« 静かな静かな里の秋 田舎の朝は霜が降りているかな(2) | トップページ | 豊後水道を君は知らないのか?それでもただの寿司はうまいだろう? »

2010年11月21日 (日)

秋が行くんだ 冬が来る でもまだ早い 近くの早苗の森

Img_3874

Img_3875

この画像はスペックオーバー 圧縮してアップしている 画像の荒さが見て取れる?

Img_3876

これもデジカメ画像がブログのスペックオーバー 今迄ならアップ出来ず 画像の映像を圧縮して公開 君から言われる様に画像の荒さが良く分かる もう一枚Img_3877

この画像も圧縮 公開したのはこの生命力 大幹は枯れているが枝がその代役を果たしている 神主さん?が作ってくれた支柱も感動的 (親父、その優しさが在ればマダマダ時間は残されている。)

Img_3872

この桜の大木も久し振り。住宅地の狭い道の路肩を堂々と占領して、老いて益々元気来春の桜花の時を保証している。一時の枯れ木のイメージは払拭されている。良い事在りました?(在る筈が無い。在るのは皆の思いやりかも。)何よりです。

Img_3884

公園の手品師 黄色のカードをヒラヒラと切るのはもう少し先 この画像も圧縮

Img_3880

凄いなあ デカイなあ ケヤキの大木 今は見上げる人も少ないが唯我独尊 これも圧縮画像

Img_3883

快晴無風 銀杏とケヤキの枝が重なっている マダマダ落葉の時は先

Img_3885

今日の日はさようなら 又合う日まで この画像は圧縮していない

Img_3886

南天の首飾り 真珠も良いけど私も負けては鋳ない (仰せの通り)この画像年賀状に使えそう。どう見ても南天ではなく満点。

Img_3894

この画像も圧縮 確かに画像は荒くなるがこの手法教えて貰うとニンマリです。ただ手間が掛かる。(それは親父のスキル次第かも)。幾つになってもガキです。不平、不満を心に感じた時、静かな静かな景色の中で、悪しき心の汚れを払って下さい。

Img_3903

圧縮画像 何故かご機嫌斜め どないしはりました?(じゃかましい)

Img_3904

鳥の姿が小さいが正体は鳩 鳩が飛び立つ公園の銀杏は手品師 もうすぐカードを切って呉れるかな?鳩が烏(カラス)に追われる事は無いのかな?

Img_3901

拡大したけどレンズが小さい 一眼レフでないとアカンのかな? まあいいか

Img_3905

柿が鈴なり これだけ多いとカラスも突かないのかな? (ねぐらに遠いだけかな)

Img_3893

晩秋と言うより今が盛りの時 紅葉の時にはまだ早い葉っぱも細くなった幹が心配している。銀杏の生命力の盛りをひしひしと感じる。

Img_3908

近くの保健所の桜木の紅葉 保健所の意義が無くなっている 保健所の存在感が大きかったのは、子供達が小さい時迄だったのだろうか?高齢者の健康管理が問題になっても、都会の保健所が何をしているのかは、今イチ良く分からない。紅葉の鮮やかさもその事をアッピールしている。

Img_3907

近くの手作りお弁当屋さん この地に住んで多くの年が流れたが、利用するのは初めて。このお店の前を自転車で通る事はあっても、眺めるだけだった。今はお弁当と言えば近くの総菜のお店黒田さん。黒田の親父、日曜日はお休みだからこれから常連になるかな?

Img_3910

弁当が自転車の前かごの中で傾いて、中身が手前にこぼれているがこれは愛嬌。味は黒田さんが親父向き でもこのボリュ−ム 侮れない 少し味は濃い

明日は天気が崩れるとか?今日の穏やかな天気からは考えられないが。明日は中西の誕生日。あさって休みだからプレゼント持参出来るかも。たいした事は出来ないから期待するな。明日、コウサンに合えるかな?(オイオイ)

|

« 静かな静かな里の秋 田舎の朝は霜が降りているかな(2) | トップページ | 豊後水道を君は知らないのか?それでもただの寿司はうまいだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋が行くんだ 冬が来る でもまだ早い 近くの早苗の森:

« 静かな静かな里の秋 田舎の朝は霜が降りているかな(2) | トップページ | 豊後水道を君は知らないのか?それでもただの寿司はうまいだろう? »