« 。仕事の帰りに靴を買い替える これで一安心 | トップページ | スイスの旅(君のメモリー)流石カメラの映像が違う »

2010年6月26日 (土)

ありがとう。本当にありがとう。無事帰ってきました。

Img_1846

サンモリッツの朝。山に雪が残る。それでもそんなに寒さは感じず。人の情けに感激。昨日、スイスに到着して税関で叱られ(勝手に写真を取って言葉が分からず君に説明して貰ったがその態度が悪かった?親父のふてぶてしさが許せなかったのだろう?)。その夜デジカメをタクシー内で置き忘れ。それも君がフロントで説明して呉れた時は信用されなかったがタクシーの運転手が届けて呉れた。そんな事は日本でも珍しいのに本当に感激。サンキュウの連発

Img_1932

次の目的地ツェルマット迄は期待以上の風景とパノラマカーの展望が続く。合い席になったオーストラリアとニュージーランドの夫婦と君の通訳で親父節が時間つぶし。親父の腹もデカかったけれどあの夫婦も負けてはいなかった。一時の話が途絶えると後は寝るのみ。

Img_1946

ツェルマットの駅前は日本人団体客様のお出迎え多数。親父達のお出迎えは無く宿に連絡を入れる君を見ながらこの我儘ふてくされていた。税関で叱られた事を忘れていた。それでも登山列車に乗り込むと何故か、手を揉みながら笑っていた。バカタレ。

Img_1963

カフェテラス。どのお店も通りに面して花が飾られている。しかし食べ物に繊細さは無く大味。スイスの観光客だけでなく味に煩い(うるさい)のは親父位だった気がする。それでももてなしの心は日本人は学ぶべきだろう。空気が乾燥しているからだろうか秋の気配がしていた。

Img_2028

これがお馴染みのマッターホルン。宿の正面。ありがとうございます。到着した日には霧で何も見えず。翌日快晴。朝起きた時には笑いながらそびえ立っていた。この写真はアップされているが実際の景色は言葉を失う。登山鉄道は左のずっと離れた処に展望台(ゴルナーグラード)がある。その右側にロープウエーで登った(目茶苦茶怖い・高所恐怖症の人は無理)

Img_2004

ここが登山鉄道の終点。(ゴルナーグラート)正面の山はマッターホルンでは無い。ホルンは左側。これが雲海から首を覗かせている。親父はこの後レストハウスの中で身動きできず。スイスの代表的な展望台の意味は行かなければ分からない苦しさ(3089メートル)でした。

Img_2005

残念。マッターホルンの頭が切れているが登山鉄道と雲海の位置関係が良く分かる。

Img_2011

霧の上には青い空と白い雪、そして人と自然の同調が100年も前から続いている。

Img_2018

これが宿の正面。夜明けの時。もう少し早起きしていたら山肌が黄金色に輝いていた。それでも贅沢は言えない。これで充分。先日の霧を考えたら・・・。霧の時と晴れの天気は大違い

Img_1990

Img_2015

Img_2053

天気が悪ければ見れない景色を見せて貰ったのは君のお陰です。2度と見れない景色を笑いながら見ているとお天道様が笑っていました。マッターホルンが見える庭の一輪をプレゼントします。

Img_2059

この後はマッターホルンがもっと近くに見える(苦しくて見なかったけれど)。それでも充分でした。その高さを実感して下さい。(実際は殆ど撮っていない癖に・・・トホホ)

Img_2072

ロープウエーの中は外の景色を見る余裕もなく、最後の頂上への道はゴンドラが800メートルも上がり黒部の比ではありませんでした。他の人が平然として前後左右する様子を見ながら面球は宙を飛んでいた。そんな風景は君の記憶媒体(メモリー)が来たらアップします。この馬車は駅前の団体様送迎用です。長袖のシャツ、記念に買いました。ありがとうございます。

Img_2120

これはアイガー北壁、ユングフラウヨッホ、メンヒのふもとの村。しかし、正面の山はシュレックホルン。お目当ての山は此処も登山鉄道。ユングフラウを正面に見る展望台までは列車で行ける。親父は此処でも動けず。御免なさい。本当に情けない。それでも満足。

Img_2153

Img_2196

アイガー北壁。ユングフラウヨッホは展望台の外に出れず。電車の中で赤ちゃんが体調の不快を訴えていた。このスナップは帰りの写真。親父の気持が良く出ている。ユングフラウの展望台は3454メートル。その正面に4158メートルの頂上を見るには高所に強くなければならない。君にはゆっくりさせられなかったが親父にはあれが精一杯。アレッチ氷河も温暖化の影響で先端が後退しているとか。その姿を見れなかったが体調不良に成らなかっただけでも良かったと思っていた。

今回の簡単にまとめて見たが最後まで天気に恵まれた事、無事に帰れた事、それが何よりの旅の成果かもしれない。本当にありがとうございました。

|

« 。仕事の帰りに靴を買い替える これで一安心 | トップページ | スイスの旅(君のメモリー)流石カメラの映像が違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう。本当にありがとう。無事帰ってきました。:

« 。仕事の帰りに靴を買い替える これで一安心 | トップページ | スイスの旅(君のメモリー)流石カメラの映像が違う »