« エアコンの効いた部屋で横になっていると真夏の暑さが分からなくなって来る | トップページ | 夏の炎天下 お日ぃー様がくわっと。桂枝雀さんの暑さの形容 »

2012年7月30日 (月)

暑い暑い御堂筋 でも結構涼しい風が吹き抜けていた

Img_8505

大阪梅田 ガード下の食堂街 親父がいつも食っている立ち食いのきつねうどんのお店はこの手前。この時間はまだ早いので多くのお店は準備中。

Img_8506

布袋さんも少しくたびれ気味。夏バテか?(アンタに言われたく無い)

Img_8507

焼き茄子か。美味そう。七輪でこれ位の大きさの茄子を焼いてこれ位に綺麗に皮が剥けたら鰹節を落として、生姜醤油で食えたら最高だね。(こらこら)

Img_8508

Img_8509

地下街から上がると地上は灼熱の熱波。日差しが眩しい。今年はお気に入りのサングラスがないので、探さなければならない。しかし、最近はサングラスの感じが今イチでスイスで借りた違和感の無い柔らかい感じを求めている。あのサングラス頂戴。(アホ)

Img_8510

大阪駅前の交差点。人通りも少ない。地下を歩いているのだろう。暑い夏の日差しを受けて何も感じないのは親父位かもしれない。この汚い高架橋は国鉄時代の侭。親父が大阪に来た時から半世紀。ペンキの塗り替え位をする感覚は無いのだろうか?

Img_8511

もう一度地下に潜って地上に出る。その前に左足親指が靴が小さくて伸びない感じがする。足の指が亀の首の様に完全に伸び切らないで曲がった侭だと歩けない。何でだろう?足が歩くのを拒否しているのだろうか?しかし、そんな事で怯む親父では無い。今日は何としても御堂筋を歩く。靴を替えるしか無いと思い近くの靴屋を覗く。駄目。簡単には決まらない。品揃えが少ない。近くの靴修理の店で中敷きを替える。これで何とか歩けそう。そう思いながら地上に出た。これが阪急デパートの上に完成した建物。一度最上階からの景色を見た見たいけれど展望フロアーは無い?

Img_8512

お初天神を覗いて梅田新道の交差点の歩道橋を渡る。この陸橋を渡る度に国交省の役人の間抜けさを痛感する。こんな橋を渡らなくても交通量料の多い交差点を安全にゆっくり渡れる。それが役人の仕事だろう。車社会になっても歩行者優先。ヨーロッパでは当たり前の事がこの国ではそうではない。地下道を歩かせるか高架橋を渡らせる。それで歩行者の安全を確保しているとでも思っているのだろう?バカタレが。

Img_8514

Img_8515

Img_8516

Img_8517

Img_8518

Img_8519

御堂筋。今はこの広い道が北から南の一方通行。その経済的効果は良く分からないがこれだけの広い道を一方通行にしながら両側の1車線は違法駐車の車を黙認。大阪の警察は違法駐車の取り締まりを民間業者に丸投げをしている。それ程に警察の仕事は忙しいのだろうか?御堂筋を歩く度に大阪府警の間抜けさを痛感する。関西のマスコミもその事を取り上げる事は少ない?これはどういう事だろう?警察とはその程度の物なのだろうか?関西人のマナーの悪さは誰が直しているのだろう?橋下さん口先番長では困ります。

Img_8521

土用の丑の日に来れなかったうなぎの安いお店。きつねうどんは食っていたのでどうするかと一瞬考えるが500円だし暖簾を潜る。店内はカウンター席のみ。味もお米の量も少なくは無い。鰻も一切れだけど味は悪く無い。残念ながら鰻の身が緩い。(どういう事?)500円だから仕方が無いが天然の味とは違う。それは仕方が無い。天然鰻のうな重は四国の宇和島迄辛抱しなはれ。宇和島の鰻の老舗で3000円で食えるかな?

Img_8523

水の都大阪 しかしこの大川の流れは大阪人の憩いの場所にはなっていない。右端は大阪市庁。正面は生駒山。夏雲で良く見えない。

Img_8524

右側に中之島の公会堂の建物が見える。

Img_8525

これは生駒の山をアップしているのでよく見える。実際はこれ程は見えない。親父のカメラテクニック?イエイエただ単にアップしただけ。それにしては市内の景色がぼやけていない。流石です。(照れてやがる)お世辞です。そうかい。

Img_8527

Img_8528

Img_8529

Img_8530

Img_8531

Img_8532

Img_8533

新しき物と古い物のコントラスト。その背後に広がる青い空。大阪の繁栄を指し示しているのだろうか?それだけの広いマンションに住める人はどんな生活をしているのだろうか?この近くはビジネス街。食料品は近くのデパ地下で買っているのだろうか?(余計なお世話です)しかしなんだかんだ言った処でこれ程の贅沢は無いに違いない?(アンタの方が贅沢です。この暑い最中、様も無く歩ける結構なお身分で)馬鹿にされている。

Img_8534

Img_8535

Img_8536

Img_8537

Img_8539

この交差点は本町4丁目。しかし昔の面影は全く無い。この東西の通りは近くを地下鉄が通っているがこの通りを東西に(ややこしい)大阪市電が走っていた。あの頃の道は今と違ってセピア色の景色が広がっていた。この建物も無かったが大阪はそれだけ豊かになったのだろうか?それは一部は正解で大部分も正解。一部は豊かで大部分は分からない。

Img_8541

Img_8542

Img_8543

マクラーレンのショールーム。何を展示しているのかは分からなかった。この先が地下鉄御堂筋線の心斎橋駅。今日は3キロ歩いただろうか?足が少しずつ悲鳴を上げている。今日はここ迄。暑さは平気だったが足はまだ完全ではない。

Img_8544

出発点の梅田に戻ってお気に入りのミックスジュースを注文。ストローでなく一気飲み(親父飲み?)をする。このお店はフルーツパーラー。最近、こんなお店も少なくなっているが店内の席はいつも空いてはいない。座れる時はラッキー。しかし女性が多いので結構ふてぶてさも求められる。(親父は関係ないだろう?)こう見えても結構気が小さい。(嘘だろう?)本当です。


|

« エアコンの効いた部屋で横になっていると真夏の暑さが分からなくなって来る | トップページ | 夏の炎天下 お日ぃー様がくわっと。桂枝雀さんの暑さの形容 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213640/55316251

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い暑い御堂筋 でも結構涼しい風が吹き抜けていた:

« エアコンの効いた部屋で横になっていると真夏の暑さが分からなくなって来る | トップページ | 夏の炎天下 お日ぃー様がくわっと。桂枝雀さんの暑さの形容 »