« 農業の在り方、林業の在り方 | トップページ | 久しぶりに山に登る。壮快 »

2007年10月22日 (月)

鰤大根美味かったよ

ブリ(魚へんに師匠) 正に魚の親分。この魚の美味い食べ方はいろいろあるが、久々のスーパーで新鮮な切り身を手にして、カット野菜との蒸し焼きを考えていた。それが鰤大根のタレが眼にとまり考えが変わる。そうだ、寒くなったし鰤大根。今夜はこれで決まり。長崎の鰤と新潟の大根。それとタレだけ。本当はイカの輪切りと里芋が入れば文句なしだったろう。

落とし蓋もなくアルミの鍋で30分。それで充分だった。久々のおかずにご飯も進む。(軽く一杯だったけれど200円のレンジでチンする佐藤のごはん)これで充分だった。呑み屋さんでしか口にしなかった鰤大根。考えてみると魚嫌いの親父の気分を母さんは感じていたのかもしれない。鰤大根作って下さい。もう遅い。そんなこと言わないで。自分で作るしか無い。

一人で生きているといろんな事がある。この国の形もいろんな姿を見てきた。変わらなかった事は政治と経済の形。当然と言うには余りにお粗末。それでも何とか形を成しているがこれからは多くのハードルが待ち構えている。変化の時と言われて久しいが流れが変わっている。何時までも一部の利益代表では国の舵取りは出来ない。

あの小泉の構造改革とは一体何だったのだろう。本当に親父は始めから信じていなかったが郵政の民営化は改革と言う名に値するのか?今、一番の無駄使いをしているのは役所だからある意味、民営化は正しいのかもしれない。しかし、肝心の役所はどうなったのか?

何も変わらず10年ひと昔、改革どころか焼け太りを重ねている。掛け声ばかりで問題の先送り、天下り、利権の繋がりすら断ち切れない。改革の続行を声高に叫んだ安倍元総理は今は過去の人になっている、

それなのに何も無かったかの如く、マスコミは防衛庁の元次官の接待ゴルフを報じている。役所のトップがこの有様で利益誘導はないのか?民間の資材担当でもこんな事をしていたら首だろう。もっと達が悪いかも知れないが役所の金は税金だと思っていないのだろう。

利益誘導があったとか無いとか言う問題ではない。そんな付き合いは禁じられているだろう。分ってやっていればそれは組織ぐるみと言われる事にどう説明するのだろう?福田総理も出足は卒が無かったが、これで凌ぎきれるだろうか?難しい。

今、f-1ブラジルグランプリを見ている。今年度の最終戦。この1戦でチャンピオンが決まる。新人の新チャンピオンが決まる予想が予期せぬエンジントラブルで苦戦している。日本の新人中島もピットでクルーをはねるし、何が起きるか分からない。残り37周。

コースで停止寸前のハミルトンが18位から巻き返している。完走すれば初の新人ワールドチャンピオンです。エンジンクラッチがトップに入らずスローダウンして走りが戻るのも珍しい.ライコネンは2位。トップの可能性も大きい。ハミルトンは8位まで上げている。残り25周。

まさかまさかの大逆転。最終コーナー立ち上がってトップはライコネン。アナウンサーが絶叫しているが勝負のの世界は1年戦って1ポイント差。これが筋書きのないレースかも知れない。まあ、ラッキーだったな。フェラーリの車がf-1チャンピオンでした。日本の中島ジュニアー10位。これもおめでとう。琢磨は12位。

柿を食ってこれから寝ます。3時です。おやすみ。この頃、銭湯の帰り、サントリーのビックル飲んでいる。ビフィズス菌入り。これ効いているのかなあ。地響きのするオナラが出ている。お粗末。久しぶりの流血のプロレス見たので良い夢は見れないかもしれない。

|

« 農業の在り方、林業の在り方 | トップページ | 久しぶりに山に登る。壮快 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 農業の在り方、林業の在り方 | トップページ | 久しぶりに山に登る。壮快 »