« 今日もお休み。体調は良くなりましたか? | トップページ | 昨日あんなに暖かかったのに、今日はチョト寒い。 »

2009年3月11日 (水)

夕食はオムライス。部屋に帰ってテレビ見ていたら眠くなる。

日経平均株価が26年前の低水準に落ちている。貧乏人には関係ないと思われる東京株式市場の低迷は、現代の景況感のバロメーターでもある。26年前と言えば君がまだ幼少の頃。親父も若くこの国の経済は外国人から、経済は一流政治は二流と揶揄(やゆ)されていた。国民の生活レベルもようやく安定し、政局は不安定でも今日の様に近未来への不安は感じられなかった。今は世界有数の経済大国になったが、多くの人の生活はそうではない。

株価の低迷は景況感のバロメーターでもあるが、今日のそれは必ずしもそうではない。この国も世界各国の株式市場も外人投資家の割合が増え、経済成長がプラスの時は良いがマイナスの時は危機的状況となる。こんな事は経済の素人でも理解できるが、国の財政政策は長い間、問題の火種を放置していた。多くの国民も日々の生活しか見ていなかった。

この国の経済指標はこれからの景気を判断する上で、悲観的要素が多い。多ければ必然的に生活防衛に走る。自分は関係ないと嘯いて見ても(うそぶいてみても)、そうでない事をこれから思い知るだろう。アメリカの金融危機がどんなに進んでもドルの下落が比例しないのも、この国の活力と国民の景況感に問題があるのだろう。

親父は今のレベルが底だと思うが、7000円の大台が割れると3月危機は大きな転換期となるだろう。親父の感覚ではそれは無いと思うが、株式市場の三分の二を占める大口投資家の売りが進めば、それも分からない。

政府の景気対策は多くの税金を投入しても、効果に疑問を持たれている。生活給付金、高速道の大幅割引、他に何があるのだろう?多くの政策を打ち出されても政府、行政の信頼が無ければ生活不安は変わらないだろう。

久々の仕事。朝起きで緊張していたのだろう。睡眠が足りなかったのだろう。今日は疲れた。仕事の帰りお気に入りのコーヒーショップでオムライスを食ったら、買い物もせず家に帰る。ぼんやりとテレビを見ていたら眠くなる。

未だ7時過ぎ、寝るには早すぎる。それでも毛布を抱えて横になるとテレビの音声が、子守唄の様に聞こえる。8時の歌謡番組もうつらうつらをしながら聞いていた。正気に戻ったのは10時過ぎ、テレビはホームレスのボランティアの番組だった。仕事のプロフェショナルと言うより人生の先導者、奉仕のプロ、そんな感じがした。

さあ、今週は後3日、ジェツト、ストリュームが始まりました。正刀さんの声を聞きながら今夜もお休みです。

|

« 今日もお休み。体調は良くなりましたか? | トップページ | 昨日あんなに暖かかったのに、今日はチョト寒い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日もお休み。体調は良くなりましたか? | トップページ | 昨日あんなに暖かかったのに、今日はチョト寒い。 »