« 親父の仕事納め 今年も後4日 しかし、それも通過点 | トップページ | 夏の日の思い出 スイスの思い出 »

2010年12月28日 (火)

今年の総括 自然の逆襲 健康管理 来年の予測

東京太田区で痛ましい交通事故が馬鹿者(若者)が起こしている。車の暴走を繰り返せばこんな結果になる事位が分からないだけでは済まない損害。その償いは一生掛かっても出来ない哀れをこれから思い知るのだろう。ハンドルを握る馬鹿者に警鐘では済まされない不幸な出来事が、この1年どれ位在ったのだろう。

この事故の報道によれば前の車と追い抜きを繰り返しながら、事故の時、左側から追い越しを掛け交差点で信号待ちをしていた小学生2人をはね、1人は死亡、1人は意識不明の重体という。馬鹿たれ、前の車を追い越せなくて左から追い越すか。それがどれだけ危険な運転行為か知らないでは済まされない。

交通刑務所で懺悔の日々を繰り返し、どんなに反省しても幼い命と体は戻って来ない。一緒に居た祖父と祖母も守ってやれなかったと言うには余りに厳しい現実。どんなに大怪我をしたとしても叶う事なら身代わりになりたかっただろう。

このブログを読んで呉れる人には事故の怖さを知らない人は居ないと思うが、車は便利でも運転の仕方を間違うとは知る凶器、棺桶、一生が台無しになるだけでなく、見知らぬ人の殺人者になる事を、ハンドルを握った時から思い知らねばならない。

それが出来ない馬鹿者に運転免許が簡単に渡される。親父の様な安全運転が出来た年寄りでも、久し振りにハンドルを握るとキープ、レフトが守れない。ハンドルにしがみついて道の右寄りを走っている。追い越し?出来る訳が無い。

今年1年の全国の交通死亡事故は減少したと言われても、事故の危険と馬鹿者の運転が減った訳でもなんでもない。今、自転車に乗っていて対向の自転車と鉢合わせに結構なる。親父は当然左側通行。相手は右側。それでも結構避けない。鉢合わせになっても怪訝な顔をされる。馬鹿野郎。自転車も車だと思ってないのだろう。

時々、狭い道で右から抜かれる事がある。最近の自転車は速くて軽いのがあるから。そんな自転車は案外デカイ。でも自転車の追い抜きは広い道で左側からお願いします。そうでないとハンドルを取られる。相手が転けて怪我をしたら賠償責任がある事もそんな輩は知らない。

一度バイクに撥ねられそうになった事がある。あの時は親父が急に右にハンドルを切ったから。(後方確認をしないで)あの時撥ねられていたらバイクにも責任があったとはあの時のオネエちゃん、知っていただろうか?知らないだろうな?絶対このおっちゃん急に曲がったので避けきれなかったと言っただろう。それでも駄目。前方確認が出来るスピードを超えていた事を学習しただろうか?

太田区の事故の教訓を誰も語る事無く、当事者の愕然とした悲痛の思いだけが癒される事無く、何時迄も残るだけだろう。信号待ちの事故が意外に多く、何の関係もない幸せの時を一瞬にしてたたき壊される時も少なく無い。信号待ちの時、車を運転の時はバックミラーで後方の確認。歩行者の時はガードレールか電柱の後ろで安全を保たなければならない。事故のニュースは本当に悲惨。人事でない。それだけに怒りの思いが込み上げる。全国の幹線道路に設置されているスピード取り締まりのハイテク技術は殆ど生かされていない。

幹線道路のスピード取り締まり、無謀運転の免許停止、取り消しは最近どんなもんだろう。運転をしなくなって久しいので良く分からないが、地域のおまわりさん、交差点で殆ど見ないのは何故だろう?人員不足と思いきやそんな実態はマスコミの報道にも無い。知らなければ調べろ?その必要は無い。自分の体は自分で守るしかない。

官僚の体質だよ。人が居ないのではない。交通取り締まりが出来なくては市民の安全を口には出来ない。この国は何かと言えばマスコミは社会的責任と口にするが東京の閑静な住宅地でこんな悲惨な事故が起きても、社会的責任は馬鹿者にすら負えない。未然防止など出来る術も無い。自分の身は自分で守れ。

今年はこの国各地の天然災害が都会に住んでいると、身の回りの暑さしか知らないが集中豪雨の災害と異常とも言える季節外れの天気、間違いなく環境破壊は進んでいる。貧困ビジネスがこの国でも進んでいる様に環境ビジネスも来年は増々盛んになるだろう。国際会議ではどんなに対策を求められても、自国の経済論理ばかり振り回していては改善は進まないに違いない。

来年はこれ迄の先進国と発展途上の国の図式では描けない環境破壊が、全ての国に対応を迫るに違いない。それでも各国のリーダー達は、自国の損得だけを振り回して問題の先送りしか出来ないのだろう。環境先進国と言われた国の実態が明確になるにつれ、その思いを強くする。環境に負荷をかけない快適な生活環境どころか人が住めなくなる現実が進行しても、世界の賢人には為す術が無い事が明白になる。

大阪万博で問われた人類の進歩と調和のスローガンが踏みにじられても尚、経済発展を優先させる国際感覚に何時歯止めがかかるのだろう。口策だけで痛みの伴わない国際会議にこの国の賢人、学識経験者の声は小さい。発展途上大国に掛けられる期待はそれ程に小さくは無くても、その認識は余りに無い。

来年のこの国の政治、経済、国民生活がまことしやかに語られても、そんなものは屁の突っ張りにさえならない。来年の見通し?そんな物は語るな。明るいとか明るく無いとか言われても、それが何にもならない事は言うまでもない。競馬の予想?いやいやそれ以下に違いない。来年は間違いなく卯年(うさぎ)。亀の様な堅実、停滞はない。心して生きなはれ。眼を充血させて走り回らぬ様自己研鑽に励みなはれ。

親父は?。よくぞ聞いてくれはりました。親父世代は君達の邪魔をせず健康で明るく生きるのみ。(それにしては今年よくぼやきましたなあ。親父の言葉は暗い。もっとポジティブに生きなはれ)はっはっは(笑い)。口先だけで生きていますから気にせんといて下さい。まず、間違いない今年の総括でした。

それでは今年のご健闘を祝してファイナルショット

Img_4954

この干し柿 長野県下伊那郡喬木村原さんの自慢の作 近くのスーパーで買えるが値段は安く無い。それでも生産者の思いが伝わって来る。今夜初めてパッケージの裏に貼られた原さんの名前を目にする。和歌山県産生産者の名前は分からないが甘い。

Img_4936

何ものにも負けない美しさは君の事です。苦しいとき哀しい時(そんな若さも風前の灯)来年も励まして下さい。こちらこそ。頑張りましょう。

Img_4891

鴨が懸命に泳いでいる。人の想いを超えている。あれがしたい。これもしたいと思って見た処で叶う事は多くは無い。それでも懸命に生きる。それが彼女が教えて呉れた貧困からの脱出かもしれない。西成のマザーテレサと言われた彼女の想いは消える事は無い。

Img_4848

生きていると哀しい事も少なく無いが嬉しい事も珠にはある。初めての街で初めて口にしたコーヒー。上に少しだけレ、ミゼラブルの3巻が見える。この巻は作者の歴史感、社会観(フランス革命前夜?)人生観、宗教感、多くが混在して読み返す毎に新な感覚が沸き起こる。上等のコーヒーの味がする。来年は伊丹のRIROに何回行けるかな?

Img_4829

Img_4687

もう花開いたけれど一番最初に開花した白い山茶花。本当に感動した美しさ。人の心もそうありたい。白と紅。なんて対照的だろう。自然の営みは人の想いを遥かに超える。今、この堅いつぼみが開花の時を迎えている。来年、見れるかな?

Img_4703

出ました。この花の妖精が笑っている。誕生の喜びです。

Img_4704

Img_4789 白い花はみんないびつな形をしていたけれど、美しさに変わりはなく懸命に存在感を示していました。今は白い花が満開となっていますが、これからはその姿を紅の花に譲るのでしよう。ありがとう。又、合う日迄。

Img_4594

産みの苦しみとは男には分からないが、そんな感じがしていた。このつぼみ達は今、大輪の花を咲かせている。

Img_4499

京都円山公園から上の道を見上げた時に、虎が吠えていた。「良く来たな」何年振りと言うより初めての紅葉の時。何度もこうようと思っていました。(オイオイ)2人で来たときは新婚の時。花見の時。あの時、見上げた若葉の印象は消えていた。

Img_4228

静岡大井川鉄道井川トロッコ列車の影 親父の自信作 そんな事を自慢すな。

Img_4138

ああ、思い出の大井川塩郷の吊り橋 1人では渡れませんでしたなあ。次の機会はあるのでしょうか?ここから見る大井川の流れは美しかったが水量は多く無い。

Img_3769

京都高雄神護寺参道の茶店 赤い毛氈(もうせん)の上で湯豆腐を食ったのは何時の日だったのだろう?無かったのかもしれない。それでも夏の暑い夕暮れこの下の宿に予約無しで泊まったのは間違いない。シビックの時。今から32年前の夏の日。

Img_3793

神護寺山門の紅葉 朝早く人の数も多くは無かったけれど、弘法大師ゆかりの寺も昔の面影は無かった。(知らない癖に)済みません。いいえ済みました。多くの善男善女を見ながら弘法大師も苦笑していました。(うそをつけ)ハイ、嘘でした。それでも景色は多くの言葉は無用です。心の中で多くを語ればそれで充分でしょう。

今年後半のハイライトでした。夏から思い出のスイスと春のスライドショウは又のお楽しみです。おやすみなさい。

|

« 親父の仕事納め 今年も後4日 しかし、それも通過点 | トップページ | 夏の日の思い出 スイスの思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の総括 自然の逆襲 健康管理 来年の予測:

« 親父の仕事納め 今年も後4日 しかし、それも通過点 | トップページ | 夏の日の思い出 スイスの思い出 »