« 今日から六月。梅雨の晴れ間は長くは続かない。少し寒い。 | トップページ | これからの生き方。考え方。人を許すと言う事。 »

2011年6月 1日 (水)

永田町の論理ではない。国取りゲームではない。マスコミは何を見ているのだろう?

被災地の復興、復興が侭ならない時に内閣不信任は無い?
それでは今の内閣が震災発生後、どれだけの事をして来たのだろう?
「出来る限りの事はして来た」そしてこれからもその努力は続ける。?
本当にそうなの?そしてあなた達は本当にその言葉を信じているの?
勘違いと言うより間抜けとしか言いようが無い。
さすがの親父も今の政権では震災復興の政策は遅々として進まないと思う。

そんな事で内閣不信任ではないと如何して思えないのだろう?
そんな事はどうでも良いと思っているからだろう?
そこ迄は思っていなくても今の政権は国民の多くの支持を失っている事に気付かなければならない。支持が無ければ退陣するのが当たり前。それをしなければクビにする。世間一般の常識は政治の世界でも例外ではない。

今日のテレビの放送を見ていてテレビ朝日の「報道ステーション」で被災地の一個人のコメントを尤もらしく報道していた。同様の事を多くのマスコミ報道で見かける。
「ふだけるな」何様だと思っているのだろう?復興の邪魔をするな?

あなた方は何時からそこまで傲慢になったのだろう?
報道の使命は色んな事実を脚色無しに報道する事でしょう?
高い報酬を手にしながら尤もらしいコメントをしていたら、あなた達も不信任のカードを突きつけられる。その時は手のひらを返したかの如く、お尻を振るのだろうか/

ええ加減にしなはれ。政治と金の問題とか政治不信とか、誰がやっても同じとか。
尤もらしい言葉に惑わされる事無く、己の道を歩け。どんなに喚いても間違いなく政権崩壊です。被災地の人も災い転じて福と為せ。その言葉を忘れてはならない。
厳しい言葉ですが国難の時、誰もあなた方の事は忘れては居ない。
「邪魔をするな」と言われるなら1人では立ち直れない事も現実です。

|

« 今日から六月。梅雨の晴れ間は長くは続かない。少し寒い。 | トップページ | これからの生き方。考え方。人を許すと言う事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永田町の論理ではない。国取りゲームではない。マスコミは何を見ているのだろう?:

« 今日から六月。梅雨の晴れ間は長くは続かない。少し寒い。 | トップページ | これからの生き方。考え方。人を許すと言う事。 »