« スタッグフレーションと安倍ノミックス?何のこっちゃ? | トップページ | 過ぎたるは及ばざるが如し。覆水盆に返らずか?後どれ位生きられる?20年です。げーそんなに? »

2013年1月23日 (水)

西君。鶴橋のカレーやさん。行って来ましたよ。負けずに頑張りなはれ。

Img_8037

Img_8038

Img_8039

大阪鶴橋。駅を降りると昔ながらの商店街が広がっていた。今日は先日偶然見つけたカレーのお店を訪ねる。先日西君に聞かれたお店の名前を再び訪問する。でもこのお店は違います。おしゃれなお店。お店の意気込みが感じられる。

Img_8041

Img_8040

お店の名前は「クルネ」前回はこのポスターに引き入れられたが今回はカレーのルーをしっかり味合う。タマネギの味が苦みも無く「淡路島プレミアム玉ねぎカレー」の特徴が良く出ていた。

Img_8042

前回見させてもらったメニューも今回改めて見直すと、オーナーのこの店に賭ける思いが良く分かる。プレーンとトッピングの区分けはあるが、基本的には西君のお店と同じ。カレーの肉の違い。鶏肉、牛スジ、ハンバーグ、トンテキ、焼カレー。肉のそれぞれの生産地を明示し、カレーのルーと対峙している。良い味を求めて本物を知る。西君と良い勝負をしている。メニューはもう一枚ないと少し見難い。これも愛嬌かも。

Img_8043

Img_8044

これがプレーンカレー。カレールーとライス(米)の上に玉ねぎの千切りのフライだけ。プレーンの意味は具がない?これだけで懐かしいカレー味が楽しめる。次は腹を空かせてハンバーグカレーを食わなければいけない。(前も同じ事を言っていた)

Img_8045

Img_8046

親父が若い頃見た景色と何も変わっていない。大阪のど根性が見て取れる。しかし、何時迄もこの景色が変わら無い保証は無い。よく見ると変えれない物も少なく無い。口先だけで多くの事を語る政治家が足を踏み込めないバイタリティ。マスコミの「大阪街探訪」。何か食い物の番組は多いが街を変える取り組みはそう簡単ではない。ひょっとするとこのホームと商店街は後10年は持つのかもしれない。

Img_8047

Img_8048

鶴橋駅北口の鉄橋。この上は大阪環状線。正面は鶴橋の駅。駅名の小さい駅名プレートの文字が飛んでいる。その分鉄橋が綺麗に写っているがこの鉄橋の耐久設計は大丈夫なのだろうか?JRの基盤整備はこれからが大変です。その財源は何で稼ぎ出すのだろう?余計な心配です。国のインフラ整備が声高に叫ばれているがそれは別に高速道路だけの問題では無い。

Img_8049

Img_8050

Img_8052

Img_8056

ここは天王寺駅前。駅前の横断歩道の多くが正面の高架橋が完成する迄はこの有様だろう?ここで写真を撮っていたら後ろで若いカップルがデカイ声で大笑している。何が可笑しいのか?大阪でもここに来ると人種が変る。マナーが悪くなる。

これもこの地域の特徴なのだろう?駅員と警察は何をしているのだろう?駅の近くで全く見かけない。近くは工事中。関係者の姿を全く見ない。警備員に丸投げ。下請けに丸投げ。いつか事故が起きないとこの有様は変わら無いのだろう。

Img_8057

赤線部も歩道橋工事中。いつ迄やってまんねん。お役所仕事です。

Img_8058

阿倍野の繁華街から大分南に歩いて来ました。歩いていると暑くなりセーターを一枚脱ぐ。

Img_8060

何処迄言っても付いて来る。同じ場所ではない。レールを専用軌道になっている。

Img_8062

Img_8063

Img_8064

Img_8065

Img_8067

Img_8068

Img_8069

Img_8070

本日自慢の一枚。近くで女の子が親父の姿を注目していた?おかしなおっちゃんがいる?声は掛けなかったから何も言われなかった。この道は昔の街道でした。

Img_8084

Img_8076

Img_8077

Img_8078

Img_8079

Img_8080

Img_8081

Img_8082

街道の両側の家並みはすっかり変わっても古の旅人の息づかいが聞こえて来る。天王寺にハルカスはまだ見えていた。

Img_8086

Img_8087

阪堺線の専用軌道に出る。ここで熊野街道も大通りに合流する。阪堺線の鉄路も路面電車としてこの先の堺を目出す。右が歩いて来た道。この先の停留所で引き返す。電車では短い距離でも歩いて見ると色んな発見と出会いがありました。

Img_8088

Img_8090

今日はここ迄でした。この先に親父が若い頃仕事で来た万代の地名がある。次はその電気屋さんの前迄歩いて見たい。当然そのお店は今は無いに違いない。歴史を重ねる。歳を重ねると言う事はそう言う事にちがいない。親父も何時迄も生き存える(ながらえる)事は無い。歩ける間に歩かなければならない。歩ける間は元気に違いない。

Img_8091

今夜のパスタ。フェットチーネ(平打ち麺)クリーミーソースもまずまず。
これでレンジでチンするだけなら文句は言えない。味は日清さん上々でした。

Img_8092

昨日と同じ様な食事。しかしこのソーセージはドイツの屋台の味?生姜のみじん切り。ごぼうの細切り。つゆとてん菜糖、お水の味付けでバッチリでした。これだけ食えれば風邪も足の関節痛も撥ね除けられる。美味い物を食った時は何よりの喜びです。

|

« スタッグフレーションと安倍ノミックス?何のこっちゃ? | トップページ | 過ぎたるは及ばざるが如し。覆水盆に返らずか?後どれ位生きられる?20年です。げーそんなに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西君。鶴橋のカレーやさん。行って来ましたよ。負けずに頑張りなはれ。:

« スタッグフレーションと安倍ノミックス?何のこっちゃ? | トップページ | 過ぎたるは及ばざるが如し。覆水盆に返らずか?後どれ位生きられる?20年です。げーそんなに? »