« 大阪は天気不順 大阪の地下街を歩きながら半袖で、汗をかいていた。 | トップページ | 原発再開が急がれる理由がやっと分かりました。 »

2012年5月10日 (木)

爽やかな五月の時 温度も平年並み 緑が眼に染みる

Img_5693

昨日の暑さは無いけれど日差しはけっこうな一日でした。最近、罰当たり?な生き方をしているので近くのお宮さんに出掛ける。何をしに?決まっているでしょう。参拝です。本殿で2礼2拍手1礼のお参りがお寺さんとゴチャゴチャになっている。

Img_5698

Img_5699

お社を一周して本殿の後ろでカメラを構えていると木の扉が「ガタ」と音を立てる。
静かな時が久々の親父を見て悪さをしている。「脅かすな」とびっくりしながら振り返ると誰もいない。居る訳が無い。居たとしてもお主ごときに見える訳が無い。そう言われている気がしていた。

Img_5695

Img_5696

新緑の時。誰もいない境内もモミジの緑が歓迎している。今日はここでおにぎりを食いながら読書と思っていたが気持ちが変わる。目線が上に上に伸びている。

Img_5692_2

お米屋さんのおにぎり。米粒がつぶれていない。色んなおにぎりがあるがいつも同じ物。このおにぎりをほう張りながら和歌山迄歩いたし、淀川も八幡迄遡り宇治川を伏見迄、木津川を木津駅迄、そこから奈良迄歩く事が出来ました。橋本屋さん。お店の親父さんとは悪たれとうんちくを言い合える友達です。

Img_5700

Img_5702

先日お見せした桜の老木。幹の上は枯れてもしっかりと支えられた大枝はしっかりとした中枝を上に伸ばして今年も一杯の青葉を繁らせている。この樹を見ていると桜木の生命力に感嘆の思いが重なる。後どれ位経つとこんな生き方が出来るのだろう?

Img_5703

Img_5701

この楓の樹も凄い。上に空を覆い隠す様に伸びている緑の葉っぱは全部私。そう言いながらガッポーズを見せている。幹は一見枯れている様に見える空胴の幹は、キッチリと樹の養分を上に吸い上げている。

Img_5704

Img_5707

Img_5706

Img_5708

銀杏は手品師老いたピエロ?今は天国で歌っているフランク永井も、この大木を見ていたら失意の思いを重ねる事は無かったに違いない。人気絶頂の時を知らない親父には彼の想いを推し量る事は出来ないが、この歌を歌ってくれた藤田まことも今は居ない。今年も晩秋の時、黄色い葉っぱを散らしながら、季節の歌を歌ってくれるに違いない。

Img_5694

近くのラーメン記念館。チキンラーメン創業者百福氏の偉業が讃えられているが入館料は無料。オンリーワンのラーメンをチョイス出来るのが人気を呼び、入館者は絶えない。タダで遊ばしてくれると思わせてキッチリ商売。さすがです。




|

« 大阪は天気不順 大阪の地下街を歩きながら半袖で、汗をかいていた。 | トップページ | 原発再開が急がれる理由がやっと分かりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爽やかな五月の時 温度も平年並み 緑が眼に染みる:

« 大阪は天気不順 大阪の地下街を歩きながら半袖で、汗をかいていた。 | トップページ | 原発再開が急がれる理由がやっと分かりました。 »