« 新年始動。親父の怒りの思いも噴火?修行が足りんのう。 | トップページ | 久し振りに野田から大阪中央市場の先迄歩く。すっかり綺麗になっていた。 »

2013年1月 3日 (木)

初詣2日目は住吉大社です。静かに参拝と思いきやとんでもない間違いでした。

Img_6816

大勢の初詣の人で境内は一杯でした。幸運にこの手前の橋だけ警備の人が「写真を撮ったら速やかに移動して下さい」と叫んでいた。太鼓橋の上は良く見えないが参拝客で一杯です。この橋の勾配はきつい。この降り口で押されると足を踏み外す。

Img_6817

流石雑踏警備のプロです。事故も無く整然と誘導していました。それでも年越しの深夜と新年の初詣の時は大変だった事でしょう?今日も大勢のお参りの人で一杯でしたが何処かのんびりとしていました。これだけ多くの人が多くの思いを祈念してどれだけの人が思いを叶えられるのでしょうか?皆さん。頑張りましょう。

Img_6819

Img_6821

Img_6822

ここは第二本宮です。住吉さんは第一から第四の本宮があります。

Img_6823

正面からは写せませんでしたが横から。神様はお出かけ?でした。

Img_6824

Img_6828

Img_6831

Img_6832

新年2日目にこの門をくぐれただけで住吉さんに来た甲斐がありました。この門の知る人は少ない。何でだろうと考えて見るとこの門の名前が新しいのかもしれない。幸福を手に出来る人も同様に少ないのかもしれない?それでも幸福とは人それぞれの主観であり客観的には証明できないに違いない?むつかしい?簡単に言えば心の持ち様かもしれない。人はそれぞれに嘆き悲しみ喜び歓喜の雄叫びをあげている。

Img_6834

大勢の参拝客にもみくちゃにされながら早々に境内を後にする。今日はどら焼きの喜久寿さんでバラで4個買いました。この住吉さんに来る度に近くの安治川で不遇の死を遂げた若き女医先生の事を忘れる事が出来ません。

大阪西成で生活保護で生きている人の思いを献身的に支えてくれた人の事は何時か忘れ去られて、尤もらしい事を口にする人は必ず天罰を受けるに違いありません。どら焼きを食いながらこの道を歩いていました。それでもこの先長くは歩けなかった。

Img_6835

前回歩いた時はこの駅の先の七道迄行けたのに今日は左の靴が嫌がる。親指の先が靴の先端から押し返される?足が痛い。この駅で引き返す。無理をすれば歩けない事は無かったが靴下が押し止める。無理をする事は無い。ここから引き返す。電車の待ち時間に関空特急のラ、ピートが出迎えて呉れる。

Img_6840

Img_6836

Img_6838

Img_6841

ここは終点の難波駅。始発駅でもある。この特急の利用料金は500円。それだけの価値が在るのに利用客は多くはない。関空の利用客が思惑違い。昨年はそれでも格安航空の利用客が増えて一息は付けたかも。でも関空の思惑違いは何時誰が明確にするのだろう?それは誤摩化し続ける。それもこの鉄兜の様な車両に対して罰当たりとは思わないのだろう?関係ない?それではこれではどうだ。

Img_6842

Img_6845

これが和歌山行きの特急?サザンとはおっしゃれのつもりなのだろうか?
前4両が指定席。特急料金必要。後4両が自由席。親切な用で不親切。何で阪急阪神京阪の様に全車両タダに出来ないのだろう?関西ではこんな料金は南海と近鉄だけです。(近鉄は特急は原則有料。南海高野も同じ。それだけ乗車区間が長い?)

Img_6849

この電車は新型車両。路線は南海高野線。高野山はこの電車の終点から更に先。高野山直通の「高野」も時間が限られている。親父が行った時は橋本駅で乗り換えだった。この駅のホームには近鉄と同様案内の駅員がいるが役に立たない。(コラコラ)

Img_6850

梅田でカレーを食って今夜はこの侘しい夜食?3種セットのサラダも食ったし今夜はとりとめの無いブログになったしこれで終了です。(ゲー)












|

« 新年始動。親父の怒りの思いも噴火?修行が足りんのう。 | トップページ | 久し振りに野田から大阪中央市場の先迄歩く。すっかり綺麗になっていた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初詣2日目は住吉大社です。静かに参拝と思いきやとんでもない間違いでした。:

« 新年始動。親父の怒りの思いも噴火?修行が足りんのう。 | トップページ | 久し振りに野田から大阪中央市場の先迄歩く。すっかり綺麗になっていた。 »