« 股関節が悲鳴を上げている | トップページ | 物の見方、考え方。 »

2007年10月11日 (木)

きんもくせいのかおり

秋です。昨日、久しぶりに五月山登ってきました。体育の日ではなく腰の塩梅が今一すっきりとは行かず、歩いて来ました。おかしなことに歩けばすっきりします。本当はウオーキングの靴を履き颯爽と大股でといきたいけれどそこまでの若さもなく、秋の景色に眼を奪われながらトコトコ歩いていました。山はすっかり秋でした。ドングリを踏みしめながら歩いていると昔の旅人の事を考えていました。今は便利な社会になりましたが歩きを忘れた人間に未来はあるのでしょうか?

山から下りて駅の売店に立ち寄ると閉店の表示をオバちゃんに見せられる。70年間の営業とか。(すごいな。おれが生まれる前から頑張っていたのか|)感慨無量。近くにコンビニが出来るらしい。電鉄会社の商いに為るのか?最近、流行の多角化か。

久しぶりに文芸春秋買う。これもそのうち、廃刊?と言われながら続けているのは固定客が居るのだろうか?それでも710円は高い。雑誌の大きさと厚さが今風でない。中身も変わらず。これで利益が出るのか心配になる。余計な御世話。親父の興味を引いたのは帝国海軍VS米国海軍 日本は米国に勝てないのか そんな副題がついていた。

こんなテーマに興味を持つのは親父世代だろう。710円にこだわるがそれだけの価値は?今時帝国海軍とは何だったのか知らない世代の方が多く興味もない輩が多い。しかし、親父の前の世代では知らない方が少なく、帝国海軍軍人は若者の憧れでもあり尊敬の対象であった。帝国海軍は何故、負けたのか知らなくてもこの世の中を生きていける。それでも己がこれから何かを為さんとするなら、それ位の知識は不可欠かも知れない。

帝国海軍は何故、アメリカ海軍に負けたのか。一言で言えば工業力の差、二言で言えば戦略の差、三言で言えば責任の取り方であろう。親父も多くの知識人も知らない事にこの国の組織の責任の取り方がある。勝ち戦、イケイケドンドンのときには手柄を取り、負け戦、守りの時には現場の責任にする。人の命の重みが分らず卓上の理論で組織を動かす間抜け。

失敗の責任を明確にせず、敗因の分析に欠け精神論を振り回した参謀組織は叩き潰されても今、又、官僚の支配の中であるべき姿が見失なわれようとしている。軍隊、組織の中では国民よりも大事なものがあるのだろう。帝国海軍は何故、負けたのか考えてみると現代に通づる多くの事が見えてくる。今、アメリカの政治経済を無視してこの国の成り立ちは無い。反対の事も言える事を忘れてはならない。

いつも人の悪口ばかりで申し訳ないが親父の親父は戦艦の砲手。農家の二男で志願して海軍入隊。独学で努力重ねて海軍兵学校入校。今なら東大か。隔世遺伝で息子達が受け継いでいる。南太平洋にガダルカナル島がある。戦艦金剛と榛名の艦砲射撃を浴びてアメリカの司令官は撤退を考える。その時の砲手が爺ちゃん。戦後、運良く生還したが戦争の話は何もせず、苦労しただけだった。今、どんな思いで孫達を天国から見ているだろう。

ガダルカナルの戦いはアメリカの司令官が変わり、戦局も変わる。戦いは消耗戦から制空権を失い、伸びきった補給路を断たれる。この後、惨めな戦いを重ねても帝国海軍は事実を捻じ曲げて宣伝するだけであった。この事実は未だに多くの人は知らない。美しい国にも悲しい事実がある事を忘れてはならない。

日本国債の格付が一段上がり、株価が上がっている。ネタが無くなるとこんな事も情報に為るのんか?この格付アフリカの小国、南アメリカのチリ並みとか。日本の財政が悪いからだとか?アメリカはその為に日本の構造改革を問題にしている。自国、アメリカの赤字はどうするのか、それでも日本の格付はその程度です。是からアメリカのこの体質が問題になる。

舐めたらあかんで大阪を?(舐められても仕方ないな。今だに阪神?アホカ)金村、お前確信犯やで。なめたらあかんで内藤を(知らん、チャンピオン)日本も同じやで。訳の分らん格付会社。アメリカがこれだけイランで戦費垂れ流ししてもドンコンならんで。この国のマスコミももっと賢くならんと見向きもされなくなるよ。(その心配もないか?何でも有り・)

大体、おかしいと思わんけ?チャンピオンに敬意を示さずゴキブリ呼ばわりはないだろう。アメリカの格付会社が日本の国債がボツアナ、チリ並みはないだろう。日本の国債は外人投資家に買って貰う意思が財務省にないだけです。この国の財政は言われるほど悪ければアホみたいな援助は出来ないだろう?八百九十兆の債務は本当に財務省の役人はどうするつもりだろう?政治家が間抜けでもその人を支持する選挙民は一体何だろう?

もっと賢くならなければならない。内藤、頑張れ。財務省の役人も。政治家に改革の意志は無い。国会論議で債務の棚上げを口にして質問している与党の議員がいた。おいおい。それはないだろう。親父も偉そうなこと言えないがレベルが違う。歳入が足りなければもっと入るを図るしかないだろう?無駄な支出をなくせ。その取り組みはしているのか?

|

« 股関節が悲鳴を上げている | トップページ | 物の見方、考え方。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 股関節が悲鳴を上げている | トップページ | 物の見方、考え方。 »