« 三重の地図を買いました。分県地図これは歩く為には必需品です。でも2500円。 | トップページ | 西君。鶴橋のカレーやさん。行って来ましたよ。負けずに頑張りなはれ。 »

2013年1月22日 (火)

スタッグフレーションと安倍ノミックス?何のこっちゃ?

Img_7786

来年オープンの近鉄阿倍野ハルカス。今年の春は大阪北ヤードの開業で大阪の経済再生の声が高らかに全国、世界に発信される。そして翌年にはこの大阪南の阿倍野からも?しかし良く考えて見るとそれも一部分の事。大阪だけでなく全国各地の再開発の波は大きい。しかしその大きな波以上に大きい景気の低迷。

その原因が明確にされないまま街の姿がどんなに変っても、それが社会の変革を指し示す物では無い事を多くの人は知る由もない。「自分の城は自分で守れ」これは今日の朝刊日経の春秋コラムで紹介されているトヨタ中興の祖と言われた石田泰三氏の言葉だがこれからの景気失速、生活基盤の崩壊を全く感じさせない自民党政治の警告に他ならない。

景気低迷の原因がデフレ?円高?株価低迷?経済新興国の我が国経済への脅威?その為に安倍新政権はなり振り構わぬ金融緩和?日銀と二人三脚でインフレ2%までは徹底的な金融緩和。こんな政策を期待するこの国の常識。自民党、公明党政権が前政権の無策と経済低迷の責任を明確に口にする事は勝手だがそれに追随した経済エコノミスト達の見識。この国の経済は完全に破綻したと思えば生活弱者の嘆きも他人事では無いに違いない。(それが分からないから経済は成り立っているのかもしれない)

先日悲しい現実を見ながらこれからその事が加速する高齢者の「終の住処」を考えていました。この国の経済の低迷は多くの人が実感として感じられても、自分達のこれからの生活は殆ど問題にされていません。それは何故でしょうか?

現実の厳しさを知らないからでしょう?その裏返しで自民党、公明党の政策が支持される。この説明はマスコミの誤摩化しです。彼等がどんな生活をしながらこの国の貧困の現実を問題にしているのか?一遍上人が生きた社会の貧困者達。今そんな人達が増えている。これからは決して他人事でない事を痛感していました。

|

« 三重の地図を買いました。分県地図これは歩く為には必需品です。でも2500円。 | トップページ | 西君。鶴橋のカレーやさん。行って来ましたよ。負けずに頑張りなはれ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタッグフレーションと安倍ノミックス?何のこっちゃ?:

« 三重の地図を買いました。分県地図これは歩く為には必需品です。でも2500円。 | トップページ | 西君。鶴橋のカレーやさん。行って来ましたよ。負けずに頑張りなはれ。 »