« 堀内孝雄 「ちぎれたボタン」を聞きながら。 | トップページ | 今夜の食事 »

2011年9月27日 (火)

天気に誘われて近くの五月山に登る

Img_8862

赤い花なら曼珠しゃげ、オランダ坂ではないが五月山に登る手前の花壇の花。
田舎の稲の刈り入れが済んだあぜ道のそれに比べて、少しきゃしゃだけどまあいいか。親父に痩せなさいと言っている。

Img_8870

Img_8872

Img_8881

Img_8883

Img_8885

Img_8886

Img_8887

久し振りに登る道。途中で昔乙女のおばちゃん5人組に会う。親父が道を譲っても声を出してありがとうとも言わない。それでもそんな言葉は期待していないので、何とも思わない。四国鮎喰川沿いの狭い道で出会った中学生の笑顔と大きな声を思い出していた。人は幾つになっても可愛さを失ってはいけない。(おっしゃる通り)

Img_8891

目的の展望台が近い。久し振り。なんか嬉しくなっていた。今日はゆっくり歩いて来たので息切れも無い。低い山だけれど体調が良く無いと此処迄来るのもしんどい。
今日は秋の気配を感じながら、三遊亭圓生師匠の人情話を聞きながら、ニコニコしながら展望台に立つ。久し振りの景色を眺める。

Img_8892

意外に大阪市街地がスモッグ(かすみ)が掛かっている。遠くにうっすらと見える建物が大阪北の風景。これから空気が澄んで来ると右手奥に淡路島が見える。

Img_8895

デジタルカメラで遠景を拡大。最大ではないが大阪北のビル群がよく見える。
その後ろにぼんやりと見えるのは生駒山。この山がくっきり見える様になるのはもう少し寒くならないと無理かもしれない。

Img_8893

Img_8899

ブラック無糖 コーヒー 駅の近くで買ったお気に入りのサンドイッチは完食。
コーヒー無糖は幾らコーヒー党の親父でもチョッとしんどい。「高級豆が薫るエスプレッソ」のキャチコピーには無理がある。三温糖2個位は要りますか?

Img_8900

公園入り口の橋。葉っぱが完全に色づくのは後一月か?
久し振りの散歩は膝がガクガクする。これから涼しくなるし時間はたっぷりあるので歩かなければならない。昨日ズボンを買った。流石に半ズボンは掃いている人はいなくなる。秋の日はつるべ落としと言われるけれど、秋の夕暮れは早い。

|

« 堀内孝雄 「ちぎれたボタン」を聞きながら。 | トップページ | 今夜の食事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天気に誘われて近くの五月山に登る:

« 堀内孝雄 「ちぎれたボタン」を聞きながら。 | トップページ | 今夜の食事 »