« 春を探して 大切な日々は戻らないけれど きっと見ているよ | トップページ | 春まだ浅いけれど、春の風は冷たいけれど、貴方は1人ではない »

2011年3月25日 (金)

何時迄も不安を与えるな 福島原発の事故は収束する(No.2)

半径20キロ〜30キロの自主退避?事の重大性の認識が欠ける。
何で国の責任と判断が出来ないのか?何で自主的でなければ成らないのか?
事の重大性の認識が政府、国会議員に無い。彼らはこの非常事態を招いた直接の原因は地震と津波であり、自分達の対応に間違いも責任も無いと思っているのだろう?

とんでもない認識と感覚のずれ、この政府と行政、この国の原子力科学者、原発の会社(東京電力)にはこの責任は取れないのだろう。間抜けな経済財政担当大臣は電力料金の値上げをお願いせざるを得ないと言っているが、その前に貴方達の職責が問われる事を、何れだけ認識しているのだろう?

原子力発電の燃料棒が破損して万が一(伝えられる情報ではそうではなく既成の事実?)にも放射能レベルの高い汚染が止められなければ、どうするつもりなのだろう?そんな最悪な状態に成らない様に英知を集めるのだろうが、何時迄、有効な手だてが取れずに電力会社の現場の作業員に、被爆の危険を押し付けるのだろう?

どうして原子力の安全を口にした原子力行政の責任者をその楯にしないのか?原子力保安院?この行政機関の責任者は誰なの?このままでは原子力発電の信頼性が地に落ち、放射能汚染が収束したとしても福島のこの被災地に、希望の光がともる事は無い。その時でも尚、原子力発電の必然性を口にするのだろうか?その危機意識が無ければ子供達の未来は甚だ危うい。

「がんばれ、日本」と口先で言うのではなく東京の行政を現地に移せ。霞ヶ関の被災地から遠く離れた所で多くの事を語るな。そんな言葉は被災地の人達に何の支えにも成らない。そんな事も分からない人達に被災地の復興はおぼつかない。

被災地の人達が1日も早く希望の光を手に出来る様、ささやかでもそんな生き方をしなければ成らない。宮沢賢治の言葉。でくの坊と馬鹿にされてもそう言う男に親父は成りたい。その為には丈夫な体と思いやりの心。歳は取っても櫓がしなる、そう言う男に私は成りたい。

|

« 春を探して 大切な日々は戻らないけれど きっと見ているよ | トップページ | 春まだ浅いけれど、春の風は冷たいけれど、貴方は1人ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何時迄も不安を与えるな 福島原発の事故は収束する(No.2):

« 春を探して 大切な日々は戻らないけれど きっと見ているよ | トップページ | 春まだ浅いけれど、春の風は冷たいけれど、貴方は1人ではない »