« 今年の夏は電力不足?節電のお願い?原子力発電? | トップページ | 宝塚記念がやってくる。1998年 サイレンススズカ? »

2011年6月19日 (日)

静かな朝です。大阪は天気予報は☂ですが、どんよりとした曇り空です。

Img_1645 今朝は9時過ぎに起きて家でトーストを焼いてマーガリンをつけて食べました。
家でトーストを休みの日に焼くのは珍しい。いつもは近くの喫茶店かパン屋さんで済ませていますが、珠にはこんな日も良いでしょう。そして、段々とこれからはそんな生き方をするのでしょう。今、ブログで遊びながら録画している大好きなズービンメータ指揮の交響曲第九番「合唱つき」を聞いています。

東北大震災と福島原発事故の悲劇を慰霊し、その復興と収束を願う多くの思いの中で、このコンサートは親父の心の中で何度も何度も、政府と地元行政の施策の遅れを思い知らされています。そしてその遅れに何も出来ない無策と無能。人はこれほどに無慈悲な生き方しか出来ない事にぼやくしか無いのでしょう。

政権交代に多くの期待を重ねた多くの有権者の想いに答える事も出来ずに、今、又この国未曾有の大震災と原発事故に対してお些末な対応しか出来ない政府に対して、誰が歓喜の歌を歌っているのだろう?とてもそんな状態でなくても希望、歓びが感じられない政府に突きつけられている不信感を、感じないのだろうか?

出来ない事をやる必要は無い。出来る事をやれ。被災地の怒りの声がこの世の中に充満しないとその想いを感じないこの鈍感さは一体何だろう。ベートーベンは作曲家として命と言われる聴覚を無くしても尚、後世に歌い継がれる名曲を残したが、今の政府とその施策を引き継ぐと言われる次の総理に、何が出来るのだろう?

アメリカの1930年後半の農民が踏みつけられた様に、いや今でも世界各地で平然と行われている弱者の踏みつけは、これからも変わら無いのだろう。なんとか委員会。なんとか審議会、なんとか学識経験者検討会。遅々としてははのんきだねと言われながら検討を重ねるお間抜け学識者達。その代償がこれから大きくなる事をどれだけの人が覚悟しているのだろうか?

景気は?電力不足は?それよりも被災地の復興は?原発の収束は?自分達に都合の良い言葉しか語れない政治家に次の審判は「ノー」です。その事だけは間違いない。その時、彼らはフランス革命のギロチン台では無い事に感謝出来るのだろうか?

Img_1561

昨年の今頃見たスイスの景色。この山は左上の展望台で見たマッターホルン。天気に恵まれて絶景でした。高度恐怖症の親父はゴンドラの中で幼子の様にうつろな目をして恐ろしげに遠くの景色を見ているだけだったけれど。再びの時は無いと思うけれどもう一度位なら見れるかな?それは無い。こうして見るだけで充分です。

Img_1613

親父が行けなかった展望台。3883メートル。行けない筈だよね。あの時クビに鈍痛がしていたが、昨夜ベッドの上で折り畳んだ敷き布団にクビをもたれかけてうたた寝をしていたので、同じ思いをしている。懐かしい思いと同じ不快感が交錯している。

Img_1586

何度見ても笑える写真。何で笑えるのかって?ここ迄来て左のガラス張りの食堂のカウンターで突っ伏しながら時々亀の様に首を上げ、廻りの景色を見渡していた。展望台はこの上の山頂にあったのだろう。それにしても空は青く雪は白い。

Img_1671

ロープウエイは終点(展望台)直前で揺れながら収納される。「止めて下さい」と思いながら虚ろな目をしてと、大阪弁でいきなり話し掛けられる。「止めて下さい」それどころではない。元気なおっちゃん。「こんな景色、日本では見られない」と、はしゃいでいた。同じオバカを総理が演じている。この総理。本当に?かもしれない。

|

« 今年の夏は電力不足?節電のお願い?原子力発電? | トップページ | 宝塚記念がやってくる。1998年 サイレンススズカ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静かな朝です。大阪は天気予報は☂ですが、どんよりとした曇り空です。:

« 今年の夏は電力不足?節電のお願い?原子力発電? | トップページ | 宝塚記念がやってくる。1998年 サイレンススズカ? »