« お盆休みも後一日 何もしないで昼寝をしていると電話で起こされる | トップページ | 又、合う日迄 暫しのお別れです。お元気で »

2011年8月16日 (火)

年貢の収め時?いやいやふてぶてしく生きてこそナンボです。

Img_8033

今年の夏は昨年程の暑さは無い。去年は焼け付く様な暑さが続いたけれど、今年はその勢いが無い。その分親父はふてぶてしい生き方をしているが、その生き方もそろそろ「年貢の収め時」?なのかもしれない。己の感情を剥き出しにして人の気持ちを不快にする。それでも自分に正直に生きる。年老いたりと言えども死ぬ迄その思いは変化しないのだろう。色んな人に嫌われたが必ず心が重なる人が現れるに違いない。

「甘い」今迄何度も味わった「徒労感」。なんの為に何の為にと自問自答を繰り返したあの惨めさは無いが、肉体は老いても心は生まれつき心臓に穴が空いている様に、何時迄も変わら無い。空海が四国徳島から高知室戸の道で感じた難儀な思いを体感しなければ、この難儀な思いは変わら無いのかもしれない。

否、それでも次の高知(修行)の道を歩かなければ無理かもしれない。この道は長いよ。お主、歩けるか?電車に乗ります。アホやのう。それでは修行にならない。イエイエ、それも立派な修行です。人の心は人を批判出来る程立派ではない。

Img_7949 戦力外通告?

先日提出の健康診断書を見れば誰でも、そんな気持ちになっても不思議ではないが、自分でもこの体型でよく頑張っていると思っているが、仕事で倒れる前に空海様が呼んでいるのかもしれない。

「人の一生は重荷をおいて遠き道を行くが如し」と家康は言っているが、親父にとってそんな事はどうでも良い。大事な事はこれからの生き方だろう。

どんなにその生き方が否定されたとしても、親父やお袋達の生きた時代を忘れてはならない。

サウナに行って汗を流して「本日で終了」の通告を受けて来ました。親父の口調、態度を変えるのではなく担当を外してくれと言われたら、他に手だては無い事は言う迄もありません。今日迄の3年間面倒を見てくれた担当に感謝しています。

御陰様で明日からいつでも四国徳島遍路道を歩ける様になりました。とは言っても歩きながら汗をかきながらおふくろや親父達が歩いた道は、並大抵ではなかった事を思い知らされて涙と共に深いため息をつかされる事でしょう。

御陰様で四国徳島歩き遍路のブログ中継が出来ます。これもアップルで上ちゃんとの出会いが合ったからでしょう。親父の訳の分からない質問にも本当に丁寧な対応ありがとうございました。遍路道でどれだけの事が書き綴れるか分かりませんが、毎日見守って下さい。親父は結構いい加減な男ですが、やる時はやります。

お店を出て近くのお店で一人でお茶しながらの報告です。

Img_8062

|

« お盆休みも後一日 何もしないで昼寝をしていると電話で起こされる | トップページ | 又、合う日迄 暫しのお別れです。お元気で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年貢の収め時?いやいやふてぶてしく生きてこそナンボです。:

« お盆休みも後一日 何もしないで昼寝をしていると電話で起こされる | トップページ | 又、合う日迄 暫しのお別れです。お元気で »