« 穏やかな一日  | トップページ | 山茶花の花 開花一号  »

2010年12月 9日 (木)

今日はお休み 洗濯を済ませてパソコン廻りをちょこっと清掃 次は何?

Img_4200

静岡大井川鉄道トロッコ電車の車窓から。電車が約15分停車して廻りの景色を堪能させてくれる。親父が行った10月の末。天気はよかったが風が強く湖面に波紋が広がっている。画面右上に小型のモータボートが見えるがお分かりかな?

天気晴朗なれど波高し。観光シーズンが終わるとこの湖上駅で廻りの景色を眺める酔狂な人は殆ど居ない。この路線昔のダム建設の資材運搬の軌道だけれど、厳冬の時も運行されるのだろうか?流石に寒いと南アルプスの眺めも一変するに違いない。

Img_0409

こうして見るとスイスの鉄道は凄いよね。基盤、歴史、観光立国の考えが違う。この鉄路はサンモリッツからティラノへのアルプス越えの道。この先にトンネルがある。

Img_0392

前の写真は既にトンネルを出ている。これが正真正銘の峠越え。驚く事にこれが6月の中旬。夏の観光シーズン前。厳冬の時もこの鉄路にはラッセル車が出動。運行が確保されると聞いて驚く。

Img_4211_2

でも日本の景色も捨てた物ではない。流石にこの鉄路にラッセル車は無いがそれ程の積雪も無いのだろう。それよりもこの電車はトロッコ電車。観光のスケールと基盤が違う。

Img_4248

静岡市内とは平成の市町村合併の何たる皮肉。日本各地の過疎地の農山漁村が市ですか?南アルプスが見える井川のダム。ダム湖底に沈んだ村民の生活は整備された高台の村と連絡道路で本当の?静岡市内と結ばれている。これからお昼の定番弁当です。

Img_4523_2

Img_4431

Img_4246

Img_4384

スライドショウでした。少しはデジタルカメラと画像処理の技術上がりましたか?お気に入りは円山公園の合鴨とこの上のピンクの椿?です。人の世もこう在りたいけれど絵の様な風景は絵に描いた餅かもしれない。

ジャズの音色を聞いているとお昼寝の時間が近くなっている。夕方の散歩は大阪本町の乗り換え。中西ときんつば食えるかな?(親父さん、太りますよ)大丈夫その分歩くから。地下鉄の乗り換えは半端ではない。

Img_4583

大阪の地下鉄案合図、路線図。しかしこれを眺めただけでは土地感が無ければ、何処が何処だか分からない。18の時、初めて会社の主任さんと乗った路線は中央セピア色の御堂筋線。今はその路線も上も下も延長されたけれど、それ以上の新路線。

これだけを見ても地下鉄の建設費の償還が市の財政をどれだけ圧迫しているかが分かるだろう。この地図では良く分からないが中央に白い横線が見て取れる。ここに連絡通路がある。しかしこの乗り換えの地下道、急な階段がありとても年寄りと体の不自由な人は利用出来ない。人に優しく無い交通手段はたが為の物だろう?

Img_1824

なんでスイス、ヨーロッパの様な都市のインフラ整備をしなかったのだろう?車の量が多すぎて交通渋滞が激しく経済活動の妨げになった?それで年寄り、体の不自由な人達は犠牲を強いられた?そうではないだろう。その責任を誰も口にはしない。

それでも大阪梅田にサッカースタジアム構想。出来る訳が無い。この國がヨーロッパの人達から蔑み(さげすみ)の眼で見られる都市の整備の仕方、このツケは後世の人達迄もが払わなければならない。

Img_2000

こんな山の上迄(雲の上迄)登山鉄道を押し上げた力がこの國にも有ったなら、大阪の地下鉄網を見てなんと言われるだろう?関西の民間人の鉄路にかけた思いはスイスのそれに勝るとも劣らない。地下鉄の長い乗り換えが苦にならない時は長くは無い。

Img_4584

阪急梅田駅がデパートの中から北に移動して、このターミナルが出来たのは親父が独身の頃。この水路の水が流れて「川が流れる街」が人気を呼んだ。今はその面影も無いが流石に水路は潰されていない。近くの飲食店の栄枯盛衰はあっても入れ替わり、立ち代わり繁盛している?そうでもない?でもそう見えるけれど。親分は汚いからな。そうではない。本当に汚いのはこの花を愛でる余裕も無い輩かもしれない。

 

|

« 穏やかな一日  | トップページ | 山茶花の花 開花一号  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はお休み 洗濯を済ませてパソコン廻りをちょこっと清掃 次は何?:

« 穏やかな一日  | トップページ | 山茶花の花 開花一号  »