« 大阪城公園。何時もと反対コースから廻って来ました。 | トップページ | 大阪ドーム。今は京セラが命名権を手にしていた。しかし運営会社はオリックスグループでした。 »

2013年1月 9日 (水)

今日はBS受信障害の点検、修理で5時から待機する。原因はパソコンと同じ。ケーブルを交換する。

Img_7368

大阪マーチャンズマートビル。1966竣工。1989改装。外壁はすっかり綺麗になっている。このビルは京阪天満橋駅に直結しこのビルで3000人余の人が働いている。このビルは京阪天満駅から御堂筋淀屋橋迄京阪電車が延長された時駅舎が地下になりその跡地に商業ビルとして建てられている。京阪電車の大阪のターミナルとして永年親しまれ今は電車は中之島迄延長されているが、ここで淀屋橋線と分岐している。淀川が京都伏見と大阪の天満橋と繋がっていた時以上に賑わっている。

Img_7369

Img_7370

Img_7373

Img_7374

Img_7377

Img_7379

これは今日の阪神梅田駅。平日の午後でホームの人並みは多くはない。これがラッシュ時になるとホームが人並みで一杯になる。

Img_7380

今日はBS放送の電波がケーブルの接触不良?で電波が頻繁に途切れるので専門業者にチェックしてもらう。その為に5時には家に居ないといけなかったので遠出は出来ず。先日トイレのお世話になった西九条の駅にお礼に行く。事情を改札口の若い駅員に話すと管理者に取り次いでもらう。処がこの管理者?親父の誠意が通じない。トイレの清掃は業者に丸投げ。お礼の気持ちが通じない。「トイレットペーパーはお持ち帰り下さい。」アホか。折角持参したのに持って帰れってか。強引に押しつける。

Img_7381

先日歩いた地下隧道。このエレベーターで降りて中のトンネルは左側通行。利用者は途切れる事はない。階段も横に在るが余り利用されていない。歩行者は階段利用。自転車のみエレベーターと言う使い分けは出来ていない。当然かもしれない。

Img_7385

Img_7386

Img_7387

Img_7388

Img_7389

Img_7390

大阪ドームに繋がる商店街。全国何処でも見られる商店街。人の流れが途切れている。商店街が活性化する為にはこの地域で住む人が多くならなければならない。この商店街が賑わったのは今の大人が小さかった子供が溢れていた時代の事だろう?これからはジジババが溢れる。その人達が集まって来る街造り。その事が求められている。

その事はこの商店街だけの話ではない。そんな街造りが出来ない行政。そんな行政にノ−を突きつけられずに人々は老いて行く。この街に賑わいが戻る事は無いのだろうか?商店街の組織的な連帯は出来ないのだろうか?連帯しても駄目?そうかも知れない。そうなるとこの街には未来はない。その覚悟は出来ているのだろうか?

Img_7391

Img_7392

Img_7394

Img_7395

意外な場所に出る。地下鉄中央線九条駅。この横のJRの西九条駅から歩いて来たからここに九条駅があってもおかしくは何も無い。この道を直進すると京セラドームに出る?今日はここから時間が無くて引き返したが明日はこの先歩きます?

Img_7396

Img_7397

Img_7398

地下鉄中央線。近鉄が乗り込んでいる。近鉄は京都烏丸(からすま)線、阪神なんば線にも乗り込んでいる。関西には近鉄、南海、阪急、阪神、京阪の5社の私鉄があるが沿線の住宅地と営業路線に恵まれている阪急以外は利益が出難くなっている。

本当は決算報告書の実態を知らない。会社四季報を見れば良く分かる。今、この国の経済再生の為に多くの事が叫ばれているが、意外に多くの会社が利益を出していない。利益が出なければ法人税を払う必要が無い。

当然可能な限り節税を税のプロ(税務署OB)、税理士、会計士が指南する。松下幸之助氏は利益を出せない企業には存在価値がないと言われたが、利益を出している企業が全体の四分の一。この現実を多くの人は知らない。この実態を知らせないマスコミが尤もらしく語る景気対策?今年は会社四季報を買います。


|

« 大阪城公園。何時もと反対コースから廻って来ました。 | トップページ | 大阪ドーム。今は京セラが命名権を手にしていた。しかし運営会社はオリックスグループでした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はBS受信障害の点検、修理で5時から待機する。原因はパソコンと同じ。ケーブルを交換する。:

« 大阪城公園。何時もと反対コースから廻って来ました。 | トップページ | 大阪ドーム。今は京セラが命名権を手にしていた。しかし運営会社はオリックスグループでした。 »