« 大阪の再生 浪速の事は夢の又夢 秀吉辞世の句 | トップページ | 今日もいい天気 それなのに腰が痛い 腰が落ちている »

2010年12月 4日 (土)

昨日の天気がウソみたいに穏やかな一日でした。

Img_4545

長楽寺行って来ました。来年の干支開運一刀彫。来年の運気上昇間違い無し?

Img_4405

阪急の始発梅田に出て阪急のデパートでお気に入りのジャンボ稲荷2個と豆稲荷2個を買う。お花見の時も買ったがあの時は桜も散っていた。今日も紅葉は半月遅れ。それでも流石京都東山。思い出の長楽寺。その手前の円山公園のはずれで哀れな親父を歓待してくれました。帰りに湯豆腐は食えなかったけれど。何で?決まっているでしょう?稲荷は持っていたし、1人で食うには勿体ないし(成る程)、お一人様3000円を超していたし。しかし、それ以上のおもてなし。見ますか?では行きましよう。

Img_4407

Img_4410

Img_4418

Img_4429

Img_4430

円山公園の板ガラス。イエイエ本物です。ようこそ、いらっしゃいました。

Img_4444

Img_4445

本当の美しさはやっぱり半月前でした?イエイエあなたをお待ちしていました。お帰りにお見せします。お楽しみに。(引っ張りますなあ)

Img_4447

長楽寺入り口の甘味処 覗いただけ。1人では流石にね。

Img_4453

37年ぶり あの時は春 新婚の時 何を話したのだろう?初めて来たのはその7年位前。次は新緑の頃に来れるかな?

Img_4451

Img_4455

この庭を最初に写した時、先代の和尚に一眼レフのカメラを褒められる。その和尚も既に鬼籍に入っていた。

Img_4460

Img_4466

Img_4468

Img_4473

幕末の水戸烈士の墓がある。この國の体制を替えたのは坂本龍馬だけではない。多くの名も無い人の思いがこの街、この國の移ろいを見下ろしている。一見平和そのものの人々の暮らしも又、熾烈(しれつ)である。戦火と戦塵(せんじん)に倒れた多くの人の無念の想いを大切にしなければ、この國も又哀れである。この景色にその面影は全く無いのは、暖かい気候の所為ばかりではないだろう。

Img_4476

Img_4478

東山の清水が樋(トイ)から流れ落ちている。味は優しい。昔は修行僧の行が行われていた?

それでは艶やかな紅葉の景色、堪能して下さい。行きまっせ。息が詰まりそう?

Img_4489

Img_4500

湯豆腐はデートの時のお楽しみ (誰と?貴方です?)千楽さん 表も宣伝しときます。

Img_4501

Img_4495

Img_4499

紅葉も紅はタイムオーバー 黄色は黄金色のタイガーマスクです。(見えるかな?)

これから帰ります。円山公園のはずれで稲荷を食いました。春の花見は御室仁和寺の駅前でした。来年は何処の花見が出来るかな>岐阜の薄墨桜(うすずみさくら)荘川桜、それとも出雲松江の桜かな?何処も違う気もするけれど?来年の事はウサギさんに聞いて下さい。

Img_4505

Img_4506

写真はいっぱい撮りました。37年ぶりに見る風景はすっかり変わっていました。それでも東山の山麓から眺める風景は、穏やかに何も語らず静まり返っていました。「又、来なはれ」「又、新緑の頃」ここの景色はその時が一番です。そんな静かな初冬の風情を感じていました。

|

« 大阪の再生 浪速の事は夢の又夢 秀吉辞世の句 | トップページ | 今日もいい天気 それなのに腰が痛い 腰が落ちている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の天気がウソみたいに穏やかな一日でした。:

« 大阪の再生 浪速の事は夢の又夢 秀吉辞世の句 | トップページ | 今日もいい天気 それなのに腰が痛い 腰が落ちている »