« 爽やかな五月の時 温度も平年並み 緑が眼に染みる | トップページ | うんちくに経済が加わると親父に金棒?ちがう。役立たず。アチャー »

2012年5月11日 (金)

原発再開が急がれる理由がやっと分かりました。

東京電力福島原子力発電所が東日本大震災の津波で、緊急停止した原子炉と発電済みの燃料プールの水温を想定外の事で冷却で出来ず施設の建物が爆発。最悪の放射能漏れ。近くの住民は1年経っても家に戻れずこれから先も帰宅のメドすら経っていない。

そんな状況でも現在停止中の全国各地の原発再開を求める電力会社。そしてそれに反対する原発設置の地域住民。何故だか分からない東京や大阪の原発反対運動。原発がこの国の電力供給に占めている割合を考えた時、その替わりのエネルギーを何に求めるのか?その事が分から無かった。

その事が分かれば必然的に原発の必要性が理解され、今回の福島の悲劇的な事故の教訓を生かせば必然的に原発の再開は出来ると電力会社と国のオバカな役人、政治家、総理大臣迄もが考えたのだろう?今その事が甘いと批判されている。

今日のこの国の電力供給量は原子力発電をしなくても、火力発電、水力発電の有効利用(夜間の発電)、節電、自家発電、風力、太陽光発電をすれば今年の夏は乗り越えられるだろう。(根拠は無い。親父にはその証明能力は無い。この事は電力会社と政府が明言しなければならない。)

しかし、原子力発電の凄さ(発電量)この国の電力供給割合(30%)の大きさを考えた時、電力会社と監督官庁、民主党政権が原発再開を急ぎ、経済界が電力供給確保と価格の大幅値上げに反対するのも当然だろう。

それに対して賛成とか反対とか簡単には言えない。これだけの大事故を起こしても尚これ迄通りの原子力発電は出来ないのは当然だが、金や太鼓を叩きながら子供達の未来の為にとか言いながら原発反対を讃えるなら、どんな生活が出来るのだろう?

それくらいの事も考えなはれ。そう考えて見るとこれからは電力も地産地消でなければならないだろう。先日、今から6年も前に書かれた真山仁さんの「マグマ」を読みました。3年前にこの本が文庫本ななった時。真山さんは「地熱発電復活の年」と高らかに宣言している。

しかし、現実はどうだろうか?恥ずかしながら親父もこの本を読む迄は故郷大分の地熱発電しか知らなかった。そして地熱発電がこの国の電力供給に占める割合が未だに1%以下。地熱発電の原理すら知らない。何で進んでいないのか?

それはこの本を読んで愕然とする。これ程に情報が溢れ多くの学識経験者とマスコミのコメンテーターが尤もらしく語り、これからの政治と経済を語るのに国の電力供給をどうするのかを伝えていない。

原発反対と唱えてもその替わりのエネルギーをどうするのかを語れなければ説得力は何も無い。今更電気の大量消費の時代から逃れる事は出来ない。田舎で自給自足の生活と言っても電気の自給自足が出来ると言うのだろうか?

今、政府と電力会社は今年の夏の電力不足、計画停電の脅しを諦め?電力料金値上げに方向転換している。電力大量消費の業界、電力大幅値上げに苦しむ業界の反撥が原発再開に動く事を期待しているのだろうが、これも簡単ではない。

経済界がどんなに反撥しても原発再開の決断は強い政治決断が必要になる。今の脆弱な政権、総理大臣にそれだけの実行力は無い。今求められている電力供給は今の経済と政治体制同様、過疎の地で絶対安全とは言い切れない大型原子力発電ではない、消費地で自然エネルギーを利用した小型発電の積み重ねだろう。

大阪は今年の夏、電力が不足し節電では足りず計画停電が求められると脅されているが、本当にそうなのだろうか?その時原発再開に反対した大阪維新の会と京都、滋賀、関西地域連合の各首長はその責任を問われると言われているが、その反対の時その責任は霞ヶ関の役人は取れるのだろうか?取れる訳も無い。

これからの日本は原子力発電に頼るのではなく、真山氏から問われた様にこの国の物造りの技術を活かし、資源の無い国と言われて来た地熱のエネルギを活かした地熱発電の選択幅を各都道府県の人達が真剣に考え無ければならない。

他人事の様に考えながら賛成とか反対とか分からない、興味が無いと言っていたらこの国では住めなくなる事をホント、マジで問われるに違いない。親父もも少し勉強して賢くならなければならない。

|

« 爽やかな五月の時 温度も平年並み 緑が眼に染みる | トップページ | うんちくに経済が加わると親父に金棒?ちがう。役立たず。アチャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発再開が急がれる理由がやっと分かりました。:

« 爽やかな五月の時 温度も平年並み 緑が眼に染みる | トップページ | うんちくに経済が加わると親父に金棒?ちがう。役立たず。アチャー »