« 自我の芽生え 親知らず子知らず | トップページ | 欧州の危機は対岸の火事ではない?何をとぼけた事を言っているのだろう? »

2012年5月17日 (木)

NHK経営委員長が東電の社外取締役兼任?

東京電力が国の財政補助(税金の投入)を受け、国有化の形に成り経営陣が入れ替わるが政権与党の民主党の幹部の考え。納税者、国民を馬鹿にしていないか?していないかではなくこれ程の嘗めた態度は一体何処から来るのだろう?

自分達がこんな体たらくを繰り返していると有権者に見放され、自力では選挙も出来ず野党に政権を明け渡し、2度と政権獲得は出来ないとは考えていないのだろう?何でNHKの経営委員長に東電の社外取締を兼任させ無ければ成らないのか?

誤解を解く説明をするとか間抜けなことを言っているが説明なんか聞かなくても分かる。東電の経営体質の立て直しともっともらしい事を言いながら、その程度しか考えていないのだろう?東電にどんなに税金を投入してもこんな会社は救い様が無い。

それで政府が責任を持って倒産同様の会社を再生するのではないのか?翻って考えて見るとこの国の憲法。この国の防衛。この国の基本的なあるべき姿。そんな大事な事はこんなマヌケな政治家と官僚に委ねられていたのだろう?

マスコミも本当にクズです。皆様のNHK?ええ加減にしなはれ。皆さんのNHKはそんな事を許すのでしょうか?これで公共放送?これからはそのつもりでテレビを見れば良いのかもしれません。東電の再生はこの程度のものだとしたら、本当にこの国のリーダー達は空海様の天罰を受けるに違いありません。

京都伏見の長建寺の和尚に言われた「罰当たりな生き方」そんな生き方をしていても極楽トンボ(吉本の元お笑い)の様に政界、経済界追放は無いのだろう。しかし、しかしいくら何でもこんな罰当たりは許す事は出来ない。

|

« 自我の芽生え 親知らず子知らず | トップページ | 欧州の危機は対岸の火事ではない?何をとぼけた事を言っているのだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK経営委員長が東電の社外取締役兼任?:

« 自我の芽生え 親知らず子知らず | トップページ | 欧州の危機は対岸の火事ではない?何をとぼけた事を言っているのだろう? »