« 咳が出る。風邪かな?龍角散を探すが残っていない。 | トップページ | 流石に今夜は冷える。でも今日は上ちゃんに合えたし心は寒くありません。 »

2013年1月25日 (金)

寒い朝。心一つで暖かくなる?吉永小百合の歌でそんな歌があったな。

Img_8200

北風吹き抜く寒い朝も心一つで暖かくなる?「寒い朝」歌。吉永小百合。
なんねえな。遣る瀬ない思いで一杯です。何も出来無い人が何を言ってんのだろう?
本当に寒い朝です。テロとの戦い?自分達が当事者でないからそんな事が言えるのだろう?

SP(セキュリティーポリス)警視庁の要人警護に守られた政治家が尤もらしく語る言葉。海外で仕事をする事。観光をする事はこの国の常識がどれだけ通じないのか?その反省も自覚も何も無い。その認識がどんだけ在るのだろう?この国はテロに本当に向き合えるのだろうか?その事を痛感してならない。

厳しい言い方をすればテロとの戦いは自分の身は自分で守ると言う事。軍隊で守られていた職場をテロ集団に攻撃されたその責任は現地の政府にある。その事を強く口に出来ない。これが現実の厳しさ。そしてその事も伝えられない報道機関。個人的な無念や悲しみの実態をどんなに伝えてもその人は帰らない。その事が分かっているのか?

Img_8203

先日道路を横断出来なかった神社。今日はしっかりお参りをして来ます。
お昼のニュースでアルジェリアのテロで犠牲になった人の悲しさを会社の社長が口にしているが、言っている事が違う気がしてならない。自分自身の危機管理。会社の甘さをどう認識してこれからの企業戦略にするのか?その事は問われていないのか?
犠牲者を出さないで企業の生き残りを計る。その戦略を持ち合わせているのだろうか?

Img_8211_2

Img_8216

先日引き返した我孫子前は住吉大社の前を通り過ぎている。この国に神仏は無いと言っていた叔父貴は親父と同じ歳に独り身になった。それよりも悲しかった事は大事な跡取りを19の若さで失った事だろう?

田舎の国道が整備され舗装される直前だった。もうその叔父貴も居ないが天上界で息子や奥さんと楽しく過ごしているだろうか?今はそんな事を語る人も少なくなったが何時迄も元気に生きれる保証は何も無い。そんな思いを噛みしめて雄々しく前に進まなければならない。咳は止まったがお腹は大丈夫かな?正露丸を飲みました。

|

« 咳が出る。風邪かな?龍角散を探すが残っていない。 | トップページ | 流石に今夜は冷える。でも今日は上ちゃんに合えたし心は寒くありません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い朝。心一つで暖かくなる?吉永小百合の歌でそんな歌があったな。:

« 咳が出る。風邪かな?龍角散を探すが残っていない。 | トップページ | 流石に今夜は冷える。でも今日は上ちゃんに合えたし心は寒くありません。 »