃれなお店ができている。スポーツ用品の専門店。残念ながらおデブで甲高幅広の靴はお呼びで無い?この斜め前にもスポーツ用品店があり競争は期待されているが、店構えの大きさと品揃えでこちらの価値の様な気がするが、どうだろう?暇な時に入ってみますか?(やめときなはれ?)

斜め前のお店には行ったけれど。(行きはりました?)相手にされなかったでしょう?トンデモナイ。しっかり対応して呉れました。結果的には親父靴は無かったけれど。そうでしょう。アンタに合う靴は4万出しても無理かもしれない。(そんな事は無い)これからは親父の様な客が多くなる。そんな客にどれだけ対応出来るかで勝負は決まる。パソコンのトラブルも同じだと思う。今日は今の処エラーにならない。でも面倒。

Img_9524

色々アドバイス頂きました。ありがとうございました。お仕事大変ですが会えて嬉しかったです。健康第一で良い仕事をして下さい。話の変換もOKになりました。親父はなんだかんだ言いながらまだまだです。これからはもっと多くの事を知り多くの事を語らなければなりません。(話の変換?はなしと入力しても話にはならず、は無しだった。)このパソコンの文字変換機能は日本独特の言い回しを理解するのは文章では無理。出来るだけ短く分かり易く。これが日本語の難しさです?

一人の力は小さくてもお役人と政治家、企業人の暴走は常に見張り番が必要です。福島原発の事件もこの国の縮図であり、決して他人事ではありません。問題の先送りしか出来ないこの国の政治家と官僚達。総理のアメリカ訪問は今週末です。TPPの参加不参加問題。オバマ大統領の考えは明確です。それが分からないと平然と口にするこの政治感覚。必ず誤摩化しの言葉を手みやげにして来るのでしょう?

Img_9525

初めての道。アメリカ村に向っている。しかし最近の人の流れは少なくなっている。しっこいセールスでは無く気軽に足を運んでもらう。その取り組みを真剣に行なわないといけない。初めて行った感じは心地好かった。どんどん変って下さい。

Img_9526

Img_9527

Img_9528

ここがアメリカ村の有名な公園。この樹の下にはアイスクリームを食いながら辺りを見回しているギャルが居たが喚く訳でもなく楽しんでいた。阪急電車の中よりよっぽど良い雰囲気でした。たこ焼きのお店の前には行列も在ったしいい雰囲気でした。

Img_9530

ここから大阪ドーム(以前歩いた道)迄ゆっくり歩く。3キロ弱の道。風が冷たかった。木津川右岸(河口に向って)に整備された公園が何故か解放されていなかった。折角の公園の建設費。市の税金です。こんな使われ方を誰が認めているのだろうか?

Img_9538

Img_9539

時間制限をすると言う事は管理人が常駐しているのだろうか?閉門する理由は花壇を地域の人が整備をしているからだろうか?でもその心配だけでは無い気もしていた。お役所仕事はここ迄市民を信用していないのだろうか?そうではない。地域住民との約束事なのかもしれない?

Img_9540

折角の歩道が歩けない。時間は夕方の5時過ぎ。3月迄は4時迄。そんな時間にこの道を歩ける人は地元の人だろう?そんな事をつぶやきながら歩道の無い道を歩く。

Img_9553

Img_9546

Img_9560

下の道を時間制限で通行禁止にしている理由はこれでした。

Img_9552

綺麗な花壇がある。でも立ち入り禁止にしなければならない花壇が何故必要なの?人はそれ程に信用出来ないのだとしたらこの道は何で整備をしているの?そんな心配の無い道をお見せします。

Img_9561

立ち入りが制限されている公園。(公園に時間制限をするのがおかしくないのかな?)

Img_9563

時間制限の無い所。(確かに汚い)しかしこれは間違いである事を思い知る。

Img_9564

これでもそれなりに綺麗。ところがこの先大阪ドーム前で恐ろしい姿を眼にする。

Img_9569

なんじゃこりゃ。宮崎じゃなかろうが。こんな立派な植樹。何処から運んでいるの?

Img_9571

Img_9565

大型ショッピングセンターが今年の夏オープン。この近くの商店街との共存は可能なのだろうか?この地域は本当に綺麗になっている。しかし地下鉄の乗り場は深い。爺ババはエレベーターを使いなはれと言う事だろう?

最後に面白い写真をお見せします。

Img_9578

親父様。意外におしゃれ?地下鉄長堀鶴見緑地線ドーム千代崎駅改札前。

Img_9580

阪急地下で大分の物産展。大勢の人が行列していたのでつられて並んだが衣が厚い。

Img_9581

ばんばん売れていた、でも肉が小さい。もっと期待していたがジューシーではなかった。味は悪くはなかったが。完食。

Img_9584

これは文句なし。「吉野とりめし」

Img_9582

これが目的だったけれど。完食。食い過ぎ。でも今は体力を着ける時と自分を誤摩化している。人の悪く口は言えないけれどこれくらいなら可愛いね?(いい歳をして。いい加減にしなはれ。)美味い物を食って言いたいことを言っていたら元気かも。

元気でなければ東海道は歩けない。確かに。それでは今日のブログはお終い。何回に分けて送信したかな?これは全て成功だったけれど面倒。どうしょう?考えときます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ作成。送信してもデーターが多いと弾かれる。再作成中。

Img_9515_3

これは昨夜のおかずです。(見せるな)なんのこれしき。この鹿児島のジャガイモ。ホクホク感は無いがサラダの感覚でお気に入りです。(でも半煮えは駄目だよ。薄切りにして下さい。)後は白ネギの葉っぱの部分とベーコンとタマゴ。

今日はこれからお出かけです。でも問題の解決策はしばらくはお預け。夜もう一度確認します。データー送信をしてエラー(情報が多い?)になった時、データが消えるのは敵わない。ガックシです。これから少しずつ区切って送信しなければならないかも?(そんなアホな)コールセンターのお姉様(コラコラ)お手数をかけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨は上がったが風は冷たい。税務署の対応も冷たかったがそんな事には負けないよ。

Img_9457_2

確定申告に行くがe-taxの待ち時間が長い。考える事は皆同じ。今日は止めて出直す。
気分を変えてラーメンを食いに行く。スープが濃くなっているが味は人それぞれ。親父的には前の薄味の方が良い。今日は店長が一人で頑張っていた。皆風邪気味。

Img_9458

遅くなったので出かける事を躊躇するがとりあえず近場を歩く。その写真は幻想的でした?大阪の夜景も綺麗になっているが今夜は寒くて歩いている人は少なかった。

Img_9459

Img_9460

商店街を抜けると見慣れた通りが見えて来た。

Img_9461

Img_9464

京阪天満橋。以前は京阪京都線の始発駅。今は淀屋橋と中之島駅迄乗り入れている。(しかし淀屋橋と中之島線の乗り換えは天満の駅では無く京橋の方が良い。これは近鉄の上本町駅でも同じ。天満橋も上本町も元々はここがターミナル終点だった。?)

Img_9467

天神橋。この橋の上から天神祭を後輩と見たのは半世紀前だった。あの頃と何も変わっていない姿を見せていた。親父は変わり果てたけれどアンタに負けないでもう少し頑張って生きて行きます。そんな事を考えていました。

Img_9469

Img_9472

Img_9473

Img_9477

Img_9479

Img_9478

Img_9481

Img_9488

Img_9491

Img_9495

Img_9496

Img_9502

中之島中央公会堂。中も見学は出来るが親父達が半世紀前に行った賑わいは無い。

Img_9508

Img_9507

大江橋。身を乗り出して写しているが腰が引けている?

Img_9511

うん。これなら腰が引けていない。風が冷たい。今日はここ迄。

Img_9514

引き返す途中。梅田新道の交差点の誰も見向きもしない山茶花。親父に何かを語り掛けていた。ここは親父が東海道を歩き始めた交差点。東海道はここが終点ではないが親父のスタート地点。鈴鹿の峠を早く越えて下さいと笑われていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

自由貿易は何で出来ないのか?これも自民党の誤摩化しです。

Img_9456

親父得意の肉ジャガもどきのジャガイモ炒め。ジャガイモはお気に入りの鹿児島産。近くのスーパーでも良く売れている。北海道のジャガイモが有名だが鹿児島のそれはホクホク感が無い。ホクホク感が美味いと思っているその感覚が間違いだと言う事が分かる。アメリカ産のジャガイモが輸入されてもこの鹿児島産はシャキシャキ感と美味さでは負けないだろう。親父は価格差があっても輸入品は買わない。

その反面この肉のまずさは何だ。国産品と明示されても何処の生産地の肉かが分からない。このスーパーの肉が不味いのは味に対する感覚が鈍い。肉は本当に不味い。十勝産の肉でも安くなく、鹿児島産は手が出ない。こんな値段でも売れると思っているのだから外国産が入り込む余地はない。処がそうは思わなくなるのだろう?

値段が安くなり味も良ければ国産もアメリカ産も無い。何故かこのスーパーにはオーストラリア産がない。合っても親父は買わないがうまい肉を安く買おうと思えば肉屋に行かなければいけないのだろう?それでももう一皿食ったのは味付けが良かったからだろうか?(違います。アンタはなんだかんだ言いながら完食するよね。)

自由貿易をTPPの代名詞の様に言われるけれど、日本が条件をつけられても参加する事はない。その理由は自民党の支持をして来た圧力団体、農協と医師会、地方の反対を押し切れる力は政府与党には無い。問題の先延ばしはお得意でもこればかりは誤摩化せない。

TPP賛成、反対とどんなに叫んでも自民党の支持母体を考えると無理だと思わないのだろうか?郵政民営化を声高に叫んで実現した小泉改革?その成果を尤もらしく叫んでいた人達が今、同じ様な事を言っている。郵政民営化で何がどう変ったの?それとどう違うのだろう?又、誤摩化すのだろうか?流石にそれは出来ないだろう?やるとしたらなし崩し?既成事実を積み重ねる?それは有りかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

こんな公共事業は許してはならない。高速道路の未開通区間。

自民党アベノミクス?こんなインチキは許してはならない。
愕然としている。高速道路の未開通区間のニュースを見ていると大分県佐伯市。
親父の故郷です。先日フェイスブックで大分県蒲江市と宮崎県延岡市北浦が高速道路で結ばれたと聞いた時ニンマリとしたがその佐伯市と蒲江間は未開通。計画では4年後の開通を目指して工事が行なわれているが、今回の大幅な公共工事の予算で2年前倒しにされるとか。地元の人達の思いは分かるがそのお金は何処から出ると思っているの?しかも高速道路が出来ても地元は過疎の村。何の恩恵も受けない。益々過疎が加速する。シャレにもならない。そんな事を地元選出の国会議員は芸術品と自慢していた。国会議員が地元の利益誘導をするのは当然だとしてもそんな議員を応援する地元の人達。親父の地元の人達はそれ程度に心貧しい人達だったのだろうか?

アベノミクスが税金の無駄遣いとは思わないと言う人達に声を大にして言わなければならない。そしてこんな国会議員を支持する多くのこの国の地方と都会の人達。その財源は国債(借金)で賄われ、今生きている多くの人達が支払う金でない事を分かっているのか?間違い無く地方は過疎化が進み観光の通過点になる。嘘だと思うなら日本各地の高速道路の開通で地元の人達がどれだけ豊かになっているか見て見なはれ。

大分県佐伯市。大阪人の殆どが知らない大分県南の町。住んでいる人達は豊かな生活をしている。しかし過疎化が進み田舎の駅前迄は賑わいは無い。その街外れを高速道路は4年先でなく2年先には走っても単純に喜べないのは何故だろう?

それだけでなく税金を食い物にして生きているこの国土建体質。福島の現実が重なり本当に遣る瀬ない思いで一杯になっている。こんなアベノミクスは許してなならない。地方の生き残りを賭けて今やらなければいけない事。それは綺麗事では無いけれどこんなひどい事を当たり前の様に公言させてはならない。

アベノミクスの成長戦略はその程度の者なのか?これ迄の自民党とは違うと声高に叫んで来たこの国の景気回復。地方の活性化は高速道路を作る事では無い事を何時になったら分かるのだろうか?親父は今、東海道あるき旅を中断しているが高速道路が出来ても地方は豊かにはならない。その工事のお陰で豊な生活が出来る人も永久に繁栄は出来ない。田舎が過疎になる理由をも少し賢く考える人は居ないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨水の時。でも春はまだ遠い。デフレ対策が公共事業?何時迄そんな事が言えるのだろう?

Img_9437

久し振りのまとまった雨。雨水の時と言われても知らない人が多くなったが、そんな事はどうでも良い。雪の積もらないこの地では「何、それ?」と言われても当然だろう?そんな時可愛い娘には親父のウンチクを聞かせる。(コラコラ)雨水の時とは中国の二十四節気の中の今頃の季節を表す言葉。雪が雨に変わり段々暖かく成る?そう言われてもまだまだ寒い。今週は寒い日が続くのだろう?

Img_9438

いつも横目で見ている近くのキンカンにも雨はまだ降っていた。雨降りの日は否だと言う人も少なく無いがそこは変わり者。何か気分が高揚する。しかしその気持ちは長くは続かなかった。肌寒い。鼻水がまだ出るので寒いと心迄冷えて来る。

Img_9439

Img_9441

駅のホームから見える商店街のアーケードの中も人通りは多くない。我が街の全国的に名を馳せた市長が任期半ばに大阪府庁選挙に立候補し見事に落選?その後任の市長の名前をやっと覚える。自分の車を市の土木関連の会社の社長と交換。

費用負担はしているからやましい事は何も無いと言い放つこの政治感覚。行政の長たる者の発言として嘆かわしい。しかしこの程度の事は可愛い者なのかもしれない。本当の悪はレベルが違う。今日手にした本を何度も書店の本棚に戻しながら最後は買う。

まだ30ページ程しか読んでいないがそれでも無理をして読もうと思った判断が間違いでなかった事に気づく。なんだかんだ尤もらしい事を言うけれどこの国の政治家、官僚、学者、地方の首長、反対運動家の人達も又、利権には勝てない事を思い知る。

偉そうな事を言っている親父でも圧力をかけられて札束で叩かれれば転んでしまうのだろう?生きる事。地方の過疎。地方の貧しさは金の力でどうにでもなる?その事がこれからも続いて行くのだろう?それならば何で放射能廃棄物の出来もしない「再処理」にこだわり最終処分場の受け入れが出来ないのだろう?

お金は欲しいが核のゴミは要らない。その矛盾を先送りしながら今生きている人達は豊かさを手にするのだろう?反社会的勢力が暴力団と言われて来たがそれだけでは無い事を改めて思い知らされるのだろうか?それでもこの現実を直視しなければ次の世代を語る事は出来ない。

親父の?マークが無くなる時、もっと多くの事が語れるに違いない。(聞きたくない?)知らない事は幸せかもしれない。しかし何時かはその現実を思い知るに違いない。その時は手遅れです。それともそんな事は無いと言えますか?それだけは誰にも断定は出来ない?(今が良ければそれで良い?)その言葉も何処かで聞いた事が在る。でもそんな砂上の楼閣は何時迄もは続かない。これは間違い無い。

Img_9442

Img_9445

Img_9449

Img_9450

厚い。この本は作者が作者開沼博(東大博士課程在籍)28歳が言う様に学術書であり戦後のこの国の貧しい地方と豊かな都市の社会学門書かもしれない/しかしこれだけの本にしたその労力に敬意を表したい。同時にこの国の地方と中央。東大エリートがどれだけの事を為したのか?そのえげつなさは殆ど知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼の定時ニュースで日本人のキャンプ情報?

尤もらしくお昼の定時ニュースでバレーボールの元日本監督がいじめ問題で元キャップテンが自殺した桜宮高校の顧問になったとか。大リーグでの日本人のキャンプ情報。株価の上昇とか。そんなニュ−スを誰が見ているのか?

そして地方の活性化とか、高齢者、介護の問題を同等に論じている。皆様の000。民放はどうだろう?おもしろおかしい話にどんな人達が時間つぶしにチャンネルを合わせているのだろう?

これから間違い無く進んで行く高齢化社会。格差社会。深刻な生活弱者の救済。そんなニュースは報道の価値すら無いのだろう?期待されたデジタル放送も何の意味も無く家電の爆発的な駆け込み需要も一転して、日本を代表していた(今でもそう思われている)パナやシャープ、ソニー、多くの電機産業が深刻な経済危機に見舞われている。

そんな深刻な現実とは裏腹に自民党政治の期待が大きい?こんな報道を繰り返していたら殆どの人はそう思うだろう。それは期待された政権交代の裏返しでもある。民主党政権はそれ迄の自民、公明保守の流れを大きく変えたと言われていたが、それもマスコミの正確な情報では無かった。その反動で自民党政治の復活を持ち上げた責任は小さくない。久しぶりに買った経済新聞も何も読む処は無い。

日本だけでなく世界の報道機関はその役目を終えたのだろう?この国の最大発行部数は長い間朝日新聞だった。今は読売。その変化は新聞を読む人が難しい事を考えなくなったと言う事だと言われているが、世の中の出来事はそれ程簡単でない事を明確にする事は難しいのだろう。

昨日競馬の事を書いたがこれからの社会も同じ事だろう?人の事を考えるよりも人を蹴落として迄も自分の利益を手にする。競馬で儲ける事は出来ないと思っても、自分だけでは生きられない事を痛感する事は出来ないのだろう?その事を知れば生き方は変えられる。親父があれ程好きだったパチンコと競馬の馬券を買う事をやめて、歩く事を始めたのはそれが原因だったに違いない。

景気回復の期待が出来る?株価が騰がっている?(確かに)しかしアンタの懐具合はどうだ?それも期待出来る?そんな人が少なくなったと言われる。本当にそうなの?それは街を歩いて見ると良く分かる。リッチに見える人は本当に少ない。

手をつなぎながら腰に手を廻しながら(オイオイ)歩く人は少なく無いが、どれだけの人がこれから幸せな生き方が出来ると思っているのだろう?「公園の手品師」こんな古い人は少ないがフランク永井が歌ってくれたこの歌を聴いているとそんな思いがして来る。

「口上は言わないけれど慣れた手つきでカードを撒くよ。」そんな生き方は古いのだろうか?人の生き方に古いも新しいも無い。今を幸せに生きる。それはインチキな言葉では無く本当の優しさ。何時迄も古い経済理論を振りかざして大見得を切っても、今の歌舞伎界と同じだろう。

人の生き方を踏み外して00の王道を歩く事は出来ない。(00とはアナタの理想の人生です。)むつかしい。銀杏も葉っぱを落として雨水の雨に打たれています。(ああ無情?それはレ、ミゼラルの世界)でもあの世界でも感動の結末だったけど?
                                      (あれは創り話です。)がっくし。親父はもっと浅はかな生き方しか出来ない?かもね?でも嘆く事は無い。そんな人の屍が累々としている。〆が最悪になりましたが親父は今日も歩いて来ます。しばらくは娘の顔が見れない。(これが本当の無情?)

太々(ふてぶて)しく生きる。淡々と生きる。素知らぬ顔をして生きる。人の生き方は様々ですが、そして他人の事を批判する事は簡単ですが、自分自身の事を考えてみる人は少ない。なにもかも思いのまま進む事は無い。

何かを変えれるのは自分自身を変える事。その事が分かれば人の為に何かを為す事の意味の無さを痛感するに違いない。坂本竜馬の生き方を尤もらしく語る人がいるが、彼の偉業?を讃えたのは一人の作家だった事を知っているのだろうか?そんな事はどうでも良いのだろう?目的の為には何でも利用する。大阪人ももっと賢うなりなはれ?

人の生き方とはその程度の事です。いじめ問題を尤もらしく語るな。この時間でも陰湿ないじめは平然と行なわれている事を忘れるな。やられたらその何倍にしてお返しをする。何処かの権力者を見習わなければならない。それ位の事を教えなはれ。それがマスコミの責任だろう?

元全日本のバレーの監督が顧問にならなければ何も変えられない教育委員会。権力を振り回した大阪市長?そんな事で体罰が無くなる?そんな問題の解決方法で良いんですか?自浄能力が問われてもこの程度の解決策しか見出せないのだろうか?情けないと思うのはオバカな親父だけかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

今日の歩きは阪神競馬場です。

Img_9388

今日は春を待つ景色をお見せします。親父にとって今、競馬場も散歩コースです。阪神競馬場は来週から開催です。競馬をスポーツとかロマンとか言う人もいますが、競馬はギャンブルです。遊びでも憩いの場でもありません。主催者は日本中央競馬会。国営競馬?とは言わないが政府が資本金の全額を出資している。

Img_9389

昔と違ってレースコースの芝は青々としている。ゴルフで静岡浜岡コース、伊豆川奈のフェアウエイの青い芝生を思い出す。ゴルフ場と違ってこの芝生の上を歩く事は出来ない。来週からは貧乏人の歓声が響き渡ります?(コラコラ)

Img_9391

Img_9392

Img_9394

競馬場も綺麗になりました。しかし家族連れで競馬を楽しむ?その風潮、競馬界の宣伝には首を傾げましょう。家族で楽しむ事は競馬場ではなく公園です。競馬場はどんなに言葉を誤摩化してもギャンブル場に変りありません。

その事をもっと知らなければならない。中央競馬界の職員の報酬。天下り役員の報酬を知れば国が競馬を開催する弊害の大きさに唖然とするに違いありません。そのお金は馬券(勝馬投票劵)からです。これだけの広い土地で土日だけ開催されるギャンブル。その主催者はどれだけ美味しい思いをしているか?その事もこの国の現実です。

Img_9395

私は競馬を軽蔑しているから関係ありません?(確かに)しかし考えてみれば生きて行く事は全てギャンブルです。検察のオバカが「額に汗して働く人が馬鹿を見ない社会を実現」とか言った事がありますが、その言葉を尤もらしく報道したテレビ。バカもいい加減にしなはれと思ったが、この国にそんなお間抜けな言葉は通用しない。

Img_9397

これ迄多くの事を学んで来たと思っていたが知らない事が多過ぎた。この国の再生とか取り戻すとか景気回復も声高に語られるが、本質的な事は何も変わらない。それどころか問題は誤摩化されている事に痛感させられる。

福島の原発の実態は何一つ明確にはされていないのに、原発再開が行なわれ、そうでなければ電力が不足すると宣伝されている。原子力発電を続けられない事をもう一度私達は思い知る事は出来ない。

被災地の保証も完全には出来ない侭、責任者達は天災の所為にしながら、責任も明確にはしていない。そんな事を神仏は許すのだろうか?神も仏も信じないと尤もらしい顔をしてもそんな罰当たりな生き方は出来ない。人は何時、神仏の加護を求めるのだろうか?気にする事は無い。何時迄もそんな生き方が出来る筈は無い。

Img_9403

Img_9404

今日は馬が走っていないので馬場に潜り込む?(まさかそんな事が出来る筈が無い)
これはカメラの悪戯です。静岡浜岡ゴルフコースの芝もこれ程深くはない。もっと短く刈り込まないとボールを打つ事が出来ない。競馬場の芝は競走馬の蹄(ひづめ)が埋まる位で丁度良い。競走馬の足首は400キロ〜500を越える体重を支えるには余りに細い。

Img_9406

Img_9407

Img_9409

Img_9410

Img_9411

Img_9412

Img_9413

Img_9415

噴水の噴き上がる水も春の到来を待ちわびている?この近くも来週からはちびっ子の歓声に包まれるのだろうか?まだ水温む(ぬるむ)時とは行かない。春は後一月です。川奈の桜は綻んで(ほころんで)いるのだろうか?あの幸せの時が繰り返される事は無い。

Img_9416

今年も多くの山茶花を見る事が出来たがそろそろ見納めです。それでも椿との違いは見極め難い。嘘と思うでしょう?葉っぱと花びらで分かれば達人。今はそんな粋な人も多くはない?

Img_9417

寒椿と山茶花は違う?でも葉っぱで見比べても分からない。椿と山茶花の交雑種だから分からなくても仕方が無いか?(イヤイヤ)

Img_9425

何処かで見た風景と思いきや馬に気品がない。疲れている。虐待だろう?(オイオイ)家族連れが行列していた。馬もこんな仕事にやる気をなくしていた。ツェルマットの馬とは大違いだった。ツェルマットの馬がマイフォトから出せるかな?

Img_2072

出た。でも右が切れるかな?そして御者がいない?(文句が多いな?)又、探して見ますよ。(見たくない?)それではパスしましょう。

Img_9426

ここがゴール前。ゴールの瞬間は写真判定。首差は言う迄もなく鼻差の判定も出来る。来週からここで写真を撮るには250㎜の望遠がいる。プロカメラマンがゴールの瞬間を超望遠で切り取っている。

Img_9427

Img_9429

Img_9430

又悪戯をしている。ここには入れない。競馬開催時はガードされている。手前に空堀がありここに立つ事は出来ない。(当たり前だ)

Img_9431

デカイターフビジョンがあり今日開催されている競馬場のレースが映し出されている。今日迄は競馬が開催されなくても馬券を売っている。商売がうまいなあ?アホが一杯スタンドに陣取っている。気になる事は高齢者と生活弱者が少なく無い。昔から博打はお金持ちはやらなかったのかな?(コラコラ)何よりの楽しみ?(ああ)

Img_9432

オイ、君も元気が無いな?東京Ⅰ2レース。6番。ヤマニンシャスール君。何着だったのかな?後で調べてみます。(11着)元気が無ければ勝負に勝てない。元気があり過ぎても落ち着きが無ければ同じく勝てない。勝負に勝には運もなければ勝てない。運を引き寄せるにはそれなりの能力を必要とする。それを見分ける事はむつかしい。

Img_9433

ゴール前の直線2ハロン。ここで激しい攻防。叩き合い。馬はゴールが分かる賢い生き物です。オバカなのはその勝ち負けに一喜一憂している人間様だろう。この写真では良く分からないが厳しい坂が待っている。親父もゴール前に坂が待っているのだろう?体を鍛えてツルツルの肌で勝負しなければいけない?待ってろよ?

Img_9435

この絵で見るとゴール前の坂が少しは分かる。直線の長さが400メートル。拡張される迄はこのコースの直線は短く、3コーナーから4コーナーが円形では無くおにぎり型と言われ、先行馬有利と言われていた。今はこれだけの直線があるのでレース結果に紛れは出難い?ところがそれもレース展開で結果は変る?段々面白いウンチクが聞ける?(興味が無さそうだからお終いです。)面白い?面白くない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

きんつばは美味かったでしょう?でもコメントは直接して下さい?

Img_9358

夕日が不自然。でもジャストタイミング。親父の失意?の思いを慰めていた。

Img_9365

少し夕日が手をかざしているがこのアングルの方が良いかもしれない。

Img_9362

そんなに慰めて呉れなくても大丈夫。この先、先日足を停めたビルと更地、そして駐車場として一時的な使い方をしている土地を、ぶつぶつ言いながら眺めて来ました。何でYOUが気にするの?そう言われていたがこれも知らない大阪の現実でした。

Img_9374

Img_9375

Img_9377

Img_9378

Img_9379

この場所は?では看板をお見せしましょう。

Img_9380

美術館は地下でした。一度覗いて見なはれ。税金の無駄使い?有効な使い方?が良く分かる。お役人がよってたかって税金を食い物にしている事が良く分かる?原子力発電の賛否両論。高級官僚がどんだけ電力会社、関係団体が天下り先ではどんなに尤もらしい事を言っても美味しい思いは外せないに違いない。

そのしわ寄せが未来を生きる子供、孫達にある事すら今を生きる人は知らない?そんな事を言っていたら生きる事は出来ない?その天罰は自分達には及ばないとは信じて疑わないのだろう?唯、年収が2000万を越える人が舌を出して笑っている事を許してはならない。(親父の10倍だからね)確定申告もしていないけれど。

Img_9381

筑前橋。橋を渡らずに引き返す。

Img_9383

フェスティバルホールが正面に見える。この先に淀屋橋がある。

Img_9384

このビルも先日紹介したダイビル賃貸ビル?大阪はすっかり変わっています?

Img_9385

Img_9386

Img_9387

お土産は中々買えなかった鯖寿司。(いくらしたの?)1350円。このお店はいつもイナリを買っている横のお店。柿の葉寿司の専門店。親父の味の評価は上等です。これは好きな人にはたまらない味かもしれない。花見のお弁当には贅沢かも?ケチ。

Img_9349

大阪駅前。南口(中央出口)。いつも文句ばかり言って居るのでこれはオマケです。

Img_9350

Img_9351

Img_9352

チューリップもまだ早い。寒々としていた。

Img_9353

Img_9355

Img_9371

これは水仙。(見れば分かる)さよか。でもここは中之島。何故か大阪大学中之島センター前の花壇。吹田キャンパスに移転した医学部の跡地。親父が若い頃救急車で運ばれた所とは違う気がするが隣の空き地もその跡地?

Img_9372

この不自然な景色はこの地に立てば良く分かる。大学の見識が特権意識を重ねて一般庶民を見下ろしている事が良く分かる。(こらこら)しかし大学の在り方はこれから問われる。学生が少なくなり税金のバラマキが減ればそうは行かなくなるだろう?(そうは行かぬ?)大学の教授達が特権意識を何時迄振りかざしていれるのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨上がりの道。結構歩いたけれど知らない所もまだまだ多い。

Img_9266

雨上がりの大阪堂島の大通りのオタフク南天。冬には紅葉するが春になると緑の色が濃くなると言われている。その言葉を証明している。来週の月曜日は「雨水」の時。今年も大阪の街は雪が積もる事は無かったが、雪が雨に変る時と言われる「雨水」の時は近い。

Img_9267

Img_9270

Img_9272

もう少し暖かく成らないとここでお茶するには寒いかもしれない。このイスに座りジンジャーティを口にする日も近い。

Img_9278

フェスティバルタワー。よく見ると下のビルの屋上に高層ビルは建てられている。このビルで働く人が1万人。この通りの反対側に朝日新聞大阪本社のビルがあるが、それも立て替えられると向かい合わせに高層ビルが2つ出来ると言われている。しかし思惑は所詮思惑。競馬の予想と同じかもしれない。よそう。反対に読めばうそよ。その現実を次の画像で見て下さい。現実はそれ程甘く無い。

Img_9332

これだけの土地が放棄地?ここはその先に広いも広い駐車場がありその先は市立科学博物館と国立美術館。民間の建物は無い。もう少しこの土地のひどさを御覧在れ。

Img_9324

大阪の再生。大阪の活力。この様は何だろう?

Img_9334

Img_9340

整備された堤防の上にある石碑。この下の通りの向こうに大阪大学の建物がある。親父が愛用している昭文社の県別マップル一万分の一の地図でも広い土地に建物の表示が無い。管理者、所有者の看板位建てなはれ。誰が何時迄にどうするのか?何も問われていない?

Img_9335

ここは高層マンションの建設予定地。リバーサイドでこの値段。安く無いか?親父は買えないけれど?(何処に終の住処を求めるの?)それは田舎暮らしです。出来るのか?それは元気でないと無理だな。そう。昔の人はすごかった。そして偉かった?

Img_9307

おっ。肥満の鳩。なんか用か?(アンタに言われたく無いってか?)

Img_9308

無視して通り過ぎているがさすがの親父も負ける。親父と眼つきだけは似ているな。

Img_9309

そうか。カップルか。ちきしょう。アンタも頑張れと言われていた。「ふん」するなよ。(うまい)今日は嬉しい事もあった。何時か親父もデートが出来るかな?(それはアンタのやる気です)もうそれだけの元気は無いのかもしれない?イヤイヤまだまだやりますよ。

Img_9281

Img_9282

インフルエンダ。峠を越した様ですが体気を付けて下さい。親父もね。

Img_9283

Img_9284

Img_9285

Img_9286

大阪西区の靭公園。親父が大阪に来た時からある。1955年開園。アメリカに占領されていた事は親父も知らなかった。アメリカはここを空港として利用していたと言われるがそれ程広い土地では無い、それでも都会の中に緑の公園は在った。

Img_9287

Img_9288

Img_9299

Img_9290

流石に歩いている人は少ない。これから高齢化社会と言われて久しいが、爺ババが元気に遊べる設備も必要では?そんな気もしていた。カラオケとか年寄りの遊び場とか?そんな物は作りません?テニスクラブはありました。

Img_9289

Img_9292

山茶花の花も見納めかも?来月になれば木々の芽吹きも始まる。

Img_9297

Img_9300

Img_9302

Img_9303

Img_9304

Img_9311

Img_9312

ここは目的地のたこ焼きやさんが今日もお休みで、チョッとがっかりしながらUターン。大丈夫かな?何が?たこ焼きやさん。ここはスパ江戸堀の前の緑地。灰皿ボックスがあるのでカップルが喫煙していたが係員が片付ける。もうそんな時間になっていた。

Img_9315

土佐堀ダイビル。賃貸ビル。大阪市内にどれ位あるのだろう?ビルの前は緑が心を和ましてくれる。

Img_9317

Img_9321

土佐堀川。西の空が茜色に輝いていました。水面も美しいのはカメラのトリック。どぶ川です。しかし悪臭は全く消えている。この水が本当にきれいになる事はあるのだろうか?それはない。大阪人の考えはその程度です。道頓堀を区切ってプールにする?でもその前にやる事が多過ぎるだろう?パッフォマンスは止めなはれ。

Img_9328

Img_9325

中之島はこの川と土佐堀川に挟まれている。

Img_9329

Img_9337

Img_9345

手前のビルが役目を終えて解体が始まっていた。

Img_9346

旧毎日新聞社跡。玄関だけが残されている。奥の建物の2階、3階に親父御用達の本屋さんがある。

Img_9347

今夜のお食事。お気に入りのハムを皆食っている。もう1皿あります。

Img_9348

それはいくら何でも食い過ぎでしょう?お米を口にしなくても駄目でしょう?その分歩いているから良いでしょう?(駄目だ)美味しい物は1皿にして下さい。そしてバランスの良い食事をして下さい。了解しました。では又明日です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

過ぎたるは及ばざるが如し。何事も程々にと言う意味が誤解されている。

このタイトルの記事を書いたのは何時頃だったのかな?どんな意味だったのかな?調べれば分かるがその必要も無い。人間は本当に愚かです。否、自分自身の愚かさに気が付かないで尤もらしい言葉を口にしているのかもしれない。

現実を良く直視すればその事は容易に分かる。しかしよく見たまえ。政権が変わると景気が良くなる?既成政党には期待出来ないとデカイ声で喚いていた政党も、国民の審判が済めば既成政党にすり寄りながら、今年の夏の参議院選挙の更なる躍進を計る。そんな事が出来る筈も無いと思われた民主党の退場は実現しても、更なる改革は期待出来そうも無い。それなのに株価は上がりデフレ克服の期待は高い。

その筋書きに決定的な論理の欠如。経済原則の無視。誤摩化しがある事をテレビも新聞も伝えていない。間違いの無い事は豊かな人はより豊かに、それなりに豊かな人はそれなりに、貧しい人はこれからもっと貧しくなる事に何時、どれだけの人が思い知りながら失望し、生活保護の対象になるのだろう?いや、これからはその生活保護も予算が足りずに厳しくなる。

大阪は今日は雨です。でもその雨も上がり午後は肌寒い一日になりそうです。今日は今読んでいる福島原発のドキュメンタリー小説を読み上げて、大阪に出かけて来ます。親父はなんだかんだ言いながら今は本当にお気軽です。その事に感謝しながら更なる高見の挑戦をします。

「過ぎたるは及ばざるが如し」やり過ぎはアカンと間違いの様に使われるがそれは違います。やり方が問題と言われています。日本人の一番の弱点。それは真面目すぎる事?原発反対と声を上げるだけでは無くてこの国に、イイエ人類が手にした原子の火は使えない物だと言う証明が出来ていないことでしょう?

しかし福島原発の事故は「起こらないと信じられていた事が起きた」。原子力発電の恩恵は計り知れないと思われていた事が、地域の住民に取っては尊い命の引き換えだった。今、福島の事故の現実に何も出来なかった専門家(利益の受益者)が再びその必要性を語っている。福島の悲惨な事故の責任が何も問われないままに。

そんなバカな事は無いと思う人も少なくなっている。オバカな環境省の役人は東京電力の火力発電から出る2酸化炭素が温暖化の原因で困るとか?放射能廃棄物を環境省の敷地に保管でも出来るとでも思っているのだろうか?原子力発電で今迄先送りして来た放射能廃棄物の最処理設備と費用にどれだけ掛り、その失敗の繰り返し。見通しすら立っていない事をどう説明して来たのか?

再処理は出来ないと永久に安全な所に埋め立てなければならない。そんな所がこの国にあるのか?その調査の受け入れさえも出来ていない。この現実は福島のガレキの処理で放射能数値が低くても受け入れ出来ない。多くのオバカな人達はこれからも何処かの誰かがこの厄介な放射能廃棄物を受け入れてくれると思っているのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ知らない事が少なく無い?景気の回復?被災地の回復は

Img_9222

大阪環状線京橋駅。ここで東西線で放出に向う。放出の1つ先徳庵駅を目指している。大阪にも県外の人だけでなく大阪人でも読めない駅名が在るが、放出は「はなてん」。徳庵はこれは読めるか?「とくあん」徳庵は親父が新人の頃、営業の仕事で来た事がある。半世紀ぶり。景色はすっかり変わっていた。

何が?工場の街並が住宅地になっていた。汚い油の浮いた川は匂いがすっかり無くなっていた。親父が仕事で行った場所は分からない程に景色は変っていた。これ程の公害の街がきれいになるには半世紀余の歳月が必要だったのかもしれない。それでも川面のゴミは完全には無くなってはなかった。

Img_9223

学研都市線と名前も浮いた感じがするがこの路線も綺麗になっている。昔の片町線。今はここから東西線に繋がり尼崎、宝塚、神戸に繋がっている。親父の住んでいる街の近くからも、乗り換え無しで左端の木津迄行ける。しかしJR宝塚線の悲惨な事故は忘れてはならない。便利になる事の基本は安全である事を忘れてはならない。

Img_9224

上に見える鉄路が大阪環状線。学研都市線はその鉄路にクロスしている。親父は若い頃来た頃の面影は何も無かったが当時もこの景色が見れたのだろうか?全く記憶の中にその留まりはない。この駅の大阪側は京阪京都線の乗り換え。この学研都市線はその反対側。(天王寺側)ここはそのホームです。大阪は今日は春の様な暖かさです。

Img_9226

ここから学研都市線とおおさか東線に別れる。右下に駅名が2つあるのはそれが原因です。

Img_9227

ホームの反対側がおおさか東線。1時間に4本の間隔で走っている。

Img_9228

駅前のマンション。この駅も一変している。

Img_9229

ここはホームの外れ。田舎の駅を思い出す。

Img_9231

Img_9232

生駒の山が意外に近い。でも正確に言えば生駒の山は右側です。正面の山は新婚の時車でおっかーの親戚の親父さんに連れて行ってもらった「生駒聖天」。死ぬ前に2度と足を踏み入れる事は無いと思っていたが、こうして遠くからでも見られて感激でした。

Img_9233

Img_9234

Img_9235

駅前の商店街は意外に元気だった。しかし爺ババの姿が多くは無かった。

Img_9236

この交差点で目的の川を探す。意外に違う住宅地の中を歩いていた。

Img_9237

地図で現在地を確認して右に方向転換。土地勘は全く役に立たなかった。

Img_9238

今年(去年から)一杯見た山茶花の花で一番きれいだったかもしれない。

Img_9239

やっと出ました。「徳庵橋」流れている川は意外?にも大河でした。

Img_9241

Img_9252

Img_9253

半世紀前に見た川はここではなかったに違いない。そう思っていた。この川は意外に知られていないが大阪の東部を流れ大阪湾にそそいでいる。大阪は東部は生駒山系に繋がり淀川は大阪東北部から大阪平野の北部を流れている。この川はこの上流で細い河川が合流している。両岸の護岸工事のかさ上げもこの河川の洪水の歴史を証明している。

Img_9251

正面の橋を渡りここ迄歩いて来ている。この橋は歩道橋。自転車も通行可。但し降りて押して通らなければならないが、その狭い道をおっさんは平然と通り抜ける。下を見下ろすと結構高い。

Img_9250

護岸工事のかさ上げの高さが良く分かる。この川の水量は大雨の時恐ろしい程高くなる。廻りに降り注いだ大雨がこの川に集中した時、どんな結果になるかお分かりだろうか?このかさ上げも後どれ位伸びるのだろう?しばらくはこれで安全かもしれない?

Img_9254

Img_9249

Img_9255

Img_9256

これから1駅戻っておおさか東線で先日感動した新加美の駅に向う。

Img_9257

この陸橋が半世紀前の景色。この橋を渡って駅前に出たのだろうか/

Img_9258

Img_9259

新加美駅と加美駅は遠くは無かった。

Img_9260

この駅が「古い」加美駅。関西線の歴史は古く100年近くになるが今は複線化されているがこれも奈良の先、木津駅迄。木津から学園都市線に繋がっているが関西線はその先、伊賀上野、亀山と伸び名古屋と繋がっている。しかしその先は山間部を走るので名古屋迄の直通電車は無い。関西線が大和路線と言い換えられている。

Img_9261

下が関西線。上がおおさか東線。(但し大阪線はこの先の駅久宝寺迄)

Img_9262

連日の訪問に菅原神社の梅も恐縮?していました。梅と言われなければ良く分からないかも。それでも親父は今日も満足の歩きができました。景気の回復が巷では叫ばれているけれど、今読んでいる福島の原発事故のドキュメントを読んでいると本当に悲しくなる。

エコノミストも尤もらしい解説をしているが、どんなに企業の業績が改善してもサラリーマンの給与が上がらなくなったその解説が出来ない。その訳は明白だろう。それが分かっていてもどうにもならない現実。

これから自分の生活を本当に良くしたいと思うなら、そんなマクロ経済(国レベル、会社レベル、地域レベルの経済)ではなくて自分達の懐を見ながらミクロ経済(自分達の生活)の改善を計るしかない。それが今問われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

昨日歩けなかった道を歩く。最後の感動の出合いが待っていました。

Img_9132

このお店はランチタイムは食事。夕方からワインの立ち飲み屋さんに変る。お酒の立ち飲み屋さんは珍しく無いがワインは余り知らない。親父がここに立ち寄るのは本当に珍しいが、その時口にするのはこのオムライス。

今日は先客が居て狭いイスの後ろをカニ歩きをするが横目で睨まれる。処がこのおっさん。食事しながら本を読む。この罰当たりと反対に横目で見るがお構い無し。それでも勘定の時「ごちそうさま」と言っていた。人は見かけに依らない物だと苦笑する。

Img_6002

Img_9133

お気に入りの喫茶店。でもコーヒーの味と雰囲気がいいのでいつも多い。今日は久し振り。それでも背中合わせのおばちゃんの笑い声が耳触り。コーヒーはカップ並々。熱いので一気飲みは出来ない。本に眼を通しながら熱を冷ます。

Img_9134

Img_9135

この階段を降りる人は殆どいない。今日は地下鉄谷町線を利用します。

Img_9136

今週末から確定申告。この広告を見る度に「ネットなら便利」嘘をつけと思う。
税務署の窓口の混乱は毎年変わらない。何でや?ネットで確定申告が出来るのは慣れた人か若者達。親父でも出来ないのに爺ちゃん、婆ちゃんがサクサクと出来る訳が無い。それよりも窓口の混乱何とかしなはれ。今年は文句を言わないで出来るかな?

Img_9137

目的地は昨日同様出戸。(でと)谷町の南の終点の2駅前。この先は大阪市を外れる。

Img_9138

昨日はここからこの貨物線跡を北に遡る予定だったが左に戻った。今日は道を探しながら北上する。しかしこのマップを見て線路沿いの道が無い。「そんな事は無いだろう?」と思ったがこの緑の色分けの意味を思い知る。道は在ったが狭くて曲がりくねっていた。

Img_9139

地下鉄を出て歩道が無くなる。引き返す。何だこのガードレール。

Img_9141

この街の道路行政。どないなってまんねん。ショッピングセンタ−だけの自転車置き場では無いだろう?この反対側に立派な?駐輪場が在り係員もいたがその管理が徹底されていない。大阪市平野区長と警察もお手上げ?住民のモラルに頼るな。

Img_9142

何でこんな無様な姿を晒すのか?管理者は居ないのか?看板を立てれば何とかなると思っているのだろうか?行政と警察が本腰を入れたら1日で解決する。「置き場が無い?」だから放置して良いとは言えないだろう?街の恥です。こんな姿を何時迄さらすのだろう?

Img_9143

Img_9144

山茶花の花も泣いていた。そんな生き方をしていたら永くは生きられない。人に迷惑を掛けても自分が良ければそれで何とも思わないのだろう。何時迄もそんな事が許される訳が無い。そう語り掛けていた。

Img_9145

Img_9146

何かがおかしい?この交差点。左から右の渡る横断歩道が無い。ここは陸橋の横断歩道。道幅が広いから地上を高齢者や子供が歩くのは危険と判断している?何時から車が優先の社会になったのだろう?これで交通死亡事故0ってか?

交差点に警察が居ない。警察はそんなに忙しいのだろうか?そう言えば地元の街の交差点にも警察の姿は無い。昔はお巡りさんが信号無視、交通マナーの指導、交通弱者の指導をしていたと思うけど?これはここだけの問題では無い。全国何処でも見られる風景です。

Img_9147

Img_9148

工事中で行き止まり。大廻り?大阪市交通局。何様だと思っているのだろう?「何様でもありません。「歩行者の安全を考えています」そう言われていた。

Img_9149

Img_9150

Img_9151

バスターミナルがあった。出戸バスターミナル。1980年谷町線開通の時に出来ている。その時から30年。今でも多くの人が利用して行き先も多いがこれだけの広さを必要とする大阪市交通局の考えも、バス路線の見直しで問われなければならない?

Img_9152

Img_9153

阪和貨物線跡。廃止されて10年以上立っているがこの有様です。国鉄民営化の時に語られた言葉は一体何だったのだろう?この用地を再び活用する事は無いのだろうか?そう言えば他でもこんな無策を見た気がする。

国鉄民営化とはこんな様か?親方日の丸を批判した人はどんな思いでこの事実を見ているのだろう?舌を出して笑っています。そんな人達がこの国の未来を語れるのでしょうか?知らぬはアホだとでも思っているのでしょう?

Img_9154

Img_9155

Img_9156

Img_9157

Img_9158

Img_9159

Img_9160

遠くに撤去されていないレールが見える。有効活様は出来ないのだろう?放置されたままで立ち入りも出来ない。この写真は以前の踏切から。(今は何と言っているのだろう?)両側に道は無く少し大廻りをしながら北上している。

Img_9161

おっ。梅?です。でももっとはっきりとこの先でお見せします。

Img_9162

道は段々狭くなる。そして曲がりくねる。

Img_9163

線路は上を走っていたのだろう?

Img_9166

Img_9167

平野川に出る。おっさんが水鳥にえさを投げていた。喜ぶべきか?悲しむべきか?微妙?個人では無く野鳥の管理者がやった方が良いと思うけれど。

Img_9169

春を待つ桜。今はじっと寒さに耐えている。この近くの区画整理もそんな感じだった。

Img_9170

Img_9174

水は流れているが水質は汚れている。生活排水を完全には排除出来ていない。Img_9177

廃線の跡地。放置されたまま。

Img_9179

Img_9181

Img_9182

Img_9183

Img_9190

個人のお宅の庭の片隅の梅。梅は咲いたか?桜はまだかいな?

Img_9191

加美鞍作(かみくらつくり)人の名前の様な住所でした。

Img_9193

本日自慢の一枚。でもこの景色に勝る賢い子供と優しい女の子(中学生?)2人組に駅の場所を教えてもらう。女の子は駅迄行きますよと言ってくれたし、小3の男の子は久し振りに子供の可能性を見せてくれた。若い子供達の悪口ばかり言っている親父も最敬礼でした。結構駅は近くでしたがややこしい場所に在りました。

Img_9194

優しい女の子と子供達の写真を撮らなかったのは残念。でもこの夕焼けはその優しさを証明していました。小3の子供達の賢さは久々に親父の心を揺さぶり、女の子の優しさは感動でした。その証明はこの先でも感じる事が出来ました。

Img_9198

Img_9201

Img_9202

Img_9208

Img_9209

Img_9211

Img_9212

Img_9213

狛犬君 阿像(阿吽の阿)下は吽像。阿吽の呼吸と言われても娘には分からないか?

Img_9214

Img_9215

Img_9216

小3の子供から「加美の駅は新しい方ですか?古い方ですか?」と問われた時、親父は偉そうに新しい駅、古い駅は無いだろうとバカにしていた。それが間違いでした。子供は偉そうな親父の言葉を否定せずに首を傾げていた。その意味がこの時は分からなかった。後で地図を見てみるとこちらが古い駅。関西線(大和路線)

新加美駅はこの北側に高架で出来ていた。その駅がおおさか東線。この前この駅の3駅先から利用したが今度は逆走しなければならない?(大丈夫)電車に乗ってからです。トイレに行かないで「YOUは何しに日本に来たの?」見ながら笑っている。
(アホやなー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

今日は大阪も風が冷たい?でも北国の事を考えれば比べ物にならない?

人間は本当に哀れな生き物です。少し寒ければ寒い寒いと肩をすぼめ、暑くなれば暑い暑いとぼやきをくりかえす。この時期寒く無ければ困る人が少なく無い事を思い計る人は圧倒的に少ない。テレビのニュースも音声を消し画像だけを見ていると丁度良い。日本経済新聞も160円で毎日買うのも馬鹿らしくなり最近は手にしていない。

サラリーマンの時、電車通勤の時には買っていたスーポーツ新聞も今は買うのは土日だけ。それも競馬予想をみるだけ。その新聞も予想は予想。的中は自慢しても外れは反省の言葉すらない。競馬の予想が新聞を買わないと自分で予想出来ない人が殆どだが、毎日競走馬と騎手、競馬関係者と仕事をしている予想屋さんでもトータルでは勝てないギャンブル。競馬はロマン。競馬はデータと記憶の勝負と公言して憚(はば)からない人も少なく無いが、競馬はギャンブル(賭け)博打(ばくち)です。

何処かの検察が正義の番人ズラをして投資ファンドの村上代表を逮捕する時、額に汗して働いている人が馬鹿を見る世の中であってはならないとか言われたが、本当に検察がそんな仕事をしているとは思ってもいない。

ところが世の中はそんな人ばかりではない。検察がこれ迄どれだけ間違いをしてきたか?その追求もいつの間にかうやむやになっている。正義の番人の面をして尤もらしい事を語る輩は、街に一歩出て見るだけで良く分かる。

一番怒らなければいけない事はこの国の法と秩序の解釈を検察とか警察、行政の首長がしている事。何か問題が発生すると尤もらしい事を語るけれど例えば体罰。高校野球に体罰が無いと言い切れるのか?

もっと言い切れば甲子園出場のハードルはそんなに低くは無いだろう?アマチュア野球の王道は文武両道だろう。勉強とスポーツの両立を指導出来ない高校野球の関係者と教育者、保護者はほとぼりを冷めるのを舌を出してみているだけです。

それくらいの事が分かっていなかったのかと言われると本当にやりきれない思いで一杯です。親父達はそんな思いを否定して来ましたが世の中は反対の方向に舵を切り、それが常識の様になっています。しかし有名な言葉。地動説を唱えたガリレオ、ガリレイの「それでも地球は廻っている」その言葉を思い起こさなければならない。

現代はガリレオを生きた時代の様に思想、宗教弾圧はありません。しかし本当にオバカは多くなりました。経済の原理、原則。人が人として人らしく生を全うすると言う事は何なのか?そもそもそんな事を語る人がいなくなりました?

政府に景気浮揚策を期待する?政府にデフレからの脱却を期待する?政府に雇用を増やす政策を期待する?それは間違いだった事に気づいたのも束の間、何時か又同じ轍(てつ)これ迄の歩んで来た道を踏み締めています。その道が心地好い道では無くぬかるみで貧しく苦しかった事を忘れてしまったのでしょうか?

そうではなくて子供達はその苦難を道を歩んでいないから分からないのだろう?ならばその道を踏み締めた親達がその事を教えてやらなければいけないが、親達も知らないのだろう。これからその証明をしなければならない。今、内閣の支持率が上がっているが間違い無く落ちる。あのオバカだった民主党も政権交代を為し得たではないか?あの時の喜びは今でも忘れていない。「これで世の中は変る」

そうです。大きく変わりました。自民党。公明党政治の復活。維新の会の台頭です。どんなに安倍総理が高らかに「取り戻す」と叫んでも一般ピープルは豊かには成れません。豊かになれる人。その人達は今、間違い無くそれなりに豊かな人達です。今、貧しい生活をしている人達が豊かになるには小銭を貯めるしかありません。

それが出来なくて年を重ねると「豊かな生活を手にする事は出来ません」今、働いている人達が豊かになり働けない人達を支える?そんな余裕は無くなりました。厳しい現実は街を歩いて見ると本当に良く分かります。そんな景色を見ながら痛感する事は健康で歩ける事に感謝する事と規則正しい食事と睡眠です。悩む事は何も在りません。政府に行政に人の何かを求めるのではなく自分で自分に投資する事でしょう?

そんな事が分からないでチャラチャラしている生き方をしていると、今は居ないフウテンの寅さんに笑われる事でしょう?テレビを見ても低俗な芸能人のお笑いでバカにされていますがタダより高い者は無い。民放のスポンサーのオバカな宣伝で洗脳されている自分に喝を入れましょう?親父も偉そうな事を言っていますが今夜の楽しみは深夜の「YOUは何しに日本に来たの?」今夜の番組は必見です。「オイオイ」


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

今日は夕方から大阪も雨。天気予報では夜半に上がる?結局雨でマット買えず。尻が痛い。

Img_9108

今日は寒くも暖かくも無く平年並みの気温。しばらくはじっとして春を待つ自然の息吹を感じなければいけないと思ったのも一時だった。おとなしくしていたのは数日だった。じっとしていると体が誘いをかける?誘惑かもしれない。「体が鈍ると東海道は歩けないよ」そう言われるとじっとしてはおれない。

Img_9109

地下鉄谷町線。初めて聞く駅名。「でと」1980年開業。地下鉄の駅で漢字2文字は他に「九条」「梅田」「中津」「難波」色々あるがひらがな2文字はここだけ。親父も知らない駅は少ないと思っていたがここに来るのは初めて。

話は変るがイス代わりになっている折りたたみベットのシートが凹み尻に違和感がある。それだけでなく尻の筋肉(そんなのが在るのか?)がツル。ツルツル?違います。近くのダイエーで尻敷きマット買いに行って来ます。又後で見てね。

Img_9110

この駅は歩いて次の駅。この駅は若い頃、名前だけは聞いていたが大阪に住んでいないと中々読めない。摂津と河内の国境でもあった/摂津が喜連、河内が瓜破。喜連とは中国人が帰化して呉人が訛ったと言われ、瓜破とは僧侶が修行中に神体を見たので瓜を割ってお供えしたと伝えられている?これはこじつけの様な気がする。

Img_9111

この案内図は良く分かる。下車した駅は右側に在るがここ迄歩いている。本当はここ迄歩かないで「出戸」の駅から北上して久宝寺駅に出るつもりだったが、その道が分からず。地図を見ても位置関係が分からなかった。もう1度歩かなければ分からないのかもしれない。

Img_9112

今日の目的地はこの道を歩いたのでも目的の久宝寺駅に到着する事はなかった。もう一度地図を見て位置関係が分かったので明日出直す。目的の駅はこの右上でした。道は広く無い。今日歩かなかった訳が理解出来る。しかし歩いて見ないと本当の理由は分からない。(これほどに広い道は無かった)

Img_9113

Img_9114

Img_9116

阪神高速松原線。子供達が高一、中二の夏帰省した時にこの道を走る。しかし、あの時はまだこの道が高速道路で西名阪高速と繋がっていなかった。あれから19年。こうして高速は繋がり一般国道を走らなくても大阪の街を通り抜ける事は出来るけれど、このインフラの整備の為に多くの税金が使われる。

景気対策と勇ましい景気対策を政治家は口にするだけで株価は上がっている。しかしそのお金は何処から出て来るの?この国の豊かさはそんなに限りがないのだろうか?それくらいの事が見失われている。

北朝鮮の核実験を深刻な顔をして古館は伝えているけれど、彼等がどれだけのお金を手にして国民を食わせているのだろう?それだけ貧しい国と豊かなアメリカが対等(たいじ)出来るとでも思っているのだろうか?

何時も締め上げられて援助してもらわないと餓死者が出る国。今でも貧困に直面し援助に頼っている国の為政者は何を考えているのだろう?石原慎太郎と橋本維新の会が支持される理由が良く分かる。叩きつぶされなければこの国は変れないのかもしれない。

Img_9117

Img_9119

Img_9121

Img_9120

もう少し歩かないとと思いながらこの駅で電車に乗り込む。どれ位歩いたのだろう?2駅?情けない。それでもここで電車に乗って正解だった。今日は地図を待っていなかったのでこの交差点を北上すると地下鉄谷町線と離れていた。でもそれはそれで新しい出合いが在ったかもしれない。それは次のお楽しみです。

Img_9122

Img_9123

Img_9124

天王寺の駅で途中下車。近鉄ハルカス(来年開業)工事は着々と進行しているがこの外観は工事用のカバー。これが取り外された時どんな姿を見せて呉れるのだろう?昔映画で見た高層ビルの火災、東南海地震の揺れには対処出来るのだろうか?相当揺れるだろう?

それでも東京スカイツリーの高さには及ばない?あれはタワー。これは高層ビル。見上げるだけで身震いがしてくる。大阪湾岸埋め立て地のお荷物になっている高層ビルアジア、太平洋、トレンドセンター(空き部屋が多くて経営破綻。今、大阪市が買い取っているが採算は取れていない?)の教訓は生かされているのだろうか?

Img_9125

Img_9126

Img_9130

Img_9127

この横断歩道もハルカスが完成しないと半分しか役に立たない。完成してもこの歩道を歩く人はどれ位居るのだろう?とにかく今は天王寺駅前と地下通路工事中。不慣れな人は近づかないが良い。朝夕のラッシュ時だけでなく昼迄も凄い混雑です。その交通整理が殆ど行なわれていない。信じられない光景を写していない?どうして?関係ないからでしょう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮が核実験?何を同じ事を繰り返しているのだろう?

皆様の000が同じ事を何度も繰り返している。「北朝鮮が核実験を行なった模様?」だからどうだと言うのだろう?日本だって福島の事故で最近は現状が全く伝えられないが、北朝鮮の核実験以上の危機が沈静化しているだけだろう?

北朝鮮が核実験を行なったとしても驚くニュースでもなんでもない。北朝鮮が核を手にしている事は明白。この国が今出来る事と言えばその危機を煽り、対峙するアメリカに国の安全を保障させる事しかない。そんな事をアメリカが認める訳がない。

どんなに危機を煽り交渉のテーブルに引き出そうとしても、それが出来無い事は中東の厳しい対立を見れば良く分かる。北朝鮮指導者もその事は良く分かっている。何処迄相手を脅せば交渉に応じるか?この国の貧しい現実はその事を証明している。

そんな国の脅しを何時迄尤もらしく報道するのだろう?冷戦と言われた米ソの厳しい対立の時の教訓を学びたまえ。どんなに核を手にしても長距離ミサイルを手にしてもその発射ボタンは押せない。押したその瞬間地球は滅亡する。

その危機認識は大国ソ連の指導者でも持ち合わせていた。小国。経済発展の遅れている国にアメリカと対峙出来る力はない。その事は歴史的に見ても自明です。皆様の000の報道にその対応が見られないのは報道の責任を果たしているとは言えない。

いたずらに危機を煽りその一方で冷静な対応を呼び掛ける。この報道姿勢は皆様の000とは言いがたい。民放各社の対応の方が冷静であると思うのは親父だけかもしれない。北朝鮮の外交政策。この国の指導者は何時迄もこんな事を続けられると思っているに過ぎない。

外交的敗北。それだけでは政策の転換を図れないのは日本も同じに違いない。日本に核は無い?アメリカの基地がどれだけ在るのか?それくらいの事は考えて行動しなければならない。民放の報道は女子サッカーのソチ五輪一番乗り?ソチって何処にある国かご存知か?その国の恐怖にさらされたのは昔、昔の話ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い一日。今日はもっと寒い。鈴鹿の峠を越えれるのは何時かな?

Img_9040

Img_9041

大阪駅環状線。思い出の出口前はまだ工事中。何の工事をしているのか分かっていたけれど誰が何の理由でやっているのか分からなかった。今日、そのお粗末さが良く分かる。親父が大阪に来た半世紀前は広場だった所。その場所をこんな姿にしたのはその場凌ぎの関係者の思惑でした。その解体作業と駅前の無様な姿に情けない思いを重ねていた。

Img_9042

大阪駅南側駅前広場?違うだろう。(何故だが今は東口とは言わない?)
引き続き再整備を行なう?(何時迄に?)ご不便をおかけしますがご理解ご協力をお願いします?言葉は丁寧でも無礼だと誰も文句を言わないのだろうか?
何時迄こんな無様な駅前の姿を晒すのか?ホンマに利用者をバカにしていた。
これと同じ姿を天王寺の駅前でも見る事が出来る。事故が起きないのが不思議です。

Img_9043

雨水注意?大雨の時こんな所を通る人がいるのだろうか?地下を通って下さい。

Img_9044

Img_9046

これが解体中の鉄骨。半端な姿では無い。溶接で切り取られて行くので工事は夜しか行なえない?その鉄骨を降ろすのも大型クレーン車が必要で、そんな工事は昼間では行なえない?

Img_9047

その跡地の大半にバスが乗り入れる?この右側の出口は駅前からの車とすぐ先の信号で直進は出来ない?その為にここがバスのターミナルになった事を親父は知らない。バスのターミナルを作るのなら反対側。駅の北側のまだ利用されていない用地だろう?大阪市のお粗末な街造り?仙台駅を見学しなはれ?杜の都仙台。駅前の整備は親父が現役の時に完成している。もう30年位前の話です。大阪は本当に間抜けです。

Img_9048

これが大阪駅前?看板の前に堂々と停めている。速攻で何故何排除しないのだろう?ここは大阪駅の敷地では無いからだろう?ホンマに大阪人のマナーは最低です。

Img_9049

この先を直進出来ない。フェンスが在って横断歩道は無い。向こうに行くにはどうするの?ここで見ているとキョロキョロする人はいるが、親父には聞いて来ない。聞かなくても上の歩道を歩けば良い事位誰でも分かる。

しかし、この間抜けな行政。相当前から行なわれている。こちらは見えないが向こうにエレベーターが見える。何たる税金の無駄遣いだろう?大阪の財政は破綻している?当たり前です。地方の時代?こんな事も改められなくてそれは無いでしょう?
それともこのセコイ歩道は大阪市は関与していない?そうかも知れない?(まさか)

Img_9052

Img_9053

そんな景色とは裏腹の駅前の花壇。こんな処でチュウリップが見れて喜ぶべきか?
複雑な思いでした。その反対側でメジャーレビューした路上ライブの若者と関係者が歓喜の雄叫びを上げていた?最近、大阪駅前が騒々しい?そして汚い。

Img_9054

Img_9055

この花壇はお金を掛けて専属のお花屋さんが手入れをしている。と思う。

Img_9056

その先がこの有様。これは犯罪でしょう。警察もそこ迄手が回らない?それは違います。巡回をして警告を発していないから舐められている。法の番人がこの有様です。

Img_9057

Img_9060

左が駅前通路です。歩いている人は少ない。多くは地下を歩いています。

Img_9062

Img_9058

Img_9065

増設された大阪駅前の建物。この中の喫茶店景色が絶景と教えられたて行った「hiro」行った時は満席だったが今は空いているのだろうか?それでも行く気はない。イケメンの阪急地下のお店も待ち時間が長い。伊丹の店も行かなくなって久しい。

Img_9066

Img_9067

Img_9068

Img_9069

梅三小路。(うめさんこうじ)長くは無かった。

Img_9071

後ろに見える建物は大阪駅北側のビジネス棟。その左奥に見える建物は来月オープンする大阪北ヤードのビジネス棟。ここで大阪のみならず日本の先端技術と物造りの紹介と研究が行われると期待されている?お金持ち企業、税金をマトモに払えない企業にそんなええかっこが出来るのだろうか?出来ます。それで大阪の底力をアッピールするのでしょう?何処かに有った物作り博物館500億円?今それは閉館しています。

Img_9074

ここは何処だ?大阪中央郵便局更地の西側。この辺りはすっかり高いビルが建ち並んで様変わりしているが、正面左側の建物は昔懐かしいJR関係の00ビルです?

Img_9075

大阪駅の改装された大屋根が見える。

Img_9076

大阪中央郵便局が取り壊されて更地になっているので、大阪駅がよく見える。左に少しだけ見えている建物が大阪北ヤード一番奥のマンション棟?左の空間が埋まるのは大阪北ヤードの2期工事完成迄?その前にこの更地が無くなるのだろうか?
(それよりもその時アナタは何処でどんな生き方をしているのだろう?天国かもしれない)

Img_9077

Img_9079

Img_9083

ツゥインタワー。その左がウエスティン(外資系ホテル)泊まったのは何年前だったのだろう?デジタルカメラをソフマップで買ってもらった時でした。感謝の気持は忘れていないよ。ツゥインタワーにもそろそろ登らなければいけないな?一人で?
(まさか)

Img_9085

寒い。地下に潜る。

Img_9087

なんだかんだ言ってもこれが大阪駅前の南口の全景です。西側の地下入り口前から写している。

Img_9090

Img_9092

ヒルトンプラザウエスト。地下のオブジェです。水が流れているが多くは無い。

Img_9095

Img_9094

Img_9096

帰りに東西線で伊丹に立ち寄る。有岡の城址。関西と西国の要衝だった面影は何処にも無い。この城は伊丹城と言われていたがこの城を攻め落とした荒木村重に主の織田信長は有岡城と呼び名を代えさせる。何で有岡と変えたのか?本当の意味は分かっていない。その理由をこの城の発掘調査をした市の教育委員会に聞きに行った事がある。女性の管理者に調査の目的は違うと馬鹿にされ親父から説教をされる(笑い)

Img_9097

荒木村重も大坂石山寺攻めの時、兵糧攻めを成功させ落城一歩前迄追いつめるが、信長の様な非情さはなく、石山本願寺に情けを掛けたと信長に謀反の疑いを抱かせる。村重にはそんな気持はなく優しさだけだったと言われているが、信長の怒りを買い秀吉の総攻撃を受けて自分だけ城から抜け出す。

当然落城。悲惨な結果を辿る。しかし歴史は信長死後の後を継いだ秀吉に命を助けられる。武士の風上にも置けないレッテルを後の世迄貼られる。情けない殿様でした。
東京電力福島発電所事故でも同じ様な無能さを晒した経営者、官僚、学者先生も少なく無い。必ず後世の嘲り(あざけり)に晒(さら)されるに違いない。

Img_9100

Img_9106

Img_9105

(おい。食いかけじゃねえか?)そうです。久し振りに本物のトンカツカレーが呼んでいました。見た目では分からない。トンカツとカレールーの絡み合い。バトル。
「ナゴミヤ」のカレー味はマスターが自慢する様に他所では真似の出来ない独特の風味がある。ジョニーのカレーの中西も勝てないかも分からない。(怒られるかな?)
最近、コメントがないから親父を舐めているのかも?(それは無いな?)

Img_9103

今度は昼時に行って(A)を食わなければいけない。鶴橋のハンバーグトッピングのカレーとどっちがどっち?微妙な気がする。

Img_7519

Img_2723

お仕事ご苦労さんです。あかぎれお手入れをお忘れ無く。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

久し振りの春キャベツの甘さ。ベーコンの味も上等でした。

Img_9038

Img_9039

今夜のおかず。9時からのテレビ番組を録画しながら久し振りにキャベツとベーコン、タマゴの鍋スープ?を作りました。簡単。栄養満点。春キャベツの半分。良い出汁が出ていました。味付けは濃い口醤油だけ。揚げは親父お気に入りの「京風」?

Img_9011_2

今日のブログで名前が出て来なかった「柊(ひいらぎ)南天」私を忘れてどうするのと言われているが、この歳になると名前が出て来ない人も少なく無い。人だけでなく場所、食べ物、本、社会問題。アレアレアレとイライラしない様に忘れた時にはとぼけている。(アチャー)

核燃料サイクル。この国の原子力再処理の失敗はその政策に無理が有る事を認め様としていない。そのレベルに比べると可愛いものだろう?レベルが違う?認知出来ない人を認知症と誤摩化している事と同じかもしれない。これからその事が問われる。

親父もボケが進まない様に思い出せない事を少なくしなければ成らない。どうしても思い出せない事が何らかの拍子で思い出すと、とても嬉しくなる。忘れる事が多くなると完全にボケが進むが、いずれそう成るのだろう?そう成る迄にもっともっと知らなければ成らない事。それは小児の如く求めて止まぬ探究心に違いない。

それとは関係ないが忘れる名前と地名は記憶力に陰りが出ているのかもしれない。どうしても思い出せない名前をアイウエオから順番に探し始めるが成功の確率は低い。その対策として最近心掛けている事は、思い出した時に関連した言葉を加えている。

柊(ひいらぎ)南天。この言葉を忘れるのは親父にはまだまだこの花の厳しさが分かっていないのだろう。この美しさに隠されたトゲの鋭さ。それで体を突かれなければ本当の痛みを感じられないのだろう?それでは余りに情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素晴らしい世界の絶景?カンボジアの民主選挙?でもここ国の人達に輝ける未来はあるのだろうか?

Img_9003

寒い。寒い。と言っている間に春は確実に近づいている。今日も空気は冷たいけれど日差しは暖かい。今年は風が冷たい日も少ない。こうして暖かい日差しを浴びながら背の高い山茶花の花を見ていると、春は目前かも知らない。(処がそない甘いもんやおまへんえ)そう。後1月は間違い無く寒い日が続くに違いない。

Img_9004

姫譲り葉も新しい芽が伸びているけれど、これは本物ではない?本物はもっと大きく力強い芽吹きに違いない?(と言う事はこの芽吹きは何なのだろう?)芽吹きの予行演習?そんな物が必要なのだろうか?植物の生命力は人間様の空元気とは大違いなのだろう?

Img_9005

1年で一番寒い時が2月と言われているがこの芽吹きを見ると、それは間違いなのかもしれない?人間もこの時期、背中を丸めていないで大股で力強く歩きなはれと言われている。元気な時にて足を伸ばして歩きなはれ。そのエールを贈られていた。

Img_9006

これからは間違い無く体の平衡感覚、柔軟性、免疫力が落ちる。最近痛感する事は体力の衰え。これ迄はテレビCMで見向きもしなかった老化防止の健康食品。その興味に苦笑している。そればかりか無料お試しセットを取り寄せている。そんな物にお世話にならない若返り健康法。それは少林寺拳法に違いない?(ええ年をして。お止めなさい。)まだまだガキに舐められる事は無い。(それでは長生き出来ないよ?)

Img_9007

Img_9008

Img_9009

Img_9010

Img_9011

Img_9012

Img_9014

Img_9015

Img_9017

Img_9019

都会にも意外な所に意外な空が広がっている。下を向いて歩いていると気付かない青い空と冬とは思えない植物達。一喜一憂をしないで淡々と生きる事は容易ではない。最近多くの不条理を嘆いているが、そんな事は実はどうでも良い事かもしれない。
でも今夜のNHKスペシャル9時からの番組は見て下さいね。報道の社会的責任とは事実をありのまま伝える事でしょう。そして先入観無しに客観的な判断が求められています。

Img_9023

親父の散歩中のささやかな楽しみ。吉野家の牛丼に新香を入れて一気にかき込む。
(そんな行儀の悪い食べ方はやめなさい。)大丈夫。ごはんが熱いので長くは続けられない。箸ではうまくすくえない?)オイオイ。スプーンが必要かい?

Img_9024

本日自慢の一枚。題名。「春を待つ桜」親父の思いも重なっている。
春は名のみの風の寒さや。谷のウグイス、歌は思えど。時に有らずと今は息を凝らしているのかな?ウグイスの谷渡りを聞ける時ももうすぐ?後1月だに。静岡弁で語りかけられていました。

Img_9027

水も冷たいけれど春を待っていた。寒い寒いと明日も寒いが後半月もすると奈良のお水取り。プロ野球のキャンプ情報は華々しいがそのうちメッキが剥げて来る。勝負の世界は本当に厳しい。口先で勝負も出来ないと馬鹿にしているとトンデモナイ。

「安全だ」「安い」と言われていた原子力発電がトンデモナイ嘘八百だった事を、如何して知らなかったのだろう?この国のエリート達はこれ程に卑しいのだろうか?原子力発電は続けられない。その事を思い知る為にはもう一度事故を起こさないといけないのだろうか?

Img_9028

Img_9029

Img_9030

親父のボヤキをにっこりと笑いながら聞いている。さざん花と椿の花の違いが良く分かる。これだけ花びらが多ければ山茶花。葉っぱもお茶の葉っぱに良く似ている。
親父如きがいくらぼやいてみても原子力の専門家の思いは何も変わらない。そのエリート達が福島の事故を防げなかった。何とも皮肉な話。原子力の火は彼等にコントロール出来なかった事実を私達は思い知らなければ成らない。

Img_9035

福島原発事故の原因は地震で電力が完全に遮断された事が原因と言われている。津波で冷却水の電源が失われたと言われているが、本当にそうだったのかは電力会社が事故調査に完全に協力していないの分からない?どういう事?

吹き飛ばされた建家は最上階は暗くて放射能のレベルが高過ぎて入れないと言われていた。処がそれも間違い?完全には協力していない。学者先生達もその事を否定していない?本当にこのままで福島の悲劇は繰り返さないと誰も言い切る事は出来ない。

Img_9036

原子力発電は人間がコントロール出来ない。その事を福島の事故は証明している。福島原発の現状は今、海水で今は冷され使い物に成らなくなっている。廃炉です。しかし放射能廃棄物はそのままになっている。その安全が保障されるのは今生きて人が全てくたばっても来る事は無い。それでも原発は必要?人間はそれ程に愚かなのだろうか?経済連の爺達が言葉を慎まないとろくな生き方は出来無いに違いない。


                                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

生きる事は賢くなる事?違います。自分を誤摩化す事?それも違います。正直に生きる事です。

Img_8978

駅の前で乗っていた習慣が不愉快な思いをして、今は1番後ろで乗り込んでいる。
流石にここで乗り込んで来る変わり者は少ない。最初はその理由が分からなかったけれど、終点でホームの端から端迄歩かなければ成らない。駅の先に整形外科の医院が見えるが今の処お呼びで無い。今日は夕方から梅田に出かけて来ました。

Img_8979

淀川の鉄橋で綺麗な夕陽を見る。慌ててシャッターを切っているのでピントは合っていない。それでも感じだけで充分でした。
Img_8981

梅田のJR高架下の食堂街を抜ける。ここは気合いを入れて入らないとメニューは安くない。臨時収入が有った時でないと無理?その替わり味は本格的?次はここでステーキを食いますか?財布握り締めて下さい。

Img_8982

大阪駅桜橋出口の先の商店街。takeさんにデジタルカメラを買ってもらったお店が或る処。しかしこの商店街も食堂が多い。1度出口迄歩いて見ますか?一度も歩き通していない。感じでは長くはない?この商店街に入らないで右に進むと高架下の衣料品、登山靴売り場がある。ここも一度覗いてみたい。

Img_8989

ここは大阪中央郵便局跡。更地に成っているがしばらくはこのままだと言われている。その理由?大阪北ヤードの完成でビジネス空き室需要が今イチと言われているが、この1等地がこの有様では首を傾げる。これが東京との差かもしれない。

Img_8992

Img_8997

大阪駅前。桜橋口。こちらもまだ工事中。何時迄薄汚い姿を晒すのだろう?これで大阪の街造りが出来ていると思っているのだろうか?JRの敷地の問題だから関係ないとでも思っているのだろう?大阪の玄関口との認識が無くても誰も批判しないと思っているのだろう?

今日、福島原発事故のノンフィクション(事実に基づいて記述されている。但し記述者の思い込み、主観も入っている)「メルトダウン」大鹿靖明 を買い求める。この本を読んでみると福島の原発の悲惨さとその責任電力会社と国のエネルギ−政策のメルトダウン(溶ける。駄目になる。)の実態が本当に良く分かる。

親父が疑問に思っていた国の原子力政策。takeさんからいわれていた東京電力の救済しなければいけなかった理由。その救済スキーム(枠組み)のロジック(論法、論理展開)も分かり本当に原子力の平和利用は止められないまぬけさを痛感します。

しかしその事はこれ迄のやり方が間違っていたと神が教えています。神も仏も信じていない人でも次の世代が背負う負の遺産を「知らない」と言い切る事は出来ません。その事を明日の夜の九時。NHKスペッシャルで知って下さい。

今もなお多くの人が住む場所を追われ、住み慣れた故郷を追われてもその保証も出来ない電力会社。国のお役所仕事。事故から2年の歳月が過ぎてもこの悲惨な事故の教訓を学び取れないのだとしたら、日本の見識、学識、無知が問われるに違いありません。関係ないと言いながら関係がない生き方が出来ない未来。その事が問われるのもこれからでしょう?

Img_9000

Img_9001

これだけの食事をしていたら文句は無いだろう?そうかも知れない。お土産は食い過ぎない様にして下さい?風邪気味からやっと解放されています。テレビ、新聞が原発事故のニュースの現実を誤摩化している理由がやっと分かりました。

経済産業省の有識者会議の答申で発電と送電の分離は5年から7年後とか。このメンバーは何を根拠にこんな事が言えるのだろう?この座長は東大教授?夜の経済ニュース番組でもコメンテーターとして尤もらしい事を言っている。

その学者先生でもこの程度の事しか言えないこの国のエネルギー政策?一般国民はその意味すら分からない。電力会社の価格競争が無い原因に送電線の独占がある。それは安定供給に欠かせない事だとしてもこれからはもっと多くの電気が自由に発電され売買されて良い。

その為にはその発電された電気を電力会社が買い取る。それは必然の成り行きです。東京電力の破綻は国の債務保証で無くなりました。それなのに住み慣れた我が家を追われた人の補償は進まない。これからも進んで行く。

そんな事は許されないと誰もが思っているのだろうか?現実はそうではないとしたら誰がその責めを負うのだろう?その事が明確にされていない?だから何時迄もとぼけた事が言えるのだろう?

そんな事は何時迄も許される訳が無い。そんな事を続けていても原子力発電は必要?もうそんな論理は破綻している。その事は今夜の特集を見れば納得出来るに違いない。それでも原子力発電が必要と思うならそれこそ神の鉄槌を受けるしか無いに違いない。人類が手にした火。その火は生きる為であり人類滅亡であっては成らない。

そんな事は当たり前の事。その当たり前の事をこれから実現しなければ成らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力発電の社会的責任?それが問われた事は無い?

原子力発電は止められない。そんな事が出来る訳も無い。代替エネルギーをどうする?多くの言葉が尤もらしく語られる。その反対側で私達が知らない恐っそろしい数字がある。この数字を知ると原発が孫やその次の世代に残している負の遺産の大きさに愕然とする。原発は今、この国では北陸の敦賀でしか稼働していない。

残りの原子力発電所は安全点検とその基準の見直しで停止して、その影響の大きさに最稼働の要望も少なくはない。原子力発電所とその関連施設がある場所を考えるとそれは当然の事だろう。そんな過疎の地に発電所を作らなければ成らなかったこの国の原発政策と行政。何で原子力発電が安全なら電力を大量に消費する大都市の近くに発電所を作らなかったのだろう?

今でも原発で発生する放射能廃棄物の最終処分場を受け入れる都道府県は無い。それでも原子力発電は必要?人間はそれ程に勝手な生き方が出来るとでも思っているのだろうか?そうではない。知らないだけ。知らされていないだけ。原子力発電所が水素爆発して放射能の汚染が撒き散らされた福島は、今ではニュースにも成らないが深刻な事態が知らされていないだけ。

その事実を知れば関東どころか日本が深刻な事態に陥る事を認識しなければ成らない。報道の責任。マスコミにはその責任もない。テレビのオチャラケを何時迄も続けていると何時迄もは生きられないに違いない。

これは脅しでも警告でも煽動でもなんでもない。福島の現実は多くを知らない。親父も自分の無知を恥じている。それだけならばそれだけの問題で済むが今、原子力発電の恩恵を受けている人がその利益を先の世代にも残さなければ成らない。

電気事業連合会の試算によると「使用済み核燃料の再処理には19兆円掛かる」
再処理をしても最終処分迄にはもっと多くのコストが掛かるが、その最終処分の方法と場所は全ての都道府県が反対。そんな始末に負えない物を生み出す原発が今、全国に54ヵ所ある。そんな事が何時迄も続けられるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

大阪も今日は寒い。鼻水がまだ垂れている。

Img_8932

大阪は数日前の陽気が嘘の様に寒い1日でした。それでも定時観測?のこの画像を見るとその気配は全く感じられない。ニュースで「立春を過ぎたのに」とぼやいている叔父さんがいたがそれは違う。二十四節気は季節の区切り。

実際はこれからが寒さのピークを迎える。インフルエンザが流行している。体力が無いと若くてもご自愛あれ。予防接種していますか?親父は?親父は関係ない。なんでや?風邪ごときには負けない?(勝ち負けの問題とは違うやろ?)そうです。ウガイと手洗い。それと体力をつけなはれ。

Img_8933

春を待つ花?阪急梅田の電車の車止めの先にある。

Img_8934

大阪駅前東口。これが駅の玄関?何時迄こんな無様な姿を晒しているのか?
ここは今、東口駅前に作られていた建物を取り壊している。理由は役目を終えたから?そうではないだろう?JR西日本の判断ミス?この土地の有効活用が出来ると思っていた?それが当て外れで取り壊し?その跡地利用はバスターミナル?それは無いでしょう?それがある?大阪市営バスの不採算路線は廃止されないのか?

Img_8935

タクシー乗り場の客が多くない。タクシーの規制緩和も良いけれど運転手の生活は厳しくなるばかりだろう?それに比べてこのバス乗り場のスペース。取り過ぎだろう?

Img_8937

このバス停のスペースはこれ迄は無かった。それを作った目的はこの土地を大阪市が借り上げたのだろうか?この広場は旧国鉄からJRが引き継いだ物?大阪駅前の周辺工事が完成しないまま、大阪駅前の美観と効率化は進んでいない。

大阪駅前の街造りはこんなもんで良いと思っているのかな?写真を撮っていると大阪駅パトロールのガードマンが近寄って来る。まさか写真を撮っているだけで文句は言えない。来月になると北ヤードが完成し大勢の人が集まる。それでも大阪駅周辺は初めての人はガイドが必要です。

Img_8936

大阪駅前の移動は基本的には地下街。その連絡通路も多過ぎて目的地を探すのは容易ではない。大阪観光案内所も少なく無いがこれからはパソコン、インターネット、携帯のナビが有っても重い荷物を持っての移動は出来ないかもしれない。そんな時はお任せあれ。そんなビジネスが始まるかもしれない。大阪駅前案内?

Img_8940

ガードマンだけでなく鳩も寄って来る。餌が貰えるとでも思っているのだろう?
大阪駅の鳩も賢くなっている。様子を窺うだけで通り抜ける。

Img_8939

親父もそろそろ退散。風が冷たい。景色の寒々としていた。

Img_8943

Img_8944

Img_8946

ジュンク堂は2階と3階のフロアー。その上はビジネス棟。地下に食堂街が有るが苦労をしている。これだけのビジネスフロアーが有っても商売繁昌とはいかないのだろう?現実は厳しいね。高い家賃に耐え切れなくてシャッターを下ろしているお店も少なく無い。

ビジネスマンの懐も政治家が言う程暖かくはないのだろう?その政策に期待する?金融緩和と公共工事だけではデフレ脱却とはならない?そんな事は分かっている?その為には成長分野の伸びが欠かせない?

何時か(いつも)聞かされて誤摩化されて来ました。それでも今だに信じられている?信じるしか無い?そうではない。メッキはすぐはがれる。本物の豊かさを手に出来る人はどれ位居るのだろうか?その成長分野のガイドブックも必要になってきました。先日聞いた塀の中の言葉。「お金が無くても豊かな生活」ホリエモンの言葉が本物に成るかもしれない。

Img_8947

Img_8948

一杯目。

Img_8949

2杯目。

Img_8951

ジュンク堂で本を買って近くのセルフのカフェに立ち寄る。娘はお休みだった?
このお店はその近くの地上のお店。生姜ティーが気になっていた。お店の感じは意外に庶民的(セルフ)。ハニージンジャーティーを飲んで感想を聞かれる。グッド。
一杯目と2杯目はどちらがお気に入り?それは聞かれる迄もない。2杯目でした。

Img_8952

Img_8955

Img_8956

昨年オープンしたフェステバルホールタワー。しかし肝心の音楽ホールの内装はまだ完成していない。完成は今年4月。ところが驚いた事にこの向かい側にある朝日新聞本社を取り壊し、これと同じ高さのタワーが17年に完成予定?このタワー(この写真)の契約率は9割とか。景気低迷とは何処の話?ホリエモンの話は本当かもしれない。宇宙ビジネスは止めた方が良いと思うが(笑い)

Img_8953

Img_8957

Img_8958

Img_8960

Img_8961

Img_8962

Img_8965

Img_8966

Img_8971

Img_8972

Img_8975

左の建物が大阪市役所。中央が日銀大阪支店。今日は寒い一日だったので歩いた距離も2〜3キロ。明日も寒そう。明日と明後日はさすがの親父も休足日です。多くの人達は休みも無く懸命に働いています。役人と政治家の人達はその人達のお陰で尤もらしい事が言えるとは全く考えていないのでしょう?

その現実を見ない論理の展開。何処かの国のお粗末な論理展開。それでも事実を無かった事にして対話を進める?これ迄の信頼関係は簡単に踏み破られて、それでも相互の理解が深められると考えているのだとしたら、政治家としての資質が問われる。

中国の大気汚染。今こそ日本の出番が有ると間抜けな解説者は言っているが、冗談にしては質(たち)が悪い。国の指導者の資質はそんな物では変わら無い事を知らなければ成らない。そんな事が出来るとでも思っているのだろう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦略的互恵関係?日本外交は礼儀正しい?思い上がりもいい加減にしなはれ?

中国と友好的な外交、経済を否定する人も少なく無いが、多くの人の思いは相互理解、相互の利益を図る思いは否定は出来ない。中国の経済発展をこの国の経済界は否定出来ないのはその規模の大きさだろう?

世界の貿易量に占める中国の影響力の大きさは否定出来ない。細かい事は対立しても双方がお互いの利益を考えれば、小異を捨てて大同に着ける。そんな都合の良い事を政治家は考えて来たが、何時迄もそんな誤摩化しが通用する訳が無い。

日本外交が礼儀正しい?そんな言葉も自民党政治の国民に対する誤摩化しで、日本の戦後外交が誤摩化しに誤摩化しを重ねた結果が、今日の中国、韓国、ロシアとの領土問題になっている。

安倍総理(民主党政権は論外)がどんなに中国、韓国、ロシアとの友好関係を強調して関係回復を図っても相手は日本の戦う姿勢に厳しさを何も感じていない。押して押して押しまくればこの国は主張を変える。その現実が今更問い直されても何も変わら無い。

そんな外交が礼儀正しいと言えるのだろうか?この国の外務省が無力だからこそ竹島も北方領土も実行支配されている。その弱腰を中国からちょっかいを出されても弾き返す事も出来ない。尖閣の島が何処に在るかを知らない人も少なく無い。

その島の所有が個人であった事もおかしいと言われれば確かにそうかも知れない。しかしその島を国有化しなければ前東京都知事だった石原氏が買い取ると言われて、この島を巡る論争が活発になった。それ迄も今でも無人島。その島に中国がこれ程こだわるのは国の面子が掛かっているから?日本の国有化は認めない?

そんな国が今深刻な大気汚染と経済の危機に晒されている。中国共産党の1党支配。この国に共産党結党の理念は在るのだろうか?自国の問題を他国との対立で誤摩化し人々の愛国心を煽る。この国の戦前の軍国主義と何も変わらない。そんな国と戦略的互恵関係を構築する?そんな事が出来る筈も無い事は歴史が証明するのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深泥池。そして円通寺。次の時は?

Img_8846

阪急梅田駅京都線のホーム。この路線で数年間通勤した事が在るので何時来ても懐かしい。しかし久し振りに写したこの写真は最低。久し振りに京都迄の特急の旅も最悪だった。始発で空いていたが向かい合わせの4人掛けの席に座る。これが最大の間違い。

Img_8847

本日の目的地はこれも久し振りの京都洛北深泥池。上賀茂神社の右横に在るが近くでは無い。今日は地下鉄烏丸線北山駅から歩く。若い頃先輩に連れて来られた記憶を頼りに歩く。駅からは遠くはなかったが案内は全く無い。深泥池が天然記念物に指定されても、その価値は保存だけではども成らん気が怒りの思いに変っていた。

Img_8848

Img_8849

地下鉄烏丸線「北山」駅出口が前と後にある。この看板が在ったのが出口の階段を渡った所。この案内図本当に良く出来ているが右に行けば良いのか左に行けば良いにか分からない。目印が分からない。思案に暮れて景色を眺めると山が見える。その山が比叡山。その方向に歩けば間違い無いと歩き出す。初めての人は携帯ナビを手にしていないと場所が分からない?マップは分かり易いが池の手前で地元の叔父さんに聞く。丁寧に教えてくれる。次からは迷う事は無い?次は朝から行かないと。

Img_8850

この山が比叡山。京都の街はこの山を見つけると方角が分かる。この方角が京都の北東です。比叡山を平安京の鬼門とした桓武天皇の想いを知る人も少ない。最澄が開いた延暦寺も空海が生きた時代には評価は今イチだったと言われている。比叡山がこの国の仏教界にどれだけ大きな影響を与えたかは弟子達の偉大さである。そこが高野山とは大きな違いだろう。今日の仏教界の体たらくを後世の人達はどう評価するのだろう?どんなに多くの事を口にしても人の命は永遠でない事を知らないのだろうか?

Img_8852

Img_8853

立派なお宅です。人の生き方も様々。しかし永遠の命を手には出来ない。京都のくる途中の電車で不愉快な思いをしたのは、前に座ったオバはん2人。デカイ声で不満をたらたら口にしていた。聞き苦しい。iPodを手にしていたので音量を上げてもじゃかもしい。さり気なく顔を見ると大阪のおばはん。品が無い。貧相で自覚もない。

私鉄で阪急京都線は今でも快適な移動空間と言われているが、最近はナンバーワンは意外にも京阪電車。大阪の始発が梅田でなく淀屋橋?知らない人と梅田程便利でないので空いている。それよりも阪急のサービスが悪くなっている。特急とは名ばかり。停車駅が急行と変わらない。その急行が無くなり訳の分からない準急が出来ている。

隣の席にはアフリカ系女性が座る。おっさんの様な体格。阪急の特急の2人掛けのシートの広さは親父クラスが2人座れば窮屈になる事をこの女性も全く意識をしていない。iPadを抱えて何かを見ようとするから肘が体に当る。横目で見ていると睨み返される。日本人のマナーの良さをこのオネエちゃんも理解していなかった。そんな不快な思いを京都の景色は忘れさせてくれる。

Img_8855

Img_8856

深泥池到着。水面に浮いている浮き草はジュンサイ。最近は全く口にする事はないのが寂しい。すまし汁。透明なだし汁にカマボコと一緒にぬめりのあるジュンサイ。あの味をもう一度探し求めなければならない。スーパーで缶詰なら買えるのかな?

Img_8878

タダの池と思うでしょう?そうではありません。アナタが知らないだけ。この池は驚くなかれ。氷河期からの生き残りの生物と温暖地に生息する生物が今だに生き残っている全国でも珍しい池。その為に?道路も拡張出来ない?

Img_8876

Img_8858

Img_8857

Img_8859

Img_8860

Img_8862

Img_8866

Img_8868

Img_8865

Img_8872

Img_8870

今日はここ迄。もう一つの目的地。近くの円通寺に足を伸ばす。この時3時半を過ぎていたので拝観時間に間に合わないと思ったがそれを承知でした。案の定間に合わず。でも前来た時とは様子が大きく変わっていました。

お寺の敷地がこれ程あったのか?変な所に感心していました。あの時は家族4人。今回は1人。泣きたい気持も寂しい気持も時空の中に吸い込まれて、懐かしさだけが込み上げていた。このお寺さんは禅宗。臨済宗妙心寺派。田舎のお寺さんと同じ。前、来た時は知らなかった。このお寺は比叡山を借景庭園にしている事で有名です。

Img_8894

Img_8895

Img_8896

閉門時間に間に合わず。受付は3時半迄。それでも満足していました。ここ迄の道は遠くはないが前来た時は車。しかも免許取り立て?良くこんな道を平気に運転していたと思っていた。

Img_8881

意外な所に貴船神社がある。

Img_8882

深泥池貴船神社。石碑を良く読んでみるとこの道は鞍馬、貴船に続く。貴船神社は水の神様。昔から京に住む人の信仰を集めていたが何しろここから遠い。それでここ迄来ればその信仰の思いが適う様に分社化されたのだと言う。なるほど先人の信仰心が良く感じられる。

Img_8883

Img_8884

Img_8885

左の道を躊躇なく進む。車で来た時もこの道を直進した。今から30年近く前の事を鮮明に思い出す。この道で迷う事無く直進したのも若い頃一度歩いていたからだったのだろうか?正面から車が来ているが今日は歩いているので全く気にならない。

Img_8888

Img_8889

この先を登り詰めると登りは終わり。30年前の時は道がもう少し狭かった気がする。そんな道をどんな思いで走り抜けたのだろう?この先の道を知りながらそんなに不安に思っていなかった様な気もするが、改めて歩いて見ると怖い物知らずでもあった。

Img_8890

Img_8891

Img_8897

円通寺の入り口は変わり立派な駐車場が出来ていました。

Img_8898

Img_8899

Img_8901

前来た時にはこの門をくぐった所で「お子様はお断り」と言われて子供はお預けを食わされた。その訳は子供は静寂を壊すと説明されたが、中では庭園の説明をしている声の方が煩かった。子供にも色んなレベルが在るが電車の中でジャカマシイのは親の躾が出来ていないからだろう?最近は子供だけでなく大人もアカン。

Img_8902

あの時車を停めた駐車場。あの時参拝を断られた子供達も30後半。孫を連れて来る迄元気で居られるかな?親父の賞味期限?(一人で何でも出来る)は20年を目標にしているが、この姿を見ると無理かもしれない。現在養生中?この通路は車は通行禁止になっていた。この先に墓苑がある。抜け道を探すがまだ工事中で出れず。

Img_8903

Img_8904

Img_8905

この本堂の庭の先に比叡山が見える。今日は参拝出来なかったが円通寺増殖中?
意外と言うか予想外に円通寺は広かった。この広さはそれだけ歴史が古いと言う事だろう。ウィキペディアで調べてみると元は天皇の山荘。これだけの広さは当たり前なのだろう?この辺りの借景は条例で保護されているので、比叡山が見えなくなる事は無い?タダ車が無いと親父の様に歩くしか無い。帰りはその道を探す。

Img_8906

Img_8908

Img_8909

Img_8913

Img_8915

Img_8916

Img_8918

ここにバス停があります。バス停の名前はハタエダ。但し便数は多くない。京都駅前からは1時間に一本?

Img_8919

ダイヤを見ると30分に1本の様だが京都駅迄は1時間に1本。残りの1本は途中の北大路迄。これでは足にならない。この先の地下鉄烏丸線終点の国際会館前迄歩く。結構歩く。ここ迄歩ける人は居るのだろうか?(アンタに言われたくない)

Img_8920

Img_8921

本日自慢の1枚。ここは古民家風のおしゃれなレストランです。こんな処で食事が出来る人が幸せを実感出来るのかもしれない。相手によりけり?かもね。

Img_8922

地下鉄国際会館出口から2キロ弱。そこから深泥池迄は1キロ弱。更に北山駅迄800m。計3キロ前後の道ですが散策の道と言うには少しハードかも。この先に貴船と鞍馬の山里が優しく迎えてくれます。今日は1人だしおとなしく帰りましょう。

Img_8923

段々暗くなる。でもこれで次からは道に迷う事は無い?

Img_8928

国際会館。初めてこの近くを散策したのは22、3の頃。東京のいとこと一緒だった。早稲田を出て海外の駐在員を経験して大手繊維メーカーを今はリタイアしている。まだ大学在学中の頃で親父も彼も貧乏だった。親父はあの頃と大差のない生活をしているが彼は今、如何して居るのだろう?酒飲みと聞いていたから生きているのだろうか?(コラコラ)

Img_8924

国際会館に入ったのは息子が高校2年の時。イギリスの物理学者(ホーキンス博士)がNTTドコモの講演をした時。さっぱり分からない宇宙の成り立ちを真剣に聞いていた。あれからこの前を通った事は無かった。次の機会は近い気がしていた。

Img_8929

Img_8930

円通寺からタクシーにも乗らないで歩いたので地下鉄の売店で「鯖寿司」を買う。
本物の鯖寿司。しかし量が少ない。これで1000円。梅田阪急の鯖寿司1350円を横目で見ていただけなので安いと思ったがそうでも無かった。味は上等。

Img_8931

これが本物の鯖寿司かもしれない。これだけ肉厚の鯖寿司は食った事が無い。
今度阪急梅田の鯖寿司を買ってみよう。若い頃に買っていたバッテラを売っていたお店は今は無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

久し振りに芦屋の国道を歩く。豊かな人。そうでない人。

Img_8810

阪神電鉄梅田ホーム。この電車は姫路行きの特急電車。神戸三宮から神戸高速鉄道。その先は山陽電車の相互乗り入れが出来ているので、乗り換え無しで姫路迄行ける。しかも特急料金無し。これだけの距離をタダで行けるのはこの路線のみ。

同じ経営母体の阪急も神戸、京都間の特急料金は無い。京阪電鉄の大阪天満橋−京都出町柳もタダ。特急料金を取られるのは南海、近鉄の一部路線。近鉄は名古屋、伊勢志摩、高野南大阪線の一部で有料となる。関西で私鉄を利用するときはご注意下さい。

Img_8811

今日は久し振りにこの電車で思い出の駅で降りる。ここから北に向って歩くとJRと阪急の路線が在り、その先に六甲の山麓に繋がる関西を代表する高級住宅地がある。しかし、この駅の近くでも大邸宅を眼にする事が出来た。

Img_8812

Img_8813

Img_8814

Img_8815

ここから有馬温泉に直通のバスが出ている、芦有(ろゆう)ドライブウエイ。色んな想いが交錯する道も今はマイカーで走り抜ける事は無い。最後に走ったのは10年前後前の事でした。あれから多くの仕事を体験しましたが再びの時を手にする事は無いに違いない。バスなら出来ると思うが一人ではいくつもりは無い。(どうして?)
つまらないから。太閤の湯も健康ランドの様になっていた。成る程。

Img_8816

芦屋カトリック教会。クリスチャン憧れの協会です。親父はお寺さんです。

Img_8817

これがお金持ちの館。この国の経済がなんだかんだ言われるがこの地にはこんな館が少なく無い。しかし個人所有から会社所有に変ってもいる。この館は知らない。以前は豊かでない人は住んでいなかった街も、今は大きく変わっている。それは親父の住んでいる街でも同じ事。何時迄もこんな立派な館で贅沢な生活が出来る人は限られている。それは幸せとは言えないと言う人もいるが幸せの証には違いない。

Img_8818

正面に微かに見える橋が国道2号線。「業平橋」左に流れている川が芦屋川。この川は用水路の様で実際はかなり広い天井川。この先国道の上でJR神戸線(山陽本線)がその下をトンネルで抜けている。この歩道は土。足に心地好い。これは水はけの良い管理の行き届いた歩道です。川の反対側は桜並木。贅沢な街並です。

Img_8819

Img_8820

Img_8822

Img_8823

橋桁を補修中。神戸大空襲、阪神淡路大震災にも堪えて近畿と山陽路の大動脈を支えています。

Img_8824

山容は六甲山。山はこれ程に近い。有馬はこの山の向こうです。この山が冬の装いを春に変える時、六甲おろしの声も大きくなる。甲子園球場は春の選抜から球春。今年はアマチュア野球の在り方も問われている。たかが野球。されど野球。勝つ事が至上命題のプロ野球と同じ事を高校野球に求められている?

Img_8825

こちらは川下。橋に掛かる駅が芦屋駅。この左側に親父が半年間働いたスーパーが在る。このお店も久し振りに見たが中に入らなかったので盛況は無くなっていた。この地域の消費の盛り上がりは他と同様、警備員が車の誘導をしなければいけない余裕は無い。それが続けられているのはその余裕では無い。その事が分からなければ心斎橋の本店の経営も良くなる事はないだろう?

Img_8827

懐かしい道。この道を歩いて仕事場に通っていた。この道を神戸に上陸した台風が通り抜けた。あの時は車の案内をしながらカッパを着て電柱の影で風に飛ばされない様にしていた。あの年は良く台風が来ていた。ここで働く前の甲子園はもっと短かった。あの時の隊長はただの人。今はリタイヤしているに違いない。これが現実です。

Img_8828

交通事故の目撃者探しの幟(のぼり)は出ていたがとにかく人通りはない。何処迄歩くのかと思いながら神戸を目指していた?(神戸は遠い?)神戸市には入りましたよ?

Img_8830

Img_8833

Img_8834

Img_8835

Img_8836

Img_8838

駅はもっと近いと思っていたが遠かった。途中で若い女性に聞いた時優しく答えて呉れる。しかし丁度駅と駅の中間。仕方が無いので左(神戸方向)に歩く。最後の高校生に聞くととぼけられる。3人連れ。聞いた本人が「教えてやれや」と相棒にうそぶく。そんな言葉で怯む親父では無い。

「分からんのか?」と相手にしないで前を向くと駅は近かった。いろんな人が居る。大体はとぼけた奴が多い。それでも直接話をすれば力関係で言い逃れは出来ない。自分に力が無ければ頭を下げて教えを乞えば良い。それが出来ないアホが少なく無い。

Img_8839

2駅分しか歩いていない。ガックシです。

Img_8840

待ち時間は殆ど無かったが来た電車はほぼ満席。空いている席も少ない。その席に静かに腰を降ろすが感じは良くない。4人掛けの席に2人しか座っていないと言うのに。2つ先の駅で大阪に先着の快速?に乗り変える。こちらは座れない。満席。

Img_8841

大阪駅は近かった。連絡通路もスムーズに通れた。

Img_8842

ツインタワー。この右側に3月オープンの大阪北ヤードの開発が急ピッチで進んでいる。

Img_8843

外観はほぼ完成のB棟とC棟。そしてその先が分譲マンション。Ⅰ2社の共同開発プロゼクトがスタートする前に、その成功が約束されている。その訳は?何と言ってもこの場所が大阪駅北側一丁目一番地。便利が良い。これは大きなアドバンテージ(有利な立場、有利に立つ)です。

もう一つはこの開発がⅠ2社で行なわれている事。(損失を1社でかぶる事は無い)損失が出てもそれ以上の宣伝効果が期待でいる。これが大阪の商売だろう?損して得とりなはれ?違います。損をしないで得を取る。これ程ぼろい商売は無い。笑いが止らないとはこの事かもしれない。

それでも関西の企業が息を吹き返すのだろうか?それは戎(えびす)さんに聞いても首は振らない?理由は関西経済人の知恵の無さに違いない。それは日銀の更なる金融緩和を期待しているこの国の経済人も同じかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

大阪は心配された(期待された?)積雪は無し。穏やかな一日です。

久し振りに昨年放映されたズービンベーター指揮NHK東京放送管弦楽団の「第九」合唱付を聴きながらこの歌を作曲したベートーベンの思いを感じながら、それとは真逆の東北、福島の現実を想い計っています。ズービンメーターさんが居ても立っても居れない思いでこの曲を指揮して呉れた時からも、もうすぐ1年です。

被災地の厳しい現実は何時の間にか全く伝えられない様になり、あの信じられない津波と原発事故が過去の話として伝えられる様になり、綺麗事は語られても未だに厳しい避難生活をし、生活再建の目途すら立たない無責任な行政と東京電力の対応も非難するマスコミの声も小さくなっています。その反面、被災地の復興の為に多くの予算が計上され公共投資は大幅に拡大しています。この政策を歓迎する人達。

もう一度この国は叩きのめされなければ原発のエネルギーを研究開発だけに留める事は出来ないのだろうか?その事が問われても福島の教訓は生かされるだけでなく、厳しい現実を隠蔽してこの国の未来が無い事を思い知る事が出来ていません。

福島の原発事故の実態は多くの人は何も分かっていません。親父も同じです。民主党政権の原発事故の対応、原発の見直し。安全基準の再構築。その多くに問題があった事は否定出来ませんが、それでは自民党政権がやろうとしている、これからの原発の再開の政策を本当に認めなければこの国の経済は成り立たないのか?

その判断も出来ていません。原発から出る放射能廃棄物の最終処分場も決められない。(先延ばしをしている)それでも原発は止められない?原発に替わるエネルギーは無い?なんとオバカな考えだろう?考えても見たまえ。

福島原発はこの国の原発の安全神話が誤摩化しだった事を証明しただけでなく、その危険性は今も続いている。その責任と損害の賠償を国と責任企業は明確にしないまま、その危機を隠蔽しそれ以上の危険を次の世代に先送りをしている。

福島原発で起きている今起きている本当の事。そんな恐ろしい現状の小冊子を読みました。この冊子を書いて警告を発してくれた人は福島第一原発の元主任指導員です。主任指導員と言っても東電の社員ではありません。元請けメーカー。何で人の命。地域の安全。国の生き死を左右する安全設備の管理を電力会社が直接やらないのか?そんな事を考えていると本当に恐ろしくなっています。

この原発現場の安全管理に疑問が投げ掛け筆者は退職していますが、彼が内部告発している一番大きな恐怖は核燃料の格納容器のそこに溜まっていると言われている事も推測で実態は分からないと言う事。今はこの容器内の温度も下がっているがその為には冷やし続けなければならない。その汚染された水は今は循環されて使用されているがその汚染水は増え続けている。その置き場をどうするのか?いずれ置き場は無くなる。

それよりも海水で冷された原発核燃料タンクの配管は海水で腐食が始まるが、その対策は取れない?この原子力建家が崩壊しない間に核燃料棒を安全に引き出して安全に処分する目処は無い。その前に間違い無く大量の汚染された放射能汚染水の処理をしなければならないがその目処は無い。こんな現実が隠蔽されている。

こんな現実を無視して原子量発電の再開?そんな事を言っていたらこの国の未来は無いに等しいと言える。そんな厳しい現実を知らなければこの国の景気回復も信じられるのかもしれない。余りお間抜けな事をしていると神の鉄槌を受けると思わないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

肉じゃがと言うより「豚の餌」?それでも味は文句なし?

Img_8808_2

どうだうまいもんだろう?親父特製の肉じゃが?ジャガイモつぶし過ぎ?
それにしても量が多過ぎる。肉じゃがと言うより「豚の餌」。そうかも?
淡路島特産の玉ねぎを3個炒めている。肉は久々に北海道十勝牛のコマギレ。

Img_8809

こちらは不味そう?イエイエこちらが鹿児島のジャガイモ。半煮えでも食える程瑞々しい。しかし火は通しているからその心配は無い。(ひょっとしてこれも食ったの?)頂きました。こちらは生姜のコマギレが入っているがその味を感じさせていない。肉じゃがの味の決め手は玉ねぎの美味さに違いない。

今日は溜まった洗濯をして散らかった部屋の片付けをしました。部屋の中には読み掛けの本やゴミが少なく在りませんでした。部屋の片付けは美味くありませんがそのやり方は難しくは在りません。不要品だけでなく最近手にしていない物は処分する。それが出来無い人は片付けも当然出来ません。ダラシが無いだけでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日朝は大阪でも雪?転けない様に?滑らない様に?

Img_5930

もう君の勇姿を見る事は出来ない。昨年の今頃、思いがけない駐車場がこの公園を取り壊した。当然君も切り倒され敢えない最後を遂げる。ホンマにアホな行政はこの素晴らしい公園を何を血迷ったのか(土木工事予算消化)駐車場に変える。

Img_5927

昨年は当然ここで君の勇姿を見る事が出来なかった。近くの山を多くの散歩道を造った先人の見識とは真逆の利権者の為の行政。ここでなくても花見は出来るがこの公園を取り壊して駐車場を造った行政は誰も批判は出来ない。なんと愚かの事だろう?
以前(1年前に)この記事を書いたがこの写真を見ていると、行政監察は住民がしている事を行政の多くの人が理解していない事を痛感してならない。

Img_5932

これだけの立派な公園の段差を無くして出来た駐車場は、今年も花見の時だけ満杯になるのだろう?大体花見に車で来る感覚。その時駐車場の心配をしなければならない事を考えていない間抜けな一般ピープル。花見の時馬鹿騒ぎをしながらバーベキューをするのでお寺の境内を閉鎖しなければいけないと言われた、和尚の悲しみをどれだけの人が共有出来るのだろう?今年も又そんなシーズンが近づいている。

Img_5929

桜切る馬鹿、梅切らぬバカではない。これだけの立派な公園を取り壊して駐車場を造る。そんなオバカがどんな思いで行政をしているのだろう?この街も住み難くなりました。それでも見方を変えれば良い所も見えるのでしょうか?

Img_5970

もうこの勇姿を見る事は出来ない。その替わりの今年は東海道のどの辺りで桜の大木を見る事が出来るのだろう?人間の間抜けがどんなにこの大木達を切り倒したとしてもこの国の美しさは何も変わら無い。その反対に桜木の悲鳴は人の心を切り刻む事を覚悟しなければならない。

Img_6049

和歌山紀三井寺の身代わり像。今年も関西で一番早く桜の開花が見られるのだろうか?梅は咲いたが桜はまだかいなと問われる日が近い。

Img_6066

Img_6055

今年の桜ではありません。親父を慰めてくれた紀三井寺の桜です。これを見ると4分先位かな?今年は満開の桜が見えるかな?

Img_6073

Img_6124

上は紀三井寺本堂前のソメイヨシノ。下は近くの城跡公園の枝垂れ桜。こちらは若い。今年もこの美しさは見れるに違いない。京都円山公園の枝垂れ桜は半世紀近く見ていないが今年はそろそろ眼にしないと、見納めになるかもしれない。

Img_6126

Img_6147

Img_3286

Img_3282

親父の怒り。この駐車場が満杯になるのは花見の時だけ。しかもこの下の道は片側1車線。すぐ先に信号が在り右折はまず不可能。右折禁止の誘導をガードマンに任せるのだろう?(左折に御協力下さいってか?)それでも右折したいオバカは少なく無い。

Img_3288

今夜から天気は崩れる。明日朝は雪。車社会と言われても車に頼る生活を続けていたらろくな生き方は出来ない。その事がいまだに認識出来なければ天罰を喰らうしか無い。最近は自転車でも左側通行出来ないオバカが少なく無い。車と上手に付き合うにはこんな間抜けな事でないと言われている。車は便利。高齢者の足?バカ言っちゃいけない。車は間違い無く走る棺桶です。車の運転は命懸けだとは誰も教えてはいない。今日はお休み。大好きな写真を見ていたら在りし日を思い出していた。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

今日迄は春の様な天気。でも春はまだ遠い。

Img_8726

今日はAirを引っ張り出して充電しながらブログ作成中。久しぶりです。でも中々言う事を聞いてくれない。このパソコンは旅に出た時しか使わないからご機嫌斜め。でも触っていると段々感じを取り戻してくれる。何が上手く行かないかと問われると漢字変換?親父のキーの叩き方がおかしいのかもしれない。

Img_8727

今日は雨上がり。傘を持って来たが行きつけのお握り屋に預ける。駅迄来ると傘が邪魔になる。勝手な者です。

Img_8728

今日は行きつけの図書館で原発関係の本を見に行きます。(日本の原発に実情を何も知らない。)何も知らなくてもこれから勉強します。これは阪神百貨店の地下ショールーム。大阪限定あめちゃん。今度買って持って行きます?当てにしないでね。

Img_8731

ハニージンジャーティー。生姜のお茶。これはいいかも。渡辺橋北詰。

Img_8733

前来た時は気づかなかったが欄干がオシャレ。堂島川の流れはきれいではなかったが悪臭はしていなかった。大阪の川もきれいになっている。

Img_8732

Img_8735

今日は久しぶりに歩き慣れた道を歩く。すっかり覚えた道だけど全く知らなかったお店も少なく無かった。

Img_8737

Img_8738

Img_8739

Img_8740

Img_8741

Img_8742

Img_8743

ここでマックProにパソコんを替える。使い勝手が悪い。(私の所為にしないで・)

Img_8746

ここからプロです。流石に値段の差かも。(コラコラそんな事を言っていると、歩き旅の時言う事聞かないよ)そんな事言わないでお願いします。(もう遅い)

Img_8747

Img_8749

Img_8750

雨上がりの霧に煙る土佐堀川。川の悪臭がすっかり消えている。よく見ると水が流れている。川の水を流すのは本当に難しい。そのコントロールは何処で誰がしていると思いますか?知らないでしょう?大阪の水質が改善したのは澱んだ水を流す様になってからだろう?その水門はおよそ10キロ上流の毛馬にある。

Img_8752

右のアングルの地下が国立国際美術館。エルグレコ展見に行ったな。あの時は阪神福島駅から歩いたがあの時の駅員の女性も優しかったな。元気に働いているかな?

Img_8753

Img_8755

Img_8756

Img_8757

意外な所に意外なお寺さんがありました?意外ってどんな意味?意外です。

Img_8759

Img_8761

石仏は新しかったが優しい顔をしていました。

Img_8762

Img_8763

Img_8765

Img_8766

懐かしい場所に出る。途中のたこ焼き屋さんは今日はお休みだった。商売は上手く行っているのかな?頑張って下さい。この高架橋の阪神高速神戸線を見上げる度に都市の交通路と人の生き方を考える。高速道路を走らなくなって久しいが高速道路の利用者は命をすり減らしているとは思えないのだろう。

Img_8767

嘘をつけと思うでしょう。嘘ではありません。今は交通死亡事故も少なくなっていますが、そして車の売れ行きも回復していると言われていますが、それも都市の事ではありません。田舎は車無しの生活が出来なくなり地方は一家に車3台も珍しくはありません。それだけ車は都会では無用の長物です。先輩が立派な車に乗っていましたが今は天上界の人になっています。高速道路の運転気を付けて下さい。当ったら死にます。

Img_8768

Img_8769

久し振りのお店は予約客で繁昌していた。ゆっくりも出来ず水だけのんで退散。又です。気を使わせてしまいました。お気遣い無く。(と言われても)

Img_8771

帰りの電車はサラリーマンのラッシュ時に重なり満員。本町の駅では手前の駅でアホが傘をホームに落として電車が遅れホームに人が溢れていた。その狭い端にも人が溢れていた。移動が出来ないのに前後から割り込まれる。こんな生き方をしていないので電車の中でも梅田迄辛抱出来ず1駅で降りて歩く。人を押し退けてでも割り込む。そんな生き方は出来なくなっていたのが腹立たしい。(コラコラ)

Img_8775

これが本日自慢の1枚。右上の細い建物がフェスティバルホールです。淀屋橋の上でも人並みは多い。携帯では話をしている人がうっとおしい。良く考えて見ると自分も同じ事をしているのかもしれない。それでもセンスの無い人は顔もセンスが無い。(人の事は言うな)(人の事が言えるか)どうだか?この時間帯は外さなければいけない。

Img_8780

Img_8781

Img_8782

日銀大阪支店。関西経済の司令塔?関西経済は持ち直している?マクロ経済もミクロ経済も都合の良い数値だけの集計では実態経済とは違うだろう?それで良いのです。日銀の景気判断とはその程度の事です。何も天の声では無い。

別に当らなくても責任を問われる事は無いも無い。当らない言い訳をするだけで役目が終わるのだから。自民党の政策もこれから正念場を迎える。(と言われても口先しか出来ない)景気回復の主役は一体誰なのだろう?それを明確にしなはれ。

(それがむつかしいってか?(そうではない。)物が売れない。物が買えない。買いたい物が無い?(それも違うだろう)もっと既得権の保護を無くしなはれ。それからでしょう?その事がこれから明確になって来る。

Img_8786

Img_8788

Img_8789

Img_8791

Img_8792

Img_8793

Img_8794

ライトアップされた歩道橋。車は通れない。階段が端の両側にある。中之島ガーデンブリッジ?堂島川の水面に反射している光が何とも美しい。(自慢すな)自慢して良いでしょう?これがライトアップされても殆どの人が見向きもしない景色です。誰に見せようとしているのだろう?いつもそう思います。

Img_8795

Img_8796

人の生き方もこう在りたい?大して役に立っている思われていないがそんな事には全く頓着(とんじゃく)が無い。気にも止めない。それでもこの水面の美しさはどうだろう?親父みたい?イエイエ遠く及びません。まだまだガキです。でも終点は近いよ?それもこれから勝負所です。(終わっています)どんでん返しがありますよ。?

Img_8802

Img_8804

Img_8806

今夜のおかず。肉じゃが風で肉が無い。ジャガイモが瑞々しい鹿児島産。鹿児島の娘とはご無沙汰になったけれど、このジャガイモはおいしい。お薦めです。肉が無くてもつゆの味付けで充分。ジャガイモだけでそれだけの味を楽しませて呉れる。脱帽です。完食。残りはカルボナーラに盛りつけました。これだけ食えたら文句はありません。

Img_8807

いくら何でもそれは食い過ぎ。大丈夫。その分今日もしっかり歩いて来ました。梅田から地下街を抜け堂島の本屋さん。それからお茶して大好きな娘にも会えたし。四ツ橋筋を歩いて阿波座に出て地下鉄の連絡通路を通って本町から淀屋橋。

それから地上を歩いて梅田迄。これだけ歩けば文句は無いでしょう。今夜は春の様な暖かい夜でしたが明日からは又、寒くなる事でしょう。暖かく成れば鈴鹿峠を越えて関の駅が待っています。春ももうすぐでしょう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨模様の大阪。でも雨は上がっている。今日は暖かいけれど明日は雪?信じられない

Img_8720

これは昨日の大阪の夕暮れ。真冬の夕暮れの様で秋と言われても納得出来そう。
最近、信じられない事がテレビで平然と放送され、そのコメンテーターがへらへらと何が可笑しいのか笑っている。最近、電車の中でも街中でもこの息苦しい現実とは全く関係ないと思える人を見ると首を傾げる。

別に深刻な顔をしたからと言って何かが変わる訳ではないが現実離れの顔を見ると、この人、罰が当ると他人事ながら気に掛かる。そう。現実は禍福が糾える(あざなえる)縄の如しと言われるが、目前の不幸に対する予測が無ければ人は悲しい。

先日の節分の想いも「恵方巻き」を今年の方角と言われる方向に向かって食っても運気が向上する事は何も無い。もしそうだとしたらこの世の中に不幸な事は無く、悲惨な津波、原発事故、交通事故も起きる訳が無い。だからこそ人は神、仏に縋り(すがり)災難からの厄をはらい健気に幸せを願うのかもしれない。

偉大な歌舞伎役者が亡くなりその間抜けな長男が尤もらしい言葉をマスコミに語っているが、親父が死なないとそれくらいの事が分からないのかいと親父は冷たい目線を晒しているがこの国の人はそうは思わないのだろう?そんな事は無い。色んな人が色んな思いで懸命に生きている。その事を忘れてはならない。

Img_8712

これは先日夢中にシャッターを切った柊(ひいらぎ)南天。南天と言うにはトゲが鋭く葉っぱも触れないがこの枝でイワシの目玉を貫いて、家の軒先にかざせば厄除が出来ると言われる。このトゲの鋭さとイワシの強烈な匂いを嗅げば(かげば)、流石の災難も尻を巻いて退散するだろう。しかし、この美しさはそんな気配は何も感じさせてはいない。

Img_8715

今の季節を感じさせない暖かさの中に山茶花の一輪が首を伸ばしていた。今日は立春だけれど明日からは又冬の寒さが押し寄せて来る。春の旅立ちの時は厳しい寒さの時をくぐり抜けてこそ実感出来るのだろうが、その喜びの時を手に出来るのだろうか?今年も又その時がやって来る。景気回復の兆し?と期待の声も高まるが、景気が回復するのは多くの難問が立ちはだかっている。

一番の課題は消費の盛り上がり。雇用の拡大。それが期待出来るのは企業収益が改善してからとか言われるが、そうだとすると(親父はそうは思わないが)今年は無理だろう?来年?それは分からない。今年の賃上げも金融緩和とはいかない。御用組合連合は大手労働組合、官公労の労働者の利益すら守れなくなっても、尤もらしく賃上げ闘争を口にしている。

こんな労働組合は要らない。こんなインチキを繰り返していてデフレを克服する。消費税を上げる。バカも休み休みにしたまえ。そんな事が出来る訳が無い。処が世論調査ではそんな事は少数意見。全く無いかの様な報道しかしない。

原発もやめられない。高い電気代は払えない?そりゃそうだろう。しかし、考えても見たまえ。原発事故の後始末、保証も満足に出来ない東京電力がこれからも原子力発電を続ける。そんなことが出来るハズも無い。福島の汚染された大地はどうなっているのか?そんな事は関係ないとでも思っているのだろう?

そんなに原発の安いコストが必要ならばその原発で発生する放射能廃棄物の処理がどうなっているのか?誰も口にしない。その処理は地中深くに安全に保管しなければならない。信じられない事にその場所を日本全国何処も受け入れをしていない。受け入れる場所も決められないまま原子力発電を続ける。

そんな事は出来る筈も無い。しかしこれまでもこれからも何も変わら無い?自民党政治にはその事が期待出来るのだろうか?もう原子力発電は出来無い事を学者先生、専門家は声を大にして叫べないのだろうか?叫べません。

自分達もこれ迄もこれからもこの国の原子力発電には部外者では無いからです。そう利害関係者。そんな生き方。そんな原子力の平和利用口にしていたら孫達はどんな災害を受けるのだろう?今生きている人達はその事が問われていないのだろうか?

問われていません。関係ないから?そう言う人が多くなりました。これからそう言う人に厳しい現実が待っています。原子力発電環境整備機構。ここは放射能廃棄物の恒久処分場を決め安定的に廃棄物の処理を進める為に10年以上も前に作られました。

その理事長が電力関係者。そしていまだに何も決められずに舌を出して問題の先延ばしをしています。それがこの国の原子力政策。その支持者はそんなに多いのでしょうか?何も分からないままに自分達の生きている時代が終わればそれで良いのでしょうか?

そうではありません。鉄腕アトムの時代に手塚治が私達に教えて呉れた「原子の火」は神の領域です。人間がコントロール出来る。原子力の平和利用は出来る。と思い込まれていた人間の思い上がりはそろそろ考え方を変えなければなりません。

福島の悲劇を繰り返さない為に。福島の土地を追われた人達が一日も早く安住の地に戻れる様にその思いもいつしか薄らいでいます。そんな当然の想いすら消え去ろうとしています。そんな考えはこの国を滅ぼすに違いありません。その時、今の指導者達は後世の人達にどう申し開きが出来るのでしょう?それくらいの決意と覚悟が求められています。


                                      
                                                                                                                                                                                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

明日は立春。2月は喜びの時を運んで来てくれるのだろうか?

Img_8725

節分。各季節(立春、立夏、立秋、立冬)の始まりの前日に行なう行事。実際はまだまだ寒く関西では本格的に暖かく成るのは選抜高校野球が始まる3月下旬。
関西は何故かこの日に「恵方巻き」と言う名の巻寿司が宣伝され、最近はバレンタインのチョコレート並の社会現象になっているが、親父が口にしたのはこれでした。

Img_8724

何これ?きもち悪い。(そう思うでしょう?)処が大違い。ニシン姿煮。これは本当に久し振りに口にしました。親父が新人の頃、京都で口にしたニシンそば。こんなに不味い物が何で人気なの?と思ったが京都では昔からニシンは頭と内蔵を取り乾燥させた物を上手に料理されていた。身欠き(磨きと思っていたがウィッキペディアで間違いと知る)ニシンの味は老舗の味でした。Img_8722

親父は知らなかったけれど京名物。にしん姿煮。京南座向い「やぐ羅」さんの自慢の商品です。これで398円。最寄りのスーパー食品売り場で買えるかも。これはお薦めです。親父はそばアレルギーでうどんしか口に出来ないが、讃岐うどんで一度試してみたい。白ネギ大盛りで意外に合うかもしれない。

Img_8709

節分の日の思い出は切ない。静岡掛川の大きな家で?豆まきをしながら「鬼は外ではないよ」と言われていた。「鬼でなければ何だ?」ととぼけて聞き返すと「文句言い」と豆を投げられていた。今は一人で豆も投げる事無くカバヤ食品(これも懐かしい)のしっとりクッキー生チョコを食っている。(一箱10袋入り)皆食うなよ。(無理)笑われている。そう言えば甘納豆袋で与えられて食っていたな。あの幸せ?な時は戻らない。(今更遅い)と言われていました。

Img_8699

Img_8700

機嫌直して呉れているかな?まだまだです。まだまだ見捨てられない様に頑張ります。(口先だけでなく心の底から思うだけでなく行動して下さい)厳しい言葉を掛けられていた。明日からは立春とは言えまだまだ寒い日が続きます。規則正しい生活をしなさいと追い討ちを掛けられていた。(がっくし)

Img_8704

柊(ひいらぎ)南天が素晴らしい姿で親父を迎えて呉れた。(しょぼくれるな)(胸を張って大股で歩け)心が貧しくなると歩きが卑しくなる。親父の親父から小さい時教えられた言葉。悲しみにも苦しみにも負けない雄々しさを意識して下さい。そう言われていた。(それだけの力は残っているのかな)それは貴方次第です。

Img_8698

Img_8708

Img_8702

姫譲り葉。この元気さにはいつも心を揺さぶられる。この樹に負けない心意気を持ち続けられるだろうか?

Img_8703

前にも紹介したがこの樹は春に新芽が出て若い葉が出る迄、このように前年の葉が青々としている。これからのこの國の形を語る人は少なく無いが、人も会社も何時迄も変わらないと思う人も少なく無い。彼等はこの樹を知っているのだろうか?

知りません。何時迄も口先だけで何かを言っていればこの国は、この会社は、自分自身が何とか生き延びられるとと信じられるのでしょう。確かにそうかも知れないが永遠の命は、永遠の繁栄と美貌は、手に出来無い事をくたばらなければ分からないのだろう?その時にどんな顔をしてお迎えを待つのだろう?そんな事は考えても居ない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

今日は一日だけの春?明日からは又寒くなる?体力は食事?

Img_8693

今夜のおかず。焼サワラの味は今イチだったけれど鹿児島のジャガイモとシヨウガの細切りとコマギレ野菜、モヤシの炒めはフライパン一杯頂きました。食い過ぎです。

Img_8696

同じサワラです。御心配なく。(心配してないよ) 良い食事しています(それは違う)トマトは塩が切れていたのが瑞々しさでカバーしてくれました。

Img_8697

風邪の後遺症?咳が出るのでキンカンのてん菜糖煮。流石に甘さが足りない。小さい頃風邪を引いて情けない顔をしている時、母親がさり気なく出してくれたあの甘さ。何とも言えない甘さにニンマリしていると風邪は収まっていた。あの頃の甘さには及びもしない無いがそれはてん菜糖では無理だろう。次は甘さ絶妙のキンカン甘露煮を作ります。最近は川魚の甘露煮も作れる人は少ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過ぎたるは及ばざるが如し?これから過ぎ去る物はボヤキからは何も歓喜に変わらない?

Img_8691

隣のマンション。フェンスの間から山茶花の花が首をのぞかせている。前の職場の植え込みの山茶花を見れなくなって2年になるが、この花達より親父の手入れを感謝している?にちがいない。今日は春の様な陽気だがそれも一時の事。しばらくは寒い日が続くに違いない。前の仕事場で保育園に通っていたチビさんが、パパといつも声をかけて呉れたが今も元気にしているかな。体に気を付けて大きくなれよ。

Img_2264

パパ気合い入っているけど優しかったな。お仕事頑張っていますか?ミーちゃん、照れていたな。ピカピカの1年生。頑張っていますか?

Img_2066

久しぶりに思いでのスイス。マッターホルン。この正面のほぼ真ん中をロープウエイが伸びて高所恐怖症の親父は下の絶景が見れなかった。帰りのゴンドラの中はラテン系の男女が煩くて途中で乗り換えたが、ここからの景色はもう一度見なければいけない。10年後に見れるかな?(無理だな)

Img_2067

Img_2072

加山雄三の映画で見た「若大将シリーズ」の景色は変ってはいませんでした。山間の観光地「ツェルマット」は日本では何処だと言えないけれど、この馬車はガソリン車乗り入れ禁止で今もそしてこれからも活躍出来るのだろう?

これが日本の観光地との一番の違いかも?電気自動車も地元の人に限り許可されていたが、環境に対する考え方が違う。中国の大気汚染をニュースで見る度にその事を痛感する。原子力発電を止められない国。福島のコントロール出来なかった原発事故も、何時しか忘れ去られている。

時の経過と共に誤摩化して行く原子力の専門家と技術者、利害関係者、政治家、経済界のリーダー。そしてその過ちに駄目だと言い切れない多くの国民。その違いをこれから問われても口を濁して行く日本人。福島の汚染された大地が怒りの声をあげている事が分からないのだろう?

福島の汚染された大地の保証。そして除染。雪解けが始まると少しは進展するのだろうか?東北、福島の震災からの復興。それは政府が口にする程簡単ではない。事業を進める行政とそのコントロールをする官僚達に能力が足りない事がこれからも見せつけられるのだろう?

甲子園の行進曲にその応援歌が決まる?この国の間抜けさが見て取れる。今、その実態がどうなって多くの人が義援金を寄付した実態はどうなっているのか?その検証を誰がやっているのだろう?誰もやっていません。ホンマにアホな国です。

Img_2163

殺風景に見えるホテルの景色。しかしこのホテルは5つ星。2度とこんなホテルには泊まれないに違いない。最初で最後の体験と思っていたが思い、考え方を変えればそうではないに違いない。人の喜びは日々の生き方で大きく変わる。その事を忘れなければ未来は大きく変わる事をこれから実証しなければならない。(無理だな)

Img_2166

アイガー北壁。この山の中をこの登山電車はトンネルでヨーロッパ最高峰のユングフラゥー展望台に向う?信じられない事にこの鉄路は100年前に開通している。それが今でも何も当時と変わらぬ姿で運行されている。これがスイスの観光。この国の観光とはスケールが違う事を見せつけていた。

Img_2167

Img_2207

登山鉄道からの写真。スイスの何も変わらない風景。この道を歩く事は無いと思っていたが今、考え方を変えている。嘆きの言葉が歓喜の言葉に変ればそれは不可能ではないかもしれない?そんな事を考えながら懐かしい写真をアップしてみました。                            


| | コメント (0) | トラックバック (0)

髭ズラを見て苦笑。顔剃りに行って昨日の続き歩きました。

Img_8649

今日は曇天。でも暖かい。天気予報は夕方から雨。中国の汚染された大気がこれから日本にも落ちて来るとか言われているが、玄界灘の自然の猛威を知らないからそんな事も言われるが、人間は何時からこれ程アホになったのだろうか?

災い転じて福と為す。もっと発想の転換が出来ないのだろうか?どんなに景気回復を安倍さんが口にしてもそれが出来なかった自民党と公明党の政策が支持される。それしか選択の余地はないとマスコミも口を揃えるが、景気回復のポイントは一般ピープルの財布の中が膨らまないと無いでしょう?そう思いませんか?

問題は企業が豊かにならないと個人は豊かにならない?それも正解だけど企業が豊かになっても個人は豊かにならないのも正解。失われた20年と簡単に言われるけれどその原因はなんだったと思います?日本国民の経済認識以前に経営者の反省が無い。

この国の指導者と経済学者達、官僚、地方公務員、大企業の労働組合貴族、いかに利権を食い物にしてきたか?その事が問われる事は無いのでしょう?親父も元気が出て来ました。この南天は歯医者からの帰りです。

歯はどうだった?段々歯も駄目になって来ましたが先生に「抜くか?」と言われると何とかおとなしくしています。それだけはいじらしいけれど時間の問題でしょう?
それが親父達に問われるけれどその事は甘んじて受ける。しかし、東海道を日本橋場で辿り着く迄はまだまだ弱音を吐く訳にはいかない。(

Img_8651

親父立ち食いのお店のメニュー。しかし注文はきつねうどんのみ。そろそろ、天丼セットを注文しますか?その為には毎朝食っているおにぎりを抜かなければならない。それが出来るかどうかが問題です。来週は一回挑戦してみます?

Img_8654

今日は大阪難波の昔懐かしい床屋で顔の髭剃りをして昨日歩いたばかりの道を歩いて来ました。この場所も昔懐かしい今里交差点。昔の面影は何も無い。しかしこの交差点5方向に別れ車のコントロールがむつかしいと言われ今里ロータリーと呼ばれていた。

今はそんな事も無く大阪市内だけでなく全国の交差点にお馴染みの親父の嫌いな階段で上に上がる高架の歩道はない。これが年寄りに優しい交差点です。国交省のオバカなお役人はこの交差点をどう評価しているのだろう?そんな事は全く考えていないのだろう?出来なかった(作れなかった)原因は地元の同意が得られなかっただけ?そうかもしれない。でもこれが当たり前の交差点と思いませんか?

Img_8655

歩き始めてキョロキョロしていた。地下鉄千日前線今里駅で地上に出た場所が昨日と違う。昨日は一番後ろ。今日は一番前だった。地上に出た所が右と左でも感覚がおかしくなるが、それが前と後ろでは全く感じが違う。今日は久し振りに土地勘が分からなくなり交差点迄引き返す。それから交差点を反対側に渡り「節分おにぎり」を手にする。赤おにぎりを食って昨日歩いた感覚とは違う同じ道を歩いて来ました。

Img_8656

この廃家は通りに面している。昔懐かしい家が主を失い取り壊しを待っている。時代が変わり街が変わる事は必然。処が何時迄も変わらないと思われている事も少なく無い。景気回復の為には金融緩和?日銀が0金利政策を何年続けていると思っているのだろう?親父も知らない。

いつの間にか預金金利が珈琲代にもならなくなり、それでも金融緩和を求める経営者達のオバカさ?そんな政策が支持されて景気回復?そんな事は絶対にない。豊かな人はより豊かに。それなりの人はそれなりに。そして貧しい人はこれからもっと貧しくなる。そんな社会が日本だけでなくアメリカも中国も韓国もヨーロッパも加速する。

お間抜けなテレビの経済ニュースもそんな事は少しもコメントしない。その訳は何だと思いますか?それが何時迄も続くと思っているからだろう?それでも言う事は違う?日本を変える?テロとの戦い?エネルギー政策を変える?ホンマにそんな事が出来るとは思っていないのだろう? ところが半世紀も経つと間違い無く変る。
それがこの1枚です。

Img_8658

思いがけない所に思い掛けない神社とお寺さんがありました。maiさんの体調が安定します様に。親父が東海道を早く鈴鹿越えで来ます様にお願いして来ました。

Img_8659  

Img_8660

Img_8661

狛犬ならぬ鬼犬の赤よだれかけ?これは阿(あ)像。つわりも和らげて下さい。にらめっこしていました。願いが叶ったらお礼参りに来ます。

Img_8662

こちらは吽(うん)像。分かったのかどうか?それでも納得していました。(頼みますよ)賢そうな顔をしていましたが分かったのかな?

Img_8663

Img_8664

鳥居の文字が見難い。「熊野大神宮」熊野詣でが盛んだった頃、この地でも熊野信仰は盛んだったのだろう?この横にお寺さんがある。先日のロケーションもそうだったがこの関係は江戸時代迄は何の疑念も無かったのだろう?

Img_8667

妙法寺本殿。先日の長栄寺の和尚同様このお寺さんも江戸時代邦学再興の祖と言われた和尚が有名。

Img_8673

長栄寺の和尚は慈雲尊者と呼ばれこの方は水戸光圀の影響を受けている。いずれも江戸時代の賢者と呼ばれている。親父は全く知らなかった。

Img_8668

Img_8669

Img_8670

厄除、安産しっかりお参りしましたよ。

Img_8672

Img_8674

先日歩かなかった商店街を抜ける。

Img_8675

おしゃれなお店もありました。つい入りたくなる。

Img_8676

Img_8677

Img_8678

Img_8679

Img_8681

先日の駅の1つ手前。この商店街も駅に近くて人通りはあった。元気のよいお店もあったが全体的には今イチ。それでも今迄見た商店街の中ではアーケッドが高くて立派でした。この商店街はこの高架の下を抜けてまだ南に伸びていた。これが大阪の活力かもしれないが、現実は厳しいだろうと思っていた。今日はここから難波に戻る。

Img_8683

Img_8684

今夜のおかず。カット野菜の入れ忘れ。でも量は多い。これだけ食えれば上等と思いながら398のスライスハムが意外にゴムを噛んでいる様で不味い。親父得意の味付けで誤摩化している。マイタケと生姜のみじん切り、てん菜糖の味付け。文句なし。

Img_8686

雪ん娘の赤かぶを久し振りに買う。レンジでチンした佐藤のごはんをつぶして残りのダシ汁も完食。これだけ食えれば元気が無いとは言わせない。食後のレザートは浜名湖のみかんでした。おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

暖かい一日。予想外の景色を見る事が出来ました。

Img_8581

体調は回復しています。天気も今日は最高で暖かい一日でした。今は鈴鹿越えが出来なくて大阪市内をウロウロしていますが、それもそろそろ終わりです。今月1月間、いろんな処を歩いて来ましたが、街が綺麗になって市内に高層マンションも多くなっていました。

その反面、年寄りと子供達の姿が本当に少なくなっていました。これからそんな街が多くなる事と思います。そんな生活環境の中で生き抜いて行く術は強さでしょう。強さについて語る人も少なくなりましたがこれからその事が問われます。

肉体的な強さは自分の為ですが精神的な強さは自分だけでなく、他人に対する思いやりに違いありません。大阪の街を歩きながら中、高校生の踵を踏みつぶした歩き方、けたたましい笑い、自転車の二人乗りなどを見ながら彼等の生活指導を誰がやるのか?そんな思いに駆られた事は少なくありませんでした。(アホ)

Img_8582

Img_8583

野田阪神から南巽迄の大阪地下鉄千日前線。親父が大阪に来た時には当然地下鉄ではなく市電だった。しかも終点はここではなかった。南巽はどんな駅かと昨年来てみたが生駒の山に近い何も無い住宅地の中の駅だった。開通したのは昭和57年。日本経済絶頂期。この後3年でバブル崩壊。そんな訳でここ迄しか建設出来なかったとか。

Img_8584

Img_8585

Img_8587

Img_8588

Img_8589

この辺りは昔の風景です。半世紀前、営業新米の親父に修理代として千円札を呉れた社長とそれを辞退した時、「もらっときなさいよ」言って押しつけてくれた事務員さんの面影を探していた。あの時、あの日を見つけ出す事は無かったけれどあの優しさは忘れていない親父がいた。

Img_8591

今日は歩かなかったが次の機会には歩かなければいけない。そう思って写した商店街。全国何処でも見れる風景。どっこいそれでも頑張っていた。それでも地元に住むお年寄りと子供達が少なくなるとこんな景色は加速する。(ブランドーリ布施)

地元の商店街が活性化しなければこの国の経済発展は無い。何とかを取り戻すと簡単に言われるけれどこの商店街が活性化する事は無い事を理解していない。マスコミの報道のおかしさはそんな現実は殆ど伝えていない?スポンサーのご機嫌取りと視聴率を気にしての公共放送の報道は鵜呑みにしない方が良い。

Img_8592

初めて知る大阪の地名。長堂。この通りの手前(南)は東大阪市。この交差点の北側は高井田。この先を少し東に進むと初めてのJR大阪線の高架下に出る。この路線が開通したのは新しい。そして現在もこの路線は拡大している。この路線が大阪の再生に大きく寄与する事は間違い無い。しかしその豊かさを実感出来る人はどれだけ居るのだろう?是非ウィキペディアで検索してみて下さい。今日はこの先で引き返す。

Img_8593

Img_8594

ガソリンスタンドがここでも閉鎖されている。親父は車の運転もしないし灯油も買わないが、ガソリンスタンドの経営が厳しい。今、全国的に閉店が進んでいるが田舎では灯油は必需品から外さなければいけなくなる?薪を燃料にすれば一石二鳥?

Img_8596

Img_8598

Img_8600

長栄寺横の神社の境内。長栄寺は江戸時代に再興されているが親父の心はこの神社に引かれた。理由は何だったのだろう?それはこの写真が代弁していた。分からん?
それではこの先を見て下さい。

Img_8603

写真制限無しの本殿。(写したのか?この罰当たり)イエイエキッチリお参りしました。

Img_8604

鴨高田神社。創建は白鳳時代。大阪夏の陣で建物は全て焼失。江戸時代は地域の八幡様として祀られていた。明治時代になって神社信仰の国家方針もあり再建される。その建物が平成7年の阪神淡路大震災で大きく被災する。それが立派に再建されていた。(関係ない?)そんな罰当たりの事は親父でも思っていなかった。

Img_8602

Img_8606

田舎の風景の中で生き続けた神社、仏閣は心を揺さぶる。そんな心を無くしているから無様な生き方しか出来ない。この建物、屋根瓦は阪神淡路大震災の影響で大きく被災している。その再建の為にこれだけの事をしている。その事に色んな思いを重ねていた。

Img_8608

神社の上を下降しながら大阪空港に向っている。本日本自慢の一枚。飛行機のミントが合っていないのもご愛嬌。空が青く樹の梢(こずえ)が、これから迎える冬の時を全く感じさせなかったのも同じだったもかもしれない。空の青さに梢の先端迄よく見える。(成る程)

Img_8609

何だこの駅の看板。近く迄歩いて来ても分からない。しかし今日は近鉄には乗らない。この駅は近鉄奈良線の布施の手前の駅。(そう言われても分からない?)地図で調べて。(オイオイ)

Img_8610

逆光で良く見えないがそれだけではなかった。高架沿いに歩いていても駅の表示は何も無くて通りの反対側に出てやっと駅を確認する。この駅前が何ともお粗末。全く整備をされていなかった。この駅が最近出来た(と言っても開業は2008年)とは言え乗降客は意外に多い。それなのに無人駅。国鉄民営化と言う事はこう言う事?

Img_8612

このJR大阪東線は今この駅の上放出(はなてん)新大阪間の路線整備中。国鉄時代に貨物線はあった?この駅の下、久宝寺(きゅうほうじ)は関西本線(通称大和路線)と繋がっている。この路線の事を知らない関西人も少なく無い。

Img_8613

これは立体交差をしている近鉄奈良線。このコンクリートの地震の耐久力はどれ位なのだろう?(阪神淡路大震災の時はこの地域でも震度5を経験してしている)しかし震度7には耐えられないだろう?その時は関西は壊滅するだろう?

Img_8615

右の隣の駅は近い。どれ位?600m。訳?近鉄大阪線の駅があるから?

Img_8616

大阪にもこんな景色がある。この鉄路は貨物線から旅客線となり東大阪の発展が期待?されている。しかし本当に便利になるには新大阪と繋がる数年後だろう?新大阪駅はそのホームが出来上がる。その途中の鉄路も着実に完成している。その実態を関西人でも殆どが知らない。公共事業の実態とはそんな物なのかもしれない?

Img_8618

Img_8619

放出の駅。ここは東西線と繋がっている。親父が若かった頃、この辺りは町工場が多くて川はどぶ川。異臭がしていた。今は高層マンションが多く住宅地になっていた。
親父が大阪に戻って三度目の仕事で商品を買ってもらったマンション?が見える。

Img_8625

Img_8621

Img_8624

Img_8628

このホームに到着。反対側のホームに東西線経由の電車が来る。その電車で京橋乗り換え。環状線で大阪駅に戻る。乗り換えは大阪に来て間も無い時に利用した事を思い出す。田舎の高校の先輩が住んでいた枚方香里園(県人寮)に招待された。

Img_8629

この駅も乗降口、連絡通路は綺麗になっているが基本的には半世紀前と変っていない。正確に言えば大阪大空襲があった頃と変わらない。この駅が旧帝国陸軍兵器庫の近くにあったからと言われている。しかしじゅうたん爆撃をしたアメリカさんにそれは口実に違いない。軍事力で国が守れなかった責任は今は完全に誤摩化されている。

Img_8630

大阪駅ホームの案内板。近郊の行き先表示はあるが山陽本線、東海道本線の表示は何処にも見られない。新幹線を利用するしかない?長距離の在来線(特急、寝台)は新大阪が起点となったのか?これも国鉄民営化の実態です。

Img_8631

大阪駅構内。正面の連絡橋は通路ではない。

Img_8633

9時10分ではない。(分かってる?)京都方面の表示。それより先にもいく。(東海道線)外人が見てもこの表示では分からない。どうする?案内所で聞いて下さい?

Img_8640

これが大阪駅ホームの上の連絡通路。この案内では初めての人は分からない?

Img_8644

大阪駅北ヤード。完成はまじかい。

Img_8646

Img_8647

あんぱん屋でお気に入りのパンを買う。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »