« 鎮魂歌 安らかに高らかに君の思いは永遠です | トップページ | オーマイゴッド 外人さん(マルさん)ならこう言うのかな? »

2010年12月24日 (金)

ベリーナイスなクリスマスイブ?発想の転換

温かかった関西も年の瀬を迎えてやっと寒くなりました。神仏を信じる心も無い貧しい心の人が、ケーキを抱えて帰宅していた時をロング、ロング、ア、ゴウ(昔々)の寂しい想い出として懐かしく感じています。その内、よだれを垂らしながらケーキを食っている年老いた哀れな姿が見えて来ます。(大丈夫、親父は意地でもそんな姿は見せない)。そう思うでしょう。分かりまへんえ。人の生き方は。心して生きなはれ。

サンタの叔父さんが忙しくてプレゼントがありません。お金で勘弁して下さい。そんな嘘を付いていた頃も在りましたが、今時の子供達の喜びはゲームソフトなのでしょうか?親父は自分に第九のcdをプレゼントしました。

今年も寂しい夜ですが1942年3月下旬にベルリン、フィルハーモニーで行われた演奏のライブ録音は東ドイツがソ連に占領された19945年に接収され1991年当時のゴルバチョフ首相から返還されたフルトベングラー指揮ベルリン、フィルの2録音の一部である。このcdに音が消える所も在るがそれも歴史を語るエポックかもしれない

Img_4911

ベートーベンの第九と言うとソプラノ歌手の高い歌声を思い出すが、このスローバラードを聴いていると当時のベルリンフィルの演奏者とフルトベングラーの思いが強い緊張感を伴って伝わって来る。随所で気迫のこもったティンパニーの強打はドラマティックでもある。(吉田光司氏解説)

Img_4908

若い頃、友達の姉さんのコーラスをこの時期、聞きに行った事が在るが観客が立ち上がって聞いていたのが何処だったか思い出すが分からない。合唱の処だったのだろうか?それも定かではない。

Img_4909

1942年の録音と言えば70年近く前。さすがの親父も生まれていない。こうして当時のライブ録音が聞けるのも何かの因縁だろう。合縁奇縁。そんな事を考えながら聞いていると73分38秒の録音が終わる。クリスマスの慌ただしい時にこうしてゆっくりと第九が聞けたのも、何かの縁に違いない。

Img_4892_2

これは昨日撮った阪堺線。路面電車だけど部分的に専用路線もある。空の色が飛んでいるのは夕日を捕えているから。(言い訳すんな)これから帰る所。

Img_4893

この近くは昔は避暑地。このお宮の先は白い砂浜、青い松、綺麗な海だったのだろう

Img_4905

天王寺から堺に伸びる幹線道路の真ん中を占拠しているが、これでも昔はこちらが親分。もうアカンなあ。両側の車に幅寄せられて追い立てられるのも時間の問題かも。(地下に潜らせて暮れる?アキマヘん。地下も商店街と成り満杯ですねん)

Img_4852

中央奥が電車の乗り場。駅の名前は読み取れないが地下鉄動物園前から上がった所。道路は本当に綺麗になって貧困の面影は無い。しかし、この左側の道は中々カメラは構えられない。人通りも穏やかそのものだけれど一般人の往来は多くは無い。

Img_4875

昨日公開の太鼓橋 参道の入り口から見る 初詣の時は一方通行だろう。どっちから?左から右でしょう。それとも左通行かな?親父は久し振りのお参りを済ませました。来る年の来福はどうかな?お賽銭を上げないと駄目でしょう?大丈夫気持です。太鼓橋を支えているコンクリートがその事を教えている。そろそろ発想の転換と行きましょう。神頼みだけでは駄目です。栄枯盛衰。年を重ねて老い朽ちる。少年(少女)老い易く、学成り難し 盛者必衰の事(ことわり)を表す。

今日、ラジオで面白い話を聞きました。(と言っても初めて聞く言葉ではない。それでも何故か手を叩いて喜んでいました。余程、合点が行ったのでしょう)その言葉は「発想の転換」なんだ。目新しくも面白くも何ともない。そう。何ともない当たり前の事。その当たり前の事が大きな変身となるとしたら、どうする?どうもしない?嘘をつけ。目の前に札束を積み上げられて眼の色が変わらないとしたら、長くは無い。

最近、マスコミのニュースにも登場するお猿さんの話。人里に現れて悪さと人に危害を与えていた若い猿。やっとの思いで捕まえてみると神妙に頭を下げている。ふんどり返ると憎たらしいが、その姿に同情の言葉が少なく無い。

仕方が無いので捕獲した行政は動物園に保護を依頼する。その猿が動物園の人気者となり来場者が倍増。近くの商店街の売り上げも増える。そう成ると人間様の思惑はヒートアップ。商売の思惑が重なりお猿のキャラクター商品も企画中とか。今年の大河ドラマのブームと迄は行かなくても、関係者はにんまりとか。これが本当の豚もオダテれば木に登る/違う/猿の恩返しでしょう。

もう一つの話は岐阜の多治見市。今年の猛暑。いよー日本一。やめて下さい。その思いを逆手に取り特産のタイルでヒートアイランドタイルならぬ対策。暑さを吸収するタイルの制作に成功とか?暑さの吸収?そう熱を反射させない。凄すぎない?

景気対策とやらで政府に無駄な税金を使わせるだけでなく、頭を使え。発想の転換。一番でなくても2番では駄目かと問われて一番でなければ駄目と言う前に、この国にはもう国債を税収以上発行しないとお金がない事を、何で考えない/アホか。

消費税の値上げは駄目。景気対策、雇用対策、中小企業対策、子育て支援、高齢化対策、福祉予算、国防予算、学術研究、その為の借金税収以上。そのツケを誰にどうして払わせるの?馬鹿じゃないのか?発想の転換をしないとこの国はつぶれる。

その現実を見る事の無い人達にこそ発想の転換が求められても、釈迦に説法、カエルに小便、結構毛だらけ猫灰だらけ。フーテンの寅さんに説教してもらうしか無いのだろう。来年のキーワードは意外にも言い古された言葉かもしれない。

|

« 鎮魂歌 安らかに高らかに君の思いは永遠です | トップページ | オーマイゴッド 外人さん(マルさん)ならこう言うのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベリーナイスなクリスマスイブ?発想の転換:

« 鎮魂歌 安らかに高らかに君の思いは永遠です | トップページ | オーマイゴッド 外人さん(マルさん)ならこう言うのかな? »