« 今日は休養日?オイオイ東海道はどうした? | トップページ | 今日はBS受信障害の点検、修理で5時から待機する。原因はパソコンと同じ。ケーブルを交換する。 »

2013年1月 9日 (水)

大阪城公園。何時もと反対コースから廻って来ました。

Img_7205

大阪駅北ヤードの連絡通路。今春の開業に備えて工事は着実に進行している。奥に見える建物はどんな形でお目見えするのか予測出来ないが、大阪駅前の変化は今年のこの国のモデルになるのかもしれない。昨年春オープンした新大阪駅の建物にも悲喜こもごもが在り予断は許されない。この壮大な建物が完成した時その事が問われる。

Img_7207

Img_7208

Img_7210

大阪駅時空(とき)の広場の「花」これにもお金と手間が掛かっている。

Img_7212

親父が若い頃何度も来た駅前はすっかり変わっていた。市電が地下鉄に変って久しいがこの階段が深い。理由は簡単です。しかしお年寄りにはエレベーターでも役に立たない。エレベーターで乗車ホームに降りても駅の間隔が遠い。市電の様には簡単には利用出来ない。地下鉄が深いのは京都と全く同様。違うのは京都は東西に阪急が走り大阪は南北に地下鉄が先に走っているから。この立派な入り口はその事を全く教えて呉れていない。綺麗で乗り易そう。半分は正解。半分を間違い。年寄りは歩けない。

Img_7217

Img_7218

大阪城公園の噴水。冬でも大勢のお年寄りがベンチでのんびりと過ごしていた。親父も後10年もすれば仲間入りかも。(イヤイヤ親父はその時は何処かの山奥で晴耕雨読の生活をしているの違いない?(これは願望です)その為にはあと20キロの減量が必要です。(無理だな)

無理を可能にするには気持の持ち方です。息子に与えたカーネギーの「道は開ける」又買いましたよ。自分の生き方を変えるのは人頼みでは駄目。ぼやいても嘆いても人に頼っても駄目。自分自身を変える。困難に戯れる。それが大切。噴水のミストがこれだけ美しく心を和ませて呉れるのも同じです。

オバカな人はテレビに口を開けて笑っていたり、政府に何かをお願いしてもそれは駄目。自民党のデフレ克服の公共事業。そしてその政策を支持推進を図る面々。この国の異様な盛り上がり。財政の健全化の為にデフレになったのではない。

消費が落ち込んだ分析は誰がしているのだろうか?働く人達の収入が押さえ込まれたのは民間企業の国際競争力が無かったからだろう?その原因が円高、株安に在ったのだとしたら何故そうなったのか?それは政治家だけの問題でない事を経営者は自覚しなければなならない。

それでも「のど元過ぎれば熱さ忘れる」何たるこの国の有様だろう?皮肉な事にその警告は海外の金融関係者から問題を指摘されなければ分からないのだろう?この国の財政が破綻しても尚成長戦略の為には国債の発行はやむを得ない。

この国の経済学者はこの程度の経済理論しか展開出来ないのだろうか?財政再建の為に消費税を上げる?まさかその言葉に嘘が在ったとは言えないと思うけど。そんな事はどうでも良いのだろう?消費税を10%にする前に8%にするのでしょう。論理が完全に破綻している。この国が経済大国アメリカに再び叩き潰されなければ、自分達の幸せを見つけられないのだろう?円安が100円になった時、輸入品もそれだけ高くなる事をどれだけの人が理解しているのだろう?

Img_7219

Img_7220

Img_7223

Img_7224

Img_7227

Img_7230

この石組みは秀吉が築城した時の物ではない。秀吉が作り上げた城は秀吉が死んだ後その後を託された家康によって跡形も無く叩き壊されている。しかもその時は関ヶ原で豊臣方を策略で打破した10年後。その時も夏と冬。2回でようやく攻め落としている。それ程に難攻不落の城を攻め落とすだけでなく徹底的に破壊して、その上に新しい物を作り上げる。

それが親父が現役の時から言われたリストラ(再構築)。現在のお間抜けな経営者にはその言葉の意味を取り違えている。否、その余裕が無いからそんな理想は言えなくてやむを得ず人員整理をしているのだろう?親父が眼を見張ったのはこの基礎の石組み。これは豊臣の城を築いた石組の技術が伝承されていたのだろう?そう出なければこのきれいで強固な石組みは出来なかったに違いない。

Img_7231

Img_7232

Img_7234

これだけの高さが在れば堀に水が無くても防衛上は問題が無かったに違いない。水は空堀より更に防衛力を増したに違いないが、それだけの水を城の廻りに巡らすには城の重みに耐えられない計算が在ったのかもしれない?まさか。でもこの空堀の深さを見れば徳川が歩兵では城内に攻め込めなかった理由が分かる。

天守閣を落としたのは南側の広場から打ち込んだ大筒(大砲)の威力だったと言われている。大砲が撃ち込まれる度に天守閣にいた女達が悲鳴をあげていたと言われている。戦いの現実は女、子供は言う迄もなく兵力と策略があっても勝たない事を多くの人が忘れている。

大阪の軍隊が戦前一番弱かった事を忘れている。日本の軍隊が危険な紛争には参加が出来ない?それで本当に国が守れるのだろうか?「兵(つわもの)どもの夢の跡」芭蕉が眼にした東北平泉衣川の景色が重なっていた。この国は67年前に焼け野が原になったのは帝国陸海軍の参謀が間抜けだった。その事を知らない。知らせていない。この事が今の政界、財界のリーダー達に問われる。そんな事を考えていた。

Img_7235

Img_7236

Img_7237

Img_7238

それではうんちくはこれ位にして自慢の写真を一気に公開します。

Img_7241

Img_7246

この城は昭和の初めにコンクリートで復元されている4層迄は徳川時代の城が復元されていると言われているがその上は豊臣の城が復元されている。これは東側真下から見上げている。このアングルの紹介は少ない。

Img_7242

城の東南。大阪府警と大阪歴史博物館。NHK大阪放送局の建物が見える。

Img_7253

Img_7254

Img_7258

Img_7259

名前とは裏腹にこの橋は大阪城落城の時、地獄の橋となる。大阪夏の陣で戦いに負けた豊臣方の生き延びた兵士と女達はここから逃げ落ちる。この城に女が1万人いたと言われている。戦いに何の役にも立たなかった。その女達と戦いに敗れた男達。徳川が開けたこの橋に殺到する。それを徳川方は右側から狙い撃ちしたと言われる。戦いとはそんな物だろう。この橋は昭和40年史実に基づいて復元されている。

Img_7265

Img_7267

Img_7268

大阪城落城の時この位置から敗残兵と女達を徳川方はこの位置から狙い撃ちしたのだろう?徳川家康から攻撃されて為す術も無かった秀吉の女妾(淀君)と秀頼は自害し残された家臣、篭城兵は逃げるしか無かった。この橋をどうにか逃げてもこの先では追いはぎが横行し逃げ延びた兵はほんの一部分だった。それが歴史の現実。勇ましさだけでは何も知る事は出来ない。

戦いは300年後勝者徳川の子孫が叩き潰され武士の世が終わりを告げる。その近代日本も帝国陸海軍のアジアの国々を圧倒した軍隊もアメリカ、イギリス、中国の連合軍に叩き潰される。ソ連(現在のロシア)は終戦間際のドサクサに紛れて満州に侵攻。多くの日本人と残された兵隊が悲惨な運命を辿る。

今日、韓国、北朝鮮、中国から問われる戦争責任は当然だけれど、何時迄も敗戦国日本が問われる事は無い。その事をうやむやにして韓国、中国との関係修復は問題の本質をうやむやにする意外に無い。その歴史的背景を語れる人も少ない。

Img_7269

Img_7271

Img_7272

Img_7273

Img_7274

Img_7295

Img_7301

Img_7306

Img_7282

本日一番の写真。本当は右上の柵を乗り越えてはいけない。上の水鳥に誘われて夢中に堀の一番上からのどきこみながら写真が撮れたのは、高さが低かったからだろう。そうでなければ高所恐怖症の親父には撮れなかったショットでした。

Img_7302

これも本日自慢の一枚かもしれない。夢中にシャッターを切っていたら近くで女性二人のけたたましい笑い声が聞こえる。しかし親父に睨まれて退散。静寂の時が甦っていた。大阪城の堀でこれだけのアップ写真を撮るには250mmのズームが必要です。それを考えると55mmでこれだけ撮れたら上等です。ポーズを取ってくれてありがとう。

Img_7305

のんびりとした時が流れていました。彼等は餌付けされていない。全くの野生の水鳥です。親父の表情を窺っている様でした。

Img_7307

Img_7313

水中に首を潜らせて餌を取っていた。何かほっとしながら見ていた。

Img_7322

またねと岸を離れる。この堀の水質も良くなっているのだろうか?鳥達の体型もメタボだった。(お前が言うな)失礼しました。

Img_7325

Img_7334

Img_7335

Img_7336

Img_7337

Img_7338

Img_7339

これで大阪城を出ます。この先京阪天満橋迄歩いて中之島線渡辺橋下車。乗り合わせたサラリーマンがジャカマシイがiPodで音楽を聴きながら眼を閉じていた。良い歩きが出来ました。大阪城内はこの一眼レフを貰って一度来ているが、親父の写真の腕前はどうでしょう?この向上心案外やるなと褒めてもらえるかも?(甘い)


|

« 今日は休養日?オイオイ東海道はどうした? | トップページ | 今日はBS受信障害の点検、修理で5時から待機する。原因はパソコンと同じ。ケーブルを交換する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪城公園。何時もと反対コースから廻って来ました。:

« 今日は休養日?オイオイ東海道はどうした? | トップページ | 今日はBS受信障害の点検、修理で5時から待機する。原因はパソコンと同じ。ケーブルを交換する。 »