« つぶやきだけで終わらないハルにしょう。 | トップページ | 被災地の復興は何時の事?それでも季節は巡る »

2011年3月28日 (月)

国の一大事 人事では無い 自主避難の対応を急げ

Img_5994

枯れ掛けた幹から新しい幹が成長して、その幹から小枝が伸び新芽が出ている。福島原発の放射能漏れは報道の領域を遥かに越えて、実態は予測不可能な状態なのかも知れない。それにしては政府、監督官庁の対応は無策。何時迄東京電力の一民間企業の責任として傍観者になるのだろう。

原子力保安院の記者会見を聞きながら「ふざけるな」と怒っている。親父がどんなにほざいても何も変わらないが、あのとぼけた会見は国の危機管理と原子力安全のお粗末さを痛感する。何が日本の力だろう。

総務大臣が何も出来ないのなら復興省を作れ。原発の放射能漏れは一日も早く東電任せにせずに原子力安全委員会が立ち向かえ。この組織のとぼけた対応も存在意義を疑う。なんの対策も取れないと判断された時、この組織の信頼はどうなるのだろう?

「皆でやれば大きな力」冗談を言っていると大変な事になる。この国の危機管理が問われても、この程度の発想しか出来ない間抜けさは誰がそのしわ寄せを受けるのだろう。日本の底力?そんな状況でない事を知れ。一人一人の力なんて天災の前にはひとたまりも無い。被災地の復興。福島の終息。その事を真剣に祈れ。

|

« つぶやきだけで終わらないハルにしょう。 | トップページ | 被災地の復興は何時の事?それでも季節は巡る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国の一大事 人事では無い 自主避難の対応を急げ:

« つぶやきだけで終わらないハルにしょう。 | トップページ | 被災地の復興は何時の事?それでも季節は巡る »