« 問責決議の重み この内閣は自覚しているのだろうか? | トップページ | 着々と準備は進行中 少し片付いて来たのでお茶しますか? »

2012年4月21日 (土)

原発再開出来なければ「集団自殺」発言訂正?ええ加減にしなはれ

仙谷民主党政調会長代理の問題発言は本人が訂正?どういう事?国民を過激な言葉で脅迫するつもりだったの?イエイエそうではありません。それ程の深刻な問題提起だったのかもしれない。それでも脱原発の動きは加速する。今年の夏の電力は不足すると言われているが、その対策に原発再開と言われても説得力はないのは何故だろうか?政治家が余りに原発再開ありきではその反撥は必然かもしれない。

今週末には余り知られていないがフランスの大統領選挙が有り現職が負ける。サルコジのフランス経済の立て直しは失敗。その責任を問われる。フランスはドイツと力を合わせてヨーロッパ経済の立て直しを行って来たと、この国のマスコミは伝えて来たが自国の経済立て直しが出来ていなかった事は知られていない。

フランスの事は関係ない?ところがそうではない。サルコジが負けるとドイツの現職も危ない。ドイツはフランス程経済が悪く無いと思われているが、一国ではヨーロッパ経済(ユーロ)を支える事は出来ない。来週はこの国でも大変な判決がある。

マスコミが寄ってタカって金権政治家と批判した小沢判決。検察が証拠不充分で起訴出来なかった事件を無理に起訴したおマヌケ。検察審査会で起訴された疑惑が全て推測、状況証拠にもならなかった時、有罪を確信していたマスコミはどう対応するのだろう?マスコミの繰り返し発言していた「説明責任」これ程無責任な言葉は無い。

来週は連休前の慌ただしさに今年は強烈な政治の嵐が吹き抜ける事を、多くの人はまだ知らない。それとも何事も無かったかの様にスカイツリーニュースが駆け巡るのだろうか?高さ634mの恐怖はアイガー頂上近くの稜線から見るグリンデルワルドの村に比べると屁でもないのかもしれない。親父はステーキを食わせると言われても登れない。

Img_2148

Img_2152

Img_2150

Img_2483

親父はこの景色を見ていない。近くの食堂でくたばっていました。3400m。信じられません。先日のテレビでこの下を歩いていました。勿論ガイド付。氷河の上だけれどスキーは出来ない。クレパスが潜んでいる。アレッチ氷河。

Img_2477

この岩山の中にレストランが有り親父はそこのテーブルに突っ伏していた。情けない。(笑い)今では笑えるけれどあの時はあれが正解だったに違いない。高血圧で良く行きました。そして良く帰って来れました。それ程に大変で素晴らしい景色でした。

Img_2460

|

« 問責決議の重み この内閣は自覚しているのだろうか? | トップページ | 着々と準備は進行中 少し片付いて来たのでお茶しますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発再開出来なければ「集団自殺」発言訂正?ええ加減にしなはれ:

« 問責決議の重み この内閣は自覚しているのだろうか? | トップページ | 着々と準備は進行中 少し片付いて来たのでお茶しますか? »