« 被災地の皆様に心から哀悼の想いを。命の重みを再認識 | トップページ | 大阪岡崎橋 一気に春めいている 震災の被害は言葉が無い »

2011年3月13日 (日)

想定外の出来事 当事者で無いと分からない事 

一昨日発生した東北、関東の大地震。被災地の悲惨な報道を見ながら言葉が無い。
地震発生直後のテレビの大津波の画像を見ながら、大変な事が起きていると実感したが平和で穏やかな一瞬をたたき壊された被災者に、お慰めの言葉も無い。

人は全く予期せぬ出来事に直面した時、何の最善の策も取り得ない。テレビの放送で尤もらしい解説をして、どんなに沈痛の面持ちを重ねてもそんな物は、現実の苛酷さに比べて何の値打ち、支えにもならない。

「お気の毒」そんな言葉を発する暇があれば被災地に飛べ。そしてがれきの中で泥まみれになれ。空からの映像で何かを語るな。報道の責任を今程問われる事は無い。阪神淡路大震災の時を遥かに越える人命の犠牲。救助、援助の為に現地で仕事をしろ。

原子力発電の地震、津波対策のお粗末さも思い知らされる。原子力発電の怖さを多くの国民は知らない。その対策と現在進行している事故の実態は今後、明確にされなければ原子力発電の見直しは必然だろう。

頭を下げるだけでは済まない現実が突きつけられている。「原子力発電は温暖化対策」放射能の恐怖を蔑ろにしたその代償もこれから問われる。企業も行政も余りに安全神話を過信していたと今回の事故は問題提起をしているのだろう。

原子力発電無しにはこの国の経済も国民生活も成り立たない?そうだとしても今日的課題は安全第一。発電所の周辺の人が被爆する災害は誰1人として認めはしないだろう。企業の安全対策が問われる事は言う迄もないが、監督官庁の行政指導にもその責任は問われる。事故発生時の対応のお粗末さは厳しく追及されなければならない。

|

« 被災地の皆様に心から哀悼の想いを。命の重みを再認識 | トップページ | 大阪岡崎橋 一気に春めいている 震災の被害は言葉が無い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想定外の出来事 当事者で無いと分からない事 :

« 被災地の皆様に心から哀悼の想いを。命の重みを再認識 | トップページ | 大阪岡崎橋 一気に春めいている 震災の被害は言葉が無い »