« オーマイゴッド 外人さん(マルさん)ならこう言うのかな? | トップページ | 寒さも一服 穏やかな年の瀬 有馬記念も終わる »

2010年12月25日 (土)

クリスマス寒波 やって来ましたサンタクロース 寒波に乗って

自転車をこぎながら近くの喫茶店に向かうと、向かい風、その風がこの冬一番の冷たさ。流石に薄手のズボンとパンツ一丁の過半身を直撃する。北国の寒さと雪かきの苦労を思うとマダマダ天国かも。阪神競馬場も風花が舞っているがこれが平年並みの年の瀬だろう。最近足が遠のいている喫茶店内はそこそこの客。

しかし、足が遠のいた雰囲気の悪さは何も変わらず。相変わらず貧相な客が少なく無い。(偉そうに言うな。上から目線はやめろ。お前も大差ない)そう言われても気分が悪くなるお店に足を踏み入れるのは、久々のモーニングセットを口にする為。

モーニングの味は落ちては居なかった。親父のお気に入りはゆで卵。小皿の野菜サラダもシャキシャキとして悪く無い。難を言えばパンにモッチリ感が無くパサパサ。それでも焼き方でカバーしている。コーヒーが美味いのも商売が下手なマスターをカバーしている。難儀な事は自覚の足りなさか?客商売は水商売とは言い得て妙かも。

コーヒーを飲みながら食事をしていると、横のお客の他愛無い会話、男二人連れが気きになる。別にどうって事は無いのだけれど会話に絶え間が無い。何でこんなに喋れるのかなと思える人が少なく無い。(親父もそう。人の振り見て我が振り直せ)。

これから歯医者です。この続きの話は夜出来そうです。興味ない?ではお見逃しを。

入れ歯の話をする前に眼鏡を新調しました。値段は君の半分。フレームの値段なんて有って無い様なものと言われても、メイドインチャイナではね。眼鏡フレームは何と言っても福井県鯖江でしょう。鯖江の地場産業も海外との価格競争で厳しい生き残りに晒されているが、安かろう良かろうの製品に立ち向かうのは並大抵ではなかろう。

同様の事がこの国にの産業にも求められている。たいした買い物さえも出来なくなっている消費者の財布のひもは本当に固い。固いと言うよりカラに近いと言った方が正解だろう。そんな財布を当てに商売をしてもじり貧は間違いないだろう。

親父が先に口にした様に絶対的信頼と品質。それが分かる人に売れば良い。反対に言えば分からない人にはメイドインなんとかを買ってもらえば良い。たかが眼鏡、その程度です。親父が3年前に手にしたこの眼鏡のメーカーは分からなかった。

それでも自分の顔かたちに合った商品を手に出来た喜び、それは人に自慢したくなる程に嬉しかった。買い物の喜びは何も安い物を手にするだけではない。自分の身の丈を超えた買い物でも満足出来れば嬉しいし、満足出来なくても納得出来ればそれで良い。その為の苦労、その為の屈辱、その為の平身低頭、謙(へりくだり)の言葉使いと思えば屁(へ)でもない。商売は商い(あきない)。仕事とはその程度の事です。

今年、散々、多くの政治家先生と経済のリーダー達が口にした、景気対策は一体なんだったのだろう?この国がアメリカに無策と言われた景気対策をそのアメリカが、大々的に行い成功したかに見えるが、経済の活力は国に頼る事ではない。税金(法人税)も払えない企業が全体の3分の2以上の対策は、今、言われている事ではないだろう?(では何?国の財政出動ではなく企業の節税対策を無くさせるしかない)

そんな事をしたら多くの企業がつぶれる?そんなことは無い。この国の経済体制は企業の利益で成り立ち事が蔑ろにされている。そんな経済体制は共産国家でも成り立たない事がソ連の崩壊、ドイツ統一、東ヨーロッパの崩壊、中国の発展(利益を出すネズミは猫より偉い/)で歴史的に証明されている。歴史に学べ。来年度のこの国の予算は収入より多くの国債(国の借金)で成り立っている事をどう思う?

眼鏡を新調した理由はそんなだいそれた事を考えたからではない。ただ単に近眼が進み今の軽い度数では細かい文字が見にくくなったから。大阪に来てズーとお世話になっている先生から「勿体ない』と言われたが今の眼鏡を見てもらうと納得される。おまけに親父の遠視が進んでいた。最近眼が疲れるのはそれも影響している。

それでも親父は人並み以上の健康体だろう。久し振りに手にした鏡で自分の顔を見て愕然とする。肌に潤いが無い。毛穴が開いている。まつ毛が異常に伸びている。何時迄も青年時代の若さを求めるのはどだい無理だろう。眼も歯も大事にしたまえ。そう言われている。

次は入れ歯?歯が悪くなれば入れ歯にすれば良い。この考えが間違いに気付かされたのは差し歯の治療に通っていた歯医者の先生のお陰だった。親父の入れ歯発言に先生は実物を取り出して「こんな物を入れるんですよ』と差し出された型を見て眼を丸くしていた。

普通にはとても耐えられない。自分の歯を大事にしなさい。そう言われていた。その差し歯が何度も外れて肝心の土台の歯も駄目になる。「次は入れ歯と言われてどれだけの歳月が流れたろう』その入れ歯が出来上がる。装着。言葉が喋れない(不自由)

慣れる迄食事の時でも外して良いと言われるが慣れるかな?外しっ放しになりそう。他の歯に影響するから早く慣れなさいと言われても、今はとても駄目です。眼と歯が駄目になると老化は進む。せめて太極拳の奥義を極めて仙人に成らないと。無理だな。発想の転換をして下さい。

|

« オーマイゴッド 外人さん(マルさん)ならこう言うのかな? | トップページ | 寒さも一服 穏やかな年の瀬 有馬記念も終わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス寒波 やって来ましたサンタクロース 寒波に乗って:

« オーマイゴッド 外人さん(マルさん)ならこう言うのかな? | トップページ | 寒さも一服 穏やかな年の瀬 有馬記念も終わる »