« 大阪も雨模様 昨日同様 歩く事もしないで食ってばかり? | トップページ | 原発再開出来なければ「集団自殺」発言訂正?ええ加減にしなはれ »

2012年4月20日 (金)

問責決議の重み この内閣は自覚しているのだろうか?

問責決議。この言葉の意味が軽視されている。責任を問われたのは前田国交大臣と田中防衛大臣。国交大臣の名前を知ったのは政権交代の選挙で「無駄な公共工事」と言われたダムの再開を認めた時。この大臣は国交省の役人出身。無駄な公共工事と選挙の時は当時の政権与党自民党を攻撃しながら、自分達が政権を獲得したら見直しどころか工事の再開。レベルは全く違うが原発再開と大差のない計画推進。

こんな大臣は問責どころか罷免されて当然だが問責理由はそうではない。岐阜県下呂市長選挙で対立候補の推薦状に署名。この話も良くある話だがこの大臣のおマヌケは選挙違反と言われかねない文書への署名。それも責任を問われて中味は確認しなかったと弁解。こんな大臣をクビにしない内閣総理大臣。この政権は本当に末期です。

しかしこの問責を提案し国会で決議した自民、公明の足並みもおかしい。自民党は問責を決議された2人の大臣が辞職しなければ全ての国会審議を拒否すると言い、公明党は問責を決議された2人の大臣が出席する審議を拒否すると言っている。

自民党も公明党も徹底的に審議拒否をやりなはれ。出来る力も決意も無い事は来週証明する。それともこのまま連休に突入か?今問われている多くの政治的課題もこの程度の政治家に託されているのだろうか?選挙の時に「お願いします」の連呼しか出来ないこの国の政治家達。大阪維新の地域政党の手を叩かれている事に気付いているのだろうか?それともお間抜けな選挙民を見抜いているのだろうか?(甘い)

(親父、もう1人の大臣は?)防衛大臣?問責の意味が分からない。どんな人でもどんな職責でもその責任の重さに変わりはないが、何かこの人が問責を問われる様なミスをしたのだろうか?

それでも問責が決議されればその職にしがみつく事は無い。潔く辞任する。それが政治家たる信の問い方だろう。これ迄問責が可決された大臣が信任された事は無い。今回はその問責を問うた既成野党にも責任の重さは変わらない。暖かくなって来たが政治の世界は何時迄冬眠を続けられると思っているのだろう?

今日は久し振りに日本企業の一つの在り方が問われていた。オリンパスの株主総会とソニーの新社長のインタビュー。オリンパスの問題は企業の財務の損失隠し。その隠蔽体質は経営陣の交代で実態は明らかにされていない。新会長は大株主の銀行。

それでもこの企業の社会的責任はどう問われたのだろう?問われたのは大株主の銀行である事がこれから明確になる。現実は小説より奇なりと言われるが、この国の経営者にこの国の在り方を語る資格が無い事を親父は痛感する。

財務諸表を誤摩化してもその会社の存続を正当化するこの国の大口株主。その株主に鉄槌が降ろされる事を想定して居ないのだろう。ソニー新社長のインタビューを聞きながらそんな事を考えていた。ソニーは1万人を超える人員削減。新技術の発表無くして企業の再生が無い事をこの新社長は理解していない。

ドコモタブレット?これも駄目?親父はドコモファンだけれどtakeさんから言われる様にそろそろドコモ卒業しなければならない。(そんな事は言って居ない?)ソニー、パナソニック、シャープ、日本を代表する(しない?)企業業績が地に落ちている。その教訓を学ばないとドコモも同じ穴の何とかに成る。携帯の殿様商売。窓口の待ち時間2時間。大阪駅前のお店はもっとひどい。そんな商売が続く訳が無い。

|

« 大阪も雨模様 昨日同様 歩く事もしないで食ってばかり? | トップページ | 原発再開出来なければ「集団自殺」発言訂正?ええ加減にしなはれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問責決議の重み この内閣は自覚しているのだろうか?:

« 大阪も雨模様 昨日同様 歩く事もしないで食ってばかり? | トップページ | 原発再開出来なければ「集団自殺」発言訂正?ええ加減にしなはれ »