2019年6月19日 (水)

舐めたらアカンで「アドプトロードプログラム」知らん?教えて上げましょう。

Img_1317 Img_1269 Img_1289 Img_1273

ひどい事をしてくれる?意味が分からん?この木は何の木気になる木?そうではありません。行政の怠慢で不法に歩道を占拠した樹の枝を剪定してバカタレが放置している。この場所に長い間放置されていた枯れ枝を片付けて貰ったばかり。その場所にこの様をさらす。この右側の処分を行政にさせる。これはK君では無理だろう。担当課長でも無理だな。

Img_1270 Img_1271 Img_1275 Img_1279 Img_1283 Img_1284

アドプトロードプログラム?何処が?第一この看板に意味が完全に無視されている。この無様な歩道の管理者は何処の誰?この左の車道は池田のメインストリート。府道池田ー箕面線。通称桜通り。当然管理者は池田土木事務所と思いきや外れ。

管理者は市とタライ廻し。しかしこの看板もう一度良く見て見ると何故か大阪府の文字がある。大阪府と大阪市の二重行政が批判されて久しいが都合の悪い事は(私の所は関係ない)そうでは無い事を責任者に思い知らせてやらないと分からない。?どういう事?見ておれ。綺麗に片付けさせる。それともそんな事は出来ない?

Img_1272 Img_1290 Img_1291 Img_1286

Img_1292

このアングルで見ると右側の清掃用具とその後の樹木が完全に歩道を不法に占拠している事が良く分かる。この歩道の管理者が市の管理だとしたらきっちり始末をさせる。そんな事は市長でないと出来ない?現在の市長は先きの地方選挙で初当選の新人。池田を変える。その公約はこの程度の事が変えられるかだろう?それともそんな事はどうでも良い?どっちや?いずれ分かる。

Img_1276 Img_1285 Img_1289 Img_1290

ここが綺麗に出来なかった理由が分かる。この程度の事も改善出来なかった町内会。その指導、協力、援助も出来なかったアドプトプログラム。アドプトとはどういう意味か殆どの市民は知らない。その事を改善しなかった関係者の責任は小さく無い。それでもそんな事はどうでも良い。池田土木の監督者から言われた言葉。(個別の対応は出来ない)それが現実?だとしたら変えないといけない?アホやのう。

Img_1294 Img_1314 Img_1313 Img_1299

これが見本。全てはこうはいかないにしても綺麗な街は挑戦者に支えられる。飽くなき挑戦。その日々の取り組みは地道な行動から始まる。お金が無い。人手がない。それは出来無い言い訳。それを言っちゃオシマイだよ。この言葉を担当課長は知らない。知らなければ上司が教えろ。その事がここでも問われている。

Img_1295 Img_1301 Img_1302 Img_1303

バス停のベンチ位気の聞いた物が造れませんか?公益活動促進センタ−?ここにはどんな人が居てどんな仕事をしているのだろう?関係ありません?失礼しました?そうは思わないけれど知らないと言う事はそう言う事だろう?ここでバスを待つ人のベンチは要らない?そんな時代がやって来る?親父は全く関係ないと何時迄言えるのだろう?

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

勝負の世界は厳しいね オチャラケで勝てるのは金融の世界 それも貧乏人は関係ない?

Img_1169 Img_1172 Img_1173 Img_1174 Img_1176 Img_1177

最近体調は良く無い。良く無いと感じるのは体のバランスが崩れているから?体の調子が悪いと最近は良く分かる。若い時は無理をしても誤摩化す事が出来たがこの歳になると流石にそれは出来無い。それでもそんな体でも労れば(いたわれば)何とかバテル事は無い?ホンマかいな?ホンマです。昨日もこの先でその事を思い知る。

Img_1179 Img_1180 Img_1184 Img_1181

この道は一番楽なコース。幼稚園児でもこの展望台迄元気に登る事が出来る。しかしそんな園児をここ迄引率出来る保育園は殆ど無い。理由は集団で登って来るにはそれ程甘く無い。それ程のリスクを取れる保育園はありません?

高齢者も元気な人で無いと殆どが無理。その程度の体力の人が多くなっている。親父が体調不良を嘆く事は何も無い。これからはそう考えると生き方は決まる。これからの高齢者はこれ迄以上に長く生きられる?そんな事はありません。

経済的負担は今言われている以上に大きくなる。その程度の事も他人事の様に思われている。知らないと言う事はそう言う事?公的介護を受けれる人は既に定員オーバー。その待機者は年々増える。3年待ち?と言う事は永遠に無理と言う事?

ならばどうする?有料介護施設。その費用は最低でも10万円を超える。そんな処はまず無い。そんな事は殆ど知らない。我が街にも包括介護支援制度がある。名前は立派だが何の事やらその実態は殆ど知らない。まず期待出来ない。それでも介護の費用は自己負担が小さく無い。ボケたら最悪?ボケなくてもただではない。その程度の事も何も知らない。

Img_1185 Img_1186 Img_1190_1 Img_1187

展望台からの帰りに再び鳥の巣を窺う。親鳥がしっかりと卵を温めていた。この巣を教えてくれたDさんは他にも色んな事を教えてくれた。現在は親父と違って悠々自適。釣りと野鳥の観察が趣味だと教えられる。嫌味の無い爽やかな人だった。

親父もこれからも少し肩の力を抜いた生き方をしないといけない?どうして?長生きをすると言う事はそう言う事。親鳥が卵を温めてもひな鳥は何時迄も親鳥とは行動をしない。親父も厳しい現実をもっと受け入れないといけない。それも無理だな?アカンか。

Img_1191 Img_1193 Img_1194

水琴窟の説明看板。この水琴窟は綺麗な音が竹筒に耳を近づけると聞こえていたが今は音が聞こえない。この水琴窟は全国でも20前後しか無い?水琴窟と言われてもここに何で置かれているのか市役所の担当課の責任者でも知らない?

今、音が聞こえないので修理させないといけない。この看板も綺麗にさせる。そんな事が出来るのかな?親父の力が試されている。担当課長のレベルでも無理?ならば担当部長?そんな人は知らない。それでもこれ位の事が出来なければ親父も偉そうな事は言えない。

市民公室のボスの登場?それとも副市長?それ程のもんでは無いだろう(笑い)担当のKに聞いてみますか?調子に乗るな。

Img_1196 Img_1197 Img_1198 Img_1199

山から下りてDさんとも別れる。気が付くと話に気が取られていて手にして来た弁当を食っていない。最近出掛ける時にはお弁当を欠かさないがこの行動パターンもそろそろ変えないといけない?どうして?この一食を減らせば間違いなく減量出来る?

そんな涙ぐましい努力はしなくても減量は出来る。甘い。そう。減量を本気でやるには涙ぐましい努力が必要。その認識の甘さが無様な結果を生んでいる。それでもそんな気は全く無い。何事も楽しく無ければやらない方が良い。アカンワ。

Img_1201 Img_1202 Img_1205

芝生の上で高校2年の女性とが2人雑談をしていた。視線が合ったので声を掛ける。こんな時カメラは役に立つ。写真は撮れないが親父が不審者でない事を証明?してくれる。そんな事は無いだろう?一方的にカメラの写真(鳥の巣)を見せる。この写真で一気に打ち解ける事が出来る。そんなもんだろう?違う。阿吽の呼吸が合っただけ。理屈では無い。

Img_1207 Img_1208 Img_1209 Img_1210

これは個人の庭。個人が大事に育てて見事に開花している。花屋さんの店先の様?これもカメラのトリック。

Img_1213 Img_1214 Img_1215 Img_1216

城跡公園に戻って来る。芝生広場で靴を脱ぎ靴下を脱いで芝生の上を素足で3周する。白百合の香りが何とも鼻に心地好い。近くの岩の上に夫人が腰を降ろしてパンを食っている。横目で見ながら3周目に声を掛ける。しかしそれだけの事。

最後の仕上げは腹筋。引き上げる前にハモニカを吹いていると公園管理のボスが篠笛を吹いてくれる。切ない音色ではなく華やかな音色だった。親父のハモニカも小学校唱歌では子供に喜ばれるだけ。民謡をマスターしないとアカンなー。あほ。

Img_1229 Img_1255 Img_1256 Img_1253

白百合もこれで見納め。又来年です。94のオバアちゃんを自宅で介護している娘さん(息子のお嫁さん)息子は親父と同じ年だが既になくなっている。レイコさんは今年はこの花を見れたのかな?オバアちゃんも体調は回復したのかな?

Img_1247 Img_1248 Img_1239 Img_1258

スイスで見せてもらった青空がこの街でも見れる。スイス迄は飛行機で13時間。2度と行けないだろう?しかしあの素晴らしい景色は日本でも見れる。今年是非行きたい白山スーパー林道。(現在はパールロードと呼ばれている)しかしこの道は関西では殆ど知られていない。観光バスでないと通り抜けは出来ない?白山市の地方創生の取り組みをこの眼で確認が出来るのかな?

Img_1261 Img_1262 Img_1264 Img_1266

公園のベンチで眺めたグラウンドは今でも何も変わっていない。この素晴らしい夕焼けも25年先でも同じ。そこ迄は生きている事は無い。人生100年時代。そんなバラ色の人生は何処にも無い。その程度のインチキが罷り通る?そんな訳は無い。

| | コメント (0)

今日も昨日と変わらず それでも確実に変わっている?案ずる事は何も無い

Img_1152Img_1154Img_1157

親父の休憩場所。体がしんどい時にはここで引き返す。この歳になっても体の調子は同世代より10は若いと過信しているが最近は全くだらしない。太り過ぎ。標準体重より20㌔プラス。その全てが脂肪。

この脂肪は20年以上前から蓄えているので落とす事は簡単ではない。ところがそれもやる気の問題?一日の食事の管理で3月で5㌔減は左程難しい事では無い。嘘をつけ?これから元気に生きるには食事の管理と歩く事。

この事は全ての人が等しく問われている。確かに。しかしそれは簡単な事ではない。一日の食事の量を2割減。これは並大抵の努力では実行出来ない。親父の場合ようやく食事の量を減らす事が出来ている。それでもメタボな体型は変わらない。

何でや。筋肉が衰えている。筋肉が衰えると脂肪が身に付くだけ。その体質は老化と共に加速する。その事は頭で理解出来ても体は実行出来ない。仙人に成るにはその修行も求められている。無理だな。確かにそうかもしれない。

しかし行動あるのみ。それが出来ると次の修行は山歩きのみ?あほやのう。現在人がこれ程太ったのは豊かな生活が原因。そうでは無い。有り余る食材がスーパーに行けば何でも手に入る?それもこれから難しくなる。そんな事は無いだろう?

高級食材のみしか買わなくなれば簡単に実行出来る?それは無理だな。所得は少なければ安い物しか買えなくなる。今迄は健康に気を配って買い物をしていたがこれからはそんな買い物も出来無くなる。意識して食費を削る。そんな生き方が求められている。

むげねえのう?(哀れで可哀相?)全然。九州大分の方言をこの歳になっても思い知らされる。しかしこの鐘が警告音としてこれから響き渡ると思えば有難い事に違いない。現在人は宗教の教えを知らない人も少なく無い。その人達に指し示されている事。それはオチャラケでは無い事に違いない。

Img_1158 Img_1160 Img_1161 Img_1162

これから初夏を迎え盛夏の時、暑い日差しを遮るこの緑も秋になると色づき晩秋になれば見事に紅葉する。そして今年も暮れる。この素晴らしい緑の息吹きが錦の紅葉に替わる時どんな生き方をしているのだろう?何も変わらない。何も減量が出来ていない?そうだとしたら余命は精々5年。その覚悟が問われている。

Img_1187 Img_1190 Img_1182 Img_1192

昨日最高の出合い。この鳥の巣を教えてくれたDさんに感謝。素晴らしい出合いだった。多くの事を語り合う事が出来た。同じ街にこんな素晴らしい人が居る。こんな素晴らしい出会いがある。それも全くの偶然の重なりからだった。

何も遠くに出掛ける事は何も無い。近くの展望台で色んな会話を重ねる。他愛も無い事でも多くの過去の思いがフラッシュバックする。無駄に生きている様で無駄な事は何も無い。ここ迄に人生も多くの偶然が重なりそれなりの喜怒哀楽を重ねている。

何も嘆き悲しむ事は無い。これからも多くの喜びが重なる。それ以上に多くの苦しみが待ち構えている。その時に自分を勇気づけてくれる言葉は優しさだけでは無い。予期せぬ人の予期せぬ言葉。人生とはそう言う事の重なり合いかも知れない。

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

警察官重体 犯人箕面の山中で緊急逮捕 それでも責任は問えない?防刃チョッキも隙間がある。その事を知らなかった。

Img_1094 Img_1095 Img_1098 Img_1099

駅前の刈り込みもされない歩道脇の植え込み。何でやらないのか?指示が無いから?誰の?役所には当然管理部署がある。ところが市民からクレームをつけられてもやらない。何でやねん。それだけのお金は無い。嘘をつけ。

目立つ花壇の花の植え替えは予算が計上されている。その予算計上が無い。それも嘘。要するにその程度の仕事でも飯が食える。そう思われている。3枚目と4枚目の写真はこれでも片付けられている。その事は市役所担当と確認する。それだけで嬉しかった。

ただ作業をした人に親父の思いは伝わっていない。大阪府のアドプトロードプログラムの担当者は何をしているのだろう?その疑問すら池田市民には無い?その事がこの写真が証明している。これだけでは足りない。そうかな?

Img_1102 Img_1107 Img_1110 Img_1111

街を綺麗にすると言う事は奉仕活動だけでは出来ない。ところが現実はその奉仕活動に頼るしかない。市民税の使い方は一杯ある。だから全ての地域を綺麗にする事は出来ない。これは尤もらしくて尤もな意見では無い。それは役所のトップに聞けば良く分かる。

その程度の事も役所の人間は分からない。土木事務所は都道府県の管轄。彼らの仕事のやり方を変えさせる為には政治家の名刺が居る?それでは反社会的組織と何処が違うのだろう、その事が問われている。まさか?

Img_1112 Img_1118 Img_1119 Img_1121

飼い犬の糞の始末も出来ない人も居る。だからそんな人の面倒は見れない?だからこの程度の看板で済ます?情けない話です。しかしその情け無い話をしつこく続ければこんな無様な景色は無くなる。無くならなくてもそんな人間は長くは生きられない。

その程度の事は閻魔大王がきっちり始末してくれる事信じれば良い。信じる物は救われる。これはこれからも変わらない?何だかんだ言いながら世の中は回転している。吹田の警察官重体の犯人は自己責任が問えない?そんな事は無いだろう?

精神障害者でも人を刺したらそしてその怪我が大きければそれなりの社会的責任が問われる。親父さんは関西テレビの役員。その社会的責任は問われない。それが現実。親父は警察官が簡単に刺される防刃チョッキを装備して居なかったのかと思ったがそうでは無かった。

きちんと装着していても刃物を垂直でなく水平にして刺せば心臓に達する傷を負わせる事が出来る。坂本龍馬が暗殺された事件の教訓が全く生かされていない防刃チョッキ。これは隙間がある。その隙間を刃物を横にすれば深い傷(致命傷)を負わせる事が出来る。

その事を全く知らなかった。そんな報道は全く無い。防刃チョッキで防御していない隙間から水平にした刃物で刺されている?親父達はそんなチョッキも身に着けていないので防ぎ様が無い。最近本当に物騒な世の中になっている。自分で自分の身を守るには合気道でも役に立たない?仙人に成るしか無い。アホ。山に行く。凄い出合いがある。

Img_1122 Img_1123 Img_1124 Img_1125

昨日の吹田の事件で臨時休園に追い込まれていた城址公園天守閣の雨戸が開いている。今日は容疑者逮捕で開園している。それにしても間抜けな容疑者。拳銃の証拠品を発見されての犯行を人の所為にしている。現在は差別用語として使われない言葉を自らの態度で証明している。

精神鑑定で罪に問えないと判断されれば無罪。そんな人間でも社会で生きて行く事が出来る。オバカな社会とは言われない。ただそんな人間が何時迄も野放しにはされる?自分の身は自分で守れと言われている。出来るのかな?殆どが出来ない。ならばどうする。

合気道を手にする?それでも駄目だろう?ならばどうする?素知らぬ顔をして生きて行く。関わりを無くす。それでも多くの人は全く問題なく生きている。ただどんな人間でも弱点はある。その弱点は自分では気が付かない。その事を知れば関わりを立つ事が出来る?それは無理だろう?ではどうする。仙人に成りたまえ。ただ仙人どころか10人にも成れない。オイオイ。

Img_1126 Img_1127 Img_1128 Img_1129

城跡公園の見事な百合。先日の強い夕立の雨風で長い茎はへし折られ多くの花も曲がっていると思ったが全く違っていた。今が見頃。今が花の盛り。綺麗な花と香りが漂っていた。しかし今日の目的地は五月山。ここで腰を落ち着ける事はしなかった。

Img_1131 Img_1132 Img_1133 Img_1137

Img_1135 Img_1138

Img_1140 Img_1141

Img_1142

このスペースは狭い橋の上の公園。この場所の花は定期的植え替えられる。その予算は確保されている。公園管理者の看板はあるが誰が管理しているのかは今だに分からない。しかし間違いなく奉仕作業では無い。指定業者が仕事で請け負っている。

Img_1145 Img_1146 Img_1164 Img_1150

この素晴らしい五月山山麓の道を歩いていると音も無く車が降りて来る。トヨタのプリウス。エンジン音が全く聞こえない。この道は車両通行禁止では無いがこの先に駐車場は無い。坂を登りつめるとそこに空き地はあるが駐車場では無い。オバカがそこに車を停める。

その車が体すれすれを通り抜ける。相手も親父のフラフラした足取りに怒りの表情を見せるが親父の勢いに圧倒される。どっちもどっち?確かに。しかし車の責任が重い事を知らない。痛い目をするのは撥ねられた方だけど。目を瞑っても歩ける道。しかし車に撥ねられるとただでは済まない。

 

| | コメント (0)

散歩コースの変更

Img_0964 Img_0965 Img_0966 Img_0968

知らないと言う事はこういう事?我が街だけでなく地域の繋がりは小さく無い。それでもこの違いはおかしくない?地域の町内会の活動でこれだけお金が使えると言う事はどういう事?この整備のお金は市からの補助金。これだけの補助金をあるのならどうして全ての市内の道を綺麗にしないの?その訳も単純明快。その程度の事も多くは知らない。

Img_0969 Img_0971 Img_0973 Img_0974

地域のコミュニティが整備した?小さな公園とは目と鼻の先にある交差点の角の道。この程度の草取りがどうして出来ないの?地域の美化はこの程度の事?町内会が出来る事と出来ない事を行政の担当は判別出来ない。これはこの街だけでは無い。

何で出来ないのか?町内会のコミュニティ活動とはただでは出来無い事を証明している。その程度の事が分からない。誰が?町内会の活動?行政の指導?そんな問いかけは全くありません。今日からお粗末ながら自分に出来る事をやります。

有り体(正直)に言えばそれだけはやりたく無かった。良く言われたが自分が当事者になれば問題点は改善する事が出来る。(出来無い事も少なく無いが)しかしそれは禁じ手。それをしなければならないのは給料をもらっている役人。

それを自分がやれば責任者の仕事を奪う事になる。ところが市役所の責任者からも大阪府の担当者からもそうは言われなかった。是非力を貸して下さい。地域は広いからここの対応は出来ない?とぼけた事を平然と口にした地域の土木事務所の監督者。そんな事は通用しない事を証明しないといけない。そんな事を問われている?まさかそんな危機感は無い。

Img_0975 Img_0976 Img_0977

一市民(オバちゃん)から寄付された立派に整備された藤棚。まだ藤の木は大きくは無いが藤棚は立派に成長している。オバちゃんは死んでもこの藤棚は永遠に残る?のかな。公園の円形の空き地は雑草が伸びている。この場所の手入れも全くされなければ5年もしないで他の藤棚と同様になる?そんな事はどうでも良い?そんな事も知らない。

Img_0978 Img_0979 Img_0983 Img_0984

アンジェラのバラの花も今年は見納め。この花を教えてくれた北海道のオバちゃん(失礼)は元気に空梅雨の北海道の景色を満喫しているのだろうか?親父はまだまだこれからです。体力的にも体系的にも完全なジジイですがニンニクをワカメの汁に入れながら今年の夏の制圧を意識しています。ストレッチの足挙げ、体の前屈は変わら無いけれど仙人を目指しています。アホ。

 

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

箕面の滝迄行けず 箕面の滝道歩けず それでも散歩コース6㌔弱歩く それでも運動不足?

Img_0940 Img_0941 Img_0942 Img_0943

初夏を思わせる天気 昨日の荒れた天気が嘘の様と思っていると大阪吹田で拳銃が盗まれお巡りさン重体。今夜は何よりの楽しみサウナにもいけない。そんな事はどうでも良い。良く無い。この監視カメラ違法駐車の取締に何も使えない。この無様な違法駐車。この放置されたゴミ。市民の常識はこんなもん?それでも何かが変わっている?

Img_0944 Img_0945 Img_0946 Img_0947

何も変わってネエじゃねえか?季節外れの見事なバラが舌を出して笑っている。笑われている。お巡りさんがいきなり刃物で刺されてその傷が肺を貫通して心臓迄届く。不意を突かれるとそうなる?その対策は取られていない?競馬のゲートに競走馬を誘導する係員が来ているチョッキは装備していないの?管理者の責任が問われる。

Img_0948 Img_0949 Img_0950 Img_0951

?ここに打ち捨てられていた樹の枝の枯れた物が片付けられている?それでもまだこの有様だが。それでも親父の怒りの言葉は誰かに通じている。少なくとも大阪府のアドプトロード管理者の仕業では無い。どうしてそんな事が言える?根拠はあるけど大した根拠では無い。この植樹帯、路側帯の管理者のK君の仕業。それとも?それは分からない。明日もっと綺麗にする。ホンマかいな。

Img_0952 Img_0953 Img_0954 Img_0955

Img_0956

お役所仕事。こんな看板をどんなつもりで誰が建てているのだろう?看板を立てれば街は綺麗になる。なりません。その程度の事が分からない?そんな事は無い。見れば分る。彼らはこの現場は見ていない。だから知らない。そうでは無い事を担当部署の若い青年はどれだけ出来る事だろう?それが楽しみになる。

Img_0957 Img_0958 Img_0959

? 天守閣の窓が閉められている。城跡公園が開園の時閉められていた事があったかな?そう思いながら石段を大股で登り始めると何と本日臨時休園の紙が貼られている。何でや?警察官から実弾入りの拳銃が盗まれたから?オイオイ。それでかい?

Img_0960 Img_0961 Img_0962 Img_0963

仕方が無いので引き返す。写真で見ると立派に見える天守閣と白壁は近くで見ると大した事は無い。明日は多くの小中学校が休校。犯人は何としても大阪府警の威信に掛けて早急に逮捕する。当然だろう。全国から多くの機動隊が集結しても想定外の事件、事故には対応出来ない?何たる無様、何たる対応?散策の道を変える。

| | コメント (0)

朝(と言ってもお昼過ぎ)起きようとして足がツル。ザマーミロ(笑い)昨夜は下痢ピー それでもしぶとく生きる?そんな生き方が出来るのかな?その対策は簡単。歩け、歩け。背筋を伸ばして大股で。今日は滝道を歩く。

Img_0914 Img_0915 Img_0920 Img_0921

昨日の中山観音奥の院入り口。厳しい階段は最初だけ?いえいえ中間にこれ以上の階段がある。昔の人はこの階段を歩いて居た。それも難儀だとは思わなくて?中山観音奥の院迄の道は18丁(2㌔弱)平坦な道は足洗い川沿いにある。

しかしこの道も何時迄も平坦では無い。途中で尾根を登らなければならない。その道は500メートル足らず。親父の休憩ポイントはその尾根を登る手前にある。昨日はそこ迄行くつもりだった。ところがこの先で気持が萎える。暗い。

Img_0922 Img_0923 Img_0924 Img_0929

ここでおにぎり弁当(小さいおにぎり3個と焼きシャケ一切れ)を食いながら小雨の景色を眺めていた。誰も居ない風景。静かな時が流れていた。この時時間は5時を過ぎていた。明るくなる。風も凪いでいた。どうする。ハモニカを吹きながら考えていた。

Img_0925 Img_0926 Img_0927 Img_0928

行ないが良いから?それとも天気を動かす力を手にしている?まさか。自分の体調、自分の体型すら変えられなくて「ねんごくせえ」大分の方言で生意気な事は言えない。確かに。その事を思い知らされる。昨夜は下痢ピー。今朝は足がツル。

Img_0930 Img_0931 Img_0934 Img_0935

引き返す。お地蔵さんに睨まれる。偉そうな事を言ってもその程度かい?厳しい。その通り。その程度の生き方しかしていない。それでも自分を責める事は何も無い。この天気の悪い夕方ここ迄来ただけで充分。無理をする事は何も無い。

Img_0936 Img_0937 Img_0938

来た時に見た荒れた天気が嘘の様に静かな夕暮れを迎えていた。全国の天気予報ではまだ荒れた天気が続く。関西の中心部では来週から徹底的な交通規制が始まる。サミットが始まるのは月末から。と言う事は来週からそのリハーサル。大阪市内は厳戒態勢となる。そんな会議を誰が歓迎しているの?関西のオバちゃん達?ええ加減にしなはれ。

Img_0872_1 Img_0874 Img_0875

これが来た時の天気。久々の土砂降り。この時は駅のホームの屋根付きの処でカメラを構えていた。この程度の雨では被害は無いがこの☂が半日続けば洪水が発生する。都市だけでなく地方の生活基盤はそれ程に脆い。(もろい)その程度の認識も無い。生きると言う事はその程度の事かい?中山観音は安産の神様?閻魔大王は舌を出して笑っている。

| | コメント (0)

10年前のブログを読んで10年先の生き方を予測する。ほう。あほう。生きているのかな?

年たけて又越ゆベきと思いきや命なりけり小夜の中山 西行

多くの人は西行法師の生き方を知らない。親父も知らない。しかしこの歌人は長生きをしている。彼はこの句を読んだのは何歳の時だったのだろう?この句は静岡県掛川にある厳しい峠道を越える時に作られている。そんな生き方は多くの現在人は知らない。

何でだろう?どうでも良いから?どうでも良く無い事はどういう事だろう?それも人様々。どうでも良い事に四苦八苦しながら己の人生を顧みる事はしない。そんな事をしても何の役にも立たないから?そうでは無い事も知る術も無い。

このブログもtakeさんとパソコン教室の個人レッンのお陰で初めて10年を有に越える。その記事は全てプロバイザーのホストコンピューターに残されている。日常の生活では全く見直す事は無いけれど改めて見直すと全く進歩をしていない。

そんな事は無いだろう?そう見えるだけ。何も変わっていない様で世の中は大きく変わっている。その事を理解出来ればこれからの10年は全く違う展回に成るに違いない。その変化の兆しは今は全く見えない。それはぼやいているだけでは何も変わらない。

今年も早い物で後半月もすると半分終る。その評価をして見ると本当に面白い。こんな能の無い生き方をしていると後半の月日も危うい。ひと、まち、しごと創成戦略をどんなに批判しても地方は何も変わらない。変わらなくても中央(内閣府)の役人達はどうでも良い。

どうでも良いと言う事はどういう事?この政策がうまく行かなくても彼らの仕事は何も変わらない。中央政府だけでは無い。大阪府でも大阪市でも我が街でも全く同じ。この政策は決定されて5年の歳月が流れている。それでもその成果は我が街を見れば良く分かる。

今、一番楽しみにしている事は石川県白山市に行く事。この街のひと、まち、しごと創成戦略を見れば日本各地のこの政策の失敗が良く分かる。アベノミクスの経済成長戦略は成功している?地域は活性化している?そんな事は全くありません。

その現実は駅前に立てば分かる。駅前に人の賑わいが失せて久しい。信じられない事に日本第二の都市大阪ではそんな事は全く無い。それでも大阪の財政破綻は如何ともし難い?そうでは無い。赤字は減少していると説明されたがその実態は良く分からない?

それでも大阪の勢い。関西の勢いは止まらない。?知らないと言う事はそう言う事?カジノ法案の国会審議は参議院選挙の後。議論を先送りしながら今月末は大阪の威信が問われるG-20サミット。大阪の交通規制は徹底して行われる。

そんな事もどうでも良い。そうかな?そうでは無い根拠は何も無い。そんな生き方が問われている。誰に?閻魔大王に違いない。アホ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

今日の大阪は大荒れの天気 それでも閻魔大王との対面適う 親父の怒り 閻魔大王に届いたのかな(笑い)

Img_0849 Img_0850 Img_0851 Img_0852

これは昨日の久安寺バス停近くの民家のバラ この時期にこれだけの花が見れたのは吉兆の兆し?それは何とも。これからこの国の形も変わる?変わら無いと思っている多くの国民はそんな事は信じていない。親父も信じていない。それでもこれは閻魔大王の天の声?あほか。

Img_0872 Img_0880 Img_0879 Img_0876

大阪も今日は午前中は☂が降るが午後明るい日差しが差し込んで来たのでお寺さんに出掛ける。ところがおにぎり屋で弁当を買い親父とクダラナイ世間話をしていると雲行きが怪しくなる。駅前のスーパーで傘を買ったのは正解だった。

Img_0881 Img_0883 Img_0884 Img_0885

ただ阪急中山観音駅で横殴りの夕立に出合うがそれも一時だった。親父の勢いは雨をも凌ぐ?そんな訳は無いだろう?空海(弘法大師)でもあるまいし。そう思いながら山門の仁王に会釈をする。この仁王が親父そっくりになっている。

そうでは無い。親父がその気になっているだけ。それでも良い。閻魔大王の許可を得る。そんなアホな(笑い)参道を歩きながらカメラを構えていると注目される。そんな事は無いだろう。まだそれだけの事はしていない。

Img_0886 Img_0890 Img_0891 Img_0888

閻魔大王堂の横の広場で蓮の花が咲き始めている。広い池ではなく多きな瓶の中でこれから開花を競い合う。

Img_0892_1 Img_0894

閻魔大王は地獄の見張り番。違います。人間死んだら面接を受ける。アンタは極楽。アンタは地獄。そんな面接は誰も信じない。その理由も簡単。そんな教えを誰も信じないから。それでもこの国の多くの人はその事を信じていた。それも真実では無い。しかしそんな事は誰も語らない。語れない?そうかもしれない。その程度の生き方をしている。

Img_0895 Img_0896 Img_0897 Img_0898 Img_0899 Img_0907 Img_0909 Img_0906

雨上がりで流石に境内に人影が無い。親父も本堂にはお参りをしないで大黒天と会話をしていた。大黒天は福々しい顔をしていた。笑う角には福来たる。笑って笑って明るく過ごせ。難しい顔をしてうっとおしい話をするな。そう言われていた。

しかし残念ながら全ての人はそんな生き方が出来ない。何でやねん。そう問い掛けても満面の笑みで微笑みかけていた。いずれそんな世の中に成る。どんな人にも心掛けでそんな生き方が出来る。出来ないと思うな。そう言われていた。アホこけ。

 

| | コメント (0)

関西花の寺 久安寺 しかしこのお寺は高野山真言密教のお寺さん 密教の教えは難しい 知らないと言う事はそう言う事

Img_0842Img_0847 Img_0824Img_0825 Img_0807 Img_0809 Img_0810 Img_0825

Img_0826 Img_0827

Img_0829 Img_0832 Img_0833 Img_0834

Img_0835 Img_0838

Img_0839

Img_0811 Img_0813

| | コメント (0)

«雨上がる 閻魔大王に会えるかな 中山観音足洗い川途中の親父の憩いの場所 説教の場所 アホやのう(笑い)