« 放射能汚染、風評被害、自粛ムード、買いだめ? | トップページ | 怒りのぶどうは今、又繰り返されている。しかし、この状況はひど過ぎる »

2011年4月 7日 (木)

汚染水放出説明不足 真摯に受け止める?言葉を弄ぶな(もてあそぶな)

福島原発の放射能汚染水の放出は、どれだけこの原発が深刻な状況なのか、私達に教えている。しかしその状況がどれだけ深刻なのか誰にも分からないから、疑心暗鬼を生む。茨城沖の魚が本当に食えないのか?食えないのならその補償はどうするのか?全く見えてこない。福島原発周辺住民を退避させても何時迄その状況を続けなければならないのか、説明出来なくてもその政府、責任を果たしていると言えるのだろうか?今度の日曜日地方選挙でボコボコに負けても、責任回避の言葉を重ねるのだろう?暗澹たる思いで花見気分ではない。(それでも出掛けるけれど)

政府に危機感が足りずにその処置が拙ければ怒りの鉄槌は、何時何処で誰が振り下ろすのだろう?この国家の存在が問われても被災者以外の人達の冷たさは何たる事だろう?一人一人の多くの善意も遅々として進んでいない事をどれだけ意識しているのだろう?多くの自粛の動きが批判されているが外人観光客の日本離れがその答えを示している。

この国は暫くはそんなムードではない。政府、行政に信頼が置けないとしたらそんな国の何を観光するのだろう?安全宣言を何処迄明確にして出来ない地域は何処迄なのか?それが言えないのだから安心して観光など出来る訳が無い。

政治家は被災地に住まいを移せ。被災地の人と同じ生活をしろ。同じ不自由な生活の中からコメントをしろ。東京の豊かな生活の中で間抜けな事を行っている間は、この悲惨な状況は時が解決するしか無い事を、マスコミは理解していない。

この国の底力が誤解されている。何を根拠にこの国の底力とやらを語るのだろう。今この国の被災地の混乱を見て語れ。このがれきの山、この荒廃した景色の前の何を語るのだろう?過去の話しをどんなにしても当事者には何の希望にすらならない事を、この人達はどれだけ理解しているのだろう?

この時、被災地の人がどれだけ苦しさの中で懸命の思いをしているのかを語れ。そして腹一杯の飯とみそ汁と漬け物を食わせろ。今の不自由な生活は何時迄に目処が付く、その言葉を語れなくて尤もらしい希望的観測を語るな。そのうち、その代償は計り知れない事に気付いても遅い。危機管理、自分の身は自分で守る。その事を思い知らされている。

Img_6158

今日はお休み。穏やかな時を叩き破られる事をどれだけ感じても有り余る事は無い。
そして被災地の皆さん。今は何も考えられなくてもとにかく生き延びて下さい。
その先にどんな事が待ち受けているかは誰にも分かりません。希望の花を手にして下さい。

|

« 放射能汚染、風評被害、自粛ムード、買いだめ? | トップページ | 怒りのぶどうは今、又繰り返されている。しかし、この状況はひど過ぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汚染水放出説明不足 真摯に受け止める?言葉を弄ぶな(もてあそぶな):

« 放射能汚染、風評被害、自粛ムード、買いだめ? | トップページ | 怒りのぶどうは今、又繰り返されている。しかし、この状況はひど過ぎる »