« 今日は11番札所のみ 12番焼山寺迄行けず それでも自転車で50キロ以上移動 凄い | トップページ | 今日は20番札所迄 鶴林寺は550メートル山野の上 »

2011年8月22日 (月)

今日は17番札所迄進みました。後2日で帰れそう。

Img_8177

12番札所 焼山寺の麓 昨日ここの善根宿に泊まりました。TVはなし。ヤブ蚊は多し。エアコンもなし。でも山が近くて空気が澄んでいる。ここからお寺迄は6キロの道のり。昨夜、ここで泊まれなかったら野宿しか無かっただろう。一泊2食おにぎり付きで4000円。お金の大切さと人の心の優しさを痛感しました。

Img_8181

一本杉が大きく枝葉を伸ばして空海修行の加護をしている。この場所は11番札所から12番迄を歩いた人だけが眼に出来る。親父は特別に宿の親父さんが軽トラで山道を上り案内してくれました。ありがとうございます。

Img_8182

親父さん、スマートになりました?昨日は50キロ移動したし?元に戻るなよ。

Img_8183

杉の大木は多くの歩き遍路を見て来たのだろう?親父の様に親父さんの軽トラで登って来たのは居ないだろう。さすがの空海も顔を隠している。この罰当たり。(親父の事です。)でもしっかり瞑目合掌。一礼だけは忘れませんでした。何も語らず何も祈らず唯、これからの生き方を教えられていました。どんな事?無です。

Img_8184

昨夜、一緒になった千葉の佐伯さんとここの本堂で一緒になる。佐伯さんは正真正銘の歩き遍路2回目。今回は通しの逆打ち(88番から1番へ)罰当たりと思いきや宿の兄さんの説明では順廻りより大変と言う。それだけの値打ちありとか。真似が出来ない。それでも佐伯さん 道を間違えていた。弘法も道の誤り?コラコラ。

Img_8188

ここ迄来ると霧も近い。この山道を歩いて11番に向かう佐伯さんに「お気を付けて」と声を掛けて分かれる。親父は参拝が済むと親父さんが待っていた。

Img_8186

Img_8190

Img_8191

Img_8192

Img_8194

親父さんとおかみさんが建てたお地蔵さん。親父さんはそのお陰で大怪我から奇跡の回復をしている。親父さんとお別れの時、がっちりと握手。親父も信心深い生き方をしなければならない。唯、自分の生き方は自分で決めなければならない。

Img_8197

昨日喘ぎながらチャリを押しながら登った道を一気に下る。アルプスの少女「ハイジ」の気分。それでもこれからは上り坂が結構ある。昨日、「ハイジ」だった所?

まだまだ続きます。食事に行って来ます。

外が徳島の駅前ですがホテルから出るのがおっくうになり、ホテル内の食堂でビール飲んでいます。家に居るときは余程の事が無いと飲まなかったビールを欠かさないのは何で?それほどの開放感も無いのに?自分に対する感謝の気持ち?かもね。

Img_8196

親父、空海に似て来たな?まさか。得意満面の顔で何を自慢しているのかな?

Img_8198

川の水がきれい。鮎喰川。左岸を走っているが右岸は旧道。地元の子供達が挨拶をしてくれる。田舎は子供達の気持ちも素朴です・

Img_8199

昨夜の宿で慶応ボーイと一緒になる。但し、彼は寝袋で野宿。昨夜の宿はそんな歩き遍路の為に雨露が凌げる場所がある。食事は接待。折角の学生生活にも迷いを感じているという。もう一度進むべき道を考えていると言われて親父節炸裂。自分の道だから自分で選択すれば良いが、自分だけの考えではなく親の気持ちも考えてと、余計な事を口にする。大学に合格した感動と余計な回り道を忘れるなと。アホやなあ。

Img_8201

ここは峠です。昨日は下りで先を急いでいたのだろう。日本の原風景を見る感じでポカンとしていた。この山越えの低い峠が出来たのは平成8年の1月。まだ元気だった。でも苦しかっただろう。1番苦しかった時に優しい言葉をかけてやれなかった断腸の思いも、今は昔の様に感じられる。そんな事も考えていた。遅い。そう言うだろうな?

Img_8204

半分かけた親父のこれからを暗示している。「親父さん」大丈夫。これ迄も。これからも。体重を減らして眼を輝かして生きて下さい。出来るかな?出来るとも。

Img_8205

ここで先を歩いていた慶応ボーイに追いつく。一緒に接待を受ける。

Img_8207

Img_8209

Img_8211

14番、15番近い。それでも道は注意しないと近くで間違う。

Img_8212

Img_8213

アララギの木の股に石の大師像があると、ガイドブックに書かれていたが見えなかった。このアララギの樹は空海が糖尿病に苦しむ老人の為に植えたと言われている。アララギの葉っぱが糖尿病に効くのは今でも同じだろうか?太師像が見えなかったのは何かの暗示かもしれない。

Img_8215

Img_8217

Img_8219

Img_8221

左におやじの愛車ママチャリが見える。今日も雨が降ったりやんだりで、カッパのお世話になる。それでも長くは続かない。今日はここで打ち止め。次の18番迄行く事を一瞬考える。それでも又、明日。無理をする事は無い。今夜は徳島駅近くのビジネスホテル。素泊まり5000円。夕食2000円。昨夜、節約したから良しとする。

Img_8222

明日は街中から南下するので交通量が多い。子供達が小さい頃、帰省した道。見覚えはあるかな。あれからどれくらいの歳月が流れたのだろう?

「月日は百代の過客にして行き交う人も又、旅人なり」芭蕉。

最後のこれはオマケ。長い間住み慣れた静岡掛川の隣の街と同名の橋。

Img_8223

|

« 今日は11番札所のみ 12番焼山寺迄行けず それでも自転車で50キロ以上移動 凄い | トップページ | 今日は20番札所迄 鶴林寺は550メートル山野の上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は17番札所迄進みました。後2日で帰れそう。:

« 今日は11番札所のみ 12番焼山寺迄行けず それでも自転車で50キロ以上移動 凄い | トップページ | 今日は20番札所迄 鶴林寺は550メートル山野の上 »