« 明日は久し振りの仕事 休み過ぎ 失業の悲哀思い出す | トップページ | バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが咲いた »

2009年5月 8日 (金)

五月の風、薫風の空は何処に? 明日から又、暑い?

昨日のブログ挿入の写真、如何しても起こせなかった。起こす術を知らずそのままにしたが気分が悪く、原因を探りに近くの携帯ショップに出掛ける。携帯を始めに買って貰ったのは8年前、9年前。あの時は地方の山で土方仕事をしていた。君が笑いながら買ってくれた1台目から、先月やっと3代目。当時と違い今は携帯本体も安くない。それでもその新型を分割で手にした。なんでこんなに高いのか?その訳が使って見て良く分かる。

多くの機能があり、上手く使いこなせば凄いのに親父レベルではほとんど、通話かメール。その程度。でもこの親父は今、考えを変えている。文明の利器?を粗末にしてはいけない。指紋の着き易いブラックの本体を何時もさすりながら、学習している。

君から言われる説明書ではなく、近くのショップに行き分からない操作の方法を聞く。これが簡単の様でそうでは無い。買う時はお客でも何時でも何処でもそうでは無い。何時でもどうぞと言われながら、内心又かと思われているだろう。そこがおばさんならぬ親父のしつこい処。何度も何度も。今回で何度目だろう?そんな事を考えながらやっと顔を覚えた彼女の説明を聞く。

親父の質問はパソコンに入れた画像の形。横になっている。ブログ見てくれた人、可笑しいなと思ったか?何じゃこれと思ったか?それが分かる。昨日、小雨の中で休憩中、カメラサイズの設定を変えていた。らしい。まだ確認出来ていないので信用していない。ショップの彼女も、もし駄目ならと首をすくめてインフォメーションセンターの電話番号教えてくれる。

電話する訳が無い。分からなければ又、聞きに来る。そう呟きながら後にする。良く出来ているが、その機能を使いこなすには相当の好奇心と学習能力を求められる。携帯の写真をパソコンに取り込む親父は、そう多くは無い。

親父のつぶやきもお陰さまでもうすぐ340回。多くのボヤキと嘆き。やる事が無い時、見直してみると結構しつこい。同じ様な事を相も替わらぬ切り口でレベルの低いボヤキ、嘆きのセレナーデ。でも良く書いたもんだ。書く事があったもんだ。これからも続けたい。

景気も技術革新も人の生き方も大きく変わる。これからこの国の在り方、人の生き方、仕事の進め方も大きく変わるだろう。ソースコードの開示、中国の戦略が衣の先に見える。ある時は先進国、又或る時は発展途上国、その又或る時は経済成長率ナンバーワン。人を見る眼、中国を見る目は先日見た唐招提寺の鑑真和上を見る目とは違うだろう。

人の生き方も同じです。多面的、発展的、個性的な生き方をしないと生きがいの探究は出来ない。親父も年金生活者だけでは無い。この歳になっても頭を下げながら金の為にゴマをする。人の生き方はどんなに生活が保障されても、又、その反対でも卑屈になる事は何も無い。生きるとはその程度の事です。そう考えれば気持ちも心も大きく変わる。

先日のアメリカのストレステストも?でした。アメリカとこの国の金融機関だけが不況下の中で、発展できるとは思いません。エコノミストも流石に今後の課題は消費拡大と言って居るがこれからは間違いなく、消費収縮です。価格破壊では無く価格の見直し。収入が減れば支出が減るのは当然でしょう。何処から景気の底打ちと言えるのか?余りに我田引水でしょう。

我田引水 この4文字熟語も死語か?我が田に水引く。自分の事が良ければいい。自分の事しか見ない。見ているつもり。でも間違いに気付いていない。これは今月末になれば分かるでしょう。今年の初夏は近い。5月の爽やかな時は一時だろうか?

親父の連休明けは来週からです。体と心をオーバーホールして心新たに挑戦です。

|

« 明日は久し振りの仕事 休み過ぎ 失業の悲哀思い出す | トップページ | バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが咲いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日は久し振りの仕事 休み過ぎ 失業の悲哀思い出す | トップページ | バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが咲いた »