« 何時迄も不安を与えるな 福島原発の事故は収束する | トップページ | 被災地の映像 音声を消して見ている。情報の一元管理は何処? »

2011年3月17日 (木)

恨みの寒波 生きる事もいばらの道 どうか生き抜いて下さい

Img_5828

テレビの音声を消して被災地のニュースを見ている。
多くの人が多くの事を語っているが、被災地の惨状を思えば多くの犠牲は甘んじて受けなければならないが、自分達の生活に余裕が無ければそんな事は言えないのだろう。震災、津波被災の日から一週間経っても被災地のこれからの生きる道に言葉が無い。

今回の大災害で痛感した事は津波の恐ろしさ。都市機能の脆さ。そして原子力発電。これ迄多くの対策が検討されて安全神話が声高に叫ばれていたが、実際はその予測と対応を遥かに越える現実だった。これだけの広範囲、大規模な災害に直面すると政府行政の為せる事はこの程度である事を思い知らされる。

これだけの切羽詰まった状態になっても総務大臣が陣頭指揮を取れなければ、総務省とは何をする所なのだろう。民間から起用されて多くの改革を求められても、この国難の時に為す術が無ければ、被災地から怒りの声も当然だろう。

テレビの報道も今朝の報道を見ながら愕然とする。原発事故現場の撮影が30キロ先から。そんな報道はするな。放射能漏れがあるのは何処迄なのか、何処迄なら近づいて報道が出来るの?判断出来なければ報道の責任は果たせない。

民放各社は平常放送に戻っている。この非常時にお笑いはないでしょう。人間はそれ程に非情に生きれるのだろうか?首都圏の食料品に品切れが出ている。気持ちは分かるとしてもそんな生き方には天罰が下る。それ位の生き方が出来ないのだろうか?

自分の大切な物を失わなければその事に気付かないのだとしたら真に哀れだが、偉そうな事を言う親父も又、そうだった。口先では何とでも言える。その事に大事な人が生きている間に気が付けば、又違った生き方が出来たのだろう。その事が分からなかった生き方が何としても悔やまれる。

どうか被災地の為に自分達の欲望は少しセーブして、生きて下さい。何かを為すのではなく自分達に出来る事は少しの情けです。何も自己犠牲を強いる事ではなく少しの優しさがあれば容易い事です。其れくらいの事は出来るでしょう。

|

« 何時迄も不安を与えるな 福島原発の事故は収束する | トップページ | 被災地の映像 音声を消して見ている。情報の一元管理は何処? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恨みの寒波 生きる事もいばらの道 どうか生き抜いて下さい:

« 何時迄も不安を与えるな 福島原発の事故は収束する | トップページ | 被災地の映像 音声を消して見ている。情報の一元管理は何処? »