« ヨーロッパは寒波 関西はまだ暖かい それでも今週末は寒いクリスマス? | トップページ | 冬至 »

2010年12月21日 (火)

仕事の帰りに遠回り 肉が食いたくて喫茶店?

Img_4829

今年は来れないと思っていた伊丹hiroのコーヒーとケーキ。本当は横に並べてワン、ショットだけど、今日はこのアングルにしてみました。コーヒーはミルクも砂糖
も無しでケーキの甘さだけで充分。イケメンのお兄さんの写真許可取る。

焼き肉は勝っちゃん食堂先客無し 今月初めに初対面のとも君と暫しの時を過ごす。親父の毒舌に爽やかに体を躱(かわ)しながら嫌みの言葉と顔を露(あらわ)にしない。若く見えるけれど30過ぎ。今時の青年とか言われるけれど青年も様々。

親父の帰宅コースから少し外れるけれど、このコース病み付きになりそう。今年は来る事は無いと思っていたけれど、今年のご苦労の褒美にもう一回来たいね。来れるかな?今月の初めのコンサートが無ければこの出会いはなかったろう。

帰りは阪急の神戸線廻り。ラッシュ時に重なり何故かガキと女性、おっさんに挟まれると何故か不快。(あんたもおっさんのくせに)。家に帰ると水洗トラブルで断水。アンビリバブルです。仕方が無いので小雨の中近くのスーパー迄天然水を買いに走る。

ぶつぶつ言いながらブログを更新しているとFM放送ベートーベンの第九「合唱」おまけにアカペラで「故郷」(ふるさと)感激です。この歌は今日昼間に李広宏さんがアンコール放送で歌って呉れて、一緒に歌いながら涙を流していました。

李さんは日本の叙情歌「夏の日の思い出」に心を打たれて1987年来日。上海こ劇で将来を嘱望されていた。日本語を学びながら生活の為にアルバイト。その時に受けた多くの情けの話を聞くと涙が出る。1991年念願のCd自費制作。

親父の中国観も変わる。今、ipodに入っているアルバムに「ふるさと」は無いが李さんの歌う日本の叙情歌は親父の元気の源です。政治や経済とは関係ない掛川の大和尚からも言われた人と人の結びつき。その普遍性を学ばなければならない。

それでは今日の山茶花です。

Img_4815

Img_4816

Img_4818

Img_4819

Img_4820

Img_4823

Img_4825

Img_4826

紅の花が茂みの中で密やかに花びらを広げ始めている 親父が廻りの葉っぱを曲げている。そうでなければこの美しさがこれほどに見えない。本当の美しさを教えている

Img_4785

これは近くの薔薇(バラ)多くの仲間は冬の準備を済ませているが、お前は大丈夫なのだろうか?(親父さん、心配ご無用。私もこれで春迄冬眠です。ごきげんよう)

暖かい年の瀬も今夜は冷たい雨です。雨が上がると一気に寒くなると言いたい処ですが、本格的寒波はクリスマスイブから?親父にはかかわり合いの無い事かも。それでも今年の冬はベートーベン第九「合唱」をしみじみとかみしめますか。

クリスマスキャロルはお呼びで無いけれど、クラシックミュージックを聴きながら静かな夜を過ごすのも、一興かもしれない。島根木次の宿で広島の現場監督とカラオケの一時を過ごしたイブの日は、10年も前の出来事になりました。新鮮な広島牡蠣(かき)フライは肉厚でしたなあ。あの測量の仲間達は今頃、何処の現場だろう?

Img_4812

Img_4813

Img_4827

伊丹に向かう電車の中。宝塚始発。前の席は空いているが発車迄には埋まる。この路線JR西日本列車事故の大惨事。今日から事故責任が裁判で問われる事になる。亡くなられた方のご冥府をを祈る。この新装された車両にその面影は見当たらない。

Img_4828

安全と安心を蔑ろ(ないがしろ)にしなくてもいつの間にか効率と採算が優先された結果責任は誰も負う事は出来ない。尊い命が108人失われてもそれに勝る物は何も無い。悲惨な事故の代償は余りにも大きくその証は何時迄も何処迄も誰にも負えない。

|

« ヨーロッパは寒波 関西はまだ暖かい それでも今週末は寒いクリスマス? | トップページ | 冬至 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の帰りに遠回り 肉が食いたくて喫茶店?:

« ヨーロッパは寒波 関西はまだ暖かい それでも今週末は寒いクリスマス? | トップページ | 冬至 »