« 太龍寺ロープウェイで登る。宿も2泊する。明日は22番と23番札所   | トップページ | お昼前にいきなりにわか雨 一気に温度が3℃下がる »

2011年8月25日 (木)

徳島遍路道(発心の道場)体験して来ました。知らない人が多くを語りますが、行って見なはれ。嘆きの吐息をつぶやいて下さい。

Img_8418

昨夜はまだ帰るなと言われている様な土砂降りの雨でした。
それでも今日は別れの時、短い間親父の足になり命となってくれたママチャリともお別れ。1番札所の近くで買った時は徳島最後の札所薬王寺近くで、誰かに譲るつもりでしたが、2泊した道の駅「そわか」の娘が引き取ってくれる。本当にありがとう。
これでお別れです。雨上がりの山もまだまだ降りそうです。

Img_8420

Img_8421

今日は22番札所、23番薬王寺迄。ここからの距離侮っていた。ママチャリも別れの時を感じたのだろう。親父の軽い気持ちを打ち砕く。峠越えの道。車で走ると容易な道もなだらかな登りは一気に汗をかく。途中で道を間違えていないか?不安になる。最後の登り坂で1昨日反対側から廻り込んだ21番札所の標識が見えてくる。
しかし、この道で正解だった。この先峠を登り詰めると一気の下りになる。

Img_8422

これは昨日遊んだ河原。

Img_8423

峠の登りの始まり。この時はまだ余裕しゃくしゃく。ただ意外に遠い事を実感し始める。親父の田舎の風景を思い出す。

Img_8424

Img_8425

長い長い登り。でもまだまだ元気。携帯に不在着信有り。前の職場の同僚。「今、何してマンネン」と言われる。「四国徳島の旅」仕事は終わりました。これからは生き方が変わります。司馬遼太郎さんが書いた空海の風景は、今を生きる人達の心の指針です。口先だけでなく歩いて見なはれ。人生が変わる。生き方が変わる。考え方が変わる。(車でお寺さん山門乗り付けは駄目。しかし、親父もここで考えが変わる)

Img_8430

峠の頂上でようやく22番札所の看板が見えてくる。下りは結構一気に下る。これが登りならと思うと空海様に感謝する。車で走れば難なく越える峠道がこれだけ大変だとは実感しないと分からない。この先は楽だった。

Img_8431

峠の下り道。雨が降っていた。

Img_8432

後3キロ。地図を拡げて確認していると学生に声を掛けられる。でもここ迄来ればもう大丈夫。カッパを脱いでもう少し頑張って。

Img_8434

昨夜来の雨で川の流れは早い。しかし水は綺麗。水草がよく見える。

Img_8435

ようやく到着。予想以上の時間が掛かる。考えの甘さを思い知らされる。しかし、この教訓が生きる。ここ迄1時間以上。次の薬王寺迄20キロ。ここで空海が助けてくれる。「雨が降り始める。次迄の道は半日掛かる。電車にしなはれ。」ありがとうございます。

Img_8437

Img_8436

今朝は実質この表示以上これ以上走って居るが、後、20キロはしんどい。後で迎えに来てくれたミーちゃんの車で戻る時、昔の国境の峠道。本当にありがとう。忙しい合間を親父の為に感謝の気持ちで一杯でした。ママチャリは近くの駅前の喫茶店で預かってもらう。帰りは雨になっていた。

Img_8441

ここは乗車した新野(あらたの)駅の先の停車駅。電車はワンマン。しかし、けっこう、学生と歩き遍路の乗車がある。本日の目的23番札者はここから20分足らず。それでも長いトンネルで峠を越える。鉄路の偉大さを痛感する。

Img_8442

Img_8444

日和佐の駅から歩いて600メートル。それよりも近くに感じました。
徳島遍路 1週間の旅 無事終了 最後に嬉しい事と楽しい別れの時を空海様は用意をしてくれていました。新装オープンの綺麗な宿、そして自然で飾らない優しい心のおもてなし。何故か苦しさと楽しさ。思いがけない感動がフィナーレを飾ってくれました。

家族皆で力を合わせ仕事と愛を両立させて下さい。又の日を楽しみにしています。本当にありがとうを繰り返しながら、送って頂いた阿南の駅から徳島駅、徳島駅から大阪梅田のバスターミナル迄無事帰って来ました。では最後に23番札所のオンパレードです。耳の中で蝉の声が、瞼の中に多くの優しさが染み込んでいます。
来阪を楽しみにしています。お元気で。車に気を付けて。ママチャリ大事にして下さい。

Img_8446

Img_8447

Img_8448

Img_8449

Img_8453

Img_8454

Img_8456

Img_8458

Img_8460

Img_8463

前の札所迄43キロ?本当に電車で正解でした。電車に乗らなければ助けを呼んだでしょう。次の札所24番は高知県室戸岬 最御崎寺(ほつみさきじ)は途中迄はJR。歩くと3日掛かり。(それでも歩いている人は居る)只々凄いとしか言いようが無い。この道が白装束を着て歩く意味が良く分かる。

本当にこの道は口先では歩けない。都会で生きる人達もそれなりの覚悟が必要です。空海が教えて呉れた「今を生きる意味」それは歩かないと分からない。それでも90キロは無理。次は高知の遍路(修行の道場)です。親父は次は電車とバス、そして歩きの遍路です。

何時、行けるかな? 暫く減量をしないと歩けない。折りたたみの自転車どうでしょうか?それなら何時の事か分からんな。しっかりお金を貯めないと。

Img_8465

これはもう帰りの電車から撮った駅です。阿南の駅迄送ってくれて感謝しています。お陰様で阿南駅折り返しの電車に乗れました。徳島駅でもバスの待ち時間は少なく
大阪到着は6時前でした。お仕事頑張って下さい。

Img_8466

徳島駅前のバスの広告が池田。大阪池田到着は6時半位。大阪梅田でバスを降りて何時ものお店でカレーを食いました。このお店のカレーも最近お客が少なくなりました。お客さんは本当に正直です。これから仕事は難しくなりますが、初心忘れず輝いて下さい。応援しています。

|

« 太龍寺ロープウェイで登る。宿も2泊する。明日は22番と23番札所   | トップページ | お昼前にいきなりにわか雨 一気に温度が3℃下がる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳島遍路道(発心の道場)体験して来ました。知らない人が多くを語りますが、行って見なはれ。嘆きの吐息をつぶやいて下さい。:

« 太龍寺ロープウェイで登る。宿も2泊する。明日は22番と23番札所   | トップページ | お昼前にいきなりにわか雨 一気に温度が3℃下がる »