« 被災地の復興は何時の事?それでも季節は巡る | トップページ | 紀三井寺は開花宣言 »

2011年3月30日 (水)

今年の春は遅い。それ以上に被災地の春は今年は無い。

Img_6037

今年の春は遅い。関西でこんな感じなら東北、関東の被災地の冷え込みはどうだろうと心に重くのしかかる。地震、津波の大震災発生からもうすぐ3週間。救援の手が差し延べられてもまだまだだろう。自主、自立、自己責任の言葉だけではどうにも出来ない大災害の跡地に立ち尽くす被災者を目の当たりにすると、政府、行政の対策の遅さに怒りの思いが込み上げて来る。

被災地の復興は被災地だけの問題ではない。親父達が静岡で阪神淡路大震災の支援が何も出来なかった時とは、震災の規模が遥かに違う。当事者で無いと分からない悲惨と絶望の時が長引けばこの国の復活も無い事を、関西からも強く感じる。

この国の総力を上げて立ち上がる為に今何を為すべきか、その事を東京の霞が関でない現地東北と福島で国がやらなければならない事を、何れだけの人が考えているのだろう?間抜けな報道機関はその事を何も語らず、政府と一民間企業の問題として何時迄も尤もらしくコメントするな。今はそんな状態ではない。

アメリカ赤十字の支援金が100億円と言われる。日本の支援金の総額はどれ位なのだろう。日本国民の一人当たりの支援はどれ位集まっているのだろう。内閣府はそれくらいの事はやれ。人事では無い。自分達が被災者だと思えば大概の事は出来る。

それくらいの生き方が出来なければ、この難局を乗り越える事は出来ない。関係ない?そんな事は無い。これからはそんな生き方が問われる。人の事を考えられない余裕の無い生き方は必ず天罰を受けるに違いない。

被災地の解説、これからのこの国の経済解説、景気見通し、多くの予測を聞きながらそう思う。今迄の考えが一夜にして覆される。これからはそんな時代です。アメリカのウォール街の金融機関が14億円の支援。フランスの原発放射能汚染の支援。私達も自分達に出来る事を始めなければならない。

今日はお休み。正午のニュースを聞いていると風評被害の張本人はこのアナウンスだろう。馬鹿野郎。何時迄同じ言葉を繰り返しているのだろう。危険だ、危険だと危ない解説などするな。大変な状況に対してアンタ達は何をしているのだろう?

危ない、危険な状況、改善策が進まないと言っていれば何かが良くなるのだろうか?被災地でこのニュースを聞いている人達の思いを、どれだけ思い計って言葉を口にしているのだろう。このニュース原稿を書いている公共放送の体質をたたき壊さなければならない。

福島の原発だけでなく被災地の支援が何れだけ今日進んだのか、それだけでもトップニュースで語れ。悪いニュースの解説をする。この体質は一体何だろう。こんなニュースは聞かなくても株価を見ているだけで、世界はこの現状をどう見ているのかが良く分かる。最悪の危機を乗り切る為に何が出来るのか、それを語れ。そうでなければこの被害を大きくしている風評は貴方達が作り出している。

枝野官房長官の会見。貴方は確か原発の燃料棒は頑丈で破損の心配は無い。放射能漏れの心配は少ないと言って居なかったか?そんな事も今となってはどうでも良いが、何時になったら自分達の責任でこの危機を押さえ込むのかそれを語れ。

政府の危機管理能力が問われてもこの程度だとしたら、自主避難をしている人が住み慣れた土地に放射能汚染汚染覚悟で戻るのを止められない。この先の見通しも語れない記者会見を聞く度にうんざりです。

今、一番期待出来る事はフランスの一民間会社の支援です。この国の原子力安全保証、対策がこの程度だと国の内外にさらけ出しているお粗末をどう考えているのか?その事を語って下さい。ベートーベンピアノソナタ「熱情」を聞きながら親父の単細胞は爆発しています。

|

« 被災地の復興は何時の事?それでも季節は巡る | トップページ | 紀三井寺は開花宣言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の春は遅い。それ以上に被災地の春は今年は無い。:

« 被災地の復興は何時の事?それでも季節は巡る | トップページ | 紀三井寺は開花宣言 »