« 山辺の道が笑っていた。この国の歴史を見ていた道は今、何を指し示しているのだろう? | トップページ | 日中の日差しはきつい それでも夜は一気に秋の風情 »

2012年9月27日 (木)

穂高神社。上高地には2回行ったけれどここ迄は行って居ない。

Img_0317

大阪は御覧の通りの快晴の天気。空気は涼しくなっているが日差しは強い。
ここは大阪駅。ホームの上の時空の広場。左にカフェ。中央と右側は連絡通路。ベンチもあるので待ち合わせの場所でもある。如何にもアホなカップルが目立つ。(コラコラ)横目で見ながら通り過ぎる。

Img_0318

その反対側の円形連絡通路を歩きながら着々と進行している工事現場を見る。
来春のオープンに合わせて正面の連絡通路も延びている。但しこの正面の建物は研究事務所棟。高いオフィス料金を払える会社は限定されている。その会社も優良企業(法人税が払える)ばかりでは無い。左奥はJR貨物の用地。ここでの貨物の役目は終えている。(それでも取り扱いは終わっていない。国鉄民営化とはこんな部分もある)

Img_0319

左茶色の平屋屋根がJR貨物の用地。この画面では良く見えないがこの工事現場と同じかそれ以上の1等地がこの有様です。親父的にはこの貨物引き込み線は新大阪と関空のモノレールと地下鉄に使うべきだと思うが、その計画はない。

Img_0321

Img_0323

先日のりんごはパサパサで味もさっぱりだったが、このりんごは近くの八百屋で買う。これは一個300円。残念。瑞々しさはない。それでも甘さは在る。これが値段の差か?しかし生産地の嘆きの声が聞こえる。りんごの本当の美味さはこんな物では無い。

Img_0325

大阪堂島で鯖定食を食っていたので家では朝食?何故かトーストを焼く。

Img_0326

ハチミツとお気に入りのパン。最近は朝のモーニングセットを食っていないのでトーストが食いたくなったのであろうか。トーストのパンもりんごと同様と言えば首を傾げながら「分からん」とつぶやいていた人。親父の好きなトーストはチーズトーストだった。このトーストも簡単に作れて中々むつかしい。

親父が京都で独身の頃、夜勤の仕事に大阪迄出勤の前の楽しみはこのトーストだった。喫茶店のママさんには娘はいて一回だけデートした事が在ったがそれだけだった。あれ以来トーストは一杯食ったがしっとりとしたチーズトーストは口にしていない。「食いたいか?」問われると首を振るのかもしれない。あの喫茶店も今はもう無い。

|

« 山辺の道が笑っていた。この国の歴史を見ていた道は今、何を指し示しているのだろう? | トップページ | 日中の日差しはきつい それでも夜は一気に秋の風情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 穂高神社。上高地には2回行ったけれどここ迄は行って居ない。:

« 山辺の道が笑っていた。この国の歴史を見ていた道は今、何を指し示しているのだろう? | トップページ | 日中の日差しはきつい それでも夜は一気に秋の風情 »