« お日様(おひいさまが)くわっと。(桂、枝雀さん、得意の口上、せりふ) | トップページ | 大阪は夏模様 でも梅雨明けはまだ10日先? »

2011年6月24日 (金)

東北大雨 関西は大丈夫だけれど自然への畏敬、忘れたらアカン

Img_7604

阪急電車終点の宝塚で阪神バスに乗り換え。7、25分発。
この写真は別に珍しくも何ともないが運賃下の文字が懐かしい。
野田阪神ー天神橋筋6丁目(通称天六) 親父が18の時大阪に出て来て8年間お世話になった路面電車の区間。会社があったのは上海老江と大淀。通勤時の乗り換えは中津だった。今はその路面電車もバス路線になっている。

Img_7605

桜の老木。と言っても親父より若い。根元近くから2股に別れていたが片方は枯れて無惨にも輪切りにされて見る影も無い。その過半身に苔が繁殖している。親父の水虫菌か?(でも親父、最近はマシだな)薄いハサミでこそぎ落とされる。

Img_7606

綺麗に削ぎ落とされたが痛々しい。親父が樹木師なら保護液位塗ってやれるのだが、出来る事と言えば水を掛けてやる事位。人が老いる事と同じ様に樹にもそれが有るのだろうか?悲しいけれどこの幹が生茂る事は無い。

Img_7607

桜の樹の根元、象の足ではありません。伸びた芝生をむしってみるとああ、無惨。
何たる事。小虫が完全に表皮を食い尽くしている。足で蹴ってみるとポロポロと崩れ落ちる。それでも桜の木の生命力も負けてはいない。皮を硬くして身構えている。

凄い。下手な三文役者は出る幕も無い。梅雨も後半。しっかり雨を吸い込んで今年の暑さを撥ね除けて下さい。親父もしっかり見守って行きます。
今日はこれでおしまい。先日歩いた箕面の滝のアップ出来なかった分、お見せします。

Img_7526

Img_7442

これは近くの久安寺の庭園。これも画像のスペックオーバーでアップ出来なかった親父お気に入りの一枚。アップ出来なかった原因が偶然分かる。これでボヤキが一つ消える。流石。幾つになってもアンタは賢い。(自画自賛です。)

Img_7492

滝への道。まだまだ先は長い。正面に見えるのが川床。京都鴨川の川床も安くは無いがここもそうなのかな?食いたいとも思わないけれど。(食えないだろう。)

Img_7525

これはお見せしている。大きな石。この石を避けて道は川サイドにはみ出している。

Img_7530

これも快心のショット。しかし、この静かな川の流れもひとたび大雨となれば、暴れ川と化す。この上流で台風の濁流の中に地元の警察署長が流される。その顕彰碑がこの上にある。自然の脅威を忘れてはならない。「想定外」?違うだろう?

Img_7499

平日のオフシーズンと言うのに歩いている人はそれなりに多い。
それでも親父1人では淋しいと思いきや、親父だけでは無い。
でも多くは二人連れ。今年の秋は二人で来るか?来れるかな?

Img_7498

こんな処に喫茶店。前、来た時には無かった気がするが?
次は二人で来ますか?

Img_7533

どうにか到着。雨はそれ程多くは無いが滝の水量は結構多い。
滝の近くに有料道路のトンネルが出来て水が枯れたと言われたのは、一時的だったのだろうか?梅雨時で水は他から流れていたのだろうか?

Img_7553

Img_7541

Img_7552

Img_7565

6年前に見た西表の大木を思い出す。今は台風の直撃で遊覧船も欠航だろう。
沖縄本島から飛行機でおよそ1時間。石垣港から1時間。日本の最西端は大阪からおおよそ4時間。乗り継ぎを考えたら半日がかりかな。この大木は遊歩道の先にある。

Img_7577

滝から帰りの道は川の対岸を歩く。こちらも遊歩道だがどちらが先だろうと思うが、そんな事を考えていると道は川から離れてどんどん上に上がる。ここ迄降りて来たときは一安心をしていた。こんな事では遍路道歩きまへんえ。しっかりしとくれやす。
京都弁でハッパを掛けられている。おおきに。かんにんしとくれやす。

Img_7575

左上から道は下っている。でもここ迄来れば一安心。大きな岩が亀岩?首をのぞかせているのが分かるかな?それが分かれば遍路道も歩けるかもしれない。
Img_7528

もうすぐゴールです。ゆっくり歩いたから足の疲れはそうでも無かったが、腹は減る。おにぎりのへそくりこれは有りだな。腹が減ったら歩けない。

Img_7596

本当は行きたかったけれどそれだけの元気が残っていなかった。
高野山真言宗。日を改めて出直して来ます。次は最初にお参りをして滝道を歩きます。近くにこれだけの道が在るだけで感謝です。次は遍路道を歩く靴(登山靴)で挑戦です。エアコンは効く様になりましたが、この滝道の涼しさには勝てまへん。

|

« お日様(おひいさまが)くわっと。(桂、枝雀さん、得意の口上、せりふ) | トップページ | 大阪は夏模様 でも梅雨明けはまだ10日先? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北大雨 関西は大丈夫だけれど自然への畏敬、忘れたらアカン:

« お日様(おひいさまが)くわっと。(桂、枝雀さん、得意の口上、せりふ) | トップページ | 大阪は夏模様 でも梅雨明けはまだ10日先? »