« 秋が行くんだ 冬が来る でもまだ早い 近くの早苗の森 | トップページ | さつま揚げ さつまでごわす 平天 3連ちゃん 美味い »

2010年11月21日 (日)

豊後水道を君は知らないのか?それでもただの寿司はうまいだろう?

Img_2396_2

豊後水道の海は中央の雲の下。画像は日豊本線の車窓、佐伯湾。今年夏に帰省した時の映像。若い頃帰省の時この景色が見えて来ると、故郷の駅は近かった。一人暮らしになって久し振りに見る景色は、空も海も青かった。親父も復員の時同じ思いでこの海を見たのだろうか?戦前この佐伯湾は帝国海軍の軍港。米軍の度重なる空襲から解放されて悲惨な戦禍の跡は感じられたのだろうか?「国破れて山河あり」親父の思いを思うと改めて多くの思いが去来する。親父はこの平和の海をどんな思いで見ているのだろう?

Img_2399

この島(大入島)の彼方向こうに豊後水道は広がる。九州大分と四国愛媛の間に広がる海峡。四国宇和島と佐伯の間を正月帰省の時、フェリーで行き来したのは何時の事だったのだろう。そのフェリーも廃止されていないが、利用者は多く無い。

我が故郷は今は寂れる一方。主たる産業は一次産業。海と山の幸に恵まれて山間農業も盛んだったが、今は多くの村や町が合併して農林水産業は、生き残り策の模索を迫られている。いずれ間違いなく限界集落は大きな勢いで拡大するに違いない。

志(こころざし)を果たして何時の日にか帰らんと想っていると、お互いに手遅れとなる。(親父、心配するな。後10年。それ迄に帰って来い。)田舎も生活力と健康力が無いと誰も相手にはしてくれない。

そんな事を考えていたら思いがけないニュースを目にする。佐伯市蒲江(漁港)の魚寿司のキャンペ−ンが東京タワー下で行われていた。新鮮な寿司がタダ?信じられない太っ腹。タダより易い物は無いとはこの事だろう。金とって食わせろ。勿体ない。

|

« 秋が行くんだ 冬が来る でもまだ早い 近くの早苗の森 | トップページ | さつま揚げ さつまでごわす 平天 3連ちゃん 美味い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊後水道を君は知らないのか?それでもただの寿司はうまいだろう?:

« 秋が行くんだ 冬が来る でもまだ早い 近くの早苗の森 | トップページ | さつま揚げ さつまでごわす 平天 3連ちゃん 美味い »