« 永田町の論理ではない。国取りゲームではない。マスコミは何を見ているのだろう? | トップページ | 大阪の街も大きく変わる。浪速の想いも夢の又夢。 »

2011年6月 2日 (木)

これからの生き方。考え方。人を許すと言う事。

Img_7158_4 名前は知らないけれど、何かを口にしている。路肩の花でもこれだけ喋るのだから、人間様も多くを語らなければならないが、最近、人間不信。何を今更と自分に言い聞かせながら、休みの日お決まりコースをチャリでペタルをこいでいる。



Img_7172_2 静かなお宮の境内を歩きながら本殿を一周する。
正面からの写真は何度も撮ったが、この角度の写真は無い。本殿正面の蓋の空いた木の箱があり、今日の格言(教え)が印刷されている。

「己の不快な事は相手も不快な事。人を不快に思うのではなく、優しい心で許せ」と書かれている。

立派な言葉。しかし、己の心は正直です。2度と行かない。2度と見たく無い。2度と言葉を交わしたく無い。相手もきっとそう思っているに違いない。

Img_7169_3

そんな優しさの無い言葉をつぶやきながら歩いていると、親父の心を目前で揺り動かしている妖精がいる。大阪にもこんな緑がみじかにある。知らないだけ。知らないから自分の言葉でしか多くの事を語れない。これからも元気に生きろ。励まされている

Img_7173_2

本殿横の柊南天。親父の仕事場横のひいらぎは今年は何故か、実は確認されていない。今年は葉っぱが多くて見えないだけなのだろうか?植物の実は世代交代の証。人間様の世界ではどれだけの事が行われているのだろう。茶番を繰り返されてそれでも尚、支持をお願いするこの厚かましさ。そんな世の中が変わる事は無いのだろうか?

Img_7163

親父さん?このプロペラなんだか分かりますか?分からんでしょう?それではアップしてみましょう。

Img_7167

これだけの実を付けてこれだけのプロペラで何処迄この実を飛ばすのだろう?しかしこれだけの実を飛ばしても何一つ、苗木が育つ事は無い。この当然の事が実らなくても今年も又、子孫繁栄の営みは行われている。この生命力、親父は忘れない。

Img_7153

内閣不信任案は民主党代議士会の茶番劇で否決?(今は決まっていない。)

これから投票が始まる。これで民主党の次の選挙の大敗が決まる?

|

« 永田町の論理ではない。国取りゲームではない。マスコミは何を見ているのだろう? | トップページ | 大阪の街も大きく変わる。浪速の想いも夢の又夢。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これからの生き方。考え方。人を許すと言う事。:

« 永田町の論理ではない。国取りゲームではない。マスコミは何を見ているのだろう? | トップページ | 大阪の街も大きく変わる。浪速の想いも夢の又夢。 »