« 京都長楽寺の予定が近くの久安寺になる。何で?腰が痛くなる | トップページ | 昨日の天気がウソみたいに穏やかな一日でした。 »

2010年12月 3日 (金)

大阪の再生 浪速の事は夢の又夢 秀吉辞世の句

Img_4339

秀吉の天下統一は彼の類い(たぐい)稀な発想と親方様(信長)の引き立て 家臣の武勲(戦場で立てた手柄)優れた参謀(蜂須賀小六、竹中半兵衛、黒田勘兵衛)寧々(妻)の内助の功 多くの幸運が重なるが、皮肉にも天下取りの後はそれ迄の栄光が泥まみれとなり、多くの悲劇の中で哀れな辞世の句を口にする。

当然、子供の様な跡目、後見の力も無い石田三成ごときの官僚を叩きつぶす戦略は、家康にとって赤子の手をねじる程度の事だったろう。それでも多くの誤算があり豊臣大阪方の戦力を削ぐには策略を巡らし、大阪城を丸裸にするしか無かった。

先日、一年ぶりに訪れた市内伏見町久安寺の大木が、その時の流れを語り掛けていた。奢れる者久しからず。親父も結構言われたが親父ごときの厳しさではなかった事を知る人も今はいない。この木の根元で月見の杯を口にしていた秀吉に、末路の哀れさを知る術も無かったのだろう。人の生き方を問うた空海もその姿を見ながら、何を思ったのだろう?

大阪の再生が口にされて久しい。それでも良く考えて見ると大阪の地盤沈下は大阪城の落城と共に始まり、今も尚その勢いに陰りが無い。何たる事だろう。今、大阪梅田の貨物ターミナル跡地(大阪北ヤード)の再開発が行われているが、その勢いを見ても名古屋にも負けている。

関西は商いの街 ど根性の精神は既に無い。先日のサッカー2022年大会招致の動きを見てもそう思う。8万人収容のスタジアムの建設。大阪市長も其れくらいの施策しか、持ち合わせていないのだろうか?箱もの行政の失敗、補助金行政の失敗、何よりもオリンピックの大阪招致の失敗を少しも学習していない。

行政の長だけでなく関西人の誇りと商いの才覚はどこに行ったのだろう?税金の無駄使いは石原東京都政と似たり寄ったりでは、大阪の地盤は益々下がるしかない。ウソだと思うなら大阪埋め立て地の現状を見て見なはれ。この悲惨なオリンピック招致の代償は後世の笑い物でしかない。

Img_4325

久安寺楼門 秀吉もくぐったのだろうか? そうだとしても駕篭(かご)から降りて歩いてくぐったのだろうか/そうだとしたら家康の手を握りながら幼い跡目を頼む事は無かったろう。家康はどんな思いで秀吉の手を握り返していたのだろう?笑いが止らなかったに違いない。

この楼門は屋根が水平でない。軒反りと言う室町時代の建築美。(國指定重要文化財)今はその脇を通る

Img_4324

Img_4330

Img_4342

Img_4329

Img_4349

Img_4332

Img_4341

Img_4354

御影堂 大師像を拝む 真言禅観法瞑想の道場 摂津大師67番霊場

Img_4365

Img_4366

池を中心に花咲く庭 秀吉はここで月見茶会をしたと伝えられている 参拝者は誰でもこの庭を歩く事が出来る。これは素晴らしい事です。(普通は立ち入り禁止)

Img_4369

庭を上り詰めた処 紅葉の時は過ぎても花を愛でる心があれば、落ち葉もまた美しい

Img_4371

Img_3796

これは京都高雄神護寺 弘法大師つながりでアップしただけです 何の意味もありません。この時が紅葉の盛りでした。もう一枚オマケです。今年は紅葉見物もこれで終わりです。これから年末迄の景色は何になるかな?

Img_3793

神護寺 山門横 今年は何処の紅葉を見ましたか?見ていなかったらこの景色で又来年です。苦節の時を乗り越えて二人で見上げる錦秋の秋はもう無い?それはそれで又良きかも?心の中に生き続ける人は花鳥風月。花、鳥(くじゃく)風(春、五月)月(ススキ、サツマイモ、だんご、竹籠)かもしれません。メールありがとうございます。体に気をつけて頑張れ。



|

« 京都長楽寺の予定が近くの久安寺になる。何で?腰が痛くなる | トップページ | 昨日の天気がウソみたいに穏やかな一日でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪の再生 浪速の事は夢の又夢 秀吉辞世の句:

« 京都長楽寺の予定が近くの久安寺になる。何で?腰が痛くなる | トップページ | 昨日の天気がウソみたいに穏やかな一日でした。 »