« 最寄りの駅で気持ちが変わる 行き先が変わる 山辺の道 | トップページ | このガイドブック モデルコース30 どれだけ歩けるかな? »

2012年9月23日 (日)

山辺の道が教えている事 その事がオバカな国民は知ろうともしていない

Img_0155

Img_0163

Img_0157_2

奈良「山辺の道」昨日思いがけなくここ迄歩いて来ました。ここは明治になってお間抜けな国のリーダー達の政策で壮大な伽藍が全てたたき壊される。しかし新政府が目的とした事は神道と仏道を明確に区別し、仏道を否定する事ではなかったとも言われているが、結果的に新政府は神道を政治的に利用し仏の道を否定した。

その通達に過剰に反応した国民も歴史的認識が欠けていたのだろう?神道、神社はこの後、政治的にも政治家と軍人、参謀に散々利用され戦争でこの国が壊滅的にアメリカに叩き潰される迄改められる事は無かった。その歴史の過ちを知る人も少ない。

この国の宗教観に殆どの人が強い思い入れが無いのも、その事が原因かもしれない。神道と仏道が自然な形でこの国の風土の中に溶け込んでいた姿は、政治的には為政者(幕府、寺社、寺院)が都合の良い支配体制を敷く上で好都合だったのだろうが、明治の新政府はそれを結果的にたたき壊した。必然的にその罰は当る。

どんなに仏道を否定した所で命が尽きたならお墓に入るしかない。この寺をたたき壊した人達は自分達が永遠に生きれるとでも思ったのだろうか?そうではなくて自分達に罰が当たる。そんな考えが全く無かったのだろう。

政府や行政を行った太政官がどんなに神道を政治的に利用しても自分達の供養は仏にすがるしかない事を感じなかったのだろうか?その哀れな結末は今でも続いている。生きる事。死ぬ事。それは日々の生き方で決まる事をこれからも忘れてはならない。

Img_0167

永久寺跡から国道に戻りその道を天理方向に戻る。ここはもうすぐ駅だと思っていた所。2軒続きの立派なお宅。田舎道を歩きながら感じる事は家が凄い。これだけの土塀を築ける豊かさは一体何だろう?」それとも見栄か?(それはありません?)

Img_0168

今夜は豪華な巻寿司?見栄えは良いが味は駄目。ネタは悪く無いがシャリが駄目。巻寿司は寿司飯がうまく無いと見栄えが良くても駄目だね。自分の事を棚に上げてうんちくを語るな。美味い巻寿司を食いながら秋の夕暮れを愛でる。そんな時は残っているのだろうか?(ん?)

Img_0169

マンゴープリンとナタデココ。このレザートは意外にイケル。しかし、美味過ぎて気持ちが悪い。マンゴーは本物だが味付けが添加物。この味にハマりそうだが叱られそう。(まあ長生きが出来る保証は無いから良しとするか?)心にも無い事をつぶやいていた。これからサウナに行って来ます。汗を流して肌を擦ればまだ少しは若々しく生きれるかも?(それは無理です)

民主党輿石幹事長留任?そんな事が何でニュースになるの?民主党は選挙を先送りして出来もしない改革を口にするの?それは無理。来月は間違いなく自民党に解散に追い込まれる。選挙の結果第一党は自民党、第二党が民主党、第三党が維新の会?若者達がどんなに不信感を募らせてもこれが常識的が見方だろう?

中国政府の日本政府批判。聞き苦しいのは親父だけなのだろうか?何時迄戦争責任の追求なんて言えるのだろう?日本政府の妥協を引き出すつもりなのだろうか?それとも政策を変更し日本と対立するつもりなのだろうか?これでこの国の中国経済連携は少しは頭が冷やせるのだろう?それではこの国が困る?どんなに困ってもお間抜けなテレビでじゃん拳をしている様ではあかんでしょう。

|

« 最寄りの駅で気持ちが変わる 行き先が変わる 山辺の道 | トップページ | このガイドブック モデルコース30 どれだけ歩けるかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山辺の道が教えている事 その事がオバカな国民は知ろうともしていない:

« 最寄りの駅で気持ちが変わる 行き先が変わる 山辺の道 | トップページ | このガイドブック モデルコース30 どれだけ歩けるかな? »