« 体調は戻る 大阪の街は何故かうっとおしい | トップページ | 無知と貧困 人が人らしく生きるとは レ、ミゼラブルを読んで »

2010年11月 4日 (木)

アメリカの景気がなんで日本に大きな影響を与えるの?

P1000288

大阪の朝。
今朝は冷える。
それでも、空は青く無風。木の葉が優しい。

季節は秋の盛りを迎える前に、朝夕は寒くなる。今朝の冷え込みは一時的だが、これから寒くなる。風邪引くな

通勤時着ているジャンバーが汚れが目立ち、ハーフ、コートを買う。でもまだ暑い。今月も終わりに静岡に行った時、着れるだろうか?

昨年、ジャンバーで汗をかいたが、今年はどうかな?

Img_3510

昨日の公開していない城跡公園の画像。空も山も未だ秋の気配は無い。池田の宣伝、絵はがきではありませんが、この國の至る所に青山、青田、青園あり。しかし、多くの人はその一部しか眼にする事はない。知らない事は少なくない。その事がこれから間違いなく問われる。その事をこの画像が示唆している。アンビリバブル。そうかもね。

知ってる人は知っているけれど、知らない人は全く知らないアメリカの経済の実態。(おっ、一気に難しい話になりましたなあ。)全然。この国の経済の実態が分からなくて、アメリカの経済が分かる筈も無い。

日本の景気、悪いと言う人とそうでも無いと言う人も居るけれど、良いと言える人は少ない。これは間違いないだろう。悪いと感じる一番の生活感は雇用不安、失業の問題、就職難。親父もこの歳になっても悠々自適、晴耕雨読、田舎暮らしはまだ早い。

失業の時、やる気が無いとか仕事を選ぶなとか色んな事を言われても、昨今の経営環境は誠に厳しい。簡単に言えば既存の仕事のうま味が競争激化で大幅に減り、新規の仕事を見出せない。そうなると企業経営者が求める事は、コストダウン、経費節減、労務費のカットしかなくなる。この國の多くの労働者の収入が減り、先行きの不安定が高まれば当然、家計支出を押さえる。押さえられる人はマシで押さえようにも押さえる物が無くなれば、レ、ミゼラブルの世界となる。(無知と貧困)

アメリカの中間選挙で政権与党が大幅に議席を失った最大の要因は、失業問題の改善が進まなかったと言われるが、それだけではあるまい。政権与党への不信。大統領が盛んに口にした「チェンジ」が実感出来なければ支持は出来ないだろう。

それでもアメリカ経済は改善するのだろうか?貿易と財政の赤字。その対策は政府に求められても皮肉な事に中央銀行の金融緩和(税金の更なる投入)しかない。他に出来る事と言えばテロとの戦いを見直す事だろうが、その兆しは無い。

そのアメリカの基軸通貨ドルの価値が下がれば、日本の円はもっと下がる筈なのに何故か上がる。円高になると輸出で利益を出している企業の利益が減り、株価が下がる。この悪循環を断ち切る為に最近頻り(しきり)と新成長戦略なる物が取りだたされているが、一気に変わる事は出来ない。それ迄にはどれ位の歳月と忍耐が必要なのだろう? その事があまりにも語られていない。語れる人はどれ位いるのだろう? 

|

« 体調は戻る 大阪の街は何故かうっとおしい | トップページ | 無知と貧困 人が人らしく生きるとは レ、ミゼラブルを読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの景気がなんで日本に大きな影響を与えるの?:

« 体調は戻る 大阪の街は何故かうっとおしい | トップページ | 無知と貧困 人が人らしく生きるとは レ、ミゼラブルを読んで »