« 問題解決能力、問題先送り責任 | トップページ | 関東は桜満開、関西はまだだよ »

2008年3月28日 (金)

フォローアップ、カウンセリング

昨年12月、近くの五月山散策予定の足が気分の変化でハローワークに向く。仕事探しのパソコン画面に予想以上の候補が有り、一番気に入った会社の面接を受ける。それでも正直に言えばやりたくない仕事だったが、親父の年になると他には選択の余地もなかった。

面接はハローワークの紹介で早かった。大阪に戻って最初に面接を受けた地下鉄の駅を降りた時、時の流れと翻弄された歳月に淡々としながら、それでも青年の時を考えていた。そう親父にも青春があり若きセピア色の大阪の街があった。野田阪神から玉造、緑橋の市電。今は昔の物語。それでも阪神高速と地下鉄の出入り口の先には、懐かしい靭公園があった。

面接を受けた会社、採用され今働かせて頂いている会社は近くにあった。面接は履歴書の説明を親父が一方的にしながら、若き日々の感想を述べていた。楽しく変な面接は親父の人と成りを正直に表現していた。後日聞いた話では誰でもOK、しかし誰でも出来る仕事ではないとか。もうすぐ4ヶ月になるが本当にそう思う。

3ヶ月と20日間。日数にすると110日間、この間に休みの日が35日前後在り、実質的には70日前後無我夢中だったのだろう。最初の頃は言われるまま、後半慣れるにつれ初期の緊張感が欠けてくる不安が全くなかった。先週の休みを挟んだ単純ミスはその警告だったのだろう。今一度、初心を忘れず苦労の体験を生かさなければならない。

昨日、思いがけなく部長の面接を受ける。さりげない言葉の端々にステップ、アップの言葉と思いを語られる。多忙の日程を割いての面接に言葉の重みをかみしめる。感謝の思いを深々と頭(こうべ)を垂れながら表現する。今週は休みだが来週の仕事の中で必ず活かす決意です。仕事は本当に知識と技能、そして人間その物、表現の結晶でしょう。

この年になってそのレベルの追及が出来るのは、本当に有り難い。有る事が幸運であり更に健康と人間らしい優しさが求められる。これからどれだけ出来るか分からないが体力と知力の続く限り挑戦しなければならない。

自動車特定財源のガソリン価格の値下げも予想外の展開を見せている。多くの人が多くの事を語っているが、問題の本質は高いガソリンと軽油の税金が暫定である事だろう。昨日のブログにも書いたがその事を語る人は少ない。この国の税制の在り方を自民党税制調査会の答申に任せた代償は余りに大きい。

この財源がなければ地方の高速道路が作れないと声を揃えて声高に叫ぶ人達は、その税金のつけを払う人にもっと頭を下げなければイカン。いえ、そんな思いもないのだろう。どれだけ多くの人が原油高の思惑に振り回されて、経済的に苦しんでいるか分かっているのだろうか?春の到来と共に厳しい皮肉な現実を噛み締めなければならない。

それでもこの筋書きを押し通そうとした役人と大臣は、次のシナリオを考えているのだろうか?まさかと思われた事が現実となれば当然、その裏返しもあるだろう。しかし、事は左様に簡単ではない。桜の季節が若葉の時を迎える前に政局は激動の時を迎えるかも知れない。

これは親父の独断と偏見です。笑って堪えて(こらえて)下さい。今夜からセリーグのペナントが始まります。(プロ野球の開幕) なんだかんだ言われながらもひいきのチームの勝ち負けに一喜一憂出来る事は一服の清涼でしょう。このワクワク感は興味がなければ分からない。それでは3時を過ぎたので今夜はこの辺で終わります。

|

« 問題解決能力、問題先送り責任 | トップページ | 関東は桜満開、関西はまだだよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 問題解決能力、問題先送り責任 | トップページ | 関東は桜満開、関西はまだだよ »