« 冷たい雨 風邪気味かな 寒い でもこれが最後の寒さかな? | トップページ | 寒の戻り 六甲の山も白い風花で何も見えない 寒そう »

2011年3月 2日 (水)

春風の巡り会い リチャード、クレーダーマン、知らないでしょう?。

Img_5712

春風の巡り会いと言うには寒い一日。日差しは明るいけれど目まぐるしく天気は変わる。春はそこ迄と言いたい位の暖かさが嘘の様な寒の戻りとなる。マダマダ健在の山茶花の花も少し日陰の中で照れている。それでも開花は冷たい雨にも負けていない。

明日の天気予報は「冬に逆戻り」とか。冷たい雨が予想されるが季節は「春」。春の巡り会いとリチャード、クレーダーマンは久し振りに聞いた懐かしい言葉。春の時は三寒四温を乗り越えた時、確実な物になるのだろう。

関西の春は「選抜から」と言われるが、後半月もすれば桜の開花が近くなる。長い間恨めしく思いながら見上げた風景が、今年は違って見えるのだろう。その時、昨年末から親父の眼を楽しませてくれた山茶花は、紅の花びらをたたむのだろう。

Img_5711

陽が当たると流石に美しい。人の表情も心の奥底も同じだろう。山茶花と会話をしていると人の思いと重なる所が多い。多くの人が多くの想いを重ねながら思う事は山茶花の思いと何処が違うのだろう?

人が人らしく生きる優しさと気高さは理屈では言い表せない。もの言わぬ満開の時が多くの言葉を語らぬ様に、親父ももちょっと言葉を飲み込む鍛錬の時を重ねなければいけない。無理だな。馬鹿は死ななければなんとかと言われている。

この親父のつぶやきを聞いて面白くないとおっか−に言われたが、言われる迄もない。山茶花と話をしながら面白い話が出来る訳が無い。しかし、それでも良いんです。長い間つまらない事に関わり続けたが、ようやく離陸(テイク、オフ)の時。

これから面白い話が出来るかも知れない。しかし、期待しないで下さい。本当に面白い話はタダでは聞けない。面白い話はギブ&テイク。自分が面白くなければ相手も面白くない。最近、多くの人が勘違いしている。

面白くないのは自分が面白くないだけ。お馬鹿な話に手を叩きながら大口を開けて馬鹿笑いをしていても、面白い事は何も無い。これから本当に面白くなりまっせ。それは間違いない。それでもそれは他力本願では何も進まない。

|

« 冷たい雨 風邪気味かな 寒い でもこれが最後の寒さかな? | トップページ | 寒の戻り 六甲の山も白い風花で何も見えない 寒そう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春風の巡り会い リチャード、クレーダーマン、知らないでしょう?。:

« 冷たい雨 風邪気味かな 寒い でもこれが最後の寒さかな? | トップページ | 寒の戻り 六甲の山も白い風花で何も見えない 寒そう »