« JRは摂津富田 阪急は富田 とんだ間違い 反対と思ってた. | トップページ | 45年来の再開? 街の景色は変わっても、人の心は変わらず? »

2009年6月 7日 (日)

鑑真和上座像木像公開、今年も終わる。

Img_0493 (奈良はここですか?) ノー。

外人のカップルの旦那から聞かれる。

近鉄大和西大寺。京都、奈良、橿原神宮の分岐点。

唐招提寺の近鉄の旅も慣れてきた。唐招提寺はここから2番目の駅。奈良も同じ。

Img_0510 唐招提寺 金堂。

只今、工事中。完成は今秋?

もうほとんど完成?

今回の目的は御影堂。鑑真和上座像木造。

Img_0503 御影堂内は撮影禁止。

鑑真和上との再会は久しぶり。

前回はほほ笑んでくれたが、今回は不機嫌。

今日で年一回の一般公開は終わり。

さすがの和上木造もお疲れ気味。また来年です。深々と首を垂れる。

Img_0497 先月の若葉も濃さを増す。

団体客の途絶えた墓の奥は静か。

前回見た亀もバクどん(ヒキガエル)も、姿を見せず。

松の大木が伸びていた。

Img_0495 これは倒れているのではない。

伸びている。これだけの幹がどうして横に?

どうして上に伸びなかったの?

廻りの木が細いから、何かあったのかな?

人の世の意外性を暗示している。

Img_0499_2 苔(こけ)の生すまで。

Img_0506 この生命力 この力 この繁殖力

Img_0507

若葉して御目の雫(しずく)拭わばや。芭蕉

Img_0508

Img_0512

五月の時、飯を食った田んぼは早苗の景色になっていた。

遠くに見えるのが奈良の山。

この地を鑑真和上が愛してやまなかった訳は、故郷中国の土の味がしたとか。

昔は住宅地もなくのどかな風景だっただろう。

次の時は何時になるかな?。

|

« JRは摂津富田 阪急は富田 とんだ間違い 反対と思ってた. | トップページ | 45年来の再開? 街の景色は変わっても、人の心は変わらず? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JRは摂津富田 阪急は富田 とんだ間違い 反対と思ってた. | トップページ | 45年来の再開? 街の景色は変わっても、人の心は変わらず? »