« 遊行に生きた漂泊の僧「一遍」これからどう生きるか そのヒントに成りそうです。 | トップページ | 一遍上人の生き方を少しかじりました。でも本当の事は良く分からない。 »

2013年1月18日 (金)

環状線桃谷駅から地下鉄恵比須町駅迄歩く。

Img_7759

今日は何処迄生きますか?結構な御身分でと言われても元気で歩く事はそれほどに容易では無い。飽くなき探求?そんな趣でもありません。日常が背中を押しているだけかも?今日は先日の続きを歩きます。

Img_7762

Img_7764

大阪環状線の昔懐かしい電車のカラー。電車はそんなに古くはなかったが色は親父が若い頃と何一つ変わっていない。静かに走り抜けていた。思わず振り返りながら写したが、親父の思いが重なっていた。美しい。

Img_7765

紀州路快速?親父が若かった頃は天王寺発だったがJRになってから?天王寺発は変わりないが環状線を一周してこれから天王寺駅に向っている。天王寺から当然紀州路を走る。終点は和歌山だったかな?昨年和歌山の手前迄歩いた時に乗った電車。あの時乗り合わせた女性は忙しく働いているだろうか?暇でも良いから穏やかな日々を過ごしているかな?

Img_7770

環状線沿いの道を歩いていた。歩道は広い。歩いている人は殆どいない。

Img_7771

Img_7772

寺田町駅前の契約自転車置き場。契約者しか置けない。その証明のシールが自転車に貼られている。凄い自転車の量。何処から来ているのだろう?この他に自転車置き場があり放置自転車が以前問題になった事がある。今はどうなのだろう?

Img_7777

天王寺駅到着。これが紀伊半島を一周する?

Img_7778

この電車に乗って紀伊半島の先端串本に行ったのは今から45年位前。その先端を廻り込むと新宮に辿り着く。この道は熊野古道の帰りにゆったりとした思いで引き返した人はどれ位居るのだろう?今はこの特急電車の良さは知られていないが、早春の海を見ながら美味しい駅弁を食っていたら至福の時に違いない。今年は行きますか?

Img_7780

天王寺の駅前は来春オープンのこの近鉄「はるか」の完成でこの地域の人の流れはスムーズになるのだろうか?それ程に今はこの周辺の工事が進行中。連絡通路が地下になるのでそれが広くない。大勢の人の流れをコントロールする事は出来るのだろうか?

Img_7784

駅前の交差点を一周出来る名物?の歩道橋。完成し上から見下ろされるとα(アルファー)の形になると言われている。まだ一部しか通れなかったがこの歩道橋が完成すると天王寺の新しい名所になるかもしれない。

Img_7787

Img_7790

親父が若い頃この病院の事務局の播磨さんにお世話になった。しかし当時の建物はすっかり取り壊され様子は様変わりしていた。ここは大阪市立大学付属病院。違和感を感じたのは親父だけかもしれない。これだけの建物で守らなければならない人命。

それはそれなりの意味があるのだろうが、それとは裏腹の権威主義、白い巨塔と批判された大学病院の実態はどの程度改善されたのだろう?その実態を我々は何も知らない。播磨さんは本当に優しく親父に対応して呉れた。今はどうされているのだろう?

Img_7794

Img_7795

Img_7799

Img_7804

Img_7808

Img_7810

Img_7811

何様だと思っているのだろう?記念碑をフェンスで囲んでいた。この辺りは道路拡張?用地買収が一部残っている。それでも記念碑を鉄線で囲むこの神経。大阪の行政の貧しさ?近くに阪神高速松原線の天王寺入り口近く。この記念碑が作られた時からフェンスは貼られていると言うから驚く。

大阪の芸人達は何をしているのだろう?オバカな芸能(芸ノウ)人と嘆かれている事を知らないのだろうか?この横に在った旅館も廃業されていた。大阪は「上方演芸」からいつの間にか「吉本のお笑い」になっている。何とも寂しい景色でした。

Img_7813

ここは地下鉄御堂筋線動物園前の駅。ここから路面電車阪堺線で住吉大社、堺に行く事が出来る。今日はここから堺筋を北上する。道は本当に綺麗になっていた。親父が大阪に来た頃この道は市電が走り歩道の片隅ではアル中の労務者が倒れていた。今はそんな景色は何処にも無い。しかし生活保護を受けながら暮らしている人は増えている。遠くに見える阿倍野の工事中のビルが何とも皮肉に見えていた。

Img_7815

Img_7817

Img_7819

本日自慢の一枚。道端は本当に綺麗になっていた。しかしこの地域が豊かになったのかと問われればそうではない。市電が廃止され路面が整備され古い街並が取り壊された。今でも広い空き地にフェンスが張り巡らされている処がある。その工事が完成しても生活保護の人達は年を重ねるだけで、本当にこの街が変るのは世代が変わってからに違いない。

その時この街角で子供達の元気な声が聞こえるのだろうか?それはない気がしていた。理由?行政の街造りに生活者目線が無い。この街の活性化の為に生活特区にする?その目的は何だろう?その問い掛けが貧しい。若い人達が安心して豊かに暮らせる。その為には住民税を0にする?そんな問題では無い気がしていた。

Img_7820

Img_7821

Img_7822

Img_7823

Img_7825

とにかく人通りがない。でも全く無いのかと問われればそうではない。親父のカメラ技術で人を写し込んではいないが、行政と商店街が本腰で観光客を呼び込んではいない。商店街に活気がない。この手前に地下鉄の入り口がある。

その人波が途切れていた。前を歩いていたカップルがじゃまになる。乗り込んだ地下鉄は地上とは違って込んでいた。まだ5時前だと言うのに何だこの混雑。ぶつぶつ言いながら途中で乗り換える。梅田は西梅田駅。ここも階段が狭い。ラッシュ時には通行規制をしているのだろうか?そんな事を考えていた。

|

« 遊行に生きた漂泊の僧「一遍」これからどう生きるか そのヒントに成りそうです。 | トップページ | 一遍上人の生き方を少しかじりました。でも本当の事は良く分からない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環状線桃谷駅から地下鉄恵比須町駅迄歩く。:

« 遊行に生きた漂泊の僧「一遍」これからどう生きるか そのヒントに成りそうです。 | トップページ | 一遍上人の生き方を少しかじりました。でも本当の事は良く分からない。 »